「少年メリケンサック」見てきました。笑えます!

| コメント(0) |カテゴリ:

今日「少年メリケンサック」を見てきました。

ヤッターマンも本日封切りだったので、どっちにしようか少し迷いましたが、ヤッターマンは面白いか少し不安があるので「少年メリケンサック」にしました。深田恭子さんのドロンジョは捨てがたかったですがねぇ(^_^;)

流石、宮藤官九朗というべきか笑えました。極上のお笑いエンターテイメントというところでしょうか。掛け合い漫才というか、コントのようです。早い展開で最後まで飽きることがありません。細かいギャグも盛りだくさんで、見た後もそのネタで盛り上がれます。

宮崎あおいさんは楽しそうに演技してましたが、やはり彼女のハッチャケぶりが良かったです。演出とキャスティングの妙なんですかね?

佐藤浩市さんの役は、少し物足りなかったですが、ユースケ・サンタマリアさんや、田口トモロオさんが良かったです。あと、意外なところでは勝地涼さんの演技が良かったです。勝地涼さんを見るのは「キャット・ストリート」以来でしたが、こんなコミカルな演技もできるんだと思いました。いい味を出して、映画全体を盛り上げていたと思います。

少年メリケンサックのメンバーの若い時代と、中年(老年)時代を別の人が演じていますが、最初誰が誰に対応するのかわかりずらかったので、見る前に少しネットで予習しておいた方がいいかもしれません。

宮藤官九朗ファンなら是非見ておいた方がいい作品だと思います。

映画とは関係ありませんが、後ろの席に座っていた(多分)おばさんグループが、何でもないと思うようなところでも、やたら大声で笑っていました。何か、おやじが知らないパロディーでもあったのかな?

あと、隣に座っていた兄ちゃんが、ムスク系のコロンかなんかを付けていたのですが、大量に付けているのか、物凄く匂いがきつくて気持ち悪くなってしまいました。映画館に来る時は、もう少し控えてくれるとありがたい・・・。

コメントする

Powered by Movable Type 6.0

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、kaneyukiが2009年3月 7日 23:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「プロローグ:錯覚 -TOMB RAIDER-」です。

次のブログ記事は「エル アミーゴ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。