SPECIALIZED Termac 6日目

| コメント(0) |カテゴリ:

3連休の中日の日曜日。Termacで6回目の出動です。

昨日の土曜日は、午前中曇り空で、雨もポツポツ降っていたので、雑用を片付ける日にしたのですが、午後晴れたので乗ればよかったと後悔。

本日は、まさに秋晴れ。日差しが暖かく、日向で止まっていると暑いぐらいの陽気でした。

トレーニングに関して、色々ネットで調べて見ると、インターバルトレーニングと高回転トレーニングを組み合わせるのが良さそうということで、今回は聖蹟桜ヶ丘の登りをルートに加えてみました。

タバコを吸うのと、週末にしか運動しないのが原因なのか、出発して暫くは、すぐに息が上がってしまって苦しくなります。しかし、暫く走ると息も整ってきて、この日も比較的足が回る感じになりました。

聖蹟桜ヶ丘の登りに到着して、全力20秒×イージー40秒のインターバルを開始。結局頂上までの間に3本しか出来ませんでしたが、インターバルって本数を重ねる毎に辛くなります。途中、「こんなん登りじゃないよ」という風情でスイスイと登っていくローディーさんに追い越されました。

ああ!悔しい!

いつになったらおやじも、あんな風になれるのか?なれるのかな・・・?

頂上に到着すると、先ほど追い越して行ったローディーさん達が、左に曲がる坂のところにたむろしてました。何か登りのコースがあるですかね?今度調べてみようと思います。

帰りも逆側から同じことをしましたが、こちらも3本で終わってしまいました。逆側の方が少し勾配があるのできつかったです。やはり距離が短いみたいなので、ちゃんとやろうとすると往復する必要がありそうです。

帰って来てからふと思ったのですが、聖蹟桜ヶ丘でやったのって、インターバルトレーニングになってるのか?高負荷トレーニングじゃないの?もう一度考えましょう。

今回走り方を変えたもう一つが、なるべく止まらないで長距離を走り続けた方が良いということで、途中セブンイレブンで補給食のあんぱんと牛乳、ポークフランクを買う以外は、休憩を入れないで羽村堰まで一気に行きました。

untitled 所どころ人の少ないところで、ケイデンス100~110を維持する高回転トレーニングを行います。

足をシャカシャカ回していると、なんかトレーニングしているなぁ、という気分になりますが、人の目が少し恥ずかしい(^_^;)

心配していた尻の痛みも発生せずに羽村堰へ到着。

 

 

駐車場は満車状態今回も駐車場は満車状態で、バーベキューしている人達が一杯いました。

そんな中に、ラテン系の音楽をカーステレオでかけながらバーベキューをしているラテン系の一団がいました。

毎週バーベキューしているのか、先週も同じ場所で同じ一団を見かけています。

話しかけて見たいと思いつつ、補給食をとります。

今回は途中休憩も取らず快調に来たので、いつもより早い時間に到着。

天気も素晴らしいので、もう少し上流へ行ってみることにしました。

トレーニング中 奥多摩街道を青梅方面へ向かい、小作坂下交差点を曲がって、吉野街道へ出ます。

吉野街道へ出る交差点にあるサイクルショップの店先に、3本ローラー台を出してトレーニングしている人達がいました。

ショップのチームなんですかね?何だかとっても辛そうでしたが、本気でレースとかを目指したら、やはりこのようなトレーニングが必要なんだろうなぁと思って、信号待ちの間ガン見してしまいました。

秩父奥多摩甲斐国立公園の看板

道の駅

そのまま吉野街道を進むと、秩父多摩甲斐国立公園へ入ります。そんな国立公園があったんだ、と記念撮影。

その先に道の駅がありましたが、何だかどんより暗い感じで、お客さんが一人もいませんでした。今話題の道の駅ですが、どこでも流行っているわけじゃないんですね。

途中ローディの人達と結構すれ違いましたが、中にはクロスバイクにテントを積んで走っている人達もいました。キャンプに行くんでしょうが、そんな楽しみ方もいいですね。

さらに進むと、道幅が狭くなって来て、民家も減って山の風景になってきます。アップダウンはほとんどありませんが、それなりに車の通行量も多くて少し走りづらい感じです。

途中に吉川英治記念館や櫛かんざし美術館などがあり、観光の車がメインですが、トラックも結構走ってます。

少しビクビクしながら走っていくと、気温も急激に下がった感じで寒くなってきました。地図を確認すると、奥多摩までは、まだ少し距離がありそうなので、今回は途中の御嶽まで行って折り返すことにしました。

駐車場からの眺め

御嶽橋手前の玉堂美術館の駐車場へ降りると、川沿いに散策出来る道があります。

その道から多摩川は、下流とは全然違う表情を見せていました。

時間があって、かつ自転車を安全に止められる場所があれば、少し散策してみたかったのですが、回りを見回しても自転車を止められる場所がなさそうだったので、今回は残念ながら退散。あと、シューズも替えのシューズを持っていかないと辛いですね。

御嶽橋からの眺め

駐車場から出て、御嶽橋を渡り411号線へ出ます。

御嶽橋からの眺めは、すっかり山の風景。

川の色も下流とは全然違って、エメラルド色をしています。

帰りは、重めのギアでペダリングを確認しながらノンビリと帰ります。30km/h巡航ぐらいで走ることが出来ました。

下りでは高ケイデンスの練習をしましたが、120ぐらいになると、何だか尻がポンポンと跳ねるような感じがしました。足がついて行って無いのかな?

今回は、110km強ぐらいの走行距離でしたが、最後まで尻の痛みは発生しませんでした。もう慣れたのか?ESCAPEに乗り始めた時の方が辛かったような気がします。

また、高崎へ帰省した時に比べて、疲れも全然違うような気がする。カーボンの威力なんでしょうか?

奥多摩方面は初めて行きましたが、山に向かっている割にはアップダウンもあまりなく、景色や見どころも多いので、道の狭さを除けばお薦めです。

次回は、奥多摩まで行ってみたいと思います。

コメントする

Powered by Movable Type 6.0

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、kaneyukiが2009年10月12日 21:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「SPECIALIZED Tarmac 多摩サイデビュー 5日目」です。

次のブログ記事は「ロードレース ジャパンカップ 行ってみよう!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。