しまなみ海道周遊記 二日目 生口島

| コメント(0) |カテゴリ:

第三の島 生口島に上陸です。

昨日まで、「なまぐちしま」と読んでましたが、記事を書くにあたって調べたら「いくちじま」が正しい読みでした。

島の皆さま失礼!(^_^;)

生口島の「しまなみ海道公式ルート」は、ずっと南側の海岸線を通っているので、オヤジもその通りに走りました。

今回は、少し長目の17km弱です。

生口島の青線

生口大橋から一般道へ下りると、すっかりお馴染みになった、ルート案内の青いロードペイントがお出迎え。

今回は、ほぼこのロードペイント通りに走ればいいので非常に楽でした。

すぐに海岸線沿いの道になり、瀬戸内の景色をずっと眺めながら走れます。また、これまでと同じで車も人も全然いない(^^ゞ

 

瀬戸内の景色は、ここでも素晴らしい物でしたが、同じような景色がずっと続くので、当初の感動はどこへやら。前半は写真を一枚も撮らずに走り抜けてしまいました。

ところで、しまなみ海道は、サイクリングを観光の目玉の一つにしているだけあって、海道の道路が良く整備されてました。

路面の状況もいいし、路肩もそれなりに広い感じ。そして、上の写真のように、多くの区間で歩行者と自転車の共用レーンがありました。

でも、このレーン・・・広さも結構あって、普段自転車に乗らない方が観光で来て、レンタルサイクルを借りて島内観光、という目的には良いのでしょうが、オヤジのように、ある程度スピードを出して長距離走る人には向かない感じです。

何故か片側車線にしか無く、そして路面が結構バンピー。そして、交通量が少ないが故に、何かが飛び出して来そうで怖い感じでした。結局オヤジは最後まで使わずに車道を走ってました。

さて、海岸線をひた走る事4km程。

今回の旅で楽しみにしていた、ジェラートのお店「ドルチェ」に到着しました。81号線沿いの瀬戸田という地区にあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

海沿いを走っていると、いきなり島側に大きな駐車場と、おしゃれな建物が現れます。

ドルチェさんの情報:
広島県尾道市瀬戸田町林20-8
TEL:0845-26-4046
営業時間:10:00~17:00
休場日:無休
HP:
http://www.setoda-dolce.com/top.html

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サイクリストにも有名なお店らしく、駐車場の一角には10台程度止められるサイクルスタンドが設置されており、サイクリストの姿が一杯ありました。また、千光寺以来の観光バスの姿もありました。

店内に入ると、10人程の行列。おとなしく順番を待ちながら、10種類ぐらいあるジェラートを吟味して・・・何を注文したか忘れました(^_^;)

何故ここでジェラート?

と疑問に思う方もいるでしょう。オヤジも疑問に思いましたが、店内に入って納得。

ここ瀬戸田は、柑橘類が名産らしく、その新鮮な柑橘類を使ってジェラートを始めたのが始まりのようです。今では、その他にも色々な素材で人気らしいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

オヤジの順番が来て注文。コーンとカップが選べますが、この時点でかなり暑くなっており、コーンは食べたくなかったので、カップのダブルを注文・・・が、親切にもコーンの尻尾が付いて来ました。

確か、伯方の塩を使った何かと、ストロベリーだったと思いますが、とても美味しかったです。値段は・・・500円ぐらいだったような気が・・・(^^ゞ

P8170188

ジェラートを食べ終わり、味に納得したうえで、16個入りのお勧めセットを実家の両親に宅配便で注文しました。楽天でも購入出来るらしいです。

一仕事終えて、タバコをくゆらすオヤジ。初の無修正生写真です。(^_^;)

しかし、ホントにこの日は、朝から気温変化が激しくて参りました。

 

ジェラートを満喫して81号線に戻り、今回最も楽しみにしていたグルメスポットである、「かねよし」「穴子めし」を目指します。

オヤジの旅のモチベーションは、少なからず「美味しいものが食べたい!」という欲求に支配されているようです。

「ドルチェ」から「かねよし」までは、81号線を使って1km弱で同じ瀬戸田地区にあります。

お腹をギューギュー言わせながら走って行くと、右手に「かねよし」を発見!

有名店にしては、店の駐車場に車が一台も無く「早い時間に来てラッキー!並ばなくて済むね!」と、そそくさと自転車を駐車場に停めて、店の入り口へ行くと、

本日定休日

の札が下がってました。

にゃんと!

水曜日が定休日で、今日は水曜でした!(>_<)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

かねよしさんの情報:
広島県尾道市瀬戸田町沢209-27
TEL:0845-27-0405
営業時間
〔平日〕11:30~14:00、18:00~22:00ラストオーダー
〔日・祝日〕11:30~14:00、18:00~21:00ラストオーダー
定休日:水曜

 

かねよしの穴子めし

こちらは、ネットで見つけた「かねよしさんの穴子めし」の画像。

美味しそうですよねぇ~。

グルメスポットへ行く時は、くれぐれも事前に定休日の情報を調べてから行きましょうね(^_^;)

 

 

がっくりと肩を落としながら、向いにあったコンビニで適当な物を補給して再出発。

しかし、本当にこの時は、期待が大きかった分だけ、ダメージが大きかったです。

しおまち商店街入り口シオシオのパー(またまた古い!)になりながら81号を進んで行くと、なんだか懐かしい雰囲気の商店街があったので、少し寄り道。

活気も人気もありませんが、水曜日は定休日のお店が多いのかも?

 

 

 

 

 

昔の家並み

人気のない商店街を進んで行くと、こんな懐かしい雰囲気の路地に出くわしました。

提灯が何のために飾れてているのかわかりませんが、ちゃんと手入れされていて、今も現役バリバリの住居という感じです。

昔はこの辺も随分賑やかだったんでしょうね?

 

 

人気のない海岸通り

生口島からの瀬戸内

 

 

 

 

 

 

 

この後は、特に事件も無く、淡々と海岸沿いを走ります。昼近くになっても、相変わらず車も人もいません。

サンセットビーチ

サンセットビーチという有り勝ちな(失礼!)名前の施設。

バーベキュー場やサイクルターミナルも併設されてましたが、人気がありませんでした。

そういや、行く前のイメージとしては、至る所で海水浴シーンを見れるし、もしかしたらオヤジも泳いじゃう?なんて思ってたんですが、殆んど泳いでる人がいませんでした。

 

地元のガキ・・・お子様達は何をして遊んでるんでしょう?

なんか意外でした。

多々羅大橋遠景

 

 

 

そんなかんなでフニフニ走って行くと、多々羅大橋が見えて来ました。

左手に見えるレモン畑(果樹園?)に散水している風景は、多々羅大橋へ行くまで一杯みました。

 

多々羅大橋アプローチ入り口

多々羅大橋アプローチへの入り口。

ここから1300m先が橋になます。

料金は、これまでの最高額の100円!

他の橋の2倍です!

 

 

 

 

 

展望台からの多々羅大橋

アプローチ途中にある、例の大規模自転車道休憩所から見た多々羅大橋。

アプローチから橋まで長いぜ!

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

多々羅大橋では、料金所が入り口にありました。

この橋を渡り終えると、広島県から愛媛県になります。

県境はどこなのか?わかりませんでした。

 

 

撮影してきた写真を見ると、多々羅大橋の上から見た景色の写真が一枚もありませんでした。何故だろう?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

11:36。多々羅橋を通過し、次は愛媛県に突入。

人生初の愛媛県。

そして、初の大三島です。

初の大三島・・・大変でした(^_^;)

乞うご期待!

コメントする

Powered by Movable Type 6.0

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、kaneyukiが2011年10月10日 21:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「しまなみ海道周遊記 二日目 因島」です。

次のブログ記事は「しまなみ海道周遊記 二日目 大三島 前編」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。