Pandora'sBattery作成 超手抜きおやじ版

| コメント(1) |カテゴリ:

MagicMemoryStick&JigKickBattery作成方法
      ?超手抜きおやじ版?


色々調べた結果、すんなりと成功しました。
一番手軽(その代り自由度は最低w)だと思う方法ですのでご紹介します。

ただし、おやじの環境では成功しましたが、PSP及びバッテリーパックが壊れる可能性があります。全て自己責任でお願いします。

おやじ版なので、コマンドプロンプトはDOS時代からお馴染み。
コマンドプロンプト関係の立ち上げ方等の解説は割愛してますw

■おやじの環境
 1.旧型PSP-1000。CFW3.52 M33-3を導入していました。このPSP1台で全て実行しています。
  現在は、CFW3.71 M33-2になっています。
 2.MemoryStick Pro Duo 512MB(Sony純正)
 3.使用したBatteryは、PSPに標準で付いてきたPSP-110。
 4.PCのOSは、WindowsXP Professional。

■用意する物(必需品)
 1.CFW導入済みorFW1.50のPSP
 2.Pandora'sBattery
 3.TOTALNewbieasyInstallerPandorasmenu
 4.PSP用バッテリー
 5.MemoryStick Pro Duo 256MB?4GB
 6.公式FW1.50

■いざ実行

大まかな手順は以下のようになります。

まず、Pandora'sBatteryのReadme.txtに書かれている方法でMagicMemoryStick(MMS1と呼びましょう)を作成。
次に、このMagicMemoryStickを使って、BatteryをJigKickBattery化する。
次に、TOTALNewbieasyInstallerPandorasmenuで、CFW3.71インストール用のMemoryStick(MMS2と呼びましょう)を作成。
次に、MMS2とJigKickBatteryを使って、PSPをCFW3.71化。
最後に、必要に応じて、お好みのCFWへアップデートorダウングレード。

●STEP1 MagicMemoryStick(MMS1)の作成
 ▼PSPでの作業

 1.MMS1にするMemoryStickをPSPへ挿入し、PSPの「設定」→「本体設定」→「メモリースティックのフォーマット」で、フォーマットする。

 2.そのMemoryStickを挿入したまま、PSPをPCへUSB接続。
  PSPとPCをUSBケーブルで接続してから、PSPのメニューの「設定」→「USB接続」です。
  以下、何度も行いますので、覚えておいてください。

 ▼PCでの作業
 3.ダウンロードしたPandra'sbatteryを、任意のドライブのルートに解凍。
  ルートである必要性はわかりませんが、この後のコマンドプロンプトでの作業を簡単にするため。

  解凍すると、以下のようなフォルダができます。
  \14362_pandora---battery ---pandora_battery
             |       +-pandora_battery%
             +-installer---pbfirm_install
             |       +-pbfirm_install%
             +-msinst msinst.exe
             +-mspformat msformat.exe
             readme.txt

  4.PCでMemoryStickを再度フォーマットする。
  解凍したフォルダにあるmspformat.exeをコマンドプロンプトで実行。
  以下、PSPがJ:ドライブとして認識されているとします。 

  書式 >msformat.exe j
      「:」は不要。

  5.下記のメッセージが表示されるので、Yを入力してフォーマットする。

  You are about to format the drive j.
  All data will be lost.Do you want to continue?{Y}


  6.フォーマットが終了すると、下記のメッセージが表示される。

  Drive succesfully formatted, and parition moved.

  ▼PSPでの作業
  7.PSPからMemoryStickを抜いて、PSPの「×」ボタンでUSB接続を終了する。
  再度MemoryStickをPSPへ入れてから、PCとUSB接続する。

  電源入れたままMemoryStickを抜き差しするのは、おやじ世代には少し怖いが、最近は特に問題ないみたいなので、勇気を持って抜き差ししましょう。

  ▼PCでの作業
  8.エクスプローラー等で、認識されているPSPを開いて、以下の2フォルダを作成する。

  //PSP/GAME
  //PSP/GAME150

 9.手順3で解凍したPC上の以下のフォルダを、手順8で作成したPSPのGAMEフォルダへコピーする。
  pandora_battery
  pandora_battery%
  pbfirm_install
  pbfirm_install%

 10.公式FW1.50を(EBOOT.PBP)を「UPDATE.PBP」という名前で、PSPのルートディレクトリへコピー。

 ▼PSPでの作業
 11.PSPからMemoryStickを抜いて、PSPの「×」ボタンでUSB接続を終了する。

 ▼PSP(CFW導入orFW1.50)での作業
 12.PSPにMemoryStickを入れる。
  PSPの「ゲーム」→「メモリースティック」から、「Pandora's Battery Firm.Installer」を実行する。
  他に、「Pandora's Battery Creator」と破損データが2つあるが気にしない。

 13.PSPの起動画面が出たり、ブラックアウトしたり、色々メッセージが出る。
   下記のメッセージが出たらPSPの「×」ボタンを押す。

  Press cross to install the firmware to the memory stick.

 14.暫くすると、PSPのメニューへ自動的に戻るので気長に待つ。不安になっても焦らずに待つ。
 15.メニューに戻ったら、PSPをPCへUSB接続する。
 
 ▼PCでの作業
 16.エクスプローラー等で、PSPを開くと、ルートディレクトリに「msipl.bin」とうファイルが出来ている。
   このファイルを手順3で解凍したPC上のフォルダにある「msinst.exe」と同じフォルダへコピーする。

 17.コマンドプロンプトで「msinst.exe」を実行する。
  PSPがJ:ドライブとして認識されている場合。

  書式:>msinst j msipl.bin

 18.英語のメッセージが一杯表示され、数回入力待ちになるのでYを入力。
   下記のメッセージが表示されたら終了。コマンドプロンプトを終了してもOK。

   Write MS BOOT CODE

 19.PSPからMemoryStickを抜いて、PSPの「×」ボタンでUSB接続を終了する。
   STEP1終了。

 ここまでで、いわゆるMagicMemoryStickの作成が完了です。
 このMagicMemoryStick(MMS1)では、JigKickBatteryの作成や、JigkickBattery化したバッテリーのNormalBatteryへの書き戻しができます。また、FW1.50機能限定版(FW1.50その物ではなく、CFWのインストールやユーザープログラムの実行が出来る最低限のものらしいです)のPSPへのインストール等が出来るようです。
 超手抜きおやじ版では、ここで作成したMagicMemoryStickはJigKickBatteryの作成にしか使用しません。JigKickBattery作成後は、CFW3.71インストール用のMagicMemoryStick(MMS2)を作成します。
 資金に余裕のある方は、このMemoryStickを専用に保存しておくと便利かもしれないです。資金に余裕のない方は、この段階か、STEP2でJigKickBattery作成後にEEPをバックアップした状態で、MemoryStick全体をPCへバックアップしておくけば良いかと思います。次回使う時には、手順1と4と5でMemoryStickをフォーマット後に、バックアップしたデータを書き戻せば使えるんじゃないかと思います。試してないけど・・・


●STEP2 JigKickBatteryの作成
 ▼PSP(CFW導入orFW1.50)での作業
 1.STEP1で作成したMMS1をPSPへ挿入する。
 2.PSPのメニューの「ゲーム」→「メモリースティック」で、「Pandra's Battery Creator」を実行する。
 3.以下メニューが表示されるので必要な作業を行う。
  おやじは、△でEEPのバックアップをしてから、×でJigKickBatteryを作りました。
  一つの操作終了するとPSPのメニューへ戻りますので、複数作業する場合は、再度「Pandra's Battery Creator」を起動します。

  ×:JigKickBatteryの作成
  □:NormalBatteryへ戻す
  ○:自動パワーオン用のノーマルバッテリーへ戻す
  △:バッテリーのEEPをMemoryStickのルートディレクトリへ「eeprom.bin」という名前でバックアップする。
  L+R:バックアップしたEEPを書き戻す。
  HOME:終了

 4.電源を切って終了。

●STEP3 CFW3.71 M33インストール用MagicMemoryStick(MMS2)の作成
  もしかしたら、これはMagicMemoryStickと呼ばないのかもです。

 ▼PSPでの作業(以下の作業は、PSPのFWは何でもいいです)
 1.PSPに今回使用するMemoryStickを入れて、PSPのメニューの「設定」→「本体設定」→「メモリースティックのフォーマット」を実行する。
 2.PSPをPCへUSB接続する。

 ▼PCでの作業
 3.ダウンロードしたTOTALNewbieasyInstallerPandorasmenuを解凍する。
 4.解凍したフォルダの中の「START.exe」を実行する。
  いろいろメッセージが出て、数回入力待ちになるので、以下のメッセージが出るまでEnterを入力する。

  Type Drive letter for the PSP:

 5.PSPが認識されているドライブを入力してEnterキーを押す。
  PSPがJ:ドライブで認識されていれば「j」+「Enter」。

 6.もう一度入力待ちになるので、Enterキーを押す。

 7.暫くするとボリュームラベルの入力を要求されるが、必要ないのでEnterキーを押す。
  続いて、「本当に続けていいの?」と聞かれるでEnterキーを押す。

 8.また暫くすると、以下の表示が出る。
  ここで、「MemoryStickを抜く→USB接続終了→MemoryStickを挿入→USB接続」と行う。

  Please take your Memory Stick out FIRST, then stop USB Connection.

 8.Enterキーを押すと、色々メッセージが出ながら、数回入力待ちになるので、下記メニュy-が表示されるまで、Enterキーを押し続ける。

  Choose Pandora-Menu.
  1. Fat Pandora (Original FAT Pandora menu)
  2. FAT ext complete (Extended Pandora menu, HellCat's ext. menuStart up with WLAN/WIFI = OFF)
  3. Slim Pandora (SLIM Pandora menu for FW 3.60)
  4. Universal Unbricker (Universal Unbricker for FAT and SLIM)It's also an 3.71 M33 CFW installer!
  5. Exit
  (1-5).


 9.作成したいものの番号を入力してからEnterキーを押す。

  おやじは何も考えずに「4」です。
  新旧PSP両対応のCFW3.71 M33インストール用のMemoryStickができます。


 10.しばらくすると、また入力待ちになるので、そのつどEnterキーを押す。

 11.終了するとプログラムが自動的に終了する

●STEP4 PSPへのCFW3.71 M33のインストール

 STEP3で、新旧両対応のCFW3.71 M33用を選択した場合の説明です。
 まず、ACアダプタおよびバッテリーは外しておきます。
 JigKickBatteryはあらかじめ充電しておいてください。
 バッテリー外して、ACアダプタをつけた状態でJigKickBatteryをセットすれば充電できます。

 1.PSPへSTEP3で作成したMMS2kを入れる。
 2.JigKickBatteryをセットする。
 3.自動的に電源が入って、下記のメニューが表示される。

  Press X to install 3.71 M33
  Press O to install original 3.71
  Press [] to dump the nand
  Press L+R+start+home to restore nand dump (dangerous!)


 4.行いたいボタンを押すと処理後に自動的に電源が落ちます。

  おやじは、□→×のコースを行いました。
  □で、flashのバックアップ。×でCFW3.71 M33のインストールです。


  CFW3.71 M33にした後、PSPを立ち上げると、画面が白っぽくなって、表示が良く見えなくなり、「へたこいたか?」と慌てましたが、テーマ設定や言語設定をすると元に戻りました。心臓に良くないです。w

●STEP5 お気に入りのCFWへの移行
 CFW3.71 M33は不具合などあるそうなので、導入後速やかにアップデートすることをお勧めします。
 CFWのアップデート方法は、情報源多いので調べて見てください。
 おやじも記事更新努力しますw
 CFWの進化は早いので、ついて行くのが大変ですが、とりあえずCFW3.71 M33がインストール出来れば、その後のCFWアップデート等は簡単にできるはずです。以下、サイトがお役に立つとおもいます。おやじも大変参考にさせていただきました。

【参考にさせて頂いたサイト(順不同)】
 PSP究極活用
 げーむいんふぉ

更新履歴:
2007年12月12日 初アップ

コメント(1)

Good site! Interesting information.. )

コメントする

Powered by Movable Type 6.0

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、kaneyukiが2007年12月12日 23:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「良く調べることが大事?」です。

次のブログ記事は「麺の心3」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。