DAHON Dash P18がやって来た! 前編

| コメント(0) |カテゴリ:

時を遡ること昨年の秋口。

DAHON Dash P18が我家にやって来ました。  \(^o^)/

以前から、

気軽に輪行出来る自転車が欲しい・・・ ( ̄^ ̄ ;)

と思っていましたが、ついに購入してしまいました。

オヤジのDAHON Dash P18

例えば、東京都内の名所やグルメスポットや名所巡りとか、鎌倉や伊豆方面巡りとかしたいのですが、都内だと交通量が多くて気軽に自走して行く気にならない。鎌倉や伊豆あたりだと、泊まり掛けで行く程でもないような気がするけど、自走するには距離が結構ある。

じゃあ、輪行という事になるけど、Termac君やJake君を輪行するのは、オヤジ的には結構気合いが必要で、ちょっと気軽に出来る感じじゃないんですよね。

オヤジ的に気軽に輪行するのには、別のタイプの自転車が必要で、そのタイプとは、


折りたたみ自転車だよね!

という、極めて単純な結論になる訳です。

そんな感じでずっと欲しいと思っていたのですが、既に3台所有していて置き場所が無いし、Escape R3君に到っては出番が無くなってホコリを被っている始末。ここでさらに1台追加してもなぁ、と踏ん切りが付かないでいたのですが、そのEscape R3君を手放した事を切っ掛けに、購入に踏み切ってしまいました。

と言う事で、今回の前編はDash P18君の選定過程篇です。 

数ある折りたたみ自転車を調べた結果、一時予選を通過したのは以下の有名メーカーさん達。

r&m BD-1
Brompton
Tarutaruga
DAHON

有名だけあって、やっぱいいもの造ってますよね。Tarutarugaさんは、ちょっとマニアック?

オヤジ的選定基準は以下の通り。

①折り畳みサイズは小さい方がいい。
②折り畳んだまま押して歩ける。
③坂が苦手なので、ギアは多い方がいい。
④ある程度の距離も走りたい。
⑤お値段は安い方がいい。
⑥そこら辺に駐輪しても盗まれない。 

第二次予選では、Tarutarugaさんが残念ながら落選。
*以下寸評は、あくまでオヤジの独断と偏見です。

寸評:
個性的なデザインで、オプションパーツも豊富にあり、マニアック的なギミックが魅力なのですが、その分重量が増えてしまうのと、高価になってしまうのが残念。また、その個性的なデザイン故に目立って盗まれそう 。

準決勝で惜しくも落選してしまったのが、r&mのBD-1さん。

寸評:
ギア枚数が少なく、ホイール径も12インチ以下と、街乗りに特化している印象で、ある程度の距離を走るのはつらい感じ。オヤジ的にサスペンションが好きくないのも敗因の一つ。このサスペンションこそが、BD-1の楽しみの一つであるようですが、どうもオヤジ的に・・・。

決勝に進出したのは、BromptonさんとDAHONさん。厳正なる審査の結果、惜しくもBromptonさんが落選してしまいました。

寸評:
折りたたみサイズの点では一等賞。ギアも6枚まで選べるし、折り畳んだまま押して歩けるしで、実は一番のお気に入りだったのですが、お値段とホイールサイズがネックになってしまいました。本当に残念。

見事優勝を勝ち取ったのはDAHONさんです。 (*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

寸評:
ラインナップの多様さと 、コストパフォーマンスが抜群。実用性重視の折りたたみ機構がシンプルで良い感じ。国内での取り扱いが多いのも何かあった時に安心。また、折り畳んだまま押して歩けるのも高ポイント。

という事で、さらにDAHONさんの豊富なラインナップの中から絞り込みです。

走りと折りたたみサイズのバランスから、ホイールサイズを20インチに絞り込んだものの、この20インチモデルの種類が一番多く、さらに、ちょうどその頃2013年モデルの発表があり、現行モデルと合わせて選択肢がさらに増えて嬉しい悲鳴。

色々と迷った結果、折りたたみサイズでは多少不利になるものの、フレームの剛性とデザインの観点から、トップチューブのあるDashシリーズに絞り込みました。

復活したDash X20が強烈にアピールして来ましたが、お値段が高いので断念。

最終的には、2012年モデルのDash P18と、2013年モデルのDash P8の一騎打ちになりました。

P8君は、お値段が下がりましたが、ギアが8枚に減っている。フロントを拡張出来る構造になっているようですが、まずはノーマルのままで暫く楽しみたいと思い、P18に決定しました。

車種が決定したところで、次にどこで購入するか?

何かあった時に自分でなんとか出来る技量もないので通販は除外して探していると、二子玉に折りたたみ自転車専門店がある事を発見しました。

その名も、”サイクルハウス しぶや”

二子玉なら近いし、折りたたみ自転車だと、普通のショップよりも専門店の方が色々安心でしょう?ということで、”しぶや”さんを訪ねてみました。

二子玉の高島屋裏にある店舗を訪ねてみると、想像していたよりも、こじんまりとしたお店でした。

場所柄なのか、お店の作りはちょっとおしゃれな感じ。でも、結構多くの展示車がありました。お客さんも気のせいかセレブな感じのマダムや、ちょっと生活に余裕のある紳士風の型が多い感じです。オヤジが行った時には、Bromptonをサクッと買っているレディーがいたりしましたです。Bromptonの展示車も一杯あって、実際に折り畳んだ時のサイズを見ると、ちょっと心がグラッと来ました。

Dash P18の展示車があったので、店員さんに色々聞いて、試乗もさせて貰いました。店員さんの対応は親切で、知識もしっかりしていて安心出来る感じです。試乗した感じも良かったし、お店の感じも良かったので、Dash P18の購入を決心。

二子玉店には欲しかったスノーホワイトの在庫が無く、他の店舗にあたって最後の1台を運良く確保する事が出来ました。

さて、次回は後編として、納車と初乗りインプレッションの予定です。

コメントする

Powered by Movable Type 6.0

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、kaneyukiが2013年3月 3日 14:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「MacBook Pro縦置きスタンド BookArc」です。

次のブログ記事は「龍が如く5 始めました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。