陳建一な中華鍋に焼きをいれてみた

| コメント(0) |カテゴリ:

先日購入した陳建一プロデュースの中華鍋に焼きを入れてみた。

正しくは「空焼き」というのかな?

なんのためにするのかというと、新品の中華鍋にはサビを防止するためのコーティングが施されいて、まずはこのコーティングを剥がしてから鍋肌を油に馴染ませる必要があるらしい。

ちゃんとこの作業をした中華鍋は、何物をも焦げ付かせない鉄壁の鍋肌を手に入れられるとの事。

この中華鍋に付いてきた説明書によると、「コーディングは無害なので空焼きしなくてもいいよ〜」的なことが書いてあるが、まずは形が大切なのでやってみた。 

空焼き5分後

まずは、台所洗剤とスポンジで中華鍋をざっと洗い、後は強火にしたコンロで文字通り中華鍋を空焚きするだけ。

ちなみに、一度油に馴染ませた中華鍋は、折角つけた油の層が剥がれてしまうので、洗剤やスポンジで洗ってはいけないらしい。ささら必須ですな。

んで、これがコンロにかけて5分後ぐらい。真ん中が微妙に青味を帯びた色に変わっている。

中華鍋 焼き30分後

30分ぐらい経つと、鍋の底全体がなんとなく青味がかったような感じになる。

この青味がかった状態が、表面のコーティングが剥がれて地肌が露出している証拠らしい。

ここまでの作業は、たまに様子を見に行くだけで楽だったけど、この後の鍋側面の空焚きが大変でした。

側面が火にあたるように、鍋を傾けて持ち続け

中華鍋 空焼き終了

なくてはいけないんですが、一箇所終わるのに5分程かかります。

これを鍋の全周行うので、こちらもトータル30分かかりました。

左右持ち替えたたりと悪銭苦闘してどうにか全周を終了。

 

 

この後、一旦鍋を冷ましてから洗剤とスポンジでざっと洗って、コーディングのカスとかを綺麗にします。

そしたら鍋を火にかけて、鍋が乾いたら油を入れて、鍋全体に油を馴染ませる。

中華鍋 空焼き 終了

可能ならこの後クズ野菜を炒めてさらに油を馴染ませるということなので、もちろんちゃんとやりました。

ささらでざっと洗って水気を飛ばした鍋がこちら。

う〜ん、ビューティフォー!

鍋肌の輝きが素晴らしいですね。

 

この日、晩飯に野菜炒めを作ってみました。

結果は、野菜シャキシャキの美味しい野菜炒めが見事できました!

まったく焦げ付くこともなく、完璧な仕事じゃね?てな感じです。

さてさて、野菜炒め以外のレシピにも活躍する日が来るのか?

コメントする

Powered by Movable Type 6.0

2015年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、kaneyukiが2015年3月12日 22:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「味千拉麺 再挑戦」です。

次のブログ記事は「自転車生活 復活」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。