iOSマップアプリの地図データ更新された

| コメント(0) |カテゴリ:

今日から、iOSのApple純正マップアプリの日本地図データが更新されたと言う事なので、Google MAPと比較してみました。あの、どうしようもなかったマップがどうなってるのか?興味津々です。

Apple純正広域

Google Map広域 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良く知っている場所じゃないと正確性等が分からないので、登戸駅周辺で比較。

確かに、以前と比べて随分と進化しているようです。ちゃんと地図らしくなってます。 (^_^;

駅の建物が表示されて、線路もそれらしく表示されてます。

周辺施設の情報量は、Google Mapと比べるとまだまだですね。特に鉄道の路線名や、街道の名称がこの縮尺で表示されてないのは痛いです。

道路に関しては、Appleの方が詳細なように思います。また、実際の道路の幅を忠実に表現している感じです。Googleの方は、幹線道路を色付きで表示してますが、その為か、場所によっては実際のスケール感と違っちゃってるように思います。どっちかというとAppleの表示の仕方の方が、オヤジ的には好みかも。ただ、道路上にある青い矢印の意味が分からないですね。世田谷通りは一方通行じゃないし、なんの表示なんでしょう?

Apple純正 登戸駅を拡大表示

Google Mapで登戸駅を拡大表示

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登戸駅を中心に拡大してみました。

やはり、駅や道路関係の情報量はGoogleが上ですかね。路線名や出口名、交差点名や信号まで表示されます。周辺施設については、ここまで拡大すると、Appleの方も其れ也に充実してるようです。アイコンのデザインや、文字の表示の仕方は、Appleの方が好みかも。

Apple純正の最大拡大地図

Google Mapの最大拡大地図

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれ、最大に拡大してみました。

Googleの拡大率がハンパないですが、ほとんど情報が無くなってしまって、何がなんだか分からなくなってます。ここまで拡大出来る必要があるのか?

一方、Appleの方はこれが限界。Googleの方が拡大すると勝手に3Dになったので、Appleの方も3Dにしてありますが、2Dでの表示も可能です。Googleも2Dに出来るのかもしれないけど、やり方が分かりませんでした。

なんにしても、最初のどうしようもない状態から、やっと取りあえず使えるレベルまで来たという感じでしょうか?情報量に関しては、時間の問題で解決されて行くんでしょうね。表示の仕方やデザインはAppleの方が好きだし、表示スピードも早かったので頑張って欲しいものです。

コメントする

Powered by Movable Type 6.0

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、kaneyukiが2013年3月13日 22:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Mac de Win8計画 PallarelsとWin8インストール編」です。

次のブログ記事は「PS3壊れた?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。