映画:ウォーリー ディズニーらしい、ホンワリした作品です

| コメント(0) |カテゴリ:

小説もそうですが、映画も見始めると続けて観てしまうのは何故でしょう?

そんなわけで、以前から気になっていたウォーリーを見てみました。

舞台は多分未来の荒れ果てた地球。何らかの原因で生き物は、コックローチさん1匹しかいない場所で、金属圧縮機のウォーリーが、延々と金属を圧縮して生活しています。

そう、まさに寝たり、充電(食事?)したりして生活してるんですね。ウォーリーはロボットなのに、感情があって人間臭いロボットです。その上好奇心が旺盛。楽しみは、家に帰ってから見るミュージカルの映画のようです。

そんなある日、ウォーリーが冷蔵庫の中に生えている一本の草を見つけます。それを大事に家に持って帰って水をやったりします。

翌日、ウォーリーがいつものように作業をしていると、宇宙船が下りてきて1台のロボット(イブ)を降ろして行きます。ウォーリーは、本当に作業用のロボットて感じですが、このイブはツルツルの玉子型。なんとなく、AppleのiMACを連想させるような白色で、Appleが作ったらこんなロボットになるんじゃないかな?という感じです。

このイブは最初ロボットらしく、なんの感情もなく何かの調査のために、ウォーリーには目もくれず調査活動にいそしみますが、好奇心旺盛なウォーリーは、このイブの後を追いかけまわします。

そんなある時、ウォーリーが持っている草を見つけたイブは、その草を体内に格納すると、待機状態になって動かなくなります。

ウォーリーは、そんなイブが心配でたまらず、いろいろ世話を焼きますが、イブの反応は無し。どうもイブに惚れてしまったらしく、それでも一生懸命世話をしていると、またもや宇宙船が飛来して、イブを回収していこうとします。

思わず宇宙船に飛びついて、一緒に飛び立つウォーリー

ここから、物語は急展開。色々なロボットや、豪華宇宙客船で生活する人々が登場し、ディズニーらしいドタバタコメディーが始まります。

最後はちょっと心配させてからハッピーエンド。ディズニーらしい、ホンワリと心温まる作品だと思います。

子供が見たら、ロボットに夢中になるでしょうね。そんな夢のあるロボット像が描かれています。

大人が見たら、未来の豪華宇宙客船の生活に憧れるかもしれませんが、その中に含まれる皮肉な部分で、少し胸がチクチクするかもしれません。

まあ子供から大人まで、理屈抜きで楽しめる作品かと思います。

しかし、CGの進化って凄いですね。人間の動きはモーションキャプチャを使っているのかもしれませんが、そのうちモーションキャプチャも必要なくなるかも?

コメントする

Powered by Movable Type 6.0

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、kaneyukiが2009年4月 6日 00:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「映画:スラムドック$ミリオネア 切なくて楽しい映画です」です。

次のブログ記事は「IMF試算 世界の金融機関の損失4兆ドル」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。