2009年8月アーカイブ

前回に引き続き、「中国ラーメン 揚州商人」で、麻婆茄子ラーメン食べてきました。

【揚州商人 制覇メニュー】

「麻婆茄子ラーメン(840円) 辛Lv3」

麻婆茄子ラーメン

麻婆豆腐ラーメンは結構好きですが、麻婆茄子とラーメンのコラボレーションのイメージが湧かなかったので、”麻婆茄子ラーメンてありなの?”と、半分不安な気持ちでオーダーしました。

出てきた料理を見てみると、麻婆というよりも、茄子カレーのような見た目です。

恐る恐る一口食べてみると、完璧に”麻婆茄子”でした。強いていえば、少し甘味が強い麻婆茄子という感じですが、美味しい甘みです。

茄子だけ食べてみると、これも美味しい。

辛Lv.3で、今まで食べた中では、一番高レベルでしたが、おやじ的には程良い感じです。ということは、一般的には結構辛いかもしれません。

今回も麺は刀切麺を選択。麻婆の麺への絡み具合が丁度良い感じです。とろみがあるのでアツアツですが、一気に完食してしまいました。

お薦めのメニューかと思います。

かねくん評価(★★★★☆):

変わり種のメニューかと思いますが、このラーメン結構いけます。特に茄子が美味しかったです。

場所等はお店のホームページでどうぞ。

日本TV系で放送されているドラマ「赤鼻の先生」。久し振りに連ドラみてます。

大泉洋さん主演ということで、第1回を見てみたが、なんだか無理な設定から無理やり院内学級の先生になって、特に笑うところもなかったので、今後どうかなと少し不安。

大好きな小林聡美さんも出演しているので、第2回以降も続けて見てみたら、回を追うごとに面白くなってきました。

病院内の院内学校のお話なので、生徒達の病気との闘いの場面では重い感じになりますが、それに立ち向かう病院スタッフや、院内学校の先生達の奮闘が、笑いを含めて軽妙に描かれていると思います。

大泉洋さんと小林聡美さんの絡みも面白い。やはり小林聡美さんは、いい味を出してます。

また、毎回居酒屋での一場面が出てきますが、この一場面も面白い。マスター役の俳優さんがいい味を出してます。

第3回目ぐらいに、エンディングのキャストに「尾美としのり」と出てたので驚き。

どの役で出演してたのかわからなかったので、次回の放送で探してみると、なんと居酒屋のマスター役でした。全然気づかなかったです。小林聡美さんと尾美としのりさんと言えば、おやじ的お気に入り映画ベスト10に入る「転校生」が思い出されます。まだ転校生を見ていない方は、是非見てみてください。

今現在の密かなお気に入りは、音楽の西森先生役の平岩紙さん。なんだか、ほんわかしていていいですね。

只今第7回まで見ていますが、少し重い方向に話が進んで行きそうなのが心配。

和田っちの病気が治って、ハッピーな方向に話が進んで欲しいもんです。

前回のスーラータンメンに引き続き、「中国ラーメン 揚州商人」で、タンタン麺を食べてきました。

ちなみに、人気No.1は「スーラータンメン」で、このタンタン麺は人気No.2とのことです。

「タンタン麺(880円) 辛Lv2」

タンタン麺

見た目はゴマベースの正統派タンタン麺?

ひき肉とザーサイを炒めた具がたっぷりのっています。

まずスープを飲んでみると、辛さは程良い感じ。ゴマベースのスープは濃厚な見た目ですが、意外とサッパリしていて、ゴマの風味が引き立っています。

刀切麺

今回は、極太麺の刀切麺にしてみました。

お店の人は、「とうせつめん」と言っていました。

有名な「刀削麺」は、麺の塊をごぼうのささがきみたいな感じで、直接鍋の中に削ぎ落として茹でますが、「刀切麺」は、蕎麦やうどんと同じ様に、麺切り包丁で切って茹でる、日本発祥の製法らしいです。

見た目は、山梨のほうとうをさらに太くして、少し縮れさせた感じです。

歯ごたえは、しっかり腰があり、人によっては硬すぎると感じるかもしれませんが、おやじには丁度いい感じでした。

極太麺なんですが、スープと良く絡んで美味しいです。逆に細麺だと、しつこくなりすぎるかもしれません。

このタンタン麺は美味しいです!

かねくん評価(★★★★☆):

タンタン麺というと、最近はニュータンタンでしか食べてませんでしたが、久々に美味しい本場のタンタン麺に出会った感じです。ニュータンタンのタンタン麺も美味しいですが、あれはニュータンタンのオリジナルという感じですからね。

このお店は、メニューの種類が多いので、まだまだこのシリーズは続きます。次は何を食べようか?

場所等はお店のホームページでどうぞ。

溝の口にある七輪焼「溝の口ホルモン」に行ってきました。

こちらも溝の口で有名な「たまいグループ」の一つです。

溝の口ホルモン

何といっても安さが魅力のお店です。

席に着くとオーダー票が置いてあるのですが、「最初のオーダーを自分で書くと、そのオーダー全品10円引き!ということなので、ここで全部頼んでしまいます。

店外の席で飲食すると一部のお肉の値段が20%引きになるようです。

 

 

 ホルモン焼き5

お肉などは七輪で焼きます。

網の交換は1枚48円(税抜き)になります。

 

 

 

 

 

「つきだしのキャベツ」

キャベツざく切り

ドリウェル:
肉を食べながらつまんでいると、いつの間にかなくなります。

かねくん:
確か、サービスで無料だったと思います。無料なのでなおさら美味い?お代わりできるのかな?

 テトラ:
生で食べても美味しいのですが、焼いて食べても美味しいです。 

【塩】
「<鶏>正肉(150円)、<豚>ハツ(180円)/ハラミ(190円)」税抜き

ホルモン焼き1

ドリウェル:
正肉はタンパクで。ハラミは若干噛み応えがあって、肉って感じがしました。

かねくん:
このお店は、豚・鶏系は塩ダレになるようです。おやじ的には、安いんですが、そのお値段相応のお味という感じで、つまりはあんまり美味しくなかったです。(-_-)

 テトラ:
見た目もあまりよろしくないのですが、味のほうもイマイチでした。 

【タレ】
「<牛>ハラミ(380円)/カルビ(380円)」税抜き

ホルモン焼き2

ドリウェル:

どちらもジューシーさがあまり感じられませんでした。

かねくん:
牛系は、自動的にタレになるようです。
豚系の2倍のお値段ですが、値段の割に美味しくない・・・という感じでした。カルビの脂の美味しさもないし、ハラミのジューシーさもなく残念です。

テトラ:
安いので期待してなかったのですが、まあ、期待通りと言いますか、イマイチでした。 

【塩】
「<鶏>砂肝(180円)」税抜き

ホルモン焼き3

ドリウェル:
普通の店より大きめに切られていて食べ応えがあります。

かねくん:
今までの中では、まあまあの感じなんですが、塩ダレが少し問題か?

 テトラ:
砂肝は期待通り。まあまあな感じでした。
 

【味噌】
「シロコロ(473円))」税抜き

ホルモン焼き4

<限定品>B級グルメNo.1「シロコロ」

☆B級ご当地グルメとは

安くて旨くて地元の人に愛されている地域の名物料理や郷土料理のことです。「B−1グランプリ」というのは来場した方々の投票で、B級ご当地グルメのNo.1を決定するという大会のことです。
2008年11月の第3回大会で、神奈川県厚木市「厚木シロコロ・ホルモン」が優勝し話題となりました。

☆シロコロとは・・・
厚木のホルモンは、豚の大腸をひっくり返してぶつ切りにし網焼きにします。
そして、ご自慢のニンニク味噌を付けて食べるのが特徴です。
脂身を適度に残してあるので、やわらかで絶妙な食感が楽しめます。
また、それを各店自慢の味噌ダレにつけて食べると、香ばしくて後引く美味しさです。
網焼きにすると丸まってコロコロになることから、「シロコロ」ホルモンと呼ばれています。

ドリウェル:
今回、オーダーした中では1番美味しかったように思います。味噌ダレがよく合います。

かねくん:
ドリさんの意見に一票!シロコロ。こいつは美味しいです!
解説にある通り、厚めに残されている脂身が、口の中でいい感じの甘さとなって美味しかったです。が!味噌ダレをもう少し工夫しましょうよ。折角のシロコロが可哀そうです。

テトラ:
限定品とあって、それなりに美味しかったです。

「しめじホイル焼(170円)、エリンギホイル焼(170円)」税抜き

ホルモン焼き6

ホイル焼きも各種揃っています。

 

 

 

 

 

 

 

ホルモン焼き7

ドリウェル:
バターときのこは相性抜群。
エリンギもしめじも美味しかったです。

かねくん:
ある意味、安心して食べられるアイテムです。

 テトラ:
個人的には一番オススメ。
 

 

ドリウェル評価(★★☆☆☆):

とにかく安い。その点は申し分ないのですが、個人的には全体的に味がいまひとつなのが残念でした。安さが魅力なので、結構混んでたりします。
食事というよりは、ホルモンつまみながらビールな感じのお店です。

かねくん評価(★☆☆☆☆):

シロコロ分の星一つです(^_^;)
ドリさんの言うように、ホルモンの味を楽しみに行く店ではないですね。安く飲みたい向きにはよろしい店かと思います。
あれ?そういえば、グルメの日々には、ドリンク類の紹介がないですね。今度、ドリさんに言っときます。
しかし、シロコロは可能性を感じさせるホルモンです。昔行った浜松町の有名な焼肉屋さんで食べた、一皿1000円以上するホルモンに匹敵する味の可能性を感じました。他に食べられる店がないか調べてみよう。

テトラ評価(★☆☆☆☆):
安いけれど、味の方はイマイチです。味にこだわらない方にはオススメします。安いので。。。それにしても人が多いですね。ホルモンブームと不況の影響でしょうか?

【場所】 
神奈川県川崎市高津区溝口1-12-18
溝の口駅から徒歩5分
営業時間:17:30~25:00 (L.O.24:30)
定休日:無休


大きな地図で見る

先ほど、上野樹里さんの新CMを見ましたが、やはり上野樹里さんは、のほほ~んとした演技(地なのかな?)がいいですね。

のだめカンタービレの新シリーズ、あるいは、上野樹里さんの魅力を引き出せる作品を作って欲しいもんです。

そう言えば、最近TVCMをほとんど見てないです。

何でかというと、仕事が何故か忙しく、TV見る時も録画でCM飛ばしちゃうから。

上野樹里さんのCMがたまたま見れて良かったです。

らーめんはうす

| コメント(0) |カテゴリ:

らーめんはうす登戸にあるラーメン屋「らーめんはうす」に行ってきました。

安くてボリューム満点が評判のラーメン屋さんです。

店内は賑やかな感じで、家族連れや学生風の若い人が多いです。

 

 

 

IMG_0795

IMG_0796

メニューは、「らーめん」が400円からと、どれも値段安めです。

ラーメン以外のメニューも安くて、周りのお客さんの料理を見ると、かなりボリュームがあります。

今回オーダーしたメニューはこちら。

「味噌たんめん(750円)」

ドリオーダー

味噌たんめん

ドリウェル:
どんぶり大きいです。普通のラーメン屋さんの1.5~2倍くらいでしょうか。
スープは結構あっさりした味噌味。野菜がたっぷりなので、その水分も相まって若干薄い感じ。もうちょっとコクがあってもよいです。
ボリュームは言うことなしです。

 

かねくん:
スープを飲ませてもらいましたが、ドリさんの言うように、あっさりというよりも、味噌味は薄目な感じでした。それにしても、具の量が半端ないです。

「四川らーめん(950円)」

かねくんオーダー

四川らーめん

かねくん:
辛さは控え目な感じですが、スープに少しとろみがあり、いつまでたってもアツアツです。辛さと熱さでヒーヒー言いながら食べました。食べても食べても、後から次々と具が出てくる感じ。食べ盛りの若い人にはいいけど、中高年がオーダーするときは少し気合いが必要かもです。(^_^;)

ドリウェル:
右上のグラスと比較して頂ければどんぶりの大きさがイメージ出来るかと思います。
ちょっと辛めのらーめんです。 ボリュームは味噌たんめん以上にあります。

「つけ麺(みそ味) (850円)」

テトさんオーダー

つけ麺(みそ味)

ドリウェル:
写真ではちょっとわかり辛いですが、つけ麺もかなりのボリュームです。
こちらのみそ味も若干さっぱり目ですが、個人的には丁度よい感じでした。

かねくん:
サッパリとした感じのつけだれでした。

 テトラ:
つけ麺というか、冷やし中華のつけ麺風といった感じでした。ちなみに麺もスープも冷たいです。

「ぎょうざ ‐‐‐ 5個 (150円)」

ぎょうざ

ドリウェル:
オーダーするつもりではなかったのですが、安かったので追加してしまいました。

かねくん:
ドリさんと同じく、安さに惹かれて注文。でも、150円でこの量と味なら大満足かもです。  

テトラ:
150円という値段に釣られて注文してみました。注文する価値アリ。
 

ドリウェル評価(★★★☆☆):

とにかくお腹一杯食べたいときはオススメのお店です。
今回はラーメンでしたが、周りのお客さんがオーダーしていたご飯モノが美味しそうだったので、再訪のときはラーメン以外もチャレンジしてみたいと思います。

かねくん評価(★★☆☆☆):

20数年振りの訪問です。当時からボリュームがあって、若い人を中心に賑わってました。通わなくなってしまったのは、いつも混んでいて並ばなくてはならないことが多かったためです。料理は美味しかったイメージがあるのですが、今回は普通になってた感じ?そういえば、当時は野菜炒めとかのご飯物を中心に食べてたような気がします。次回はドリさんと一緒にご飯物に挑戦かな?

テトラ評価(★★★☆☆):

値段の割りに量が多いという印象でした。味も悪く無かったのでガッツリ食べたい日に行きたいと思います。

【場所】 
神奈川県川崎市多摩区登戸3142
小田急線 登戸駅より徒歩3分
営業時間:
定休日:


大きな地図で見る

先日、友人と新横浜で飲んだ時に、締めとして連れていかれたのが、この「中国ラーメン 揚州商人」です。

その時食べたのがスーラータンメンで、物凄く美味しかった記憶があるのですが、その時は酔っ払っていた事もあり、もう一度行って確かめてみようと思いつつ、新横浜まで行くのも面倒で、なんだかんだで日にちが経ってしまいました。

それでも気になるので、ネットで調べてみると、このお店はチェーン店で、結構な店舗数があり、運良くおやじの通勤経路にも店舗があったので、残業で遅くなる時に通ってみることにしました。

で、その第一弾がスーラータンメンです。

 

「スーラータンメン(880円) 辛Lv2 酸Lv3」

スーラータンメン

最近はよく見かけるようになってきたスーラータンメンです。

このお店は、各ラーメンで、極太麺の刀切麺か、細麺の柳麺を選択できます。

今回は、細麺の柳麺を選択しました。

スープにラー油が大量に浮かんでいて激辛風に見えますが、食べてみると丁度良い辛さと酸味です。

具も、玉子・豚肉・椎茸・竹の子・白髪ネギなど盛り沢山で食べ応えがあり、少しとろみのあるスープと麺と具が一体になって美味しいです。

かねくん評価(★★★★☆):

スーラータン好きには堪らないラーメンだと思います。
とろみのあるスープが熱いので、火傷しないように注意しましょう。

お店の感じは、新横浜店も、今回の港北店も同じような感じで、ジャッキーチェンの「xx拳」シリーズに出てくるような、レトロな中国風ので、お客も多くにぎやかですが、何となくアットホームで落ち着ける感じです。

水の変わりに、冷たい中国茶(種類はわからん)を、ポットで出してくれるのがうれしいです。

ちょっと話はズレまずが、おやじはスーラータンが大好きです。始めての出会いは、今を去ること20年ほど前。仕事でイギリス出張した時に、夕食に連れていかれた中華料理屋で食べました。その時のスーラータンが絶品で、物凄く美味しくて感動しました。

帰国してから、中華を食べる機会があると、メニューにスーラータンを探したのですが、なかなかスーラータンを出しているお店がなくて、たまにあっても失望させる味の所が多く、美味しいスーラータンには滅多に出会えなかったです。

最近は、結構スーラータンを出しているお店が増えてきているのですが、なかなか納得できるものが無い中で、このお店のスーラ-タンメンはイケてると思います。

営業時間等は、お店のホームページでどうぞ。

夏休み中、帰省していた3日間と台風接近で大雨の一日を除いて、多摩サイを行ったり来たりしてました。

しかし、暑かったこと(・・;)

GOLDWINのハーフパンツを穿いて走ってたんですが、汗をかくと足にまとわりつく感じがして走りずらい。

どうしようか少し迷ったのですが、行程の途中のY’sRoadで、パールイズミのサイクルパンツ(9,450円)を購入しました。

始めてのサイクルパンツ そして、夏休み最終日の8月16日に、いよいよサイクルパンツデビューです。

パツパツ感と、下腹少しモッコリ感で多少抵抗がありましたが、思い切って自転車をこぎ出すと、嘘のようにペダリングが楽な感じ。

やはり、専用のウェアは、違いますね。

改めて自分撮りした写真を見てみると、サイクルパンツの似合っていないこといないこと(^_^;)

J-SPORTSのツール・ド・フランス中継で、解説の栗村修さんが、「サイクルパンツが似合うのは、プロ選手のような体型でないと難しい」みたいな事をおっしゃってましたが、納得です。

もっと走り込んで、少しでも似合うようになりたいもんです。

サイクルパンツが似合わないのは仕方ないとして、少し困ったのがポケットがないこと。今度はサイクルジャージが必要かも?また出費が・・・。

この日は調子に乗って、多摩サイ上流の終点を目指しました。

以前に一度行っているのですが、その時は羽村堰入口までで、阿蘇神社までいけなかったので再挑戦。

阿蘇神社への砂利道 羽村堰入口まで多摩サイで行ってから、奥多摩街道へ少し出て、羽村水上公園道路(全長700m)へ入ると、水上公園道路の終点から阿蘇神社へ続く砂利道がありました。

untitled

阿蘇神社 砂利道を少し進むと、海から55Kmの標識があります。

この砂利道は、ロードバイクで進むのは難しい感じ。

そこから少し進むと、阿蘇神社の鳥居が出現。

道端には、途中の多摩サイにもあった、「まむし注意」の標識が立っています。ここは本当に人っ子一人いないので注意しましょう。(+o+)

阿蘇神社本殿 短い階段を登ると、阿蘇神社の本殿があります。

静かな雰囲気の中で、蝉の声だけが響き渡っていました。

阿蘇神社には、天然記念物のシイの木があるらしいのですが、今回は残念ながら見つけられませんでした。

前回は、途中で何度も休み休みでしたが、今回は休憩3回で走破。少しはおやじも進歩しているみたいです。

サイクルパンツは思った以上に快適でしたが、帰ってきたら太ももの上面が日焼けして真っ赤になってました。ハーフパンツの時には、足はそんなに日焼けしなかったので、腕と顔には日焼け止めを塗ってたんですが、足は盲点でした。次回は気をつけよう。

最近お気に入りのラーメン屋さん「頑張り屋」の「特製塩麺」を食べてきました。

前々回は、味噌系(その時の記事はこちら)。前回は、醤油系(その時の記事はこちら)。

今回は、塩系ということで、頑張り屋さんにある3種類のスープを一通り制覇しました。

ただし、今回は、自宅が近いので、おやじ一人での訪問となりました。最近は、週に一回は必ず食べに行ってます。

「特製塩麺(???円)」・・・値段忘れたので今度調べてきます(^^;

特製塩麺

かねくん:

前回、醤油ラーメンで少し気になった魚介系スープの臭みですが、不思議と塩麺では気にならず、ちじれ麺との相性がいい感じで、さっぱりした中にもコクがあり美味しかったです。

その日のスープの出来の差なのかはっきりしないので、再度醤油系と塩系を試してみたいと思います。

とは言え、やはりお気に入りは味噌系なので、最近は「こくまろ味噌」(いわゆる味噌バターラーメン)ばかり食べてます。

ところで、この特性塩麺には、あぶり豚トロが1枚入ってます。

この豚トロが口に入れると肉汁がジワーと溢れだしてきて、脂の甘みと相まって絶品でした。

一発で気に入ってしまい、その後頑張り屋さんへ行くたびに、毎回豚トロ1枚をトッピングしています。

なんで1枚かというと、トッピングで注文すると、100円/枚というお値段なんですね。本当は5枚ぐらい食べたいのですが、お高いので1枚で我慢してます。(^^;

かねくん評価(★★★★★):

一応、基本3系統を全部試したということで、おやじの最終評価です。大変気に入っています。

あくまでも個人的な好みですが、一押しは、やはり味噌系。次に塩系で、最後が醤油系となります。

お店のカウンターに張ってある一言には、「味噌ラーメンには、にんにく、唐辛子、ラー油少々が良く合います」と書いてあります。これまで、「にんにく」は匂いが気になるので敬遠していたのですが、先日「にんにく」を少し入れてみました。これが大成功。スープがぐっと締まった感じになって、超美味しくなります。味噌系ににんにくがお勧めです。

【場所】 
神奈川県川崎市多摩区登戸2072 森山ビル 1F
小田急線 向ヶ丘遊園駅より徒歩3分
営業時間:11:20~15:20 18:00~25:00 (スープ切れ終了あり)
定休日:水曜日


大きな地図で見る
1
Powered by Movable Type 6.0

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このアーカイブについて

このページには、2009年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年7月です。

次のアーカイブは2009年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。