裸眼3Dレグザ Glasses-less 3D REGZA 20GL1 視聴

| コメント(0) |カテゴリ:
世界初!3Dメガネなしで3D映像が楽しめる!

と言う東芝のREGZA 20GL1です。

まだ、他の3D対応TVで3D映像を見た事ありませんが、以前映画のアバター3Dを観たときには、メガネの上に3Dメガネをかけなければならないことに閉口したので、このREGZAには期待してました。

そんな折、先日会社の別部署が評価用に購入したらしく、実験室で盛り上がっていたので、こっそりとその輪に入って視聴してみました。

画面の大きさは、20インチですが、筐体が大きいせいか少し小さく感じました。

遠目に見た感じでは、普通のTVですね。

TVの正面1mぐらいの所に椅子を置いて、トイ・ストーリーの3D版を再生していました。

椅子の後ろで、正面から少し離れた所から観た感じでは、そんなに3D感なし。

少し横にずれて観ると、映像の輪郭がダブって見えます。3D映画をメガネ無しで観たような感じです。

こんどは、椅子に座らせて貰って正面から観ました。

3Dと言われれば、そんな感じという感じで、近くにいる人物が背景から少し浮かびあがっている感じはしますが、おお!凄い!という感じではなかったです。

映像ソースの種類とシーンにもよるのでしょうが、今回の視聴では少し残念な印象でした。

特に、少しでも正面からずれたり、視線を傾けると映像がダブった状態になってしまうのが残念。

TV観るときにはリラックスした姿勢で観たいですよね?

この点は他の3DTVでも同じらしいので、今後の3D普及に向けたポイントでしょうか。

おやじ的には、今のところ3D対応がTV購入のポイントにはならない感じです。

とは言え、あと5カ月でアナログ放送終了なので、そろそろ地デジ対応を考えなけりゃなぁと思う今日この頃です。

コメントする

Powered by Movable Type 6.0

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、kaneyukiが2011年2月20日 19:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「USBスピーカー Olasonic TW-S7」です。

次のブログ記事は「白騎士物語 やっとこGR18になったよ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。