2011年4月アーカイブ

SPECIALIZED SLIM SHIMS装着

| コメント(0) |カテゴリ:

自転車始めてから、Termac君を購入した当初は、多摩サイメインで、ほとんど下ハンなんて握る事はなかったのですが、最近になって下ハンの便利さが分かって来ました。

特に下りと急制動の時には便利、というか下りでは必須ですね。下りで必須というのは、別にスピード出すためや、グリップ良くするためと言う訳ではなく、ブレーキの効きが全然違うからです。まあ、こんなん常識ですか?(^^ゞ

以前ブルぺで箱根を下った時には、渋滞している車の横をすり抜ける時に、普通にグリップ握ってブレーキしてましたが、いくら強くブレーキレバーを握っても速度が落ちないので、怖いやら、握力が無くなるやらで大変な思いをしました。

下りで下ハンを握るのを覚えたのは、Jake君での自転車通勤でです。通勤経路には坂が多くて、信号やら自動車も一杯いますので、必然的に下りで信号待ちしている自動車の横をスピードコントロールしながらすり抜けたりするのですが、Jake君のブレーキはTermac君に比べて効きが悪くて、さらに思うようにスピードコントロールが出来ずに、超早めのブレーキングで乗り切ってましたが、ある時長めの下りでスピードが出せる時に、下ハンを握ってみたのが始まり。この時、下ハンでブレーキ掛けると、同じブレーキとは思えないぐらい効きが違うのを発見しました。それからは、スピード出さなくても、下りではもっぱら下ハン握るようになりました。

そんなわけで、Termac君でも下ハンを握る機会が増えてきたのですが、ブレーキレバーが遠い(^_^;)。やっと指先がかかるかかからないかぐらいで、下ハン握っている時は、常に意識してないと、スカッと空振りしそうな感じでした。で、フィールドショップナカハラのお兄ちゃんに相談した結果、紹介されたのが、このSPECIALIZED SLIM SHIMSです。

SPECIALIZED SLIM SHIMS

SimanoのSTIブレーキの各シリーズ用に3種類あるようです。おやじのTermac君は105なので、当然105用を購入。左の写真の一番下のでした。触った感じは、プラスチックとゴムの中間と言う感じで、上部に両面が接着面になっているスポンジみたいのが貼り付けられています。緑色に見えているのが、接着面を保護しているビニールシートです。

 

取り付け方は、添付の説明書に書いてありますが、最初に元々レバー内部についていたショック吸収用のラバーを取り外します。次に、本製品を貼り付けるだけと、至って簡単でしたが、最初の位置決めが仕上りの綺麗さの鍵を握っています。ずれた位置に接着しちゃうと、レバー本体との一体感が全然なくなってしまって美しくないです。一度接着しちゃうと、剥がしてから付け直すのは、スポンジみたいな素材のせいで結構大変で、おやじは一回やってしまいました。

ブレーキ握ったところ位置決めは、レバーを引いた状態で105の名前が書かれている銀色部分にSIMを被せて位置を決めてから、そのままレバーを閉じると上手く行きました。

これが装着後の写真です。下ハンでも楽々と指が届くようになりました。見た目も、上手に位置決めして貼れれば、グリップと一体化してよろしい感じです。

自転車旅用テント選び その2

| コメント(0) |カテゴリ:

前回の記事で5個の選択肢の中から、そのリーズナブルな値段と、風通しが良さそうな事から、ほぼダンロップのR225に心が決まりかけてましたが、もう少し調査しよう!と続行したところ、新たな心惹かれる選択肢を発見です。

テント
メーカー アライテント アライテント
商品名 ドマドーマライト2 ドマドーマメッシュ2
重量 2kg 2.28kg
サイズ 主寝室:210x120x108
土間:112x60
同左
収納サイズ 本体:34(44)x20
フレーム:38
同左

「ソロやカップルで使うテントなのに、ツインルームというとても贅沢な設計のテントです。
クロスするフレームで作られた前室はこれまでとはまったく異なる居住空間となっています。
このフレームで作られた空間から日本古来の「土間」をイメージしてドマドームは名づけられました。」とのことです。(アライテントのHPより)

ドマドーマメッシュの方は、前室・・・じゃなくて土間部分を全面メッシュで覆う事が出来て、また、フライシートのサイド部分が開閉出来るようになっています。夏場の暑いときなどいいんでしょうね。

他のテントと違う所は、やはり名前の元になった土間のスペースですね。ペグとか使わなくても、土間部分はフレームで確保できて、しかも広い。キャンプしながら、まったりしている雰囲気が想像できて、なんか心惹かれるものがあります。

しかし問題はお値段と使い方。

自転車旅に出る事が、果たして年に何回あるのか?また、出たとしてもキャンプが目的じゃないから、キャンプ場以外でも手軽に設営・撤収出来て、適度に雨風が防げれば充分で、テント内で食事作ったりすることもないような気がする。となると、オーバースペックのような気がする一方で、自転車旅以外でも、本格的なキャンプやツーリングとかにも使えそうなので、いいんじゃない?とうような気もするです。

お値段的には、やはり高いと感じてしまう。ただし、アライテントさんは山岳用テントの老舗さんなので、山でもばっちりの物づくりをされているような気がするので、耐久性とか利便性を考えるとリーズナブルなお値段なのかも知れない。

うだうだと迷ってますが、おやじの物欲的には、このコンセプトと形状がググッと来てます。もうすぐGWなので、その前に購入して、一回奥多摩当たりで試さなくてはと思ってるのですが・・・

ちなみに、ドマドームには、一人用のドマドームライト1とドマドームメッシュ1がそれぞれあります。2に比べると、どちらも重量で210g軽く、値段も7000円程安くなりますが、主寝室の幅が、120cmから75cmへと大幅に狭くなり、土間の奥行き以外も数cm小さくなります。取りあえず寝るだけだったら、75cmでも問題ないんでしょうが、どうせなら広い方がいいかなと思うのですが・・・

ああ!いかんです!目的と方針がブレブレですね。単なる物欲になって来ているような気がするので、もう一度冷静になって考えよう!と思います。

■I

GR 16
推奨レベル 56
クリアランク
クリア回数
最短クリアタイム 27:57 (5000)
最高取得ギルドポイント 24000
獲得アイテム 刀金の珠玉【一級】【二級】
守護の珠玉【一級】【二級】
錆びた長ネジ
赤銅合金
火印の星石
土印の星石
風印の星石
双魔人の黒い血
双魔人の堅方甲羅
双魔人の大爪
大砲の砲弾

ラグニッシュ砂漠。目標タイム15分台を目指すタイムトライアルです。

星印の場所にあるウィザード陣地を3つ襲撃して、最後にボス戦になります。

  1. 第一陣G-7。機戦砲×2+ゾア・クリスタルII+ウィザード兵数体
  2. 第二陣G-8。機戦砲×2+ゾア・クリスタルII+櫓×2+ウィザード兵数体+ギガース
  3. 第三陣は、F-8方面から行くと正面突破となり、F-8付近で機戦砲×6+ゾア・クリスタルII+ウィザード兵多数+ギガースと戦闘になります。
    G-9方面から行くと後方奇襲となり、G-10付近でテント×2+ウィザード兵数体、F-10付近でテント+ウィザード兵数体+ギガース、G-9でテント+ウィザード兵数体+ギガース×2と戦闘になります。
  4. F-8のグウェルドと会話するとボス戦。殲滅するとクエストクリア。
    第三陣を正面突破した場合のボス:デューク・ギガース+ウィザード兵数体+ギガース×2
    第三陣を後方奇襲した場合のボス:古代機戦車+ウィザード兵数体+ギガース

上記のギガースは、全部ウィザード兵士長がアドベントしたものです。

デューク・ギガース第一形態は、硬くて歯が立ちません。ムーンスラッシュで斬りつけても、与えられるダメージは10~20前後です。なので、通常時は攻撃せずに、裁きの雷をチャージしているときに、光っている邪眼を攻撃します。とは言っても、A~Dまで4つもあって、しかもCとDの二つは体の後ろにある上、前面のAとBも光っているのか微妙な感じですが、良く見るとなんとなくわかるので、運を天に任せて攻撃しましょう。数回当てると第二形態に変形します。ここからは斬撃でダメージを与えられるようになります。

TOHOシネマズ 休館中

| コメント(0) |カテゴリ:

ちょっと前の話しになりますが、TOHOシネマズの会員になったので、前回3月1日のファーストディ(1000円で映画が見れる日ですよ)に続き、4月1日も1000円で映画観てやろうと思って、TOHOシネマズのららぽーと横浜のHPにアクセスしたら、震災のために安全確認中で4月末日まで休館でした。

ららぽーと横浜自体は営業しているので、TOHOシネマズだけなんか被害を受けたんでしょうかね?約2カ月間も営業しないなんて、どんな事になってるのか心配です。

いよいよ実践編です。Pandora BatteryとPSP-1000または、未対策のPSP-2000が必要です。

実践前に、CFWを3.71 M33-2から5.00M33へアップデートしましたが、これには特に意味はなく、色々調べてる時に、これからならOFWにアップデート出来そうだったので、一度アップデートしてました。なので、以下の実践編の開始時には、PSP-1000のCFW5.00M33の環境になってます。

以下実践は、PSP-1000 CFW5.00M33+Pandora Battery環境のみの検証です。その他の環境では試してないのでご注意を!

こちらの「1台のPSPでCFWと公式FWを使い分ける」という記事を参考にさせてもらいました。

●準備編

  1. まずは、以下のファイルをダウンロード。

    OFW 5.00アップデータ
    OFW 5.50アップデータ
    OFW最新版アップデータ(この時は6.37でした。Sony公式ページです。)
    Despertar del Cementerio v8(dc8)
    GEN-D3_DC8 MOD(いきなりダウンロードダイアグになります。)
  2. Despertar del Cementerio v8(dc8)を解凍し、”DC8”フォルダをMSの”PSP->GAME”フォルダへコピー。
  3. OFW5.00アップデータを解凍して、”EBOOT.PBP”を”500.PBP”にリネームし、MSのルートにコピー。
  4. MSをPSPに戻してPSPを起動。ゲームのメモリースティックからDC8を起動してインストール。
  5. MSをPCに戻して、”TM->DC8”フォルダを”TM”フォルダ内でコピー。同じフォルダ内にコピーすると言う事です。
  6. コピーしたフォルダ名を”GEN”にリネーム。
  7. GEN-D3_DC8 MODを解凍し、その中の”TM”フォルダをMSのルートへコピーして、MSの”TM”フォルダを上書き。
  8. OFW5.50アップデータを”EBOOT.PBP”から”550.PBP”にリネームして、MSのルートへコピー。
  9. OFW最新版アップデータをファイル名はそのまま(EBOOT.PBP)で、MSの”PSP->GAME->UPDATE”フォルダへコピー。

以上で準備完了です。

●CFW->OFW編

これ以降はPandora Batteryが必要になります。

参考にさせていただいた記事では、一度CFW5.50GEN-D3から、5.00M33へダウングレードしてからOFWを適用する手順になっていて、Pandora Batteryで起動したメニューに「Install 5.00M33」が出ていますが、何故かおやじの環境では、その部分が「Flash Install5.50GEN-D3」になります。また、その下の「Install5.00OFW」という項目も、「Flash Install 5.50OFW」となります。その他のメニューは、項目は同じですが、順番が微妙に違っています。何が違うのか判然としませんが、実績として以下の手順で切り替えができています。

  1. 準備編で作成したMSをPSPへ挿入。
  2. バッテリーとACアダプタをはずす。
  3. 十字キーの下ボタンを押しながらPandora Batteryを装着。
  4. メニューから”Flash Install 5.50OFW”を選択して実行。
  5. 完了画面になったら○ボタンでShutdown。
  6. 通常Battery+ACアダプタを接続し、PSPを通常起動して、「ゲーム->メモリースティック」から、OFW最新版アップデータを選択してアップデート。

以上で最新版OFWになります。ただし、おやじの環境では、○ボタンと×ボタンの機能が入れ替わってしまいます。CFWの時に、リカバリーメニューで正常(日本仕様)にしても、OFWに切り替えると逆(米国仕様)になってしまいます。本体設定から設定の初期化を実行すると正常に戻りますが、ちょっとウザイです。回避方法ないか少し試してみます。

●OFW->CFW編

こちらは簡単です。

  1. 準備編で作成したMSをPSPへ挿入。
  2. バッテリーとACアダプタをはずす。
  3. 十字キーの下ボタンを押しながらPandora Batteryを装着。
  4. メニューから”Flash Install 5.50GEN-D3”を選択して実行。
  5. 完了画面になったら○ボタンでShutdown。

以上で、CFWに戻ります。ただし、言語設定が英語になっているので、気になる人は日本語に変更して下さい。また、○と×キーも米国仕様になってますので、気になる人はリカバリメニューから変更してください。

以上でめでたく切り替え環境が出来ました。最初の準備が少しウザイですが、切り替え自体はFlash書き換えの待ち時間以外はいたって簡単です。

さ~て!これからビシビシPSPのゲームするぞ!!なんて事は、そんなない訳で・・・取りあえず、切り替え環境が出来たということ自体に満足感を覚えている感じです。(^_^;)

年末には、NGPの発売も控えてますし、NGPではFlashメディアが媒体になるらしく、実行スピードの問題もなくなるのかと思います。残るはバックアップの問題だけ?折角正規で購入しても、メディアが壊れてしまったら買い直さなくてはならないとかいうのは、なんとなく納得いかないおやじです。分野は全然違えど、ソフト産業にかかわる身としては、著作権等の権利は当然守りたいわけですが、使う側としてみた場合にはウザイわけで・・・皆が幸せになれる仕組みがあるといいですね。

久々のPSP CFW(Custom FramWare)ネタです。

以前Pandora BatteryでPSP-1000をCFW化して以降、それだけで満足して放っておかれたPSP君でしたが、この度めでたく復活です。

きっかけは、「白騎士物語 DOGMA WARS]を買ってしまった事でした。おやじのPSPはCFW3.71 M33-2だったので、当然の事ながら、最新作のソフトがUMDから起動するはずもなく、正規FWにアップデートしようとしても出来ませんでした。

仕方ないのでネットで情報を調べる事数時間。約4年間の間にCFWの世界も大きく様変わりしてました。流石にSonyさん側の対策も色々進んだようで、PSP-2000の対策基盤以降では、Pandora Batteryの効果もなくなってしまったようです。

最初はOFW(Official FarmWare)に戻せればいいやと思っていたのですが、CFWとOFWを比較的簡単に切り替えられる方法が紹介されていたので実行してみました。

おやじ的には、CFWの魅力は、ソフトがUMDではなく、MSから起動出来て動作スピードが速くなること。また、購入したソフトのバックアップが取れる事だったので、CFWが使い続けられるなら、以前購入したソフトも高速で実行出来るので大歓迎です。まあ、昔のソフトを再度プレイすることがあるかというのは問題ですが・・・

「PSP CFWとOFWの切り替えに挑戦 2/2」に続く。

ブログを統合しました

| コメント(0) |カテゴリ:

これまでテーマ別にブログを分けてましたが、段々と、なんとなく、それとなくテーマが絞れえ来たような気がするので、ゲームな日々とグルメな日々を休止して、当ブログのカテゴリの「ゲームな日々」と「グルメな日々」に記事を移動しました。

今後、この二つのテーマについても、当ブログにアップしていきたいと思います。

GR20になり、ジャンク屋の欲IIIのクエストもSクリアしたところで、ついにアップデータ適用しました。いつの間にか、最新は1.10になってましたね。

これでようやっとオンラインデビュー出来るわけですが、いまだにオフのソロプレイでセコセコやってます。

オンラインデビューしない理由は二つ。

一つは、これ以上嵌ってしまうと、日常生活に支障が出そうだから。平日やらなきゃいいんでしょうが、それが我慢出来る自信は全然無しです。

二つ目は、おやじがヘタレだから(^_^;)。友人が他のオンラインゲームで、中坊にボコボコに言われたなんて話を聞いた事があり、そんなことになったら、おやじは立ち直れそうにないので・・・まあ、杞憂なんでしょうが、ちょっと怖い。

知人で白騎士プレイしている人がいればいいんですが、おやじの回りには一人しかいなくて、しかもその人は購入しただけで、まだほとんどプレイしてないらしく、誘いに乗ってくれません。

いつかは、一回ぐらい外に出てみようとは思います。

1
Powered by Movable Type 6.0

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このアーカイブについて

このページには、2011年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年3月です。

次のアーカイブは2011年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。