調布花火大会

| コメント(0) |カテゴリ:

先日、調布の花火大会を見てきた。

同行者は、S氏、O氏、A氏、U氏の4名。途中からS氏とU氏の同僚のM氏が加わる。

中之島駅で19時に待ち合わせ。

宿河原から17時50分頃に電車に乗ったが、通勤ラッシュ以上の混雑。

浴衣を着た人が一杯で、みんな花火大会へ行く様子。

はじめから登戸のホールに行って、来店ポイントをためる予定だったので、一度登戸で途中下車。

そんな時間からスロット打つわけもなく、かと言ってまた混雑した電車に乗るのも嫌なので、ぶらぶら歩いて中之島へ向う。

30分程して中之島駅に到着。

なにやら、警察官が大勢出てきていて、中之島駅前も大混雑。

まだ時間があるので、近場のホールへ行ってタバコタイムで時間潰し。

18時50分になったので、駅前へ行くと、S氏を発見。程なく19時前に、O氏とA氏が合流。

U氏のみ19時5分過ぎに合流。

S氏の教育がなってないね、と冗談を言い合いながら、酒の買出しと、つまみの調達をして多摩川へ向かう。

多摩川へ到着する前に花火大会が始まって、夜空に花火が打ち上がり始める。

多摩川へ到着して土手に上がると、当然のごとく座る場所などない状態。

というか、規制線がロープで張られていて、川側の土手の斜面などには人を入れないようにしている感で、スペースは結構余っているのだが座るところがない。

土手を登戸方面へ。

場所を探して歩いていると、ひときわ大きな花火が上がったので、それを眺めていると、後ろから「そこ!立ち止まらない!」と、おばさんの声がする。

何だろうと振り返ると、土手の上のサイクリングロードの川と反対側の草地に陣取ったグループのおばさんが、「こっちは早い時間から場所取ってんだからね!」と息巻いている。

気持はわかるけど、言い方が気に入らない。

そんな所を場所取りしているあんたが悪いんでしょ?と思うものの、そこは大人の対応。

また、場所を求めて歩き始める。

少し歩くと、土手の川とは反対の斜面に規制線のない場所をS氏が見つけたので、レジャーシートを敷いて基地確保。

微妙に土手の上の人が邪魔だが、まずまず花火が見えるので宴会を開始。

まあ、ここまでもビール飲みながら来てるけどね(^_^;)

花見と同じで、飲み始めたら花火なんて見ないだろう?と思っていたら、予想外に花火が素晴らしい。

あのS氏ですら、花火が佳境になると立ち上がって見上げるほど。もっとも「足がしびれた」とも言っていたが・・・

そんな中、おやじも結構花火に見とれてしまった。

花火を見るなんて本当に久しぶり。なんとなく癒される気分になって酒もすすむ。

あっという間に、20時30分で花火が終了。

そこから、M氏以外全員で、登戸まで歩いて、2次会して解散。

なんだか、楽しくてほのぼのとした時間を過ごせました。

皆さんお疲れ様でした。

コメントする

Powered by Movable Type 6.0

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、kaneyukiが2009年7月24日 00:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ル・スフレ」です。

次のブログ記事は「DSiがやって来た!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。