ジャガー・ノート

| コメント(0) |カテゴリ:
豪華客船に仕掛けられた爆弾。ロンドン警察は犯人特定に奔走する一方、海軍の爆発物処理チームを客船に派遣し爆発物処理を図る。爆発物処理チームを指揮するファロン中佐(リチャード・ハリス)は歴戦の勇士。犯人の仕掛けたトラップに果敢に挑むが、想像を上回る犯人の狡猾さに苦戦を強いられる。
残り時間も少なくなり、既に数名の犠牲者がチームから出ている中、最後の大きなトラップ解除に挑むが、解除不可能に思えたとき、ファロン中佐に過去のある情景がよみがえる・・・

犯人との知略を尽くした駆け引き。いつ爆発するかもわからない爆弾に果敢に立ち向かう処理チーム。緊迫の名作です。本作の最後の見せ場は、その後様々なドラマや映画でフィーチャーされてます。

結構古いですが、お勧めの名作。

コメントする

Powered by Movable Type 6.0

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、kaneyukiが2008年7月16日 17:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「FX週報」です。

次のブログ記事は「攻略覚書 ACT2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。