始めてのフカヒレ姿煮:横浜中華街 翡翠楼

| コメント(0) |カテゴリ:

元同僚の女の子が、結婚退職するということで、仲の良かった数名で送別会が翡翠楼であったので行ってきました。

今回の宴会コースは、「3時間飲み放題付き豪華フカヒレコース+翡翠チャーハン」4,980円です。

コースメニューはこんな感じ。

1 三種前菜の盛り合わせ (蒸ドリ、中華ハム、ピータンでした)
2 フカヒレの姿煮煮込み(一人一枚)
3 アワビのオイスターソース炒め
4 有頭えびのチリソース炒め
5 豚肉と季節野菜の炒め
6 二種の揚げ物の盛り合わせ (鳥の唐揚げ、春巻きでした)
7 五目フカヒレスープ
8 海鮮翡翠チャーハン
9 杏仁豆腐

これと、3時間飲み放題が付いて4,980円というのは、かなりお得な感じ。逆に、一抹の不安を感じてしまうような値段設定です。

今回は、翡翠チャーハンとフカヒレに絞って紹介します。

翡翠チャーハン翡翠楼というと、翡翠チャーハンがTV等でも紹介されて有名なようです。

チャーハンに綺麗な緑色の海鮮あんかけがかかっています。

食べてみると、海鮮の出汁がよく効いていて美味しいのですが、緑色の元になるであろう野菜系の味や風味はしません。

緑色の正体は何か、皆で推理して盛り上がりましたが、結局わからずに、店員さんに聞いてみたら、ほうれん草だそうです。全然わかりませんでした。

フカヒレ姿煮 さて、本日一番気になっていたフカヒレの姿煮です。

今まで、フカヒレスープとかは飲んだ事がありますが、フカヒレの姿煮は初めてです。TV等で紹介される度に、一度は食べてみたいと思っていました。

今回、料理の写真は撮影してこなかったので、左の写真は参考写真ですが、見た目はほぼ同じで、スープが少し白っぽかったような気がします。大きさは、直径10cm程度でしょうか。この値段のコースでは十分な大きさだと思います。

緊張して箸を伸ばし、フカヒレを切り分けようとすると、フカヒレの下からもやしが出て来ました。フカヒレ自体に厚みがないので、下にもやしを引いて底上げしてあるみたいです(^_^;)

気を取り直して一口食べてみると、トロリとした食感で、口の中で繊維がほどける感じ。何となく歯ごたえがあるようなないような、始めての食感でした。

味の方は、フカヒレ自体には味が無いと聞いていたのですが、あんかけの味が強くて良く分かりませんでした。食感を楽しむものなんでしょうかね?確かめるためにも、いつか単品でそれなりの値段の姿煮を食べてみたいと思います。

さて、今回のコース料理全体の感想ですが、コストパフォーマンスは抜群です。料理のボリュームも多すぎずいい感じ。宴会には最適かと思います。

ただ、中華を楽しむためにもう一度行くかというと微妙な感じですね。

コメントする

Powered by Movable Type 6.0

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、kaneyukiが2009年7月 5日 13:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「AQUOS SHOT 933SHレビュー:カメラ編2」です。

次のブログ記事は「炭火焼肉・韓国料理「ソウルガーデン」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。