映画:ゼブラーマン-ゼブラシティの逆襲

| コメント(0) |カテゴリ:

ゼブラーマンには興味なかったですが、ちょっと気に入っている仲里依紗さんが出演しているので見に行って来ました。

公開3日目の5月3日。

場所は群馬県高崎市の109シネマズ。

さぞかし混んでいるだろうと、前日にネット予約して満を持して劇場に足を運びました。

開演時間は16時25分。

16時15分の開演10分前

映画鑑賞セットのポップコーンとビールを購入するために、売店の列に並ぶ。

前には5組程が並んでいるが、10分あれば買えるだろうと思っていたら、思いの他時間がかかる。

開演3分前

前にはまだ2組並んでいる。

先頭の2人がアイスクリームをオーダー。

気のせいか、群馬はのんびりしているのか、何気に店員の動きが遅い。

おやじは気が小さいので、開演してから劇場に入るなんて勇気がない。

しかも、今回の席は劇場のど真ん中。

ビールとポップコーンを持って、「すいません、すいません」と言いながら、暗い劇場の中を進んで行くなんて無理!

仕方なく鑑賞セットを諦めて、7番シアターへ向かう。

開演する前に席に着かなくては!と多少速足で進む。

7番シアターの入り口を入ると、すぐに曲がり角があって、まだ照明が点いているように明るかったので、多少安心てスピードを緩めて角を曲がると、まだ通路が続いている。

再度速足になって進むとまた曲がり角。そこを曲がるとまた曲がり角。

結局4回ぐらい曲がり角があってやっと劇場に到着。まるで迷路のよう。

やっと劇場に着くと、驚愕の光景が待ってました。

客がいない!!!

開演1分前

先客は5人ぐらいしかいなく、おやじの席の列はおやじ一人きり。

目を疑いつつ、これなら開演してから席についても、あまり皆さんの迷惑になりそうにないので、鑑賞セットを買いに戻る。

売店に行くと、先客もいなくなっていて、無事鑑賞セットを購入。

開演2分後

いくら客がいないとは言え、やはりドキドキしながら劇場に戻ると、驚愕の光景が!!

開演してない!?

劇場内は明るいままでした。群馬はのんびりしているのか?時差があるのか?

開演5分後

やっと始りました。

前置きが長くなりましたが、それにはある理由が・・・

映画本編のストーリーは・・・特に語るべきこともなく、笑いを取ろうとしている部分はあるものの、笑うことも出来ず、という感じで、映画自体には特に語るべきこともなし。

前半は、仲里依紗さんのPVという感じで、歌とダンスが楽しめます。

中盤は、ダレダレ。

終盤は、仲里依紗さんと、阿部力さんが一生懸命迫真の演技をしてくれます。

特に(おやじ的に)、仲里依紗さんのムチプリが嬉しかったです。

が!ストーリーがストーリーだけに、二人の演技がなんとなく虚しく感じてしまいました。

おやじ的には、映画としては失敗作なんだろうと思ってしまいました。

仲里依紗さんと阿部力さんは、頑張っていただけに完成した作品を見た時にはどう感じたんだろう?

主演の哀川翔さんも、これでいいんだろうか?

と、思いながら、再度ゼブラーマンのHPを見てみたら、脚本が宮藤官九郎さんでした!?

本当?本当なら少し悲しいな・・・と思ってしまいました。

コメントする

Powered by Movable Type 6.0

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、kaneyukiが2010年5月11日 21:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Win7でTeraStationの共有フォルダが見えない」です。

次のブログ記事は「左肩から左肘の痛みと痺れのその後」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。