SPDペダル買ってみた。

| コメント(0) |カテゴリ:

じてんしゃ日記を読んで、前々から憧れてはいたけど怖そうなので躊躇していたSPDペダルをついに購入しました。

おやじの自転車ライフとしては、ツーリング旅行など、目的地に行って歩くことを前提に考えているので、SPDにしました。

ペダルはシマノのPD-A530で、シューズはSPECIALIZEDのSport Mtbです。ペダル取り付けの工賃と合わせて17,000円ほどでした。

PD-A530ピンディング側こちらがPD-A530のピンディング側で、下の写真がフラット側です。

長距離や多摩サイを走るとき以外は、普通のスニーカーで乗って、フラット側を使っています。

標準で付いていたペダルに比べて、フラット側が靴底に接している面積が大きくなっているためか、普通のスニーカーで乗っている時にもペダルによく力が伝わっているような気がします。

 

PD-A530フラット側

また、以前はよくシフトチェンジする時に、シフトの衝撃で足がペダルから外れていたのですが、それもほとんどなくなっています。

ペダルによってこんなに違うんだと、別の意味で驚きです。

 

 

 

 

シューズ

こちらがSPECIALIZEDのSport Mtb。

ベロクロタイプを前提でショップのお兄さんにお勧めを聞いたところ、SPECIALIZEDを勧められたのでこれにしました。

土踏まずの部分が少し盛り上がっていて、足をしっかりホールドして、踏み込む時にも力が伝わりやすいそうです。

初めてのシューズなので、他のとの違いはよく分かりませんが、確かに土踏まずの部分が盛り上がっていてフィットします。

シューズ裏

買ってからの誤算は2つ。

一つは、SPDシューズというのは、クリートが引っ込んでいて、普通のスニーカー感覚で歩けると思ったのですが、このシューズはクリートの分周りが高くなっているのですが、ほぼクリートと同じ高さのため、歩くとクリートが微妙に地面に当たります。まあ、慣れですが、結構コツコツ音がします。

二つ目は、クリート位置の微妙な調整がやりづらいこと。クリートを取り付けると、クリート裏面にあるボツボツが靴底のプラスチック面に食い込んで固定性を高めているようなのですが、食い込んだ跡が残ってしまうので、少しクリート位置をずらそうとしても、最初に取り付けた位置の穴に引き込まれてしまい、少しだけクリート位置をずらすのが難しいです。

他のシューズも同じなのか分かりませんが、次に買うときは注意しようと思います。

さて、肝心のSPDペダルを使った感想ですが、まだ平地を走っているときには効果があまり感じられません。多分、まだペダリングの仕方が下手なのと、クリート位置が適正になっていないためかと推測しています。引き足が使えているという実感があまりないです。

一方、坂道では効果を実感してます。これまでより1段上のギアで登れるし、引き足もビシビシ使えてる感覚があります。

その他では、クリート位置の調整が難しいです。最初はショップで真ん中位置に付けてもらったのですが、右足がなんか捻じれている感じがして膝が痛くなってしまいました。その後3回ぐらい調整して今は少し前の方にずらしています。しばらくはそれで良かったんですが、段々まだあっていないような気がして来てるので、また調整してみるつもりです。

SPDつけてから、初めてのロングライドの時に、立ちゴケ2回しました。1回目は、SPD付けてる事をすっかり忘れて止ろうとしたらそのままバタン。幸い多摩サイの草地に出て止ろうとしていた時だったので被害はなし。2回目は一般道で狭いところを通り抜けようとしてスピード落としたら、なぜかバランスを崩してコケそうになりましたが、近場の標識につかまってあやうくセーフ。ある程度スピードが出ていない時にSPD外すのって難しいです。それ以来、スピード落とすときは、外してから落とすようにしてます。一般道でコケたらと思うとゾッとします。ヘルメットは必需品ですね。

コメントする

Powered by Movable Type 6.0

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、kaneyukiが2008年11月27日 11:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「冬用ジャケット買ってみた。」です。

次のブログ記事は「こぎこぎ紀行:多摩サイ 羽田編」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。