映画:アバター 3D

| コメント(0) |カテゴリ:

久し振りに劇場へ映画を見に行ってきました。

アバター3Dです。

「興行成績も塗り替えた事だし、やはり見ておかないといかんかなぁ」

ということで、この時期に見に行ってきました。

日曜日でしたが、1/4ぐらいの観客の入りでした。

流石にこれだけ長く上映していると、そうそう満員にはならないんでしょうね。

それでも、ロードショー続けてるんだから凄いです。

3D映画なので、劇場の入口で3D眼鏡を渡されます。

結構肉厚のフレームで、レンズ部分は液晶シャッターみたいな感じになってました。

見た目より持った感じは軽く、横のフレーム部分にボタン電池を入れる場所がありました。

あの大きさと重さで、液晶シャッターの制御回路と、液晶をコントロールするための無線回路が入っているのかと思うと少し驚きです。

上映開始前に3D眼鏡をかけてみると、色の薄いサングラスをしているような感じで、特に見え方が変わる事はありませんでした。

おやじは眼鏡していて、3D眼鏡は、その眼鏡の上に重ねてかける事になるのですが、3D眼鏡の方が少しずり落ちた感じになってしまい、視界の上方が3D眼鏡のフレームで遮られる感じになり、少し見づらかったです。眼鏡の上にしても違和感なく見やすくする工夫が必要かも?

試しに3D眼鏡だけを掛けてみましたが、当然の如く世界はボヤケテ見えました。そりゃそうだ。

最近家電各社から3D液晶TVが発売されていますが、どれも専用の眼鏡が必要なようです。眼鏡愛用者の方は、購入前に試してみた方がいいと思います。

そうこうしているうちに本編が始まりました。

どんな感動が待っているのか期待しながらスクリーンをみていると、確かに奥行が感じられ、遠近感も多少強調されているような気がします。

でも、まだまだこんなもんじゃないだろう!

と、スクリーンを凝視しますが、こんなもんでした(^_^;)

始まってすぐの宇宙船の中のシーンは、遠近感が出しやすい構図だったのか、「おお!遠近感出てるねぇ!」と感じたのですが、それ以降はあまり「3D映画ならでは!」と言う感じが持てませんでした。

逆に、中盤にあった激しいアクションシーンは、画面中央と端っこで見え方が違うためか、全体の動きが把握しずらい感じがしました。

3Dの効果自体も、おやじが子供の頃にあった3D映画(青と赤のセロハンが付いた紙の眼鏡でみた東映映画ですな)と比べて、特に衝撃を受けるような効果でもない感じ。逆に昔の3D映画の方が、3Dを強調するために、ボールがこちらに向かって飛んできたりするシーンを沢山使ったりしていたので印象的だったような気がします。

技術が進歩して、昔は青と赤のセロハンだった眼鏡が、液晶シャッターを使った眼鏡になりました。色も不自然さは無い。

でも、何が革新的に変わったのか?

イマイチ分からない印象でした。

さて、肝心のアバター自体の面白さですが、おやじの感想としては、

「なんでこの映画が興行成績を塗り替えたのか分からない」

というのが正直なところです。

確かにCGや映像は凄い。

でも、ストーリー自体が面白いか?人間が人間を何故殺す?

あれだけテクノロジーが発達してるのに、何故ナパーム攻撃や、ミサイル攻撃なんだろう?

などなど、イマイチ良くわからない映画でした。

コメントする

Powered by Movable Type 6.0

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、kaneyukiが2010年4月14日 21:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「整形外科行ってきました。」です。

次のブログ記事は「目から鱗の「ゆで卵」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。