担々麺本舗 辣椒漢 (タンタンメンホンポ ラショウハン)

| コメント(0) |カテゴリ:

神田にあるラーメン屋「担々麺本舗 辣椒漢(らしょうはん) 」に行ってきました。

TV「VVV6東京Vシュラン2」でも紹介された『正宗坦々麺(汁なし)』が評判のお店です。
(番組では『日式坦々麺』が紹介されました)

IMG_0851

お店の看板は大きく「坦々麺」と出ています。店名の辣椒漢は入り口ドアに小さく書いてあります。

辣椒漢の文字を目標に行くと分かり辛いです^^;

店内はカウンター8席のみ。満席でしたが5分程待ちで入れました。

 

 

IMG_0852

メニューの坦々麺は全部で6種類あります。

テーブルの上には、ミルに入った花椒が置いてあります。

カウンターと厨房の間隔が狭いので調理風景がよく見えます。

 

 

 

今回オーダーしたメニューはこちら

「正宗(せいそう)担々麺(850円)」<中太麺>

IMG_0853

来店時には既に太麺が切れていたので、代用に中太麺で頂くことになりました。

ちなみに、正宗とは正式とか正統のような意味らしいです。汁なしが正宗、汁ありは日式となっているので、汁ありは日本仕様ということでしょうかね(中国では汁なしが一般的だそうです)。

写真は無いのですが、スープも付いて来ます。

 

<かき混ぜるとこんな感じ>

IMG_0856

ドリウェル:
麺がモッチリでツルッとして食感がとてもよいです。山椒がピリピリ。舌に心地よい痺れが美味しい。ナッツのカリカリ感(実はちょっと苦手です)がアクセントになっています。
ちょっと少なめの量に感じますが、丁度よかったです。

かねくん:
人生2回目の汁無しラーメンです。辛さ自体は抑え目の感じですが、香辛料の複雑な味わいが奥深いです。おやじがオーダーしたのは、下の香辣麺ですが、同じ麺を使っているはずなのに、こちらの麺はモチモチした感じでした。

「香辣麺(しあんらーめん)(850円)」

IMG_0855

かねくん:
香辛料の組み合わせがなんとも複雑で、少し漢方ぽい味わいのラーメンです。麺は、プリプリ、プチプチとした歯ごたえで、噛むとプッツンと口の中で踊ります。こちらにもナッツが入っています。アクセントにはなってますが、おやじ的には、ナッツが少し浮いている感じがしました。

ドリウェル:
スープの辛さの主役はラー油になります。油断していたため、一口目にちょっとむせてしまいましたが、辛さ自体はスープを美味しく頂けるレベルです。正宗坦々麺と同じ中太麺だったのですが、スープと一緒に頂くとこれまた違ったモチッと感が美味しいです。

ドリウェル評価(★★★☆☆):

麺にナッツが入っているのが苦手なこと以外は美味しかったです。今回は正宗坦々麺の麺が太麺で頂けなかったこと、ミルに入った花椒も使うのを忘れてしまったことなどあったので、次回再訪することがあったら試してみたいです。あと、肝心の日式坦々麺(汁あり)もですね。

かねくん評価(★★☆☆☆):

本日2杯めのラーメンになります。スープは、ほどよい辛味があり、油感が濃厚な感じ。ほのかに漢方ぽいテイストがあります。おやじは、漢方が少し苦手なので、スープが少し合いませんでした。麺の感じはパスタみたいな感じです。これも少し合いませんでした。香辣麺をオーダーしてから、なんで日式タンタン麺をオーダーしなかったのか後悔しました。一度日式を試してみたいと思います。

【場所】 
東京都千代田区神田錦町1-4-8
小川町駅から徒歩5分、 神田駅から徒歩8分
営業時間:11:00~16:00/17:00~21:00
定休日:日曜日・祝日
完全禁煙


大きな地図で見る

コメントする

Powered by Movable Type 6.0

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、kaneyukiが2009年9月 6日 00:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「TREK 2.3却下です。ロードもGIANTか?!」です。

次のブログ記事は「いつの間にか3000km走ってました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。