Mac de Win8計画1 始まり編

| コメント(0) |カテゴリ:

先日Windows8が発売になりましたね。

現在オヤジはWindows7を使っていて、特に不満も無いので、すぐにアップグレードするつもりはないのですが、期間限定(2013年1月31日まで)でアップグレードのダウンロード版が3,300円というのは魅力的ですよね。まあいつかはアップグレードしなくちゃならないので、今のうちに購入しておこうと思ったのが切っ掛けで、それがいつのまにか、MacBookProでMax OS XとWin8を共存させる「Mac de Win8計画」という壮大な計画に発展。

エヴァの「人類補完計画」に次ぐ壮大な計画の全貌とは・・・

始まりは、Win8アップグレード版をダウンロードしとこうかと、Microsoftのページで「Proを3,300円でダウンロードする」ボタンをポチッとしたら、購入ページが現れずに「アップグレードアシスタント」なるソフトが立ち上がって、オヤジのPCがWin8へ適合するか調査を始めました。調査終了すると、なんと不適合項目が40個あるらしい。詳細は確認しませんでしたが、多分古いソフトやドライバーが弾かれてるんでしょうね。

このまま進めると、Win8がインストールされちゃいそうなので、一旦中止して、本体のみダウンロードする方法を探しているうちに、Mac上の仮想マシンにWindowsをインストールして使っている記事を発見。

どうせどうにか動くというだけで、実使用に耐えられるようなもんじゃないんだろう、と昔の感覚を持ちながらも、興味を惹かれて調べて行くと、なんと今日日の仮想マシンは結構なパフォーマンスが出るらしいじゃないですか!処理項目によっては、実マシンと同程度のパフォーマンスが得られるらしいです。技術の進歩とは大したもんだぁ~。

以前のエントリーにも書きましたが、現在メインマシンをWinからMacへ移行しようとしてますが、やはりどうしてもWinじゃないと使えないソフトがあります。なので現在は、MacとWinマシンを両方立ち上げて、キーボードとマウス2組と、ディスプレイ入力を切り替えながら使ってますが、入力切り替えは面倒くさいし、キーボードやマウスはよく取り違えるすで、不自由この上ない思いをしてました。

それが、Mac上で同時にWinを使えるようになれば、キーボードとマウスは一組で済んで、入力切り替えもしなくて済む!WinからMacへのデータ受け渡しも楽々!

これはやるっきゃないでしょう!!

ということで計画が発動(アマゾンでポチポチ)されました。

次回以降、その詳細が明らかに!

次回以降の予定です。

Episode1:MacBookProメモリ増設編
Episode2:仮想化ソフト選択編
Episode3:PallarelsとWin8インストール編
Episode4:Pallarels設定編
Episode5:Mac de Win8使い心地編

コメントする

Powered by Movable Type 6.0

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、kaneyukiが2012年11月 4日 23:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アマゾン コンビニ受け取りサービス 初体験」です。

次のブログ記事は「6ヶ月振りのTermac君はケツに厳しかった」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。