2013年3月アーカイブ

PS3 レンズクリーニングで復活!

| コメント(0) |カテゴリ:

龍が如く5」のプレイ中にディスク読み込みでフリーズしはじめたPS3君。

その後、何回か第二部第四章の北方組長拉致に挑戦してみましたが、スピーカーから「ピキッ」という異音がしたり、ムービーが停止しているのに音声だけ先に進んだり、ムービーと音声がずれて再生されたりした後に、プチフリーズ状態になります。そのまま暫く放っておくと、なんとかディスク読み込みに成功して少しだけ先に進むけど、最後にはPSボタンも効かなくなってロングフリーズという展開。その過程をエンジニアの視点で冷静に分析すると、ロード/イジェクトには問題なく、メカ的な異音もしないので機械的な故障では無いと判断。アクセス音を聞いていると、やはりデータの読み込みでリトライしています。

TDK ブルーレイ レスキューキット

そうなると、やはり一番疑わしいのはピックアップの汚れによるアクセス異常。なんせ、オヤジは超ヘビースモーカーで、デスクの棚に置いてあるPS3君には、紫煙がもろに襲いかかっています。 

方針が決まったところでレンズクリーナーを物色したところ、アマゾンで「TDK ブルーレイ レスキューキット」を発見。PS3対応で、かつ、レビューの評判が良かったのでポチってみました。

PS3壊れた?

| コメント(0) |カテゴリ:

只今「龍が如く5」を鋭意プレイ中なのだが、二日程前からなんだかPS3の調子がおかしい。

バトル中のBGMが、バトルの途中で流れなくなったり、ときどきスピーカーから「ピキッ!」と異音が発生したりし始めたのが前兆で、そのうちシーン切り替えでBDのアクセスに行くと、頻繁に一瞬フリーズしたような感じなり、ついには第二部第四章の北方組長を拉致した後のシーンでフリーズしちゃいました。マジかよ?と思って数回試したんですが、その前後で確実にフリーズしちゃいます。

はてさて何処が壊れたのか?

再起動すると、XBARなんかは元気よく動いているのでメイン基盤の故障じゃない感じ。そうするとBDドライブ故障かBDディスク破損の可能性が高い。BDディスクの方は目に見える傷が無いので、やはりBDドライブの故障ですかね?気になってるのは、丁度二日程前にPS3のシステムアップデートを適用してること。なんかアップデートでやらかしている線も捨てきれない (^_^;

取りあえず、明日以降にBIOHAZARD6で検証してみたいと思います。

 

今日から、iOSのApple純正マップアプリの日本地図データが更新されたと言う事なので、Google MAPと比較してみました。あの、どうしようもなかったマップがどうなってるのか?興味津々です。

Apple純正広域

Google Map広域 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良く知っている場所じゃないと正確性等が分からないので、登戸駅周辺で比較。

確かに、以前と比べて随分と進化しているようです。ちゃんと地図らしくなってます。 (^_^;

駅の建物が表示されて、線路もそれらしく表示されてます。

周辺施設の情報量は、Google Mapと比べるとまだまだですね。特に鉄道の路線名や、街道の名称がこの縮尺で表示されてないのは痛いです。

道路に関しては、Appleの方が詳細なように思います。また、実際の道路の幅を忠実に表現している感じです。Googleの方は、幹線道路を色付きで表示してますが、その為か、場所によっては実際のスケール感と違っちゃってるように思います。どっちかというとAppleの表示の仕方の方が、オヤジ的には好みかも。ただ、道路上にある青い矢印の意味が分からないですね。世田谷通りは一方通行じゃないし、なんの表示なんでしょう?

Apple純正 登戸駅を拡大表示

Google Mapで登戸駅を拡大表示

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登戸駅を中心に拡大してみました。

やはり、駅や道路関係の情報量はGoogleが上ですかね。路線名や出口名、交差点名や信号まで表示されます。周辺施設については、ここまで拡大すると、Appleの方も其れ也に充実してるようです。アイコンのデザインや、文字の表示の仕方は、Appleの方が好みかも。

Apple純正の最大拡大地図

Google Mapの最大拡大地図

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれ、最大に拡大してみました。

Googleの拡大率がハンパないですが、ほとんど情報が無くなってしまって、何がなんだか分からなくなってます。ここまで拡大出来る必要があるのか?

一方、Appleの方はこれが限界。Googleの方が拡大すると勝手に3Dになったので、Appleの方も3Dにしてありますが、2Dでの表示も可能です。Googleも2Dに出来るのかもしれないけど、やり方が分かりませんでした。

なんにしても、最初のどうしようもない状態から、やっと取りあえず使えるレベルまで来たという感じでしょうか?情報量に関しては、時間の問題で解決されて行くんでしょうね。表示の仕方やデザインはAppleの方が好きだし、表示スピードも早かったので頑張って欲しいものです。

随分間が開いちゃいましたが、Pallarelsのインストールと、Win8の仮想マシン構築の模様をお伝えします。

用意したのは、Pallarelsのパッケージ版とWindows8 Pro  アップグレードのパッケージ版。それともちろん、前々回にメモリーを16MBに大増設したMacBook Pro。

わざわざパッケージ版にしたのは、Pallarelsがダウンロード版よりもAmazonでお安かったからで、PallarelsをポチるついでにWin8もポチっちゃいました。

インストールの大きな流れは、Pallarelsをインストールして仮想マシンを作成し、そこにWin8をインストールするのですが、Win8のインストールに少し手こずりました。

インストーラ

まずは、Pallarelsのインストール。

インストールCDを挿入してインストーラーが起動したら”インストール.app”をクリック。

 

 

 

 

 

 

最新バージョンのダウンロード確認

 

最新のバージョンを検索して教えてくれるので、迷わず”アップデートをダウンロードしてインストールする”を選択します。

 

  

 

使用許諾

 

ダウンロードが完了すると、使用許諾の同意確認。斜め読みして”同意する”をクリック。

 

 

 



Macの管理者の確認

賢いMac君が、システム変更の許可を求めてくるので、管理者権限の名前とパスワードを入力。

 

 

 

アクティベーションキーの入力

Pallarelsのアクティベーションキーの入力を求めてくるので、パッケージ内の紙製CDケースに印刷されているキーを入力。

  

 

 

 



Win8に関するお知らせ

初期のバージョンでは、仮想マシンをWin8へアップグレードする際に問題があって、Pallarelsのサポートが賑わっていました。アップデートで解決している事を確認して購入したのですが、こんなお知らせが表示されると言う事は、最新バージョンを選択しないでインストールする人って結構いるんですかね?

まあ、何にしても安心です。

 

連絡先へアクセスしようとする

アクティベーションが完了すると、何故か連絡先にアクセスしようとします。

気持ち悪いので、取りあえず”許可しない”を選択して続行。

 

 

ユーザーアカウントへのログイン画面

ユーザーアカウントへのログイン画面になりました。

連絡先へのアクセスを許可すると、メールアドレスが自動で入るんですかね?

 

 

 

 

ユーザー登録画面1

ユーザーアカウントは持ってないので、”新規アカウントの作成”ボタンをクリックすると、名前、メールアドレス、パスワードの登録画面になります。

必要事項を記入して”次へ”をクリック。

 

 

 

 

ユーザーアカウント登録画面2

 住所の登録画面になります。必須とは書いてないので入力しなくてもいいのかもしれないけど、取りあえず入力して”次へ”をクリック。

 

 

 

 

 

いよいよ仮想マシンの作成仮想マシンの作成になります。

今回はパッケージ版のWin8を新規インストールするので、「DVDまたはイメージからOSをインストール」を選択。

ちなみに、「PCからWindowsを移行」は、既存のPCからアプリやデータを移行する機能で、OSは別途インストールする必要があるようです。

 

 

インストールDVDの入っているドライブ確認

Win8のインストールDVDをMacに挿入して”続行”をクリック。

 

 

 

 

 

 

プロダクトキー入力画面

Win8のプロダクトキーを入力して”続行”をクリック。 

 

 

 

 

 

 

統合レベルの選択

MacとWin8の統合レベルの選択になります。 

「Macライク」にすると、WinのアプリがMacのウィンドウでネイティブアプリの様に動作し、データファイルもMacの書類フォルダにデフォルトで入って、ほぼMacのみを使ってる感覚になるようですが、混乱しそうなので、「PCライク」を選択。「PCライク」は、完全に別のマシンとして動くようです。

 

  

最後の設定画面

最後に、仮想マシンの名前等を選択。

他のMacは持ってないので共有は無し。

構成も、Pallarelsは初めてなので、まずはデフォルトのまま”続行”をクリック。

 

 

 

 

Windowのインストール画面

Win8のインストールが開始され、通常のWinのインストール手順になります。

 

 

 

 

 

 

Macのウィンドウで動くWin8

無事インストールが完了すると、なんと言う事でしょう!

Macのウィンドウの中でWin8が動いてます。

 

 

 

 

至って手順は簡単で、なんなくインストール完了して、なんじゃ簡単じゃん!と思ったんですが、落とし穴はこの後に待ってました。

まずは、Win8のアクティベーションをしようとしたらば、

わたしゃアップグレード版だから新規インストールは駄目よ。

と怒られてしまいました。 (´;ω;`)

そういや、今までのアップルレードのように、インストール中にアップグレード元のディスク確認が無かったような気がします。 (ー_ー;)

慌てて調べてみると、なんとWin8のアップグレードって、既に稼働しているPCからでないと出来ないらしいです。

今までは、アップグレードを機会にクリーンインストールを毎回行ってたのですが、それが出来ないらしい。

う〜む・・・PCが壊れて新しいPCにインストールする場合はどうするんだろう?

なんでそんな事になったのか?疑問は尽きませんが、アクティベーション出来なきゃどうしようもないので、お蔵入りしていたWinXPのインストールディスクを引っぱり出して新規の仮想マシンを作成。

XPからのアップグレードでは、アプリやファイルを引き継げないようですが、どのみち新規インストールなので問題無し。

Win8のインストールDVDを挿入して、セットアッププログラムをダブルクリックすると、今度は・・・

わたしゃこの環境じゃ実行できないわよ!

と怒られました。 (´;ω;`)

あれこれ試してもインストールのお許しが出ず、暫し途方に暮れたあと、半ばやけっぱちでWin8の仮想マシンを立ち上げてインストールDVDを挿入し、修復セットアップをしてみたら、

なんということでしょう!

アクティベーション出来ちゃいました!!

なんで?なんで???と疑問は尽きませんが、出来ちゃったものは仕方ない!という事で、その後何の問題もなく動いています。

ライセンス的には、ちゃんとWinXPのライセンス持ってるし、WinXPをインストールしてからアップグレードも試したので問題ないはず・・・ですよね? 

しかし、稼働中のPCからしかアップグレード出来ないという方針てどうなんでしょう?PCもマニア的な物から、コモディティ化した 物へと変わって行く流れの一部なのか?その割には、まだまだ専門知識が必要な気がします。

初夏の様な陽気に誘われて多摩サイに行ったものの、あまりの強風に後悔しながらY's Road近くまで行くと、前方が黄色く霞がかかったようになってました。

黄色く霞んだ空

最近ニュースで、中国のPM2.5がらみで黄砂の話を聞くので、いよいよ関東まで進出して来たのかと思いましたが、いままでこんな現象見た事無いので首を捻りながら前進。

霞の中に入ると、太陽が覆われて急激に気温が下がり、さっきまでの初夏の陽気が嘘のようです。

空気は多少ホコリっぽい感じがしましたが、まあ砂ではないなという感じ。

余りにも寒くなって来たので、Y's Roadで折り返して来ましたが、帰りはずっと霞の中だったので、凄いスピードで広範囲に広がったみたいです。

ある程度長い事生きて来て、こんな事初めてだったので、地球環境を多少心配しながらニュースをチェックしたら、今回の現象は黄砂ではなく、煙霧だったらしいです。

な〜んだ。煙霧だったのか!

いやいや、煙霧ってなに?メジャーなの?

これこそ初めて聞く言葉です。

気象庁では、「強風が吹いてほこりが巻き上がったもので、黄砂ではない」と言っているそうですが、これだけの広範囲を覆い尽くすほこりって凄いですね。

Macがメインマシンになって、デスクトップやらのスクリーンショットを撮るとpngで保存されます。まあ、pngでもいいと言えばいいんですが、やっぱjpegの方が色々と気持ちいいので一々変換してたんですが、なんと標準の保存形式を変更できるという事で挑戦。

手順は、

1.ターミナルを起動(アプリケーション->ユーティリティ->Terminal.app)

2.「 defaults write com.apple.screencapture type jpg 」を入力。
 ファイル形式を戻したい時は、上記の”jpg”の部分を変えればOK。 

3.「 killall SystemUIServer」を入力。

たったこれだけ。超簡単!

龍が如く5 始めました

| コメント(0) |カテゴリ:

Biohazard 6”の攻略記事作成が一段落したので、その間に届いていた”龍が如く5”のプレイを開始しました。

こちらは攻略記事書く予定は無いけど、都度インプレッションやTIPSを上げて行きたいと思います。しかし、相変わらずやり込み要素一杯で時間が掛かりそうです。 (^_^;

今作もシステム的には大きな変更が無く、すんなりとプレイに入って行けました。このタイトルの好きな点の一つです。

また、オヤジ的には、このゲームはストーリーが楽しみなので、アクションやバトルで詰まる事無く進んで行ける難易度の丁度良さ加減も好きです。 

今は、桐生一馬篇の第二部で九州の永洲町をウロウロしてます。

桐生一馬のアナザーストーリーをクリアしましたが、中島社長の身の上話に早くも涙してしまいました。 (´;ω;`)ウッ…

今後のストーリーも早く見たいんだけど、ミニゲームやらサブストーリーもやらなきゃ気が済まないので、中々ストーリーを進められないのがもどかしい。でも、それも好きな点の一つだったりするんですよね。嗚呼!もどかしい!

その上、手元には”METAL GEAR RISING”まで届いてしまっています。  (; ^ω^)

会社なんか行ってる暇無いんだけど、行かないと生活出来ないのでもどかしい。 (^∇^;)ハハ…

METAL GEAR”シリーズも大好きなソフトなので即購入しましたが、今作からは伝統のステルスミッション(敵に見つからないように潜入する) がメインではなくなって、雷電が”斬って斬って斬りまくる”らしいです。

こちらは大きくシステムというか、ゲームの方向性その物が変わるので、期待と不安が交錯する状態ですね。

初期の”DEVIL MAY CRY”みたいな感じになってるといいなと思ってます。初期のDEVILの”斬って斬って斬りまくる”感じが大好きだったのですが、4あたりから雰囲気が変わってしまって残念に思ってました。そういや、”鬼武者”も初期は良かったなぁ。

なにはともあれ、年末のPS4発売までには、どうにか全部終わらしときたい!と思う今日この頃です。PS4の発売と同時に、面白いタイトルが揃っているといいですよね。

そういや、PS4はPS3のゲームが出来ないらしい。まあ、アーキテクチャが変わったから当然だろうけど、PS2からPS3への移行時と同じ状態ですね。また、初期型PS4には、PS3の基盤が入ってたりしちゃうんでしょうかね? 

時を遡ること昨年の秋口。

DAHON Dash P18が我家にやって来ました。  \(^o^)/

以前から、

気軽に輪行出来る自転車が欲しい・・・ ( ̄^ ̄ ;)

と思っていましたが、ついに購入してしまいました。

オヤジのDAHON Dash P18

例えば、東京都内の名所やグルメスポットや名所巡りとか、鎌倉や伊豆方面巡りとかしたいのですが、都内だと交通量が多くて気軽に自走して行く気にならない。鎌倉や伊豆あたりだと、泊まり掛けで行く程でもないような気がするけど、自走するには距離が結構ある。

じゃあ、輪行という事になるけど、Termac君やJake君を輪行するのは、オヤジ的には結構気合いが必要で、ちょっと気軽に出来る感じじゃないんですよね。

オヤジ的に気軽に輪行するのには、別のタイプの自転車が必要で、そのタイプとは、


折りたたみ自転車だよね!

という、極めて単純な結論になる訳です。

そんな感じでずっと欲しいと思っていたのですが、既に3台所有していて置き場所が無いし、Escape R3君に到っては出番が無くなってホコリを被っている始末。ここでさらに1台追加してもなぁ、と踏ん切りが付かないでいたのですが、そのEscape R3君を手放した事を切っ掛けに、購入に踏み切ってしまいました。

と言う事で、今回の前編はDash P18君の選定過程篇です。 

1
Powered by Movable Type 6.0

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このアーカイブについて

このページには、2013年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年2月です。

次のアーカイブは2013年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。