2013年6月アーカイブ

電子書籍。

”所詮、一時の流行でしょ?”

なんて思ってましたが、試しに一度購入してみたら、

  • 嵩張って重い紙媒体を持ち歩く必要無し。
  • 何冊持ち歩いても端末の重さは変わらない。
  • お部屋の本棚がスッキリ。
  • しおりがいつの間にか無くなって何処まで読んだか分からなくなる事無し。
  • いつでも何処でもTPOに合わせて好きな端末で読める。

などの快適さに嵌ってしまい、今はもっぱら電子書籍を購入しています。

いくつかの電子書籍ストアを試した結果、アプリの使い勝手が一番良かった紀伊国屋BookWebを現在愛用していますが、ストアの使い勝手はここが一番悪いかもしれないです。 (^_^;

例えば、検索結果を新着順で並び替えられるのですが、普通に考えれば最新刊が一番最初に来て巻数順に並ぶと思うのですが、何故か最新刊が最初に来なかったりして変な順番に並んだりします。その法則性も良くわからない。また、表示方法を”画像なし”にして、画像のみ消える事を期待すると、著者名や値段も消えてしまい、何が何やら分からなくなります。

それでもKinoppyが使いやすいのでメインに使ってますが、ストアの方をどうにかしてくれると嬉しいです。

ちょっと話が逸れて愚痴になっちゃいましたが、そんな便利な電子書籍でもまだまだ不満点は満載。

  • ストアに品揃えにバラツキがあって、欲しい本を見つけづらい。

    これは最近随分改善されて来ていて、大手出版社の書籍は、これまた大手のストアで大体扱うようになって来てますね。
     
  • 紙媒体の購入は所有権が発生するが、電子書籍は閲覧権だけなので財産にならない。

    つまり、古本屋さんに売れないという事ですね。また、大体の電子書籍ストアは、購入した本の情報を自社のサーバーで管理してるので、そのストアが倒産とかしちゃった場合に購入した本がどうなるのか不明です。
     
  • 価格が高い。

    一部を除き、ほぼ紙媒体と同じ値段か、5%ぐらい安い値段になってますが、海外の値付けを見ると日本の値段は高い。製本や流通の費用が掛からない上に所有権も無いのにです。Appleの参入で少し変わるかと思ったけど駄目でしたね。既存書店の保護とかあるんでしょうが、なら下取りとか買い取りして欲しいものです。
     
  • 最新刊が手に入りづらい。

    これが一番の不満点ですね。紙媒体と同じ値段にするなら、同じタイミングでリリースしろ!という事ですね。中には紙媒体とほぼ同じタイミングで出て来る”宇宙兄弟”みたいな作品もあるので、人気作品なら早いのかと思うとそうでも無く、リリース予定などの情報も全然ないので、ただただ待ち続けるしかありません。出版社側ももう少し消費者の事を考えたサービスをして欲しいものです。 

なんやかんや言って、やっと本題ですが、

弱虫ペダル”の電子書籍化を早くして欲しいわけです。

最新刊28巻に対して、現在電子書籍は12巻まで。

なに?このローペース。

累計415万部も売れてるんだから人気作品だよね。

今度アニメにもなって、しかも29巻には完全予約制でオリジナルアニメのDVD同梱版を出すとか?

知らないうちに、舞台化なんかされてDVDなんか出してるし。

 

しかも、さらに舞台化されて、これもDVDなんか出してるし!

しかし・・・舞台?

自転車のロードレースの物語をどんな風に舞台にしたんだろう?

ちょっと見てみたいですね。

これだけ人気あるんだったら、電子書籍の同時発売をお願いしますよ=>秋田書店さん。 

 

初めて奥多摩湖へサイクリングに行った時に、東京都青梅市に「吉野梅郷」という地域があるのを知りました。

次に奥多摩湖へサイクリングに行った時に、吉野梅郷の「美よしの園」さんにたまたま立ち寄らせて頂きました。

お!梅

この時買ったのが「お!梅」

18g入り525円也。

全て無添加の手作りで作っているそうです。

中身はこんな丸薬風になっています。

富山の丸薬造りとのコラボで作ったオリジナル商品との事。

 

そもそもはあまり期待しないで、サイクリング記念程度の気持ちで購入したのですが、一粒食べてみると・・・

めっちゃ美味しいでやがんの!

正露丸?いや!「お!梅」です。ピンぼけですいません。

一粒は正露丸程度の大きさですが、一粒だけでも最初から最後まで梅干しの濃厚な味が楽しめます。オヤジのお気に入りは、一度に3粒以上を口に放り込んで、最後まで齧らずに口の中で転がす頂き方。

10分近く梅干しの風味が楽しめます。

しかも、最近流行の軟弱な調味梅干しとは違い、昔ながらの塩分濃度たっぷりの梅干し味です。

クエン酸やナトリウムも豊富に含まれてるので、スポーツのお供にも良いかと思います。

このときは1つしか購入しなかったので、すぐに無くなってしまいました。

で、暫く「美よしの園」さんの事は忘れていたのですが、先日美よしの園さんのHPを見てみたら、「お!梅」入荷のインフォメーションがありました。

そういえば、初めてお邪魔した時に、「全て手作りなので、いつでもある商品じゃない」という話を聞いた気がします。こりゃ出向くしか無いと言う事で、先日3回目の奥多摩湖サイクリングを兼ねて行って来ました。

『お!梅」詰め替え用 50g 1260円

今回購入したのは、「お!梅」の詰め替え用50g 1260円也を2つ。

 

 

 

 

 

普通の梅干し 半分以上食べちゃいました。

そして、普通の梅干し一つ。

相変わらず「お!梅」の美味しさは完璧。

さらに驚くのは普通の梅干しの美味しさ!

これぞ!昔ながらの梅干しや!

という感じです。オヤジと同年代の梅干し好きには是非一度試してもらいたい梅干しです。 

 

小ぶりだけど肉厚

少し小ぶりな粒ですが、十分に肉厚で塩分濃度10%という表記が嘘だと思える程の”塩っぱさ”

1粒でご飯一膳は楽にいけます!無添加なのに賞味期限が2年以上あるのは伊達じゃない!(いい意味でね)

そして、青梅(”おうめ”じゃなくて”あおうめ”ね)の蘞みが残った味わいがとても懐かしくて病み付きになります。

既に半分以上無くなったので、少し大量仕入れに向かわなくては (^_^;

「お!梅」などの入荷情報は、おかみさんのTwitterをチェック。

Jakeの諸元を確認する為に、久しぶりにKonaのサイトを覗いたら、Jake君の2012年モデルの画像を発見。

Jake2012モデル

カラーがOrange/Blackになり、フレームも引き締まった感じで格好いい!

Konaのロゴも大きくなってます。

サドルはロードタイプになり、スプロケットが10Speedでリアディレイラーが105 GSになってます。

 

Jake2010モデル

こちらがオヤジのところの2010年モデル。

こうして比べると、ステムやハンドルを始めとして、フレーム形状も随分と変わってます。

今のJake君の乗り味とかは、凄く気に入っているのですが、唯一満足してないのがフレームカラーなんですよねぇ。 (^_^;

 

初めてご対面した時には、地味だねぇ〜と思わず思ってしまいました。

ごめんね、Jake君。

Jake2013モデル

で、こちらが2013年モデル。

フロントブレーキがディスクになってます。その代わりなのか、10Speedはそのままに、リアディレイラーがTiagraに。

カラーは、Metallic Dark Silver w/Black & Whiteらしいですが、オヤジのJake君よりも地味になった感じ?

やっぱりシクロクロスバイクという事で、汚れの目立たない色が人気なのか?あるいはKonaのデザイナーさん(または社長)が、グレー系統が好きなのか?

オヤジはシクロクロスしないので、2012年モデルのカラーが好きですね。どんな乗り味になっているのか、一度試乗してみたいものです。 

鎖骨骨折から早一年。

自転車生活の方は、「寒いからぁ〜」とか、「風が強いからぁ〜」とか、「来週からぁ〜」とか言い訳をしながら、乗ったり乗らなかったりしていましたが、6月から心を入れ替えて再開いたしました。自転車通勤の方も再開しておりまして、雨の降らな日は今のところコンプリートしております。

しかし最初はしんどかった 。*~(>_<。=)ゝ

多摩サイ行ったら足が回らない、踏めないの二重苦で、すぐに息が上がってしまいます。自転車通勤の方は、ルート上にある最大斜度10%の3つの坂で死にそうになりましたが、2週間続けると随分と楽になってきて、ふくらはぎには筋肉らしき物が現れ、4kg以上増えていた体重も少しずつ減って来ました。

そんなある日の通勤途上で、「この調子で続ければ、10%の坂も20km/h以上で走れるんじゃね?」とか妄想しながら、実際は9km/hぐらい走っていると、Jake君のトップチューブに無数の引っ掻き傷のような物を発見。

良く観察してみると、どうもブレーキワイヤーが当たって傷が付いているようです。

Jake君はシクロクロスバイクなので、肩に担ぎやすいように一般の自転車と違ってリアブレーキワイヤーがトップチューブの上を通っています。

信号待ちなどの時に、トップチューブに腰掛けたりしちゃうのが原因みたいですが、さらによく見てみると、ブレーキワイヤについていたOリング(樹脂製のリングをワーヤーに通してフレームとの干渉を防止する部品)が変質して固着しており、触ってみるとグニャっと潰れて脱落してしまいました。

これ以上傷が付くのも嫌なので、なるべくトップチューブに座らないようにして帰宅後、早速Oリングを物色しているとこんな物を発見。

自転車用フレームプロテクター ねじねじです。

Oリングだとブレーキワイヤーを外さないと取り付けられませんが、ねじねじ君は螺旋状になってるので、ワイヤーを取り外さなくても取り付け可能なのが嬉しい感じ。

ただ、元々アウターケーブルとフレームの干渉防止用のため、ケーブルに直接装着出来るのか少し不安だったので、念のためにOリングと一緒に購入しました。

 

自転車用フレームプロテクター ねじねじ

豊富なカラーからグリーンを選択。

2本一組になっています。

岐阜県のリンエイ株式会社が販売元で、MADE IN TAIWANとなっていました。

 

 

 

ブレーキワイヤに付けてみた

早速Jake君のブレーキワイヤーに取り付け。

ブレーキを引いてみると、引っ掛かりも無くスムーズに動くので大丈夫そうです。

暫くねじねじ君を試してみます。

 

 

オヤジさん家のJake君はシクロクロス車なのでブレーキは当然カンチブレーキです。

ブレーキの効き具合は、やはりキャリバーブレーキのTermac君とは雲泥の差があって、かなり早めにブレーキングを始めないと目的の場所の止まれません。Termac君だと、上ハンを握っていてもブレーキの引きの強さに応じてリニアに制動力が伝わり急制動も可能ですが、Jake君だと思いっきり握っても少しホイールが滑る感じで、急制動時にはちょっと不安が残ります。

オヤジの自転車通勤路は、最大斜度10%ぐらいの下り坂が往路に3カ所と復路に1カ所あるんですが、ここは下ハン握って、かつ、こまめにブレーキングしながら下ってます。それでもちょっと怖い時があります。

まあ、ブレーキの効きの件はなんとなく分かっていたからいいのですが、それ以外に不満点が浮上してきました。

一つ目は、ブレーキシューの減りの早さです。

Jake君のカンチブレーキ

Termac君のブレーキシューは未だに新品のように見えるのに、Jake君は、最初に付いていたブレーキシューはとっくに使い切り、シマノ M70/T3に換装してます。ブレーキの効き具合と耐久性に期待したシューも、もうすぐ限界を迎えそうになって来ました。

ちなみにJake君のカンチブレーキは、Vブレーキ用のシューも使えるタイプなので、シマノのVブレーキ用が使えます。

最初のシューは、”適当な物付けてんだろう?”ということで、減りの早さを気にしてなかったのですが、シマノ M70/T3もこんなに早く限界を迎えるとは思わなかったです。しかも、制動力もあまり変わらなかった印象があります。

二つ目は、シューの減りの早さと関係するのでしょうが、リムの汚れが酷い事。

定期的にリムについた汚れを落としてますが、Termac君はウエスでリムを2周ぐらい拭いてあげると綺麗になりますが、Jake君は何回拭いてもウェスが真っ黒になるぐらいシューの滓が溜まってます。

こりゃリムにも制動力にもよくねぇ!

と言う事で、色々調べてみるとJagWire Sleep Pro Cross Liteを発見!

Vブレーキ用のシューセットですが、何とシマノとスラムのロード用ブレーキシューに対応しているらしい。

つまり、ブレーキシューとカセットが一体では無く、カセットはそのままにブレーキシューだけロード用に交換可能ということですね。

しかもシクロクロス用に開発されたらしいので、これは期待出来る!

ポチッとな。

さらに勇み足も甚だしく、シマノのロード用交換シューも同時に注文。

シマノ R55C3であります。 (`_´)ゞハッ

なんと!

あこがれの!!

DURA-ACEクレード!!!

”止まり過ぎちゃってすいませ〜ん”てな感じ?

 んで、届いたのがこちらの商品。

JagWire Sleek Pro Cross Lite

シマノ R55C3

 

 

 

 

 

 

 

JagWireさんは、結構有名なメーカーらしいですが初めてのご対面です。ブラックとイエローのデザインが美しい。ブラックとイエローといえはランス・アームストロングですが、今はどうしてるんだろう?

そして、ブルーとシルバーがお馴染みのシマノさん。

”DURA-ACE"の文字が眩しいです。

一番の関心はやはり制動力。

早速試したいところですが、貧乏性のオヤジとしては、M70/T3のシューが少し残ってるので、それを使い切ってからになると思いますが、換装した日には、最初からシマノ R55C3で行ってみようかなと思ってます。

その時はまたご報告します。

なにげに応援しているシュレック兄弟。特に弟のアンディの走りが好きで、今年のツール・ド・フランスを楽しみにしてたんですが、色々とニュースを見ているいると、兄のフランクのドーピング問題を発端に調子を崩しているらしく心配してました。

ツール・ド・スイスに参戦するという事で、調子を戻してツール・ド・フランスを視野に入れてるのかと思ったら、なんとゼッケン67番で出場。

第1ステージの個人タイムトライアルは無難なタイムで通過したので、これからに期待して第2ステージの山岳ゴールに期待してたのですが、なんとまさかの登り始めてすぐに千切れてしまいました (´;ω;`)ウッ…

どうしたんだアンディ!このままじゃツール・ド・フランス参戦も危ういんじゃないの?ツール・ド・スイスは始まったばかりなので、後半に頑張って欲しいもんです。

面白そうだと思って録画しておいた「終電バイバイ」を約3ヶ月遅れでやっと鑑賞しました。途中から予約始めたので、第4夜以降しか見てませんが、感想などを一つ。

1話完結のオムニバス形式で、とある駅で主人公が終電に乗り遅れた後に起こる出来事を描いています。主人公の職業や人生は毎回変わりますが、それぞれの駅の特徴を生かしたストーリーが展開します。演じているのは一貫して濱田岳さん。色々な映画やドラマに出演されていて、「アヒルと鴨のコインロッカー」という映画では、オヤジの地元の高崎映画祭の最優秀主演男優賞を受賞しているようですが、失礼ながらオヤジはこれまで知りませんでした。

最初は、”声が爆笑問題の田中裕二さんに似てるなぁ”と思いましたが、暫く観ているうちに若い頃の”尾見 としのり”さんと印象がダブって来ました。オヤジは、映画「転校生」以来、尾見さんの大ファンです。久しぶりに連続テレビ小説の「あまちゃん」に尾見さんが出演されているのをみましたが、尾見さんの持ち味が良く出ていて嬉しかったです。ストーリー展開的にもう出番が無い様な感じなのがちょっと残念です。

宮藤官九郎さん!尾見さんの出番を増やして下さい m(_ _)m

話が逸れてしまいました。 (^_^;

終電バイバイの方ですが、面白い話と「なんだこりゃ?」という話の格差が大きかった様な気がします。

文句無く面白かったのは、「第4夜 蒲田」と「第8夜 下北沢」の二つ。

第4夜は、極度の潔癖性の男と、蒲田の地元でアイドルをやっている片付けられない女の子の物語。この二人の出会いからのドタバタの面白さと、徐々に心を通わせて行く過程の切なさがジーンと来て、エンディングまで釘付けでした。

第8夜は、修学旅行で東京に来た高校生が宿を抜け出して、下北沢の劇団に出会ってドタバタを繰り広げる物語。こちらは、どう見てもいい加減に見える劇団員達なのに、それぞれが演劇に対する溢れる程の愛情を持っているという事がひしひしと伝わって来ます。

逆に一番納得がいかなかったのは「第7夜 溝の口」。

制作会社のADが、ホームレスとダンスチームの若者達の確執の取材を通して、最後には皆が和解するという物語。溝の口は馴染みが深いだけに、なんでそんな所で?とか色々現実的な疑問点が湧いてしまいました。ストーリーもかなり無理がある。

という感じで、オムニバス毎の格差が大きい感じは否めないですが、こちらの心にヒットした話は文句なく面白い!というドラマでした。見逃してる回もなんとかして観たいと思います。

   

その昔、オヤジはマネークリップを愛用していました。

小銭はズボンのポッケに入れて、お札はマネークリップで尻ポケットというスタイルで、ごく少数の女子から”カッコいい!”なんて評価を頂いた事もありました。 (#^.^#)

しかし、世の中にカードなるものが出回り始めると、このスタイルが段々と不便に (ー_ー;)

それでも最初のうちは、必要最低限のカードをマネークリップに挟んで頑張ったのですが、どんどん増えて行くカードの勢いに負けて、いつの日からか財布を持つようになってしまいましたが、どうにも小銭入れの付いた財布というものが肌に合わず「札入れ」を使い、相変わらず小銭はポケットに入れています。

ところが、この「札入れ」という奴も財布の世界では少数派。しかも「長札入れ」(紙幣より一回り大きい奴)は好きく無いので、自ずと選択肢が限られて来ます。

今使っている「札入れ」も探し出すのに苦労しましたが、そろそろ寿命が近付いて来て、あちこちボロボロになって来たので、暫く前から新しい「札入れ」を探してたのですが、中々いい物が見つからない。

そんな折に、ふと思いついて”マネークリップ カード”で検索してみたら、TROIKA GERMANY MYC22/LEを見つけました。

内側にカードが6枚収納出来て、表側にもカードポケットが1つ付いてます。この収納力とデザインに負けてポチッとな。 (^_^;

ケース

相変わらず仕事の速いアマゾンさんから2日後に届きました。

予想以上に高級感のあるケースに入ってます。

ケースのデザインもグッド!

 

しがないサラリーマンであるオヤジの住んでいるアパートは1DKです。そこに3台の自転車を持ち込んでいるので、ダイニングキッチンはほぼ自転車に占領されている状態でした。

まあ、占領される事自体に不満は無かったのですが、メンテナンスの時や、部屋から出し入れする時に一々並べ直さなきゃならないのが面倒だったので、MINOURA(ミノウラ) P-600AL3 クローゼットサイクリストを購入しました。

縦に2台つり下げられるので随分とスペースは空いたのですが、たとえば、Termac君とJake君が吊り下げられている時に、Jake君に乗りたくなったら、Jake君を降ろす為にDash君を移動させ、Jake君を降ろしてからDash君を吊り下げるなんて事をしなくちゃならないので面倒臭い。しかもスペースが空いたとは言え、狭い事には変わりないので、ガチガチと自転車同士がぶつかったりしちゃいます。

うにゃ〜!どうすんべぇ ( ̄^ ̄ ;)ウーン

と思っていたら先日アマゾンさんでMINOURA Tancho E'sse ホワイト DS-2100を発見。

1台用のディスプレイスタンドですが、ホイール径20〜29インチに対応で、横置きも縦置きも出来る優れ物です。

こりゃ20インチのDash君にピッタリ!

しかも、1台用ならどうにか置くスペースがありそうなのでポチッとしてしまいました。

1
Powered by Movable Type 6.0

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このアーカイブについて

このページには、2013年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年5月です。

次のアーカイブは2013年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。