2011年1月アーカイブ

今回は、滞在したGifornという街のお話。

地図画像

 

Googleマップで調べると、「Gifhorn]の日本語表記が「ギーホルン」となってましたが、現地の人達の発音だと、「ギホン」と聞こえたので、「ギホン」と書きますね。

あれ?ドイツ観光局のHPだと「ギフホルン」ですね?・・・まあ、いいや。「ギホン」で行きましょう。

仕事で行ったソフトウェア開発をしている会社が、この街の郊外の工業団地みたいなところにあります。滞在したホテルからタクシーで10分ぐらいでした。

滞在したホテルが、ギホンの街の中心近くにあったので、主に食事をするために街中に出ましたが、街を行き交う人の少なさに驚きました。下に写真を載せてますが、本当にひとっこ一人いなかったりします。

田舎町と言っても、街のメイン通りは、500mぐらいあって、通りの両側には結構商店がありました。でも、まあ10分も歩かないうちに、何もなくなってしまいます。

ドイツのお店というのは、ストラン以外は閉店時間が早くて、19時に仕事が終わって帰ってくると、レストラン以外はほぼ全部閉まってます。さらに、土日は、これまたレストランやカフェ以外はお休みで、下手すると観光地の施設も休んでたりします。

平日の19時というと、日本ではまだまだ宵の口というか、バリバリ仕事している時間帯だったりしますが、ドイツでは、19時まで仕事している方が珍しいようで、出張先の会社の人達は、17時を過ぎるとそわさわしだして、ぞくぞくと帰って行きました。そして金曜日は、さらに皆早く帰るらしく、15時ぐらいになると、会社全体がシーンとした感じになってました。ならば、朝が早いんだろう?と思うとそうでもなく、9時とか10時とかに出社してきます。

じゃあ、早く帰るんだから、さぞかし街が賑わっているんだろう?と思うと、上記のような感じでお店も閉まって誰もいない・・・ドイツの人って、早く帰って何してるんでしょうね?

滞在中、一回だけ日曜日に街が賑わっていたことがありました。後で聞いたら、何かの記念日らしく、この時は日曜日でもお店が開いていて、メイン通りには色々な出店が出てました。

P1010825

ギホンの最寄り駅の風景。

ここから街の中心まで、タクシーで10分ぐらいかかります。

駅の回りにはほぼ何もありません。

 

 

 

 

 

P1010878   P1010877
街の中心にある教会。日曜日は毎週礼拝が行われてました。   日曜日に教会へ向かう人達・・と言っても二人だけ。
P1010883   P1010885
雨上がりの街。
朝10時ぐらいでしょうか。本当に週末は人がいないです。
  映画館です。
上映作品の一覧を見てみましたが、全然知らない映画でした。ドイツ映画なのかな?
P1010887   P1010900
1カ月近く滞在して、青空が見れたのは、ほんの数日だけでした。   青空だと思ったら、今度はこんな雲が!
本当に雲の流れが速いです。
P1010892   P1010891
消防署です。赤くないです。   中心地からちょっと離れた通り。
だ~れも居ないです。
P1010649   P1010652
ギホンはドイツで有名な湿地帯の端にあるらしく、少し歩くと湖(湿地帯?)になります。   水車と風車が名物らしく、風車が結構立っています。
P1010656   P1010655
P1010658   P1010662
湖に沿って歩いて行くと、なんやらインディジョーンズ的な建物が見えて来ます。   ロシア正教会の建物らしいです。
P1010666   P1010879
街の端っこに立っていた風車。なんか有名らしいです。   こちらは、街の中心にあった水場。
水は出て無かったです。
P1010677   P1010674
P1010673   P1010676
別の日の日曜日にやっていたお祭りです。
色んな出店の他に、やたらトラクターが並んでました。古いトラクターのコンテストみたいです。
  なんと、ポルシェのトラクター。
みんな綺麗に整備されてました。

 

小さな街ですが、レストランやカフェは結構数がありました。中でもイタリアンは3軒もあり、値段も手頃なので良く利用しました。

海外の他の街に、こんなに長期間滞在したことないので、他と比較はできませんが、この街は時間の流れがゆっくりと言うか、しっかり生活しているというか、なんと表現して良いのか分かりませんが、なんとなく居心地の良い街でした。

PS3が壊れたぞ~(>_<)

| コメント(0) |カテゴリ:

おやじのPS3は、初代60GBのモデルです。

少し前に、やたらファンの音が五月蠅くなった事があり、その頃からディスクのEJECTが失敗するようになってました。

ファンの音が五月蠅くなった原因は、通気孔に埃が詰まりまくっていたためで、上がりまくった内部温度をファンが頑張って下げてくれたようです。

詰まった埃を、楊枝と掃除機でセコセコ取り除いて、ファンの負担は減ったようですが、その後、ディスクのマウントにも、時々失敗するようになりました。

その後騙し騙し使ってましたが、最近は、EJECTは強制EJECT(EJECTボタンを5秒以上ぐらい押し続ける)しか出来なくなり、ディスクのマウントも、強制EJECTや電源オン/オフを何回かしないと出来なくなってました。

んで、先日ついに、何回強制EJECTや電源オン/オフを繰り返しても、ディスクを認識しなくなってしまいました。(>_<)

悪戦苦闘すること、数十分・・・どうにかディスク認識して白騎士物語が起動しましたが、症状が悪化している事は疑いの余地がない・・・毎回何十分もこんなこと出来ないよね?・・・どうしよう?

多分、Blue Rayドライブを交換するだけで治りそうなんですが、修理に出すと白騎士物語が暫く出来なる・・・

ということで、新型の320MBモデル(CBCH-2500B)をソニーストアで購入してしまいました。(^O^)/

新しいPS3が来るまで、白騎士物語を中断しないために、電源を落とさなかった事は秘密です。(^_^;)

で、先日無事に新PSが届きました。

旧型に比べて半分ぐらいの大きさで、重量も軽くなってます。

データ移行するのに、外付けHDを用意してたのですが、なんとLANケーブルで直接接続すると、直接データ転送出来る機能があったのでHDは不要でした。

使った感じは、特に処理スピードが違うわけでもなく、旧型PS3にあった、PS2関係のメニューが出てこないことぐらいしか違わないようです。まあ、基本的な仕様が変わっている訳じゃないので当然か。

さて、旧PS3は、取りあえず修理に出して、バックアップ用にする予定です。

■I

GR 14
推奨レベル 46~
クリアランク
クリア回数
最短クリアタイム 57:39 (0)
50:08 (0)
最高取得ギルドポイント 25000
22500
獲得アイテム トカゲの堅い尻尾
氷竜の尻尾
氷竜の翼
火竜の尻尾
火竜の翼
古竜の尻尾

 

ノルディア坑道のタイムトライアルじゃないクエストです。

タイムトライアルじゃありませんが、Sランククリアするのに必要なアイテム集めるのに時間がかかり、最後は、エンシェントドラゴン+ファイヤードラゴン×との戦いになるので60分の持ち時間でも結構ぎりぎりでした。

一時的に、4種類のアイテムを持つことになるので、持ち物を4個空けておくか、仲間に渡しておくことが必要です。

※Ver1.03のアップデートで、クエストアイテム袋が使えるようになったので、空きを作らなくても大丈夫になりました。

Sランククリアに必要なアイテムは、卵の殻×3青いかけら×20赤いかけら×20です。

卵の殻は、決まった場所で入手できるので良いですが、青いかけら赤いかけらは、決まった場所で入手できるのは6個で、あとはそれぞれ、アイスリザードファイヤーリザードを倒すと落とす事がありますが、運が悪いとなかなか集まりません。

途中で残り時間が厳しくなったら、第一層E-3のアルバートと話すと、それまで集めたアイテムによって変化するボスを倒して、取りあえずクリア出来ますが、Sランククリアにはなりません。

Sランククリア目指すルートは以下の通り。

  1. 第一層D-2の北の小部屋で、ザックから青いかけら×2をもらう。
  2. 引き返して、C-2西のデベソみたいな所にいるビリーから赤いかけら×2をもらう。
  3. B-3南東の部屋で、スコーピオンを倒し、卵の殻を拾う。
  4. C-4の昇降機で第二層へ下りる。
  5. B-3の昇降機で第三層へ下りて、大水蜘蛛を倒し、古びた剣を入手。
  6. 昇降機で第二層へ戻り、古びた剣ジェフに渡して、卵の殻をもらう。
  7. B-4南東のデベソで、スタンリーから青いかけら×2をもらう。
  8. B-5北東の昇降機で第三層へ下りる。
  9. 大蜘蛛を倒し、西奥にいるからを卵の殻もらう。
  10. C-4北西の突きあたりで、フレッドから赤いかけら×4をもらう。
  11. C-4の昇降機で第二層へ上がる。
    この時点では、まだ必要なアイテムが揃ってないので、第一層に上がる前に、8~11のルートをグルグル回る事になると思います。
  12. C-4西の昇降機で第一層へ上がる。
  13. C-2のモリスに、持っているアイテムを渡し、それぞれの説明を聞く。
    3つのアイテムの説明を全部聞かないとだめです。
    必要アイテムが揃わずに諦める場合は、この後E-3のアルバートと話しに行きます。
  14. C-4の昇降機で第二層へ下りる。
  15. D-3南西の扉の前で、エリオットに話して扉を開けてもらう。
  16. C-3北西の昇降機で第三層へ下り、守備隊長ロバートと話すと、奥の広間でエンシェントドラゴン+ファイヤードラゴン×と戦闘。
  17. 広間中央にいる守備隊長ロバートと話しすとクエストクリア。

途中でアルバートと話した場合、その時点でモリスに渡していたアイテムによって、ボスが以下のように変わるようです。

  • 青いかけら×20を渡した場合
    アイスドラゴンとの戦闘になる
  • 赤いかけら×2を渡した場合
    ファイヤードラゴンとの戦闘になる
  • 上記のどちらか達成、かつ卵の殻×3を渡した場合
    敵の数を1匹と2匹から選択可能になる。

1回目は、途中であきらめてAランククリアでした。

2回目は、残り2分でどうにかSランククリア。今回もまた、ボス戦の途中で装備がクタクタになりました。やっぱウェポン・リペアが必要?

今回は日本からドイツのホテルまでに起きたこと。

5:40過ぎの電車で宿河原から南武線で武蔵小杉へ。

武蔵小杉で成田エクスプレスへ乗り換えますが、根岸線のホームの遠いことったらありゃしない。小杉のホームに300mという表示がありましたが、500mぐらいあるんじゃない?という感じです。

7:30過ぎに成田空港駅に到着し、ルフトハンザのエコノミークラス用チェックインカウンターの20人ぐらいの行列に並んでいると、一緒にフライトするF氏から携帯に着信。こちらへ合流するとのこと。

F氏が到着し、カウンター前の行列見るなり、こっちへ来いと手招きするので、後をついて行くとファーストクラス用のチェックインカウンターへ連れて行かれました。

こちらのカウンターは全然空いていましたが、二人ともエコノミークラスのはずなのに、チェックインできるのか不安に思いながらパスポートを出すと、すんなりチェックイン完了。F氏のマイルが随分貯まっていて、その特典でファーストクラス用のチェックインカウンターが使えるのだそうです。恐るべしマイルの威力!

F氏は仕事で何度も海外へ行っているので、マイルが相当貯まっているようです。旅慣れてもいるので、この後も安心して、ついて行くだけの旅になりました。

セキュリティーチェック、出国審査ともに何事もなく通過し、出発ゲート前で暫しの待機。

予定時刻少し前からゲートに少し行列ができて来ました。

電車の指定席とかもそうですが、指定席だから急いで並ぶ必要無いと思うのに、日本人て何故か並んでますよね?

おやじはいつも、そんな行列を前に悠々と最後から乗り込むタイプなので、ゲート前に出来つつある行列を眺めていると、F氏が並ぶと言い始めました。

「指定席なのになんで並ぶのよぉ?」

と聞いてみると、

「早めに入らないと、新聞と手荷物の入れ場所が取れなくなるんだよ!特に手荷物の入れ場所の競争が激しいの!」

という事でした。

おやじは、飛行機で手荷物を頭上の収納棚(正式にはなんて言うんでしょうね?)に入れると、小物を取り出すのが面倒なので、いつも手荷物は小振りのバックにして座席の下に入れるようにしていたので気付きませんでしたが、旅慣れたF氏が言うのだから、「はぁ?そういうもんだんだ?」と思いつつ、F氏と一緒に並びました。

並んだはいいのですが、定刻になっても搭乗開始する気配無し。

そのうち、30分ぐらい遅れるとのアナウンスがありました。

30分!

この後12時間以上禁煙しなくてはならないのに30分の遅延は痛いです!!

横目でF氏を見てみると(F氏もスモーカーです)、辛抱強く待機の様子なので、一人失礼して喫煙所へ直行。搭乗開始のアナウンスがあるまで、喫煙所の住人となり、ほぼ最後尾で搭乗しました。

搭乗して自分のエコノミー席へ行く途中で見たビジネスクラスの立派さにビックリしました。

いまや完全に個室状態ですね!

20年前のドイツ出張の頃は、まだビジネスクラスが使える良い時代で、その時乗ったビジネスクラスも感動物でしたが、今のビジネスクラスは当時に比べて断然快適そうです。もはや個室状態ですね!

それに比べて、エコノミークラスの狭いこと。こちらは逆に、だんだん狭くなっているような気がします。でも、各シートにディスプレイがあり、好きな映画をオンデマンドで見れるのは、嬉しい進化でした。時差ぼけ防止に、前日ほぼ徹夜しており、フライト中に寝る予定にしていたのですが、見たい新作映画が3本あったので、結局2時間ぐらいしか寝られませんでした。

窮屈さとタバコの禁断症状に耐えながら、30分遅れでフランクフルトへ到着。

入国審査をすんなり通過して、F氏と二人で喫煙所へ直行。

同行者が喫煙する人だと、気兼ねなく喫煙所探しができるので助かります。久しぶりにタバコを吸って、頭がクラクラする感覚を味わいました。

ここからハノーファ行きの国内線へ乗り換え。

荷台付きの自転車 フランクフルト空港はかなり大きく、国内線のターミナルまで結構距離がありました。

空港内を自転車で移動しているスタッフを結構見かけました。そんな自転車達についつい目が行ってしまいます。

左の自転車は、トイレの前に止まっていた自転車。

清掃作業員用ですかね?前の荷台が大きく、スタンドの役割も果たすようになっているようです。

国内線のルフトハンザでは、搭乗ゲート前の待合室に無料のコーヒーベンダーがありました。

20年前に行ったときには、コーヒーの他にサンドイッチも無料で置いてありましたが、今ではコーヒーだけで、置いてあるところと無いところがあるそうです。経費節減の流れか?すこし淋しいですね。

国内線の方は定刻通りに運行して、現地時間の17時過ぎ頃にハノーファへ到着。

タクシーで鉄道の駅へ移動し、最終目的地のGifhornまで電車移動となりました。

電車の切符の自動販売機を操作するF氏の背後から覗き込んでみましたが、何が何やら全然わからなかったです。F氏がいてくれてよかったぁ~(^^ゞ

ホテルに到着するのが20時過ぎになりそうという事で、駅の売店でサンドイッチみたいな物を買って夕食にすることになりましたが、出来たものが陳列されている訳でもなく、写真があるわけでもなく、なにがなんだかわからないのでF氏と同じものを注文。

厚いハムみたいな物と野菜を挟んだハンバーガーみたいな感じで美味しかったです。F氏がいてくれてよかったぁ~(^^ゞ

ハノーファからGifhornまで50分弱の電車の旅。

ハノーファを出ると、いくらもしないうちに窓の外は真っ暗闇。

街灯も民家の明かりも見えません。

途中に4駅程ありましたが、どこも薄暗く、回りには商店も何もない感じ。

ヨーロッパに来たなぁ~という実感が湧いてきました。

目的の駅は、途中にあった駅よりも多少大きく、駅前にタクシーも止まってました。

そのタクシーを拾って、宿泊先のHotel Deutsches Hausへ。

ホテルへ到着したのが20時30分頃。

先にドイツ入りしていたI氏が出迎えてくれました。

チェックインして、タバコ吸えるか聞くと、なんと禁煙とのこと!!

多分おやじが「エ~っ!?」てな顔をしていたんでしょうか?

フロントのおばさんが「誰がヘビースモーカーなの?」(英語だったので何とか分かりました)と聞いて来て、F氏とI氏が迷わずおやじを指さします。

すると、おばんさが、「仕方ないわねぇ~」という感じで、奥に消えて灰皿を持ってきてくれました。

うう・・おばさんありがとう!ダンケ・シェーン!!

ドイツ出張記 その3 へ続く

■I

GR 14
推奨レベル 46~
クリアランク
クリア回数
最短クリアタイム 41:20 (1500)
最高取得ギルドポイント 10500
獲得アイテム 刀金の珠玉【三級】
守護の珠玉【三級】

 

目標タイム18分を目指すタイムトライアルです。

連戦タイプのクエストです。

B-2にいる護衛兵と話すと、3連戦が始まります。

第一戦は、ギガース2体。

第二戦は、グレアデイモス

第三戦は、ディノ・グレアデイモス

いや~(^_^;)

皆さん丈夫です。

レベル61で挑戦しましたが、Cランククリアでした。

第一戦で、既に装備がボロボロになって、後は地道にHPを稼いでいくだけになってしまいました。やっぱ、ウェポン・リペアを持ち歩かないとつらいのかな?

■I

GR 14
推奨レベル 46
クリアランク
クリア回数
最短クリアタイム 13:30 (6000)
25:23 (0)
最高取得ギルドポイント 27630
獲得アイテム 炎巨獣の爪
炎巨獣の牙
炎巨獣の尾

ブラスタ平原。目標14分台を目指すタイムトライアルです。

  1. スタート地点のライナスと会話。
  2. F-7のケルベロス×2を倒す。
  3. F-6のケルベロスを倒す。
  4. スタート地点へ戻り、ライナスと会話するとクリア。

ワイルドボアは一杯いるので、適当に戦っているだけで30体以上倒せると思います。基本は、パーティーの作戦を個別攻撃にして、自分はケルベロスに集中攻撃。移動中に遭遇するワイルドボアは無視して、ケルベロスと戦うついでに倒すのが一番効率的だと思います。

単純なクエストですが、ケルベロスが思いのほか丈夫です。初回挑戦(レベル61)では、Dランククリアでした。武器を整えてから再挑戦ですね。

※追記(2011/4/1):

レベル71で再挑戦。見事Sランククリアゲットです。文章見直しました。

■I

GR 13
推奨レベル 41~
クリアランク A
クリア回数
最短クリアタイム 28:19 (2000)
最高取得ギルドポイント 18970
獲得アイテム 土竜の鱗
風竜の鱗
風竜の角

 

目標タイム23分を目指すタイムトライアルです。

画家のジョシュに戦闘を経験させて、名画を描かせるクエストです。

1.スタート地点のジョシュに話しかけて仲間にする。

2.そのまま正面の扉を開け、バジリスク×3+ミズコグモ×3+スコーピオン×2と戦闘。

3.ジョシュに話しかけて仲間にする。

4.D-3の風の民と話して、アースドラゴン+スコーピオン×3+バジリスク×2と戦闘。

5.ジョシュに話しかけて、獣毛を40本集める事になる。

6.一度引き返してC-3の風の民と話し、C-3地上でジャッカルを倒して獣毛を40本集める。

ジャッカルのリポップ早いので、40本集まるまでここで粘ります。

7.ジョシュのところへ引き返し、獣毛を40本を渡す。

8.メルヴィンと話してから、ジョシュに話しかけて仲間にする。

9.F-2に向い、風の民と話してメガロティグリス+ジャッカル×6と戦闘。

10.セシリアと話して仲間にする。

11.D-5地上の星印の近くへ行くとジョシュが離脱。

12.ジョシュと話すと、ウィンドドラゴン×2と戦闘。

13.メルヴィンと話しすとクエストクリア。

目標時間内クリアが結構難しそうです。どこで時間削減するか思案中。

■I

GR 13
推奨レベル 41~
クリアランク
クリア回数
最短クリアタイム 38:24 (0)
最高取得ギルドポイント 25000
獲得アイテム 兵隊蜂の殻
ハチミツ
白獣のなめし革
大土蜘蛛の足
大土蜘蛛のかぎ爪
大土蜘蛛の甲殻
大水蜘蛛の足
大水蜘蛛の甲殻

 

タイムトライアルじゃないです。

フランダール山脈登山道のモンスターを討伐して、観光客を1000人以上集めるクエストです。

登山道入り口から、C-1のゴンドラ乗り場まで登って行きますが、途中所々に居る赤いスーツを着た観光協会員には、全部声をかけて行きましょう。

1.キラービー、ポイズンビーを全部倒しながらB-5の分かれ道まで行く。

全部倒すと、「安全確保」出来たとして、観光客が100人集まります。

2.西に居るジョンに話しかけてから、周辺にいる観光協会員3人に話しかける。

会長の特徴1」を教えてもらえます。

3.B-5北西の小屋周辺で、バジリスクを全部倒す。

観光客が200人集まります。また、ジョンに話しかけると、マナポーションIIをもらえます。

4.C-4北の広場でアイスジャイアントを倒します。

またまた、観光客増員です。

5.近場とC-5にいる観光協会員から、「会長の特徴2」と「会長の特徴3」を聞きます。

6.一度来た道を戻って、B-4に居る観光客に話しかけると、その人が会長です。

7.会長の依頼で、D-5の穴から落ちて、その先の洞窟にいるメガロティグリスを倒します。

観光客増員です。

8.先ほど落ちた穴に戻り、ロープ上がって、山頂に向かいながらリザードを全部倒します。

9.B-3の広場で、アイスジャイアント+サイクロプスと戦闘。

観光客800人達成します。

10.C-2の洞窟で、大水蜘蛛×2+大蜘蛛と戦闘。

観光客1000人達成です。

11.C-1の観光協会員に話しかけてクエストクリアです。

■I

GR 13
推奨レベル 41~
クリアランク
クリア回数
最短クリアタイム 23:17 (0)
最高取得ギルドポイント 25830
獲得アイテム 風竜の鱗
大水蜘蛛の足

 

■II

GR 17
推奨レベル 61~
クリアランク
クリア回数 205
最短クリアタイム 4:18 (0)
最高取得ギルドポイント 25340
獲得アイテム 刀金の珠玉【一級】
守護の珠玉【一級】
風竜の大鱗
火印の魔石
水印の魔石
土印の魔石
風印の魔石
???の靴(アサルトフット)
???の靴(火竜の靴G)
???の籠手(アサルトガード)
???の籠手(バリアントガントレU)
???の籠手(火竜の腕輪U)
???の籠手(ガイストグローブG)
???の籠手(ソリッドグローブU)
???の靴(ルーンソルレットG)
???の靴(聖戦士の脛当G)
???の大斧(メタルインパクトU)
???の大斧(クリムゾンアックスU)
???の大斧(赤鬼棍棒G)
???の大斧(ナイトアックス)

 

虫の谷。

タイムトライアルじゃないクエストです。

連戦タイプのクエストで、全部で五戦あります。

ヘクトールと会話し、ペイトンのグライダーで移動し、移動先の風の民と会話して戦闘。

戦闘終了後に、ヘクトールの所へ自動で戻るパターンの繰り返しです。

ヘクトールとの会話時に「もう止める」を選択すると、途中でクエストクリアすることが出来ます。

  1. 第一戦:キラービー×2+ポイズンビー×2+ミズコグモ×4+スコーピオン×2+キラースコーピオン×2
  2. 第二戦西の谷:ウィンドドラゴン+キラービー×2+ポイズンビー×2+スコーピオン×2+キラースコーピオン×2。風の民二人を仲間にして連れて行けます。
  3. 第三戦東の谷:大水蜘蛛+ミズコグモ×3+キラースコーピオン×2+ポイズンビー×2。第二戦とは違う風の民二人を仲間にして連れて行けます。
  4. 第四戦:大水蜘蛛×2+ポイズンビー×2+ミズコグモ×2+キラースコーピオン×2ロッコが仲間になります。
  5. 第五戦:ウィンドドラゴン×2+キラービー×2+スコーピオン×2+キラースコーピオン×2ロッコデズモンドが仲間になります。

第二戦と三戦に参加する風の民は、それぞれ得意技があるようですが、まあ誰を仲間にしても大差ないと思うので、適当でいいんじゃないでしょうか。

※追記(2011/3/6):

IIをプレイすること205回。やっとこGR19になったのでIIの結果を更新しました。

ついでに、文章の書き方を他のページと合わせました。

といっても、まだDランククリアしかしてません。(^_^;)

GR17-18が79回、GR18-19が126回と言う事になりますが、途中他のクエストもやってたので、IIだけでGR上げする場合は、もっと回数が必要なんでしょうね。

次は、砂塵の攻防戦IIに行きます。

実に久しぶりの白騎士物語以外のネタです。

ずっと中断していたドイツ出張のお話の続きになりますが、「その2」の記事をアップ後の昨年11月にも2週間強出張したので、その時の話も含めて今後お話していきます。

2回出張していますが、出張した先も宿泊したホテルも同じだったので、実質1カ月強連続出張したようなものですね。

で、今回は宿泊したホテルのお話。

Gifhornという田舎町のHotel Deutsches Hausという所に泊まりました。

結論から言うと、おやじはこのホテルを痛く気に入ってしまいました。

ホテルの設備その他は、多分そんなに良い方ではないと思いますが、オーナーの老夫婦が良い人で、なんかアットホームな感じです。

2回目に行った時には、フロントでオーナー夫人に再会すると、「I remenber!」と言って、満面の笑みで灰皿を出してくれました。

また、帰国時に、朝6時にチェックアウトするので、前日に会計を済ますと、普段6時から始める朝食を5時30分から始めるから食べて行きなさいね!と言ってくれるなど、本当に親切な人達でした。

さて、ではDeutshes Hausのご紹介。

名前の通りにドイツ的な建物です。

P1010818

こちらがホテルのフロント側の入り口。通りから少し入った所にあり、通りに面した所はレストランの入り口になってます。

1階は、フロントとレストランと厨房になっていて、2階部分が客室になってました。この部分が本館的な雰囲気です。多分、創業当時はこの建物だけだったんじゃないでしょうか?

P1010820

入り口から奥の方に建物が続いていて、手前の平屋部分が、朝食などを頂くカフェ的なスペースになっていて、奥の方の1階と2階が客室です。こちらが新館的な感じです。

3階部分には、オーナー家族が住んでいるらしいです。

さらに奥に進むと、別館的な2階建ての客室があります。

おやじは、滞在予定が延びたりしたので、予約の関係で一度部屋を移動しており、別館に3泊と、あとは全部新館の部屋に泊まりました。

本館の方は、一緒に行っていた同僚が泊まっていたので、一度部屋を見せてもらいましたが、他と比べて随分と狭かったです。

綺麗さで行くと、新しい分やはり新館が一番で、次が本館、そして別館という順番。

料金は、新館が一番高く、次が本館、そして別館となり、それぞれ10ユーロ強違いました。

では、お部屋のご紹介。

最初は新館です。

P1010628P1010629

部屋の入り口とバスルームです。

入り口左手にクローゼット、右手にバスルームがあり、ベッドルームとの間には、もう一枚ドアがあります。

バスルームはシャワーのみ。洗濯物はおまけです。(^_^;)

トイレの方は、外人サイズで、座るとどうにかつま先が床に着く感じ。

P1010627P1010625

ベッドルームは広く、天井も高いので快適でした。

続いて、別館の部屋のご紹介。

P1010682

こちらは入り口で、左手にシャワーがあり、右のなんだかクローゼットみたいなのがトイレでした。

P1010681P1010683

シャワーとトイレです。

トイレを囲んでいるのは、まさにベニヤ板と言う感じで、なんらかのリフォームをしたような雰囲気なんですが、元々の配置がどうなってたのか不明です。

P1010680

部屋はこちらも広いです。欧州には珍しく、天井灯があって明るかったです。

まあ、やはり快適なのは新館ですね。

次は、ホテルの朝食のご紹介。

平日は6時から、土日は6時30分からオーブンしてます。

P1010813

まずは、こちらでハムやチーズ、その他未知の食材を取ります。

最初のうちは物珍しいので、食べた事のないものを片っ端から試して行きましたが、後半になると決まった物の組み合わせになってしまいました。

ペースト系の物が数種類あったり、種類が変わったりするのですが、なにぶん何を何につけたらよいのか?どうやって食べたらよいのか分からん物が多かったです。(^_^;)

P1010814

続いてこちらで卵料理を注文。

写真を撮った時は、コックさんがいなかったので、一緒に行ったR氏が友情出演です。

コックさんがいたら、焼き方と付け合わせのベーコンありなしを言うと、席まで持って来てくれます・・・持って来てくれるはずです。

というのは、何度も注文と違うものを持ってこられた事があるからです。最初のうちは、違うと言っていたのですが、途中でもう諦めて「来たものが注文したもの」という心境に達しました。(^_^;)

どうも卵料理を担当するコックさんて、毎朝違った人だったり、どう見てもその場で作り方を教わっているアルバイト的な人だったりするためか、一度に複数注文されると、なんかこんがらがっちゃうようでした。

コックさんがいない場合は、ちょっと奥の厨房入り口で、「ハロー!?」と叫べば誰か出てきて対応してくれます。

最初の頃、「目玉焼き」を注文するのに、一緒に行ったメンバーと盛り上がりました。

まず試したのは、「サニーサイドアップ」ですわね。

「サニーサイドアップ。OK?」と言うと、「OK!」と元気良く返答してくれるんですが、最初は「ターンオーバー」が、その次は「スクランブル」で、3回目にして始めて「片目焼き」が出て来ました。

皆で色々試しましたが、どうも結果が安定しない。

んで、通訳の人に聞いてみたところ、「多分、シュピーゲルアイじゃない?」と言う事で、これに落ち着きました。

ただし、目玉おやじにしないためには、「ツバイ、シュピーゲルアイ!」と言いましょう。「シュピーゲル」が「鏡」で、「アイ」が「卵」だそうです。なるほど・・・か?

次の日から、日本人が皆「ツバイ、シュピーゲルアイ!」と言い始めました。

ドイツの人って、あんまり目玉焼きは食べないんですかね?

P1010815

どうにか卵料理の注文が済んだら、こちらで好きなパンを取り分けます。

ホテルで焼いているのか、平日は焼き立ての感じで美味しかったです。休日はどうも、前の日の作り置きみたいでした。

皆の一番人気はクロワッサンでした。

おやじは、ミニバケットみたいな、小振りの丸っこいパンがお気に入りでした。

このパンを、真ん中からパン切りナイフで水平に真っ二つにして、バターを塗ってから、二種類のハムと、トマトとキュウリのスライスを挟んだサンドイッチが定番になりました。

P1010816

最後に、こちらで好きな飲み物を取ってテーブルへ。

ちなみに、コーヒーはテーブルにポットで持って来てくれます。美味しいコーヒーでした。

最後に、通りに面したレストランの入り口です。

P1010876

ホテル入り口は、右手の路地を入った、少し引っ込んだ所にあります。

このレストランは、ミュシュランガイドに載っているそうです。ただ、本場におけるミシュランガイドの位置づけが良く分からないのは、他にもミシュランのプレートが付いた店が、この狭い町に数件あった事。

数度食事したので、その時の感想はまた後日。

1  2  3  4  5
Powered by Movable Type 6.0

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このアーカイブについて

このページには、2011年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年12月です。

次のアーカイブは2011年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。