2012年8月アーカイブ

馴染みになった生口島の海沿いの道

いよいよ昨年のツーリングでありつけなかった「あなご飯」の生口島に上陸です。(^O^)/

昨年はとっても楽しみにしていたのに、往路では定休日に当たってしまい、リベンジを目指した翌日の復路では営業時間外に到着するという不運に見舞われた因縁の島です。(>_<)

しか~し!今回は定休日でもないし、時間も余裕があるので大丈夫!

 

生口島のこの景色も3回目となり、すっかりお馴染みになった感じですが、サイクリストの多さにビックリしました。

向島と因島は、しまなみ海道公式ルートを外れて走っていたので気付かなかったですが、昨年に比べて100倍ぐらいいるんじゃないか?という感じです。

昨年走った夏休みは半端なく暑かったので、気候の良いGWの方が賑わっているのかもしれませんね。

サイクリストで賑わうジェラートのドルチェ

ジェラートのドルチェもサイクリストで大賑わい。

ドルチェさんの情報:
広島県尾道市瀬戸田町林20-8
TEL:0845-26-4046
営業時間:10:00~17:00
休場日:無休
HP:
http://www.setoda-dolce.com/top.html

 

今回は「あなご飯」しか頭に無かったので、横目に見ながら先を急ぎます。

念願のかねまつ

程なく目的地の「かねよし」に到着。

昨年と同様に、駐車場に車が無い事に一抹の不安を覚えつつ入口へ向かうと・・・営業してました。(^O^)/

不思議な事に、駐車場に車がない割に店内は賑わってます。この写真の左側にも少し大きな駐車場があって、皆さんそっちに駐車しているようです。

 

かねよしさんの情報:
広島県尾道市瀬戸田町沢209-27
TEL:0845-27-0405
営業時間
〔平日〕11:30~14:00、18:00~22:00ラストオーダー
〔日・祝日〕11:30~14:00、18:00~21:00ラストオーダー
定休日:水曜

店内は結構広くて、お座敷やテーブル席がありましたが、オヤジは5人がけのカウンター席に着席。店内を見回すと、基本は居酒屋さんという感じでした。

かねよしのメニュー

昼のメニューには、あなご飯以外にも定食類が結構あります。かねよしさんがある場所は、島の中でも賑やかな場所なので、普段は周りの会社に勤めるサラリーマンとかがメインなんでしょうね。

さて、オーダーは迷わず「あなご飯定食」に決定。しかし、今この写真を見てみると「かねよし定食」が気になります。「おすすめ」て書いてあるし、「あなご飯」も付いていたようです・・・・またリベンジしなきゃ(^_^;)

 

 

 

 

待つこと暫し・・・念願のあなご飯にご対面です(^O^)/

あなご飯定食 蓋取る前

あなご飯定食 蓋取った後

 

 

 

 

 

 

 

二年越しの想いがようやく達成出来たので、蓋を取る前と取った後の姿をご披露!あなご飯の美味しそうな蒲焼が特に目を引きます。

そして、感動の実食!(^O^)/

おいしい~!

んだけど・・・想像していたよりも身がパサパサしていています。以前広島の宮島で食べた「あなご飯」に比べると、身の厚みと脂の乗りが悪いような?あのトロッとした感じがありません。二年越しの想いでハードルを上げ過ぎている事もあるんでしょうが、それだけが少し残念な感じでした。もっとも、宮島で食べた時は、あなごの旬の時期(1月中旬)だったので、その違いもあるんでしょうね。

なにはともあれ、味と値段に大満足して、次の「塩ラーメン」目指して出発です!

オヤジの旅は、食べ物メインだなぁ~とつくづく思います。(^^ゞ

多々羅大橋に到着

その後は何のハプニングも寄り道も無く、満足した胃袋を抱えたまま多々羅大橋を14:25に通過。

 

 

 

 

 

次は「塩ラーメン」だぜ!

向島に続いて未踏破の東側ルートを選択。

白恐竜

因島大橋を降りてすぐに、昨年と同様に白い恐竜が元気に出迎えてくれました。

 

 

 

 

 

しまなみ海道では珍しスクーター

毎度お馴染みになった誰も居ない海沿いの道を走っていると、珍しくスクーターが追い抜いて行ったので思わずパシャリ(^^ゞ

軽トラやホンダのカブは時折見かけますが、橋の上以外でスクーターを見るのは珍しい感じがします。

 

 

海沿いの平坦な道を暫く行くと、「本因坊秀策記念館」という看板があったので脇道に入ってちょっと寄り道。囲碁は全然詳しくありませんが、コミック「ヒカルの碁」で主人公のヒカルを囲碁の世界に引っ張り込んで、最終的には全然登場しなくなった亡霊のような人が「本因坊秀策」だったような気がします。

本因坊秀策囲碁記念館

本因坊秀策生誕の地

 

 

 

 

 

 

 

いつもの通りに記念館の写真だけ撮って通過しちゃいましたが、後で調べたらやはり「ヒカルの碁」の登場人物だったので、観覧してみても良かったかな?と少し後悔です。生誕の地という看板のあった神社は参拝して来ました。

などと余裕をこいていたのはここまでで、この先は急なアップダウンが連続します。(>_<)

登りは辛いけど景色は良い その1

登りは辛いけど景色は良い その2

 

 

 

 

 

 

 

一つの漁村を抜けて長~い登りを越えると、次の漁村へ向かって急勾配の下りがあるというパターンが続きます。頂上付近から見る景色は綺麗だし、下りは調子良く飛ばせるので気持ちがいいけど、下り切ると視界の先には次の登りが見えてくるのでメンタル的に結構きます。

2つ目の登りの途中で珍しく2組のサイクリストに出会いました。一組はタンデム自転車1台を含む4人組で、上の写真の展望台で休んでいる所でした。この登りでタンデム自転車は大変そうです。

もう一組は、登攀途中の高校生らしき二人組でした。この二人組が前方に見えた時、オヤジはもう限界に近くて休憩しようかと思ってたのですが、何故かこの二人の前では足を付きたくなくてペダルを踏み続けちゃいました。見栄っ張りなんですかね?

どうにか二人を追い抜いた後に、二人が休憩に入ったのを見た時にはホッとしました。(^^ゞ

そういや二人に挨拶するのを忘れてました。それほど必死だったのかもです。

そんなこんなで、このアップダウンがいつまで続くのか?果して「あなご飯」に間に合うのか不安になって来た頃の確か4つ目の登りで、やっとアップダウンが終わってくれました。

結局因島の東側コースは、前半がアップダウンの連続で、後半はほぼフラットのコースでした。

生口橋手前の公園 サイクリストが多い

生口橋

 

 

 

 

 

 

 

コースがフラットになればオヤジでも順調に距離を稼げます。しかも「あなご飯」という目標があるので強い!(^O^)/

前半のアップダウンに比べて、後半はあっと言う間に走破した感じで生口橋が見えて来ました。写真撮るために立ち寄った公園には、レンタサイクルやロード含めてサイクリングしている人が、昨年に比べて大勢いました。

苦戦した因島をクリアして、生口橋を12時40分に通過。「あなご飯」のタイムリミットまで、あと1時間20分・・・余裕でしょう( ^^) _旦~~

随分遅い報告になっちゃいましたが、7月27日に6回目の診察を受けて来ました。

報告が遅くなったのは、「やる気」や「ブログ作成環境の見直し」などあったのですが、それはまた別のエントリーで。

今回の診察は、待ち時間1時間30分で、診察時間約5分という超スピード診察。

待ち時間の方は、通院間隔が1カ月になったことで先約が少なくなり、予約を午前10時という早めの時間に入れて貰えるようになってから劇的に短くなりました。まだまだ長いと言えばそうですが、以前の3~4時間に比べると物凄く楽になりました。

診察時間の方は待ち時間に比例した訳じゃなく、特にこれと言った進展も悪い事も無く現状の確認にとどまった感じで、色々と確認することが無かったからです。なので今回はレントゲンの画像も無し。

だって全然違いが判らないし、780円かかるんですもの (^_^;)

次回以降の診察で目に見える変化が起こった時にレントゲン画像をアップしようと思います。

体感的には多少右腕の稼働範囲が広がって来た感じですが、まだまだ自由に動かせる状態にはなって無いです。骨折箇所自体の痛みとかの心配はほぼ無いのですが、腕を上げたりする時に1カ月以上動かさなかった筋肉や筋が悲鳴を上げるので、慎重に右腕の上げ下げをしてます。指示されているリハビリを真面目にやれば回復が早いのでしょうが、ついついサボってしまう今日この頃です。(^^ゞ

次回は8月31日に通院予定です。

1
Powered by Movable Type 6.0

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このアーカイブについて

このページには、2012年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年7月です。

次のアーカイブは2012年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。