中国ラーメン 揚州商人:激辛タンタン麺

前回に引き続き、「中国ラーメン 揚州商人」で、「激辛タンタン麺」を食べてきました。

今回も贅沢に、餃子セットも注文しました。

何回か通っていたのに、タンタン麺とスーラータンメンに、普通と激辛があることを見逃していました。というか、品名じゃなく、形容詞だと思っていたので、同じものだと勘違いしてました。

「激辛」という形容詞がついている割には、タンタン麺もスーラータンメンも辛くないな、と少し首をひねっていた次第です。

【揚州商人 制覇メニュー】

「激辛タンタン麺(880円) 辛Lv5」

激辛タンタン麺  「胡麻のこってりしたコク、炒めた挽肉のジューシーさ、唐辛子のストレートな辛さ、これら全てが一つとなり、魂を揺さぶる美味しさができました。」
という謳い文句がついてます。

激辛の名に恥じない、大き目の赤唐辛子が二つも鎮座しています。

さすがに齧ってはみなかったですが、赤唐辛子は油通ししてあるみたいな感じで、見るからに辛そうでした。

スープ自体の色は、普通のタンタン麺とそれほど変わっていない様な気がします。

さて、激辛の衝撃に負けないように身構えながら一口食べてみます。

「うお~!!」と全身に衝撃が走るかと思ったのですが、思ったほど辛くないです。

「いやいや、二口目から来るんだろう」と食べ進めますが、通常のタンタン麺より少し辛い程度でした。

通常タンタン麺が辛Lv.2で、激辛が辛Lv.5なので、1.5倍違うはずですが、そこまでの差は無い感じ。 その日の気分で、普通と激辛を食べ分けてみたらいいかもしれないです。

どちらも美味しくて、刀切麺がよく合うと思います。

「餃子セット(420円)」

ライスと餃子(6個)のセットです。麺類と同時注文時のみセット注文できるようです。

ちなみに、餃子単品が350円。ライス単品が 円なので、単品で注文するより 円お得になります。

ライス

餃子

ライスの量は、普通のお茶碗に軽く多めに持ったぐらいで、ザーサイが付いてきます。

餃子は、少し大振りの物が6個です。

餃子の食感は、皮がモチッとして、具はしっかりした歯ごたえがあります。噛むほどに具のジュースが出てくる感じで、皮のモチモチ感と相まって美味しいです。

皮自体はそんなに厚いわけではないので、このモチモチ感は、皮自体の腰の強さが出ている感じです。刀切麺の歯ごたえと似た感じがあります。

この量と味で餃子単品350円というのはお得な感じです。

場所等はお店のホームページでどうぞ。

コメントする