荻原 浩:明日の記憶

| コメント(0) |カテゴリ:

荻原 浩さんの文庫本は、全部読破したつもりになっていたのですが、何故か「明日の記憶」だけ読んでいないことに気づき、急遽購入して読みました。

この作品は、渡辺 謙さん主演で映画化されたのを見ていたので、本の方も読んだつもりになっていたのかもしれません。

ストーリー:
主人公の佐伯は、現役バリバリの広告代理店営業部長で50歳。新規の大きな商談を成功させるため、日夜奮闘の毎日。

ある日、お客との打ち合わせ予定を忘れてしまい、客先からクレームが・・・今までこんな失敗はなかったに・・・この時既に、若年性アルツハイマーの初期症状が始まっていた。

病院で正式にアルツハイマーと診断されても直には信じられない。二度と失敗しないために、佐伯のポケットはメモで一杯になって行く。しかし、そんな佐伯の努力を嘲笑うように、アルツハイマーの症状は確実に進行していく。

山本周五郎賞受賞の感度長編。

 

今までの荻原さんの小説とは一味違った作品です。全編を通してユーモラスな部分は一切なく、淡々とアルツハイマーと闘う家族の姿が描かれていきますが、その奥には今までの作品と同じ思いが描かれていると思います。

コメントする

Powered by Movable Type 6.0

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、kaneyukiが2008年11月 3日 22:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ベアボーンの修理依頼」です。

次のブログ記事は「高千穂 遥:自転車三昧」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。