とろろそば:高尾山 高橋屋

| コメント(0) |カテゴリ:

自転車で高尾山へ行って高橋屋さんのとろろそばを食べて来ました。(自転車紀行はこちら

高橋屋 高尾山ケーブルカー乗り場の正面にある、レトロな木造のお店です。

屋根からニョキッと出ている柿の木は、樹齢150年だそうで、店の中から生えてます。

ということは、高橋屋さんは創業150年以上なんでしょうか?

色々な疑問を感じつつ入店しようとすると、ちょうど出てきたおばさま軍団が、「店員の態度が悪いから文句言ってやったわよ!」と息巻いてました。

「ええ!そうなんすか!?」と怖々入りましたが、幸いおやじが出会った店員さんたちは普通の感じでした。店員さんは結構人数がいるので、中には態度の悪い人がいるのかもしれません。

おそばのメニュー

こちらがおそばのメニュー。

とろろ以外にもありますが、今回はととろそばを食べに来たので、暖かいとろろそば(940円)に決定。

注文して待つ間に、出されたお茶を飲んだら、そばの風味がして美味しい。「そば茶」というらしいです。店内には、そば茶のディスペンサーがあって、セルフサービスで飲み放題です。おやじは三杯飲みました。

 

のりの缶

手持無沙汰で、テーブルの上を見まわすと、「のり」と書かれて大きめの缶が目につきました。

ちゃんと「高橋屋」の屋号まで印刷されています。

多分のりが入っているんだろうと思ってあけてみると、やっぱり刻みのりが入ってました。

他の物が入ってたら驚くわね(#^.^#)

 

とろろそば

お待ちかねのとろろそば到着。

とろろにうずらの卵が入って美味しそうです。

横の緑色のものはトンブリだと思います。

とろろアップ

 

 

 

 

 

最初はとろろをかけずに、そばだけを味わいました。とろろをつなぎに使った6割そばです。おやじは、そばは6割ぐらいが好みです。鼻に抜けるそばの香りがよく、美味しいそばです。

とろろをかけたそば

続いて、とろろをかけて食します。

このとろろは、「大和芋」と「長芋」を同量混ぜているそうです。

粘り過ぎずトロッとした感じになってます。

とろろをそばに絡めながら一気食い。とろろの旨みが加わって、さらに美味しくなります。

とろろは、ほとんどそばに絡めて食べたと思ったのですが、結構取り逃がしたとろろが多く、どんぶりの下に溜まってます。

つゆまで一気に飲み干して大満足です。

車で来た場合には、お店の前に駐車場が2台分ありました。観光せずに食事だけするなら、ここに駐車すると無料のようです。有料駐車場に止めた場合にも、食事をすると500円分の駐車料が無料になるそうです。

コメントする

Powered by Movable Type 6.0

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、kaneyukiが2008年12月 8日 12:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ザ・マジックアワー:三谷幸喜監督作品」です。

次のブログ記事は「夢をかなえるゾウ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。