HYUNDAI W240D到着しました。

| コメント(0) |カテゴリ:

予定通り、4/10に到着しましたぁ~!

早速、IO-DATAさんのディスプレイに並べて設置です。

W240D本体

 

 右側にIO-DATAさんが鎮座してます。

 

 

 

 

 

うちのデスクは、横幅120cmですが、24inchディスプレイ2台の横配置でジャストフィットです。

まあ、ちゃんと事前に寸法は測ってましたがね。

まずは、外観ですが、光沢のある黒のフレームに、微妙な曲線が使ってあり、二倍以上高いIO-DATAさんのディスプレイよりも高級感があります。

一方背面は一転してホワイトで仕上がってます。

背面 

デスクに配置した後に撮影したので、中途半端な角度になっています。

上方のスリットが排熱用。真ん中の手前に空いているのがスピーカー用のスリットです。

スタンドは結構質感があります。ピボットもできます。

 

 

こちらのホワイトも光沢があり、ハイネ用のスリットとか、スピーカーのスリットと合わせて結構お洒落な感じがします。

ただ、おやじの部屋は喫煙室兼用なので、今後の事が少し心配・・・黄色くなると思います。(^。^)y-.。o○

肝心の画質ですが、PCとはDVIで接続していますが、おやじ的には十分満足。バックライトの邑もなく、隅々まではっきりと表示されます。今のところ、液晶のドット欠けも発見出来ていないです。

HDMIでPS3と接続していますが、こちらはまだあまり使っていないので、徐々に確かめて行きます。

3Wのステレオスピーカーが内蔵されていますが、こちらは背面に配置されていて、後ろから回り込むように聞こえてくるせいか、多少定位がはっきりせずに少し籠ったように感じます。おやじが少し斜めに配置しているのと、壁の材質とかも関係するのかな?もう少しいろいろいじってみます。

今のところ概ね満足していますが、HYUNDAIさんには改善して欲しいところが3点。

その1は、タッチセンサーです。

各操作は、フレーム右下のタッチセンサーで行いますが、各ボタンが浮彫のようになっていますが、フレームの色と同じため見分けるのが難しいです。おやじは、テプラでシールを張りました。(^_^;)

タッチセンサーのテプラ

 

ボタンの位置が分かりずらいので、テプラを貼りました。

キーの反応は良好ですが、少し良すぎるかも?油断するといつの間にかリピートが効いて最大とかになってます。(>_<)

 

 

その2は、操作ボタンの操作性。

操作ボタンを押すとビープが鳴るのですが、キーが無効な場合にもビープが鳴るので、慣れないと何故ボタンが操作できないのかわかりずらいです。特に、ボリュームアップが直接できず、一度ボリュームダウンボタンを押してからでないとボリュームアップができません。でも、ボリュームアップキーを押すと、無効であってもビープがなります。多分、PS(製品安全)関係での制限で、いきなり大音量にならないようにしているのだと思いますが、日本人にはあまり馴染みがない操作性だと思うので、やはりビープはならない方がいいと思います。

その3は、取り説の記載。

取り説は、結構あっさりしていてわかりずらいです。

コメントする

Powered by Movable Type 6.0

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、kaneyukiが2008年4月16日 00:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「空芯采炒めに挑戦」です。

次のブログ記事は「味玉らぁめん(胡心房)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。