じてんしゃ日記、じてんしゃ日記2008:高千穂遥+一本木蛮

| コメント(0) |カテゴリ: ,

早川書房から出版されている自転車コミックです。

SF作家の高千穂遥とコスプレ漫画家の一本木蛮がタッグを組んで、自転車生活のあれこれや楽しみ方を教えてくれます。

高千穂さんは、この他にも自転車関係の書籍を書いています。ご自身でも「修行僧」というような表現を使っていますが、かなりストイックに取り組んでいる印象です。でも、楽しそう(*^_^*)

一本木さんは巻き込まれた感じですが、だんだんと自転車の魅力に嵌っていくところが面白いです。

おやじも最初の自転車は、なんの知識もないまま、「クロスバイクてのがよさそうだなぁ」とサイクルショップへ行って、予算との関係でショップが薦めてくれた自転車を買いました。

しかし、これが乗ってみると、気持ちいいし楽しい!

だんだん自転車に興味が出てきて、本屋で自転車関係の本を探してみましたが、自転車関係の本の少ない事。たまにあっても、ロードバイク系のメンテナンス本。本当の初心者用の入門関係はなかなかありません。

そこで目についたのがこのじてんしゃ日記。

コミックだから読みやすいと思って買ってみましたが、かなり参考になりました。自転車入門者にはお勧めです。

コメントする

Powered by Movable Type 6.0

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、kaneyukiが2008年10月31日 21:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ついに自作PC作成か!?」です。

次のブログ記事は「ギラギラ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。