Jake君に「ねじねじ」くっつけた

| コメント(0) |カテゴリ:

鎖骨骨折から早一年。

自転車生活の方は、「寒いからぁ〜」とか、「風が強いからぁ〜」とか、「来週からぁ〜」とか言い訳をしながら、乗ったり乗らなかったりしていましたが、6月から心を入れ替えて再開いたしました。自転車通勤の方も再開しておりまして、雨の降らな日は今のところコンプリートしております。

しかし最初はしんどかった 。*~(>_<。=)ゝ

多摩サイ行ったら足が回らない、踏めないの二重苦で、すぐに息が上がってしまいます。自転車通勤の方は、ルート上にある最大斜度10%の3つの坂で死にそうになりましたが、2週間続けると随分と楽になってきて、ふくらはぎには筋肉らしき物が現れ、4kg以上増えていた体重も少しずつ減って来ました。

そんなある日の通勤途上で、「この調子で続ければ、10%の坂も20km/h以上で走れるんじゃね?」とか妄想しながら、実際は9km/hぐらい走っていると、Jake君のトップチューブに無数の引っ掻き傷のような物を発見。

良く観察してみると、どうもブレーキワイヤーが当たって傷が付いているようです。

Jake君はシクロクロスバイクなので、肩に担ぎやすいように一般の自転車と違ってリアブレーキワイヤーがトップチューブの上を通っています。

信号待ちなどの時に、トップチューブに腰掛けたりしちゃうのが原因みたいですが、さらによく見てみると、ブレーキワイヤについていたOリング(樹脂製のリングをワーヤーに通してフレームとの干渉を防止する部品)が変質して固着しており、触ってみるとグニャっと潰れて脱落してしまいました。

これ以上傷が付くのも嫌なので、なるべくトップチューブに座らないようにして帰宅後、早速Oリングを物色しているとこんな物を発見。

自転車用フレームプロテクター ねじねじです。

Oリングだとブレーキワイヤーを外さないと取り付けられませんが、ねじねじ君は螺旋状になってるので、ワイヤーを取り外さなくても取り付け可能なのが嬉しい感じ。

ただ、元々アウターケーブルとフレームの干渉防止用のため、ケーブルに直接装着出来るのか少し不安だったので、念のためにOリングと一緒に購入しました。

 

自転車用フレームプロテクター ねじねじ

豊富なカラーからグリーンを選択。

2本一組になっています。

岐阜県のリンエイ株式会社が販売元で、MADE IN TAIWANとなっていました。

 

 

 

ブレーキワイヤに付けてみた

早速Jake君のブレーキワイヤーに取り付け。

ブレーキを引いてみると、引っ掛かりも無くスムーズに動くので大丈夫そうです。

暫くねじねじ君を試してみます。

 

 

コメントする

Powered by Movable Type 6.0

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、kaneyukiが2013年6月16日 21:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ブレーキシュー交換JagWire Sleek Pro Cross Lite」です。

次のブログ記事は「Jake 2012モデルが格好良過ぎる件」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。