戦略 BIOSHOCK

| コメント(0) |カテゴリ:

クラフトステーションが使えるようになったら、アンチパーソネルブレッドは切らさないように補給しましょう。ほとんどのサプライサーに有効です。同じくアンチパーソネルラウンドも有効。

ロージー戦に備えて、エレキショットとエレキジェルも常備する。

◆対ビッグダディ戦

序盤は、独力での対応は難しい。ハックしたタレットやセキュリティカメラを利用して、エレクトロボルトやエレキショットでタレットなどの射線上に足止めして倒す。

中盤以降でショットガンの威力強化後、エレキショットのみでもそこそこ戦えるが、タレット達の協力は必要。

ケミカルガン入手後は、エレキショットとエレキジェルの併用で比較的楽に倒せるようになる。

ビッグダディは、ステージ内に数体いて、それぞれ特定のエリアを周回しています。一度倒しても新しい個体が追加されます。リトル・シスターは、どのビッグ・ダディとも一緒に出現するので、なるべく有利な位置でビッグダディと戦うようにしましょう。

◆対マシンガンを持ったスプライサー戦

こちらを襲ってきた後は、とにかく動きが早く、狙いを付けて射撃しても避けられる。気付かれる前に静かに近寄ってヘッドショットで倒すのが得策。

気付かれた後は、ピストルのアンチパーソネルブレッドや、マシンガンのアンチパーソネルラウンドの速射で早めに仕留めるのが得策。

エレクトロボルト2以上を装備していれば、エレクトロボルトを当ててから仕留めるのも良いと思う。

◆対ニトロ戦

ニトロと出会うときは1対1の場合が多い。1対1の時は、テレキネシスで投げてきた爆弾を投げ返して仕留める。厄介なのは、他のスプライサーと混合している時。その場合、ニトロの攻撃は避けやすいので、他のスプライサーを先に倒してからニトロを倒す。

◆対フーディーニ戦

攻撃は避けやすいので、避けながらピストルのアンチパーソネルブレッドや、マシンガンのアンチパーソネルラウンドで速攻撃退。

◆死んだ振りしたスプライサー戦

後半になると、死んだ振りして倒れているスプライサーがいて、近づくと突然起き上がって襲ってくる。動きの早いマシンガン系などだと起き上がってから相手するのは面倒なので、起き上がらない位置まで近づいてから、ヘッドショットすると楽に倒せる。

◆対フォンテイン戦

フォンテインとは、最終ステージで3回闘うことになるが、フォンテイン自体の攻撃パターンは単調で避けやすいので、周りをぐるぐる回りながら攻撃すれば、時間はかかるが確実にダメージを与えられる。

1回目は、フォンテイン一人と戦うので、上記の攻撃が有効。

2回目は、セキュリティポットが複数加わるが、セキュリティ解除装置でポットを無効化すれば、上記の戦法で倒せる。

3回目は、スプライサーが多数出て来て、上記戦法を取りずらい。エレキジェルの連射(トリガー引きっぱなし)をすると、フォンテインは釘づけになって動けないので、スプライサーの攻撃を甘んじて受けながらエレキジェルで倒すのが楽。

インデックスへ戻る

コメントする

Powered by Movable Type 6.0

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、kaneyukiが2009年2月17日 16:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリュンポス・ハイツ」です。

次のブログ記事は「武器の考察 BIOSHOCK」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。