菅原雅雪:暁星記 第8巻発売 \(^o^)/

| コメント(0) |カテゴリ:
待ちに待った菅原雅雪さんの暁星記第8巻が、2008年10月23日に発売になりました。ヽ(^o^)丿

 

ストーリー:
(多分)未来の生物が生息できるように改造された金星が舞台。そこは、巨大な樹木が生い茂り、地表までは何千メートルもあり、独特の進化を遂げた生物がすんでいる。
そこに生きる人間は、縄文時代ぐらいの文明を持ち、部落毎に独特の慣習に従いながら、独特に進化した自然と共存して生きているた。
そんな中、平和に暮らしていたオチボの村に住むヒルコ。
数奇な出生を持ち、霊を見ることができる彼を中心に、大きく世界が動きだす。

精霊とな何なのか?ロウエルとは?
壮大なストーリーと、独特の世界観が織りなす傑作の最終巻です。

 

予告されていた2007年冬から1年あまり。もう出版されないのかと心配していました。

早速、本屋へGo!

逸る心を抑えつつ、恒例の第1巻からの読み直し。

そしてついに第8巻を開きました。

ぐいぐい引き込まれて一気読み。

読み終わって、タバコを一服。(^。^)y-.。o○

う~ん、堪能しました。

これで暁星記が最終巻というのが本当に残念ですが、次回作に期待しています。

コメントする

Powered by Movable Type 6.0

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、kaneyukiが2008年10月26日 13:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Shuttle SP35P2Proを購入 奮闘3日の記録」です。

次のブログ記事は「ブログタイトル変更しました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。