こぎこぎ紀行:2010年夏帰省 中山道編

| コメント(0) |カテゴリ:

夏休み!帰省!

という事で、Kona Jake君も納車された事だし、自転車で帰省することにしました。

毎回同じルートだとつまらないので、地図を眺めながら検討して、往路のテーマは「中山道」、復路のテーマは「八高線」にすることにしました。

そこで、中山道について少し調べたところ、てっきり日本橋から新潟までだと思っていた中山道が、実は日本橋から群馬を通り、そこからグッと西に曲がって滋賀県まで続いている事を発見。高崎に住んでたのに全然知りませんでした。そういえば地理は苦手だったなぁ・・・

今回の相棒はもちろん先日納車されたKona Jake君。

リアキャリアにサイドバックを付けて、本格的なツーリングスタイルを予定していたのですが、残念ながらリアキャリアがまだ納品されません。

仕方なのので、ドイター スーパーバイクを背負って行くことにしました。

荷物を最小限に絞って(着替え一組、輪行袋、エンド金具、サンダル、携帯電話、予備チューブ、タイヤレバー、携帯ポンプ)詰め込みましたが、意外と重くて少しゲンナリしました。

前日に、ルートラボで、自宅-日本橋、日本橋-高崎、高崎-八王子(復路用です)のルートを作成してedge705に転送し準備万端・・・と思っていたのですが・・・

当日の7:30。

出発の準備をして、日本橋までのナビを開始しようとすると、前日転送しておいたはずのルートがルートが一覧に出て来ません。

「なんでよぉ~」

と悩むこと暫し。

そういえば、日本語ファイル名にしていたので、一度部屋に戻ってPCを立ち上げて、ファイル名を半角にして転送しなおすと無事に表示されました。

日本橋 そんなこんなで、30分程ロスして8:00ちょっと前に自宅を出発。

国道246から皇居前を通って、9:00ちょっと過ぎに日本橋に到着しました。

小休憩しながら、次のルートをedge705のナビに設定するため、ルート一覧から日本橋-高崎を選択。

計算中のプログレスバーが0%から100%までジリジリと上がって行きます。

ところが、100%になって5分ぐらい待っても、計算中のままでナビ画面になりません。

試しにmenuボタンを押してみると、メイン画面に戻ったので地図画面を表示させようとmodeボタンを押すと、今度は地図画面で「描画中」という文字が出るだけで、少し待っても地図が表示されません。

「なんでよぉ~!?パート2!」

一度電源を落として、再度挑戦しても同じ。

そんなこんなで色々試しているうちに、10:00近くになってしまったので、取りあえず国道17号を進む事にしました。

edge705の方は、もしかしたらルートが長いので、ルート計算に時間がかかるだけかも知れないと思い、ルート計算をさせたままにして自転車に装着しました。

国道17号の道路標識を頼りに暫く進むと、何やら見覚えのある風景が見えて来ました。

「おお!秋葉原じゃん!」

中山道て、秋葉原の端っこをかすめて通ってるのを始めて知りました。

論文製本のノボリさらに暫く進むと小腹が減ったので、コンビニでオニギリと水の補給。オニギリをぱくつきながら、ふと横を見ると、「論文製本」というノボリが目にとまりました。

P1010523

「面白い商売があるもんだねぇ。でもやっていけるの?」

と思いながら、道の反対側を見ると、東京大学がありました。

なるほどね、となんとなく納得。

さて、出発しようとしてedge705を見ると、いつの間にか計算が終了してナビ画面になってました。やっぱり時間がかかるだけのようですが、掛かり過ぎ(*_*;

「プログレスバーも100%になるな!」

と軽い突っ込みをかまします。

そのまま進むと、左手に巣鴨地蔵通商店街という目立つアーチが見えて来ました。

巣鴨地蔵通商店街入り口

高岩寺

とげぬき地蔵商店街へ入ると、お盆とは言え、平日の午前中という事で、人出はあまり多くありませんでしたが、思っていた以上にお店の数が多くてビックリしました。

少し進むと、とげぬき地蔵のある高岩寺が右手にありました。駐輪場が無いという事なので、自転車を押して中に入りました。

とげぬき地蔵の前には、テーマパークばりに、行列を整理する手すりがありましたが、それだけ人気があるという事なのでしょうか?

この日は並ぶことなく、とげぬき地蔵を見ることが出来ました。

なんで有名なのか良く分かりませんが、ごく普通のお地蔵さんでした。

とげぬき地蔵を後にして中山道へ戻ります。

途中名所の案内とかあったら立ち寄ろうと思っていたのですが、特に面白そうな発見も無く淡々と中山道を進みます。

そして兎に角暑い!

暑さと闘い、頻繁に水分補給をしながら、ただ淡々とこぎ続け、埼玉から群馬へ抜けると、時折日が陰って、遠くに黒い雲が見えるようになって来ました。

何度かパラパラと、雨が降りそうな気配がありましたが、幸い降りつづけることもなく、逆にそんな時は風が冷たくなって気持ち良く、少しぐらい雨が降ってくれないかなぁ、などと思いながらこぎ続けました。

検問所の塔 暫く進むと前方に怪しげな塔が見えて来ました。

近づいて行くと益々怪しい感じで、年季の入った監視塔のような風貌です。

自転車を停めてみると、交通機動隊の新町検問所という建物でした。

塔の横の建物の裏には、車の重量を計測する設備があり、広めの駐車場の奥には、派出所もありました。

検問と言うと、テロ事件とか凶悪事件とかが起きた時に、任意の道路脇で臨時に行うものというイメージがありましたが、こんな常設の施設もあるんですね。

にしても、なんでこんな場所に?何か重要な地点なのでしょうか?

レインカバー初登場そんなこんなで、暑さと闘いながらも順調に距離を稼いで、いよいよ高崎が近づいてくると、またパラパラと雨粒が降って来ました。

これまでと違い、少し本格的に降る気配が漂って来たので、近場の高架下に避難して少し様子見。

パラパラと降り続けますが、強くなる気配はないので、ドイターにレインカバーをして出発する事にしました。ドイターを買ってから、初のレインカバー登場です。

走りだして少しすると、弱い雨も上がってしまいましたが、空の様子があやしいので、そのままレインカバーをして走りました。

暫くすると、背中がなんとなく蒸れて来た感じがします。ドイター自慢のエアーシステムで背中が蒸れないようになっているのですが、レインカバーをすると、上部の開口部が塞がれてしまって、効果が落ちてしまうようです。

結局、その後は雨が降ることもなく17:00前に高崎市内に到着。

路面がかなり濡れていたので、少し前に結構雨が降っていたようです。到着タイミングが良かったです。

今回中山道をテーマに走りましたが、事前に何も調べて無かったためもり、名所や旧跡などに出会えなかったので少し拍子抜けです。

国道17号は良く整備されて走り易く、高崎まではほぼフラットなので、暑さを除けばとっても楽に走れました。

特筆すべきはJake君です。

いつもなら80km過ぎぐらいから始まる尻の痛みも今回はまったくなく、前傾も深くないので本当に楽で、何時間でも乗っていられる感じでした。

しなやかな乗り心地ですが、ペダルに車体が素直に反応してくれる感じで、思い通りに走ってくれる。

う~ん、おやじが求めていた自転車はこれかもしれないです。

コメントする

Powered by Movable Type 6.0

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、kaneyukiが2010年8月24日 23:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「辛辛党:マリーシャープス ハバネロソース 大辛」です。

次のブログ記事は「こぎこぎ紀行:2010年夏帰省 八高線編」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。