ついに自作PC作成か!?

| コメント(1) |カテゴリ:

先日までかねくん氏が使用していた「Shuttle/SD37P2」を譲り受けました。

(昇天してますが。。。)

く("0")>なんてこった!!

修理にしたら使用出来るとのことだったので、カスタマーセンターへ問い合わせたところ、

本日回答が返って来ました。

ヽ( ´¬`)ノ ワ~イ !!

 

で、結果は。。。 ↓↓↓

 

サポートセンター「当該製品は弊社サポート対象の品物であることを確認いたしました。」

tetra「イエーイ(∇^*d)」

サポートセンター「恐縮ですが発送時の送料はお客様のご負担となります。」

tetra「( ̄□ ̄;)!!」

サポートセンター「弊社検証の後、修理費用が確認できましたらメールにてご連絡いたします。」

tetra「( ̄ヘ ̄)ウーン」

サポートセンター「過去の事例からいたしますと、マザーボード不良の場合修理費は8千円~
1万円前後、電源不良の場合は電源交換となり1万2、3千円程度となる
ケースが多いようです。(弊社直接対応の場合)」

tetra「w( ̄△ ̄;)wおおっ!」

 

↑↑と、こんな感じ。

 

送料払って修理に出した方がお得なのか、新製品を購入した方がお得なのか皆さんのご意見をお待ちしています!!

コメント(1)

スペック的に満足ならば、新しいベアボーンを買うより全然お得だと思います。

追加で購入必要なのは、標準的なものを選ばば、

OS:Vista         2~3万
CPU:Core2Duo       1.5~2万
Memory:DDR2×2GB2     0.6万
HDD:SATA500G       0.6万
光学ドライブ:DVDドライブ  0.4万

トータルで、6~7万かかります。これにプラス修理代。
同一スペックのメーカー製Desktopに比べれば安いかも?
微妙?

コメントする

Powered by Movable Type 6.0

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、tetraが2008年10月30日 21:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Shuttle SP35P2Pro:休止状態がうまくいかない」です。

次のブログ記事は「じてんしゃ日記、じてんしゃ日記2008:高千穂遥+一本木蛮」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。