Safariでソース表示する方法

| コメント(0) |カテゴリ:

MacBook Proがメインマシンになって、当然の如くブラウザはSafariを使ってたんですが、時々見ているページのソースを確認したいときがあります。

ところが、safariのメニューにはソース表示が見つからず、仕方ないのでParallels Desktopで動かしているWin8のIEを使ってたんですが、先日Safariの環境設定を見ていて解決しました。

Safariの環境設定に怪しいチェックボックスがある

環境設定の詳細タブの下の方に、なにやら怪しいチェックボックスを発見!

試しにチェックしてみると・・・

 

 

メニューに”開発”が追加

 

メニューに”開発”が追加されて、ソース表示のみならず、色んな事が出来るようになっちゃいました!

ソース表示以外の項目は、ほぼほぼ意味がわかりませんが、きっと開発する時に役立つんでしょうけど、何の開発? (^_^;

 

 

 

 

コンテキストメニューはシンプル

取りあえずソース表示だけ出来ればいいオヤジには豪華過ぎるメニューですが、ブラウザ上で右クリックした時のコンテキストメニューはシンプルなので一安心 (^_^;

これで一々IEで確認する手間が省けるようになりました。

 

 

 

ちなみに、コンテキストメニューに出ている”Open Page In Internet Explorer"という項目は、Parallels Desktopの機能で、Mac側で開いているページをWin8のIEへ送って開く事が出来ます。

”1Password”という項目は、Macのパスワード管理ソフトの定番。その名も”1Password”をオヤジが使ってるので表示されてます。

Winマシンがメインだった時には、Norton 360のIDセーフを使っていて、めっちゃ便利だと思ってたのですが、生憎MacではIDセーフが使えないので、”1Password”に乗り換えました。”1Password"はIDセーフを遥かに上回る便利さですね。そのお話はまた別の機会に!

 

1Password App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥4,300

コメントする

Powered by Movable Type 6.0

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、kaneyukiが2013年7月 1日 23:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「弱虫ペダルの電子書籍化 早くお願い!」です。

次のブログ記事は「アサヒ RED EYEが中々美味な件」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。