2010年5月アーカイブ

讃岐うどん 宗(むね)

| コメント(0) |カテゴリ:

向ヶ丘遊園の多摩区総合庁舎の近くに讃岐うどん屋さんが出来ていたので行ってみました。

讃岐うどん 宗(むね)というお店です。

讃岐うどん 宗 場所は、向ヶ丘遊園駅から多摩区総合庁舎へ向かう道を真っすぐ行って、総合庁舎手前の信号の少し手前の右側。少し引っ込んだ形で建っているビルの1階になります。

入り口右側のウィンドウ越しに、手打ちで麺を打っている職人さんの姿が見えます。

店内は細長いウナギの寝床状で、カウンター席のみ11席あります。

入り口左にある自動券売機で食券を買ってから席に着くタイプのお店です。

12時少し過ぎに行ったところ、カウンターは満席で、2~3人が店内で待ってました。

メニューはグルメウォーカーのこちらのページを見てくださいな。

釜玉うどん大盛

100417_123235  最初の訪問時にオーダーしたのは、釜玉うどんの大盛と野菜かき揚げ丼。

あれ?グルメウォーカーのメニューに丼系がありませんね?

丼系も数種類あります。値段忘れたけど(*_*;

釜玉の食べ方 釜玉醤油

釜玉うどんの食し方がカウンターの前に写真付きで張られています。

説明の通りに玉子をほぐしてカルボラーナ調にし、専用の醤油らしき「釜玉醤油」を適量入れて食します。

この醤油のラベルには「宗」の文字がありますが、チェーン店らしくないのになんでこんな醤油があるのか?ちょっと不思議に思いました。

さて、肝心のお味の方は?

麺は太めでコシがあります・・・というより硬い?ツルツル感はあまりなく、むしろモチモチとした感じです。

味もうどんの玉子醤油和え。

本場の讃岐うどんってこんなもん???

本場の讃岐うどんを食べたことないので何とも言えませんが、岡山出身の友人から伝え聞いているイメージとは少し違う感じがしました。

その友人曰く、「関東のうどんとは全然違くて、めっちゃ旨い」とのことだったので、ハードルを上げ過ぎたのかも知れません。

取りあえず、うどんとしては美味しい部類だと思います。

野菜かき揚げ丼は・・・・おやじ的には、天つゆの味が薄く、少し脂っぽくていまいちでした。

ともあれ、その後も2回程通いました。

その感想は、また次の機会に。

福生市 石川酒造

| コメント(0) |カテゴリ:

5月16日。

首の調子も良くなって、痛みも痺れもなくなったので、約1カ月強ぶりにスペシャで多摩サイへ繰り出しました。

まるっきり走れなくなってるんじゃないかと危惧してましたが、予想外に足が良く回ります。

が、すぐに息切れ。

スピード抑止の仕掛け 様子を見ながら走って行くと、河川敷に野球のグランドが並んでいるところで、路面に新たなスピード抑止の仕掛けが出来てました。

今回の仕掛けは、黄色い部分が3~4cmぐらい盛り上がっていて、結構な衝撃が来ます。

ロードのタイヤで少し斜めに突っ込んだら結構危険な感じ。

こんな仕掛けが、100m置きぐらいの間隔で、野球グランドがある部分に8か所ぐらい出来てました。

確かに、ここは野球をしている人や、観戦している人が無造作にサイクリングロードを横切ったりして危険なので、おやじは徐行して走るようにしていた部分です。やっぱり事故が多かったんですかね?

それにしても、この仕掛けは少し危険な感じがしました。

そんなこんなで騙し騙し走っているうちに、なんとなく息切れもなくなって来ました。

そしてなにより気持ちいい!天気も良くて最高!

やっぱり自転車って良いですねぇ。

最初は、錦町庭球場まで行って帰るつもりだったのですが、あまりの気持ち良さに羽村堰まで行くことにしました。

途中で以前看板を見つけていた、福生市のビール小屋というのが気になったの行ってみました。

白壁の蔵 多摩サイが中を通っている福生南公園から、睦橋通りに出て右に50m程行って、右側の細い道を入って行くと、すぐに白壁の蔵が右手に見えてきます。

石川酒造という蔵元さんでした。

 

 

 

 

入り口 そのまま真っすぐ進み、蔵が切れたところを右折して少し進むと、石川酒造さんの入り口があります。

ちょっとした観光名所になっているのでしょうか、入り口前の駐車場は結構広く、他にも3か所ぐらい駐車場があるようです。

入り口前の駐車場には、駐輪場も併設されてました。

 

 

敷地内1 敷地内2

おやじは、自転車を押してそのまま中に入りました。

敷地内はとっても綺麗で落ち着いた感じです。

酒造場1

酒造場2

こちらが酒造場のようで、何に使うのか薪がたくさん積んでありました。

土産物屋

こちらがお土産物屋さん。

日本酒、ビールの他に、陶芸品や定番のキーホルダー等を売っていました。

おやじは日本酒が何故か駄目なので、もっぱらビールを物色。

石川酒造さんのHPを見ると、10種類程のビールがあるようですが、季節限定品が多いのか、この日は4種類しかありませんでした。

 

P1010429

4種類全部欲しかったのですが、持ち帰るのが大変なので今回はこの2種類を購入。

左が「ボトルコンディションビール:常温保存可能・賞味期限5年間。ペールエールを瓶内発酵したビール

熟成させるタイプのビールのようです。

右が「ピルスナー:明治20年当時と同じドイツスタイルベースの下面醗酵ビール

どちらも500mlで609円でした。

この日はお天気が良くて暑かったので、その場で飲みたい衝動に駆られましたが、どうにか誘惑を撥ね退けて来ました。

さて、お味はどうかというと、ボトルコンディションの方はちょっと熟成させてみようと思ってまだ飲んでません。

ピススナーは、炭酸がそれほど強くなく、かすかな甘みの中に、心地よい苦みが効いて美味しかったです。

写真では、あまり人がいない感じですが、敷地内には和食と洋食のレストランが一つずつあって、14時過ぎにも関わらず8割程度席が埋まってました。今度は、ビール買うついでに、レストランにも寄ってみたいと思います。

綺麗になった羽村堰 石川酒造さんに寄り道をしてから羽村堰へ到着。

前回行ったときにしていた工事が終わったようで、駐車場が綺麗になってました。

駐車場を囲っていた柵がなくなったので、水辺へ自転車を持ち込んで休むのが楽になりました。

例によって、羽村堰でしばし休憩して、帰途へ。

 

帰りは中盤から足が回らなくなって、青息吐息で帰って来ました。

にしても、やはり自転車最高!

以前ご報告した、左肩から左肘にかけて痛みと痺れ。

整形外科に行ってみたところ、レントゲンを撮られて、頸椎椎間板ヘルニアと診断されました。

レントゲンを見ながら説明を受けましたが、確かに頸椎の一番下の骨の間の間隔が、他の部分より少し狭くなっている感じでした。

取りあえず、痛み止めと筋弛緩剤、胃薬を処方してもらい、リハビリと物理療法士さんによる運動を受け始めました。

おやじが行っている病院では、リハビリとは首の牽引と、温熱療法、電気マッサージのことらしいです。で、物理療法士によるマッサージを運動と呼んでいるようです。

これが約1カ月前。

週1回の通院で、2週間通いましたが、痛みと痺れは改善の兆しなし。

痛み止めを飲んでいても痛かったです。

2週間目の診察では、「もう少し投薬で様子を見て、症状が改善しなかったらMRIで検査しましょう」と言われました。最初からMRIて訳には行かないんですかね?

そして、3週目の金曜日になって、急に痛みがなくなりました。

痺れはまだ残ってましたが、痛みがなくなったので随分楽になりました。

そして4週目の現在。

ほぼ痺れもなくなり、日常生活では支障がなくなりました。

さて、自転車生活再開です。

ゼブラーマンには興味なかったですが、ちょっと気に入っている仲里依紗さんが出演しているので見に行って来ました。

公開3日目の5月3日。

場所は群馬県高崎市の109シネマズ。

さぞかし混んでいるだろうと、前日にネット予約して満を持して劇場に足を運びました。

開演時間は16時25分。

16時15分の開演10分前

映画鑑賞セットのポップコーンとビールを購入するために、売店の列に並ぶ。

前には5組程が並んでいるが、10分あれば買えるだろうと思っていたら、思いの他時間がかかる。

開演3分前

前にはまだ2組並んでいる。

先頭の2人がアイスクリームをオーダー。

気のせいか、群馬はのんびりしているのか、何気に店員の動きが遅い。

おやじは気が小さいので、開演してから劇場に入るなんて勇気がない。

しかも、今回の席は劇場のど真ん中。

ビールとポップコーンを持って、「すいません、すいません」と言いながら、暗い劇場の中を進んで行くなんて無理!

仕方なく鑑賞セットを諦めて、7番シアターへ向かう。

開演する前に席に着かなくては!と多少速足で進む。

7番シアターの入り口を入ると、すぐに曲がり角があって、まだ照明が点いているように明るかったので、多少安心てスピードを緩めて角を曲がると、まだ通路が続いている。

再度速足になって進むとまた曲がり角。そこを曲がるとまた曲がり角。

結局4回ぐらい曲がり角があってやっと劇場に到着。まるで迷路のよう。

やっと劇場に着くと、驚愕の光景が待ってました。

客がいない!!!

開演1分前

先客は5人ぐらいしかいなく、おやじの席の列はおやじ一人きり。

目を疑いつつ、これなら開演してから席についても、あまり皆さんの迷惑になりそうにないので、鑑賞セットを買いに戻る。

売店に行くと、先客もいなくなっていて、無事鑑賞セットを購入。

開演2分後

いくら客がいないとは言え、やはりドキドキしながら劇場に戻ると、驚愕の光景が!!

開演してない!?

劇場内は明るいままでした。群馬はのんびりしているのか?時差があるのか?

開演5分後

やっと始りました。

前置きが長くなりましたが、それにはある理由が・・・

映画本編のストーリーは・・・特に語るべきこともなく、笑いを取ろうとしている部分はあるものの、笑うことも出来ず、という感じで、映画自体には特に語るべきこともなし。

前半は、仲里依紗さんのPVという感じで、歌とダンスが楽しめます。

中盤は、ダレダレ。

終盤は、仲里依紗さんと、阿部力さんが一生懸命迫真の演技をしてくれます。

特に(おやじ的に)、仲里依紗さんのムチプリが嬉しかったです。

が!ストーリーがストーリーだけに、二人の演技がなんとなく虚しく感じてしまいました。

おやじ的には、映画としては失敗作なんだろうと思ってしまいました。

仲里依紗さんと阿部力さんは、頑張っていただけに完成した作品を見た時にはどう感じたんだろう?

主演の哀川翔さんも、これでいいんだろうか?

と、思いながら、再度ゼブラーマンのHPを見てみたら、脚本が宮藤官九郎さんでした!?

本当?本当なら少し悲しいな・・・と思ってしまいました。

新しいPCにWindows7を導入して、最初に躓いたところです。

Win7のインストール、ネット接続と何の問題もなく順調に進んで行きましたが、我が家のネットワークハードディスク TeraStation HD-HTGLの共有フォルダを見ようとすると、ユーザIDとパスワードを要求され、認証失敗してアクセス拒否されます。

TeraStationには、プログラムやドライバ、各種取り説を保存しているので、アクセス出来ないと新しいPCのセットアップが進まないので困りました。

TeraStationのWeb管理ページにはアクセス出来たので、ユーザー追加したり色々試しても駄目。

なんやかんやしているうちに、エクスプローラのネットワークにも表示されなくなってしまいました。

なんでやねん????

そんで、ググってみると、アリンコネットさんの「VistaからTeraStationが認証できない」という記事に行き当たりました。

紹介されている以下の手順でWin7を設定。

・コントロールパネルの管理ツールから「ローカルセキュリティポリシー」を選択
・「ローカルポリシー」の「セキュリティ オプション」を選択
・「ネットワークセキュリティ」のLAN Manager認証レベルを選択
・「NTLM応答のみ送信する」に設定

TeraStationの機種は異なりますが、試してみたところエクスプローラから直接URLを入力すると、無事にアクセスできるようになりました。

Vistaはパスして、WinXPからWin7へ移行しましたが、ネットワークのセキュリティや、各種フォルダの扱いが随分変わっているので戸惑ってしまいます。

Shuttle XPC昇天

| コメント(0) |カテゴリ:

ShuttleのSP35P2 Pro君が昇天しました。

以前の記事で、休止状態がうまく行かずに苦労してましたが、その後休止状態には正常に行くものの、5回に1回ぐらいの割合で復帰に失敗。

BOOT途中でフリーズしたり、復元データの読み込みに失敗したりしてましたが、強制リセットから数回立ち上げ直すと復帰してたので、騙し騙し使ってきましたが、5月4日の夜に突然パワーオンしても、電源LEDが点灯しなくなり、BIOS画面も表示されないままリセットを繰り返すようになってしまいました。

一度パーツを組みなおして試しても同じ症状。電源あたりがいかれたようです。

仕方ないので、以前故障して修理したSD37P2を引っ張りだしてきてパーツを移植。

修理後初の火入れとなりましたが、無事立ち上がったので、再インストールの準備のために一度シャットダウンしてからパワーオンしたら、

シ~ン・・・・・

ウンともスンとも言わなくなりました。(--〆)

色々試しても、電源が入る気配さえありません。

この時点で気力喪失。

Shuttleさんとは縁を切ることに決めました。

そういえば、SD37P2が故障したのが1年10カ月ぐらい。今回のSP35P2 Pro君も1年7カ月で故障しました。

省スペースのキューブ型に拘ってShuttleさんを使って来ましたが、マザーも電源も独自規格なのでパーツ単体での交換が自分でできないのが痛いですね。

ということで、翌日の5月5日に秋葉原へ出動。

今回は、ASUSのV7-P755Eというベアボーン(店頭ではベースキットと書いてありましたね。)を購入。

ミニタワーですが、ボードも電源も標準ATXということで決めました。

その他は、今持っているものを流用しようと思っていたのですが、思わずIntelのi7-860を購入してしまいました。

そしてさらにWidows7 Proffessional 64bitも購入。

昨夜から組み始めて、なんとかブログ更新できる環境まで辿りつきましたが、まだまだこれからインストールしなくちゃならないアプリが一杯。

新しいPCの使用感、苦労話などは後ほど。

1
Powered by Movable Type 6.0

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このアーカイブについて

このページには、2010年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年4月です。

次のアーカイブは2010年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。