ドイツ出張記 その5 ドイツ タバコ事情

| コメント(0) |カテゴリ:

今回は、ドイツでのタバコのタバコ事情のお話。

おやじは、超の付くヘビースモーカーなので、欧州のタバコ事情が、とぉ~ても気になってました。

果たして、ドイツではタバコが吸えるのか?

下手な所で吸ったら逮捕されちゃうんじゃないか?

さてさて、実際どうなんでしょう?

まずは、ドイツへの出発前後にお世話になった成田空港ですが、屋外や屋内に申し訳程度にある喫煙所は、どこも狭い上に空調が悪かったり、清掃も良くされて無い感じで、喫煙者の肩身の狭さを思い知らされました。

でも何故か、出発ロビーの喫煙所だけは、広めで比較的綺麗だったような気がします

日本がこんなだから、喫煙に五月蠅い欧米ではどうなるんだろうと思いながら、ドイツに到着しました。

まずは、空港内ですが、フランクフルトでは、地下フロアの要所要所に屋内の喫煙所がありました。

空港内の喫煙所

人が入って行くと、自動的に空調が動きだすようで、その空調も結構強力です。日本のような、申し訳程度に、効いているかどうかわからないような空調とは違う感じでした。

清掃も行きとどいていて、とっても綺麗です。

WINSTONの喫煙所

こちらは、タバコメーカーのWINSTONの喫煙所?

表も中もWINSTONの広告で一杯ですが、明るくて広くてゆったりしていて、しかも綺麗でした。

想像するに、タバコメーカーがスポンサーになって喫煙所を設置しているんじゃないでしょうか?規制が厳しい分、企業努力で工夫しているのでしょうかね?

地上フロアでは、屋内の喫煙所が少なかったですが、空港出口に必ず屋外の喫煙スペースがあり、こちらはオープンスペースになってました。

空港以外はどうかというと、鉄道の駅には、こちらも必ず出口にオープンスペースの喫煙所がありました。また、ベルリンの駅には、屋内にも広い喫煙所がありました。

レストランでは、屋内は全面禁煙ですが、入り口には大体灰皿が置いてあり、また、カフェや観光地のレストランでは、ほぼ必ず屋外に席がって、そちらは喫煙可になってました。屋内での分煙は少ないようで、Gifhornの街で一軒だけあっただけでした。

街中では、メイン通りだと、そこかしこにゴミ箱兼灰皿が設置されています。

街角の灰皿

こちらは、Gifhornにあった灰皿兼ゴミ箱。いや、ゴミ箱兼灰皿か?(^^ゞ

上のアーチ部分が灰皿になってます。

誰が掃除しているのか不明でしたが、結構綺麗に使われています。

歩きたばこをしている人も結構いて、ベルリンやハノーファなどの大きな街では比較的少なかったですが、田舎街では、歩きタバコや、路上の灰皿のところで喫煙している人が結構いました。

基本的に、屋外で喫煙する分には、タバコに対しておおらかな感じです。

会社の中は、やはり屋内での喫煙はNGで、おやじが訪問した会社では、屋外に灰皿を設置していました。

最近の会社は、セキュリティが厳しくて、社屋の出入りにはセキュリティーカードが必要なんですが、おやじ達はゲストなので、渡されたセキュリティカードでは自由に出入り出来ません。

そこで、取った行動は、二人一組で行動し、一人が吸っている間、屋内で一人が待っていて、吸い終わったら内部からドアを開けて交代という手段です。

ところが、こいつは喫煙者が二人以上いないと成り立たない(>_<)

二回目の出張では、喫煙者がおやじ一人になってしまったので、昼食時間に吸い溜めして、15時に非喫煙者の誰かにお願いしてついて来てもらいました。

ドイツ出張に行く時は、必ず喫煙者二人以上で行きましょう(^_^;)

最後に、面白かったのが、タバコの売り方です。

スーパーや、キオスク的なお店には必ずタバコが置いてあります。

スーパーでは、大きな籠みたなのに無造作に放りこまれたタバコを、自分で取ってレジに持っていきます。籠は蓋がついていてい、必ずレジのそばにありました。

キオスク的なお店では、店員さんに注文しますが、

「マールボロ!ツヴァイ!」

(マールボロ二箱!と言っているつもり。マールボロはそのまま通じました。)

と注文すると

「ラージ?orスモール?」

と聞かれます。

なんと、同じ銘柄でも、19本入りとか23本入りとかを売ってます。

おやじは、スモールの19本入りしか買わなかったのですが、それで5ユーロくらいでした。

なんでも、税金の関係で、金額の切りが良い本数で売っているそうです。

それでも、19本てなんか中途半端な感じ。

おやじ的には、19本か23本に統一すれば?とか思うのですが、なんか不思議でした。

宿泊したホテルがタバコを部屋で吸わせてくれた事もあり、ドイツでは心配したほど禁断症状に悩まされる事がありませんでした。

コメントする

Powered by Movable Type 6.0

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、kaneyukiが2011年2月14日 20:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「白騎士物語 風の民の龍退治IIのDランククリア」です。

次のブログ記事は「USBスピーカー Olasonic TW-S7」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。