キムチラーメン/キムチの壺ラーメン

| コメント(0) |カテゴリ: ,

先日、行きつけのスーパーに行ったら、韓国フェアとか銘打って、韓国の食材を特売してました。

その中で、気になるラーメンが2つあったのでご紹介。どちらも、99円/1袋でした。

●キムチラーメン

キムチラーメン

 

真っ赤な袋と、美味しそうなキムチの写真が食欲をそそります。

調理後の写真は撮り忘れてしまいました。(^^ゞ

スープの色は、程よい赤色です。麺は太麺ですが、日本の袋ラーメンと違って、スープと一緒に5分程煮込むので、もっちりとした食感になり、スープも程良くしみてます。

辛さも程良く、あっさりとした味わいです。

  • 商品名:
    キムチラーメン
  • 品名:
    即席中華麺
  • 原材料名:
    油揚げめん(小麦粉、植物油脂、でんぷん、食塩、かんすい、卵、卵殻カルシウム、乳化剤、ビタミンB2)、粉末スープ(食塩、砂糖、ぶどう糖、牛肉、白菜、調味料(アミノ酸等)、唐辛子、粉末しょうゆ、たまねぎ、しょうが、にんにく)、やくみ(白菜、ねぎ、食塩、にんじん、唐辛子、しょうが、にんにく)
  • 内容量:
    120g(めん 106.2g/スープ 11g/やくみ 2.8g)

辛さレベル:★

●キムチの壺ラーメン

キムチの壺ラーメン

 

こちらは、一瞬石焼ビビンバかと思いましたがラーメンです。キムチラーメンと同じメーカー製なのですが、キムチラーメンの方のパッケージには特にキャッチコピーみたいなのがなかったのに、こちらのパッケージには、日本語でキャッチコピーが入っています。しかも、「大阪鶴橋 班家」と入っているので、日本のお店とのコラボ商品でしょうか?

 

と思って、ググッて見たら、班家さんは結構有名なお店のようです。このラーメンも通販してますね。99円でした(*^^)v

こちらの作り方も同じで、麺とスープとかやくを一緒に5分ほど煮込みます。見た目はキムチラーメンと変わりませんでしたが、こちらの方がコクがあり美味しいです。流石は「班家」でしょうか?

原材料を比べてみると、結構違うもんですね。

辛さはどちらも程良いレベルなので、唐辛子やラー油などお好みでかけるといいと思います。

  • 商品名:
    キムチの壺ラーメン
  • 品名:
    即席中華麺
  • 原材料名:
    油揚げめん(小麦粉、植物油脂、でんぷん、食塩、ソルビトール、卵殻カルシウム、かんすい)、粉末スープ(牛肉エキス、食塩、調味料(アミノ酸等)、キムチパウダー、糖類、香辛料、植物油脂、クエン酸、カラメル色素、パプリカ色素)、やくみ(乾燥キムチ、大豆たんぱく、チンゲン采、唐辛子)
  • 内容量:
    120g(めん 104.8g/スープ 12.5g/やくみ 2.7g)

辛さレベル:★

コメントする

Powered by Movable Type 6.0

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、kaneyukiが2008年6月 9日 16:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「元祖ネギたこ(大阪やき三太)」です。

次のブログ記事は「神奈川県の禁煙条例」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。