2008年12月アーカイブ

アキハバラ:今野 敏 その1

| コメント(0) |カテゴリ:

今日本屋さんへ行って、自転車雑誌を立ち読みしてから文庫コーナーに行ったら、何となく気になる「アキハバラ」というタイトルの本を発見。

解説を読んでみると、なんかハチャメチャの内容で面白そう。今野 敏さんは初めてでしたが、買ってしまいました。

読後感想は後ほど。

自転車で荷物があるときにはBC Messenger Bagを背負っていたのですが、少し距離が長くなると結構疲れるし肩が痛くなって困ってた。そんで、フロントキャリアにゴム紐で括り付けたりもしてみたのですが、今度は荷物の出し入れが面倒。特に自転車から離れるときの取り外しが面倒。その上、少し荷物が多くなるとBC Messenger Bagだと容量不足。

どうしようか考えていたのですが、先日高尾山へ行った時に、やはりこれじゃ無理だと判断。(「こぎこぎ紀行:高尾山」を参照)

必要条件は、「①車体に付けられる。②取り外しが簡単③ある程度の容量がある」の3つ。

最初はオーストリッチで検討していたのですが、条件②と③の部分で落選。デザインとかは良かったのですが、条件③を満たそうとすると、フロントバックでは容量不足で、リアバッグとかにするとキャリアが必要だったりするので残念でした。

んで、調べている最中にRIXEN KAULを発見。

RIXEN KAULはドイツの自転車用バッグメーカーらしいのですが、KLICKfixというアダプターシステムで、ワンタッチで脱着できる各種自転車用バッグが揃っています。多摩サイを走っているときに、車体後方にちょこんとデイバッグが付いているのを何度か見た事があり、前々から気になっていたのがこのメーカーでした。

条件①と②は文句なく満たしているので、あとは条件③を満たす製品があるかどうかです。

フロントアタッチメントシリーズのオールラウンダーツーリングが魅力的だったのですが、容量が少し足りないのと、長年オフロードモーターバイクに乗っていて、フロント荷重になることに少し抵抗感があるのでパス。

最終的にはシートポストアタッチメントシリーズのフリーパックスポーツフリーパックメタ2が残りました。容量的にはフリーパックスポーツが24L、フリーパックメタ2が26Lでメタ2の方が優勢でしたが、フリーパックスポーツには、ヘルメット収納スペースとバックライトホルダーが付いているということでフリーパックスポーツの逆転勝利。自転車降りた時のヘルメットって結構始末に困るんですよね(^_^;)

で、早速ネットショップのRIDE ONに注文。シートポストに取り付けるためのエクステンダーCK810は別売りなのでこちらも注文。

ブリーバックスポーツ前面

フリーバックスポーツ背面

届いたフリーパックスポーツです。

11,736円でした。結構最安!(^^)!

右側の背面写真の下の方にある黒いプラスチック部分をエクステンダーに引っかけて取り付けます。

底面と背面には、厚手のプラスチック板が入っていて型崩れしないようになっています。

エクステンダー

こちらがエクステンダー。

3,402円でした。

こいつをシートポストに取り付けます。

左側の商品タグで隠れている部分がシートポストへの取り付け部分。

右側がフリーパックスポーツを取り付ける部分。

赤い部分を押しながら脱着をします。

さて、商品が届いたところで、早速自転車へ取り付けてようとしたところで大誤算発生。その顛末と使用感は次の機会に。

しかし、自転車関係の物欲は留まるところを知りません(^_^;)。次は何を買うのやら。

駒沢にあるハンバーガー屋さん「THE BURGER STAND -FELLOWS-(ザ・バーガースタンド フェローズ)」に行ってきました。

fellows1

着いたのは15:30くらい。

店内に入ろうとしたところ、ちょうどお店の人が出てきて、「すみません。炭が切れたので、30分程お待ちください」とのこと。

適当に時間をつぶして、やっと店内へ。

さっそくオーダー。メニューが色々ありますが、オススメを聞いたら、「BBQバーガーが人気」ということ。しかし、ここは敢えて「ベーコンチーズバーガー」をオーダー^^

そしてココでは、お肉の焼き加減も選ぶことができます。レア、ミディアムレア、ミディアム、ウェルダンとステーキと同じようにあるのですが、今回はミディアムレアでお願いしました。

そして、出来上がったベーコンチーズバーガーがこちら!

fellows2

「ベーコンチーズバーガー1,300円」

牛肩ロースを毎日挽いた手作りパティと芳醇な香りの自家製ベーコン

なんといっても驚いたのが、このパティ。粗挽き肉なんてもんじゃなく粗切り肉のような感じ。表面はカリカリで中心部は上品なステーキ肉のようにしっとりなめらかジューシー。これは絶品!

その他にも、カリッとしっとりバンズ、肉厚で芳醇な香りの自家製ベーコン、パティに溶け込んだチーズ、しっかりと火を通して甘みのあるタマネギ(厚く切った生タマネギは苦手・・・)、しゃきしゃきレタス、厚めの完熟トマト。。。お肉だけでなく全てにおいてのバランスがよくこだわりのある素敵なバーガーです^^

ハンバーガーは勿論のこと、接客の女性の方もとても感じのよい方で言う事なし。

文句なしにこちらはオススメです!!

次回はBBQバーガーも試してみたいと思います(またはテリヤキバーガー・・)。

 

【場所】
東急田園都市線駒沢大学駅公園口より徒歩5分


大きな地図で見る
パールイズミ ウインターグローブ

今までパールイズミソフトシェルグローブを使ってましたが、冬が近づくにつれ指先から寒さが忍び寄ってきました。

モーターバイクに乗っていた経験から、真冬にはソフトシェルグローブでは耐えられないと判断。

新しく真冬用のグローブを購入することにしました。

ネットで調べてみると、各種メーカーの物が一杯ありましたが、店頭で現物を確認しやすい点と、今までパールイズミでいろいろ揃えて来た点を踏まえて、パールイズミ製から選択することにしました。

候補1:ソフトシェルグローブ(定価6,500円 適応温度10度)
インナーグローブ(定価1,400円 適応温度記載なし)
候補2:ウィンターグローブ(定価6,500円 適応温度3度)
候補3:ウィンドブレークウィンターグローブ(定価6,500円 適応温度5度)
候補4:クエスト ウィンターグローブ(定価5,500円 適応温度3度)

パールイズミだけで、冬用グローブが3種類もあります(^_^;)

値段的には、既にソフトシェルグローブは持っているため、候補1が一番安上がりになるので、最初はこれにしようかと思ったのですが、グローブを重ねてつけると、何かと面倒そうなのでパス。

見た目は一番暖かそうな候補3のウィンドブレークウィンターグローブですが、何故か適応温度が候補2と4より高いのでパス。

最後に残った2候補ですが、値段的には候補4のクエスト ウィンターグローブの勝ちですが、候補2のウィンターグローブの方が、「指先を二重にして保温性アップ」してたり、「吸湿発熱素材をインナーに採用」していて暖かそう。ということで、候補2のウィンターグローブを購入することにしました。真冬の指先の痛みはモーターバイクで嫌というほど経験しているので、少しでも暖かい方がいいです。

ネットショップのRIDE ONで購入。5,460円でした。

品物が到着して2週間程。ソフトシェルグローブは、グローブをしていても素手に近い感覚でしたが、ウィンターグローブはしっかりグローブをしている感じになります。しかし、ブレーキング、シフト操作ともに的確にできて、自転車に乗っているときにはグローブをしていることを忘れてしまうぐらいです。人差し指と中指の先など、要所要所に付いている滑り止めと、立体構造「TriD」の効果があるのだと思います。(写真の手のひら側の黒い部分がすべり止め素材です)

肝心の保温性ですが、今のところ全然問題ありません。逆に天気のいい日などは少し掌が汗ばむぐらいです。一番寒くなる1月2月でどうなるかですが、今のところ問題ないように思います。

これで、グローブだけで3つになりました。次は足先の保温ですね。(^_^;)

つけっぱなしにしていたTVのニュースで、飯島愛さんが亡くなったと言っていた。

まじ~!?と思って、ネットで検索したら本当だった。なんかショック。

TVに出演しだしたころからのファンで、強がって生きている風に見えるけど、どこか寂しげな感じがして好きだった。

引退宣言したけど、いつか戻って来てくれると思っていたのに残念。

36歳なんて若すぎるよ。ご冥福をお祈りします。

2008年のM1グランプリが終わりましたね。

オードリーが敗者復活から上がってきて、準決勝1位通過した時には期待したんですが、結局優勝はNon Styleになりました。まあ、毎年敗者復活で優勝したらおかしいですもんね。

思ったより大差でオードリーが破れましたが、決勝のネタを見ると仕方ないのかな?ネタ選択の失敗ですね。オードリーが好きだったので残念です。

今後の活躍に期待です。

鎌倉にある"ブリュレとナポリコーヒー"のお店「鎌倉フェリーチェ」に行ってきました。

felice1

JR鎌倉駅のロータリーからすぐ近く。道路沿いにある小さなお店です。

このお店はイタリアで修行を積んだシェフが「もっとお客様と直接ふれあいたい!」「美味しいものをもっと気軽に味わってほしい!」という思いで今年の5月にオープンしたお店ということです。

実はココに来るのは3度目・・・

最初に来た時は定休日。2度目は目の前で売り切れ;;

そんな訳で今回やっと買えたのが、こちらのぶりゅれ『クレーマ』です。

felice2

「クレーマ320円」

オーガニックバニラビーンズを使用。とろりと濃厚、定番です。

ドリウェル:
カップの見た目は結構小さめな印象ですが、こんがりとした焼き色が美味しそう。

かねくん:
小さめなんてことはなく、めっちゃ小さいです(・_・;)

 

felice3

ドリウェル:

上表面はカリッと中は口の中でとろけます。それがまた濃厚なんだけど甘過ぎもなく上品な味わい。

かねくん:
表面のブラウンシュガーが焦げたところが香ばしくて美味しいです。少し苦味があり大人の甘さです。中身のプディングはレアチーズケーキのようなしっかりした感じですが、口の中で溶けて、その味には思わずうっとりです。

 

ドリウェル評価(★★★★☆):

オススメです。甘いモノが苦手な方でもいけるのではないでしょうか(多分)。
是非近くに立ち寄りの際に行ってみてください^^
ただ、それほど多く置いてないので、品切れになってることもあるかと思います。。
今回はデザートとしての「甘いぶりゅれ」だったのですが、今度は「甘くないぶりゅれ」や「イタリア食材(生ハム、チーズ等)」試してみたいと思います。

かねくん評価(★★★★☆):

美味しさは文句なく5つ星!4つ星にしたのは、もっと食べたいのに小さくて直に無くなってしまったから。いわゆる八つ当たりですね(^^ゞ。ああ!バケツ一杯食べてみたい。
ちなみに、「ブリュレ」て何?と調べてみたら、フランス語で「焦がした」という意味らしいです。一般的には「ブリュレ」と言ったら「焦がした洋菓子」になるみたい。さらに、このクレーマは「クレームブリュレ」の一種?ああ、難しい(~_~;)
今回のぶりゅれは、ドリさんのお土産で頂きました。感謝感謝\(^o^)/。次回、「甘くないぶりゅれ」「イタリア食材」もよろしくお願いしますぅ(^^ゞ

テトラ評価(★★★★☆):
今回初めてブリュレというものを食しました。
このブリュレは甘さ控えめで表面はカリカリ、中はクリーミーでとても美味しく頂けました。^^

>甘いモノが苦手な方でもいけるのではないでしょうか(多分)。
私は甘いものが苦手ですがこれなら何個でも食べられます!?(多分)。

>今回のぶりゅれは、ドリさんのお土産で頂きました。感謝感謝\(^o^)/。
いつもありがとうございます。m(_ _)m

【場所】
JR鎌倉駅 徒歩1分


大きな地図で見る

12月23日。自転車を始めてから、いろいろ気になっていた競輪へ初めて行ってきました。

場所は京王閣。多摩サイを走っていて気になっていた場所ですが、一人では行く勇気がなかった(^_^;)ので、競輪経験者の友人S氏と一緒に行ってきました。

S氏とは10:30に待ち合わせ。京王閣までは自転車で30分程と見積もって、周辺の駐輪場の状況等がわからないで、駐輪場を探す時間も含めて、早めの9;40に自転車で出発。のんびり走って行ったのですが、見積もりの30分よりも全然早く18分で到着。とりあえず京王閣の回りを一周してみると、正門近くの京王線高架下と正門の中に結構広い駐輪場あり。西門の方には駐輪場が見当たらなかったので、正門へ戻って正門内の駐輪場へ駐輪しました。駐輪場は全然空いているので、自転車で行く人も心配ないと思います。

それでも時刻は10:10ぐらい。この日はそれまで暖かい日が続いた後に、冬の寒さが戻って来た日で、まだ20分あるのかと、正門前でS氏を震えながら待っていましたが、ありがたいことに10:20にS氏登場。流石S氏!約束の10~5分前には到着するというビジネスマンの基本が私生活でもきちんと身についてます。S氏は裏表がなく、本当に気持のいい人です。

さて、いよいよ京王閣に突入します・・・が、本日は京王閣で飲み過ぎたため、続きは後日に(^_^;)

小栗旬さん主演のスペシャルドラマ「夢をかなえるゾウ」を見てみました。

キャストを見ると、安部力さんも出演しているとのことで、少し楽しみにしていたのですが、最初にちょっと出てきただけで少し残念。おやじが見ているドラマでは、少し悪役っぽい役の多い安部力さんですが、独特の雰囲気を持っていて、今後が楽しみな俳優さんだと思います。

ストーリーは、何事にも無気力なサラリーマンの野上耕平(小栗旬)が、神様のガネーシャ(古田新太)と出会って自分を変えて行き、夢に向かって進んでいくようになるという、大筋は基本的に水川あさみさん主演の連続ドラマと同じでした。

こちらは2時間のスペシャルドラマということで、課題のクリアなど端折られたり、ギャグ等も少ないですが、連続ドラマに比べて、課題の内容も何となく納得できて、常日頃「なにかやらなきゃ」と思いながらも、日常に流されてしまう自分を反省させられる内容でした。

連続ドラマの方は、どちらかというとユーモアの方が先に立ちましたが、もしかしたらこれは、おやじが男だから、耕平の方に感情移入しやすかったからかもしれません。

今度知り合いの女性の意見も聞いてみようと思います。
スペシャルドラマの方を見てみたら、連続ドラマの方で疑問に思っていたことが解決。たとえば、何でガネーシャはあんみつが好きなのかとか。スペシャルを先に見るのも良し。連続ドラマを先に見るのも良し。何にしても大笑い出来て、何かしなきゃいけないと思わせてくれるドラマでした。

最近、自転車関係の書籍やらDVDやら、アマゾンで結構購入していますが、「ツール・ド・フランス2008 スペシャルBOX」が、12月19日発売だったので、1か月程前に予約注文してました。

アマゾンでは、商品にもよるのかもしれませんが、予約商品の価格保障という制度があります。この制度は、予約した時点から、発売日または発送手続き開始までの間で、一番安くなった時の価格で買えるというものです。

ツール・ド・フランス2008 スペシャルBOX」の場合は、約1か月前の予約時の価格が6,065円で、発送時の価格が5,905円でした。1か月で160円安くなりました。

たかが160円、されど160円。とっても得した気分です。

さあ!「ツール・ド・フランス2008 スペシャルBOX」を今から見ます。

1  2  3
Powered by Movable Type 6.0

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このアーカイブについて

このページには、2008年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年11月です。

次のアーカイブは2009年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。