デジタルな日々の最近のブログ記事

SP35P2購入

| コメント(0) |カテゴリ:

昨夜、勢いで「SP35P2」の購入ボタンを押してしまいました。

衝動買いってやつでしょうか?

買ったのはいいのですが、

このベアボーンにはグラフィックボードが付いてないらしく

新規調達しないといけないらしいです。

価格.comでいろいろ見ているのですが、

何を買ったらいいのかさっぱり分かりません。

ヨドバシカメラまで行って店員に選んでもらおうかなぁ~

ついにマスターシード株式会社から連絡がきました!

と、言っても

こっちから催促のメールを出さなかったら返事は無かったと思いますが。。。

メールの内容は下記の通り。

>お預りしております修理ご依頼品Shuttle SD37P2は

>11/4(火)に弊社に到着しております。
>弊社にて修理用部材の手配、動作検証が完了しております。
>修理費用が確認できましたのでご連絡いたします。
>修理内容は内蔵マザーボードの交換となります。
>修理実施につきましてご了解いただける場合は下記口座まで、

>修理代金のご入金をお願いいたします。

10日以上前に到着しているのに、連絡が無いなんて。。。

対応の悪さは否めないですね。。。

ちなみに修理代は9660円(消費税込みで返却時の送料無料)

キャンセルした場合は送料が着払いで返却されるらしいです。(恐らく1,370円)

修理するより「SP35P2」 を35,000円で購入した方がいいんじゃない?

と思う今日この頃。。。

キングジムが11月10日に発売したデジタルメモ「ポメラ」が人気らしいですね。どこを見ても売り切れです。まあ、1stロットだったから出荷数が少なかったのかな?

4インチVGAのモノクロ液晶とキーピッチ17mmのキーボード付き。

キーボードは折りたためて、たたんだ状態でW145×D100×H30の大きさになるらしい。

日本語変換に組み込み向けのATOK2007が内蔵されているらしいです。

作成できるのはテキストファイルのみ。テキストファイルを作成することのみに特化したデバイスですね。

文字サイズは3種類から選べて、最小のフォントの時に全角26文字×17行表示可能。電源オンから2秒で起動。単4アルカリ電池2本で20時間駆動。重量370g。価格27,300円。

 

最初見た時は、「おお!これは面白い!」と思いましたが、スペックを見ていくうちに少し冷静になりました。

10年前にあったら絶対買いの一品ですが、現在ではどうなんでしょう?

キングジムとしては、「PCよりも起動時間が短く、長時間駆動で、手軽に使えるメモ。ターゲットはビジネスマン。出張や打ち合わせが多い人。ミニノートPCを下回るように価格設定した」ということらしいが、かつてビジネスマンだったおやじの経験としては、最近では外出先でもメールチェックしなくてはいけないし、打ち合わせには各種資料を用意していかなきゃいけない(最近は紙資料でなく、プロジェクターやディスプレイを使う事も多い)のでPCは必須だった。今は、PCも随分軽いし駆動時間も会議や打ち合わせをするぐらいなら十分な性能になっている。仕事用のPCは概ね会社が支給してくれるところが多いと思うので、さらにポメラを買うかというとちょっと疑問。

じゃあ、ポメラを必要としている人はどんな人なんだろう?と考えると、おやじの経験からだとちょっと思い浮かばない。

なんで思い浮かばないかというと、スペックというか狙いがいまいち不鮮明。普段メモ帳だけ持って、会社帰ってから打ち合わせ議事録作るような人には、テキストファイルがそのまま使えるから便利かもしれないけど、一画面に最大26×17行だと使い勝ってはどうなんだろうと思います。

テキストを扱う事に特化しているなら、検索機能に目玉を設けるとか、アイデアプロセッサ的な使い方ができるとかが欲しい。
さらに欲を言えば、jpegぐらいは見れる機能が欲しいし、テキストjpegを関連付ける機能も欲しい。
さらにさらに、officeのビューアーぐらいは入れて欲しい。
さらにさらにさらに、Webブラウザとメーラーと通信カード対応ぐらいはして欲しい。
さらにさらにさらにさらに、外部ディスプレーにSVGAぐらいで出力できる機能が欲しい。

あれあれ?外部ディスプレーを除くと、ほぼそのまんま携帯と同じような感じになってきた。

そうですよキングジムさん。ポメラの中に携帯入れましょうよ!そして外部ディスプレーへの出力つけましょう!そうすれば、ビジネスマンの携帯ツールとしては非常に魅力的になるとおもうんだけどなぁ。

あ!あと一つ。LCDはカラーにしましょう!

これだけ付けて、500g以下で50,000円なら買うと思いませんか?どうですか皆さん?

あれ?ミニノートPCとぶつかっちゃうねぇ(+o+)

今週も。。。

| コメント(0) |カテゴリ:

残念ながら今週もマスタードシード(株)からは連絡がありませんでした。

PCの配送を行ってから2週間経つのですが、彼らは仕事しているのでしょうか?

他人のことは言えませんが。。。

(; ̄ー ̄A

修理されたベアボーンが届くまでは①から④の行程が発生するのですが、①すら終わってない状態なので、

新しいのを購入した方がいいかもしれないですね。

( _ _ )..........o

↓ベアボーン修理行程↓

①弊社検証の後、修理費用が確認できましたらメールにてご連絡いたします。
②折り返し修理続行の可否をメールにてご連絡ください。
③修理完了確認の後、メールにて振込み先口座などの詳細をご連絡いたします。
④修理完了品のご返却は修理代金の入金確認後となります。

ベアボーン修理

| コメント(0) |カテゴリ:

今週の月曜日にベアボーンを修理に出したのだが、

マスタードシード株式会社からは今のところ音沙汰無し。

どうやら、症状の確認が出来るのは来週以降になりそうです。。。

修理が完了する前にPCパーツは先に買っておこうと思うので、

PCのパーツを買う予定がある人は誘ってください。

m(_ _)m

お供します。。。

休止状態にした後、「復元データを削除してシステム ブート メニューにすすみます」と表示されて、結局再起動になってしまうという現象のその後です。

休止状態にしてから数分で立ち上げた場合にはOKで、数時間経過後はやはり現象が出ました。

おやじの環境では、PCに繋がっているのは以下のもの。

  • ワイアレスキーボード、マウス
  • プリンタ
  • スキャナ
  • オーディオケーブル
  • ディスプレイケーブル

とりあえず、ディスプレイケーブル以外は全部はずして、キーボードとマウスも有線に変えて試してみましたが、やはり現象は同じでした。

次は、Shuttleから2008年10月29日に最新BIOSがリリースされていたので、BIOS更新してみましたが、現象変わらず。

その後いろいろ試した結果、次のようなことが分かりました。

  • 休止状態orシャットダウン後、数時間経過してから電源ONしても、BIOS表示もされずフリーズ。ファンとHDDは回っている。この状態で、強制リセット->電源ONを3~4回繰り返すと、やっとBIOS表示になり、その後は正常に復帰する。
    これは新しい現象です。BIOSアップデートしたためなのか不明です。
  • 休止状態からの復帰で「復元データを削除してシステム ブート メニューにすすみます」と表示されても、ここでPCをリセットして再度立ち上げると正常に復帰する。

なんだかわからなくなったので、ツクモのサポートに問い合わせてみたら、動作検証するので送ってくれ。動作検証に1週間ぐらいかかるとのこと。

1週間もPCがないと困るので、とりあえず使えてるからどうしようか迷った末に、ダメ元で一度組直すことにしました。

CPUまで外すと面倒なので、グラボとメモリーを挿し直して、ついでにSATAケーブル等の配線をチェック。

エイヤァー!と気合を込めて電源ONすると、なんのことはなく立ち上がりました。(+o+)

その後3日経ちますが何の問題もなし。

たぶんメモリーの接続不良だったんでしょうが、何であんな現象になるんでしょう?

とりあえず、めでたしめでたしでした。(^_^)v

ベアボーンの修理依頼

| コメント(0) |カテゴリ:

本日、ベアボーンの発送を行いました。

検証後、修理費用が確認できたらメールにて連絡が来るらしいです。

ちなみに送料は1,370円でした。

ついに自作PC作成か!?

| コメント(1) |カテゴリ:

先日までかねくん氏が使用していた「Shuttle/SD37P2」を譲り受けました。

(昇天してますが。。。)

く("0")>なんてこった!!

修理にしたら使用出来るとのことだったので、カスタマーセンターへ問い合わせたところ、

本日回答が返って来ました。

ヽ( ´¬`)ノ ワ~イ !!

 

で、結果は。。。 ↓↓↓

 

サポートセンター「当該製品は弊社サポート対象の品物であることを確認いたしました。」

tetra「イエーイ(∇^*d)」

サポートセンター「恐縮ですが発送時の送料はお客様のご負担となります。」

tetra「( ̄□ ̄;)!!」

サポートセンター「弊社検証の後、修理費用が確認できましたらメールにてご連絡いたします。」

tetra「( ̄ヘ ̄)ウーン」

サポートセンター「過去の事例からいたしますと、マザーボード不良の場合修理費は8千円~
1万円前後、電源不良の場合は電源交換となり1万2、3千円程度となる
ケースが多いようです。(弊社直接対応の場合)」

tetra「w( ̄△ ̄;)wおおっ!」

 

↑↑と、こんな感じ。

 

送料払って修理に出した方がお得なのか、新製品を購入した方がお得なのか皆さんのご意見をお待ちしています!!

奮闘3日間でどうにか使えるようになったSP35P2Pro君ですが、その後休止状態が上手くいかないことが判明。

症状は、休止状態からの復帰時に、

「復元データを削除してシステム ブート メニューにすすみます」

と表示されて、結局再起動になってしまうというもの。

マイクロソフトのサポートによると、この現象はドライバやBIOSの問題が主なものだというのだが、各種ドライバやBIOSは最新の物にしている。

そんで今日。これまでXPのSP2までしか入れてなかったのだが、SP3を入れてみたら、これまで

「復元データを削除してシステム ブート メニューにすすみます」

としか表示されなかったのが、

「続けてシステムを再起動します」

という項目も表示されるようになった。

で、「続けてシステムを再起動します」を選択したら、ちゃんと復帰したので、暫くはこれで我慢しようかと思ったら、しばらく使っていたらブルースクリーンが出て再起動しちゃいました。

何が原因なのかいまいち不明。

ただ、どうも休止状態にしてから、数分で立ち上げた場合には、正常に復帰している感じ。数時間たった後に立ち上げると失敗するような感じ。

あす以降、また調べてみます。

プロローグ:

今まで使っていたShuttleのSD37P2が、先週の木曜夜(10月16日)に突然ご昇天。

やたらエラーが出るので再起動しようとしたら、そのまま電源が落ちて再起動しなくなった。メモリー挿し直したり、グラボを挿し直したり、いろいろやってみたが蘇生する様子がない。

BIOSの表示もされず、HDDの動作音もOSを立ち上げている雰囲気ではない。電源LEDも点灯しなくなったのでマザーボードが死んだと判断。

今まで長年PCを使ってきたが、幸いなことにハードの故障と言えば、HDDのクラッシュが1回あっただけなので、本当にマザーが死ぬなんてこともあるんだと少し驚いた。

SD37P2君とは1年10か月のお付き合い。御苦労様でした。

さて、修理か新調かと暫し悩むものの、週明けにはすぐ使いたいので、思い切って新調することに決定。

今度は、ノートPCかメーカーデスクトップかと少し悩んだが、SD37P2君は、小さくて速くて静かで、とても満足していたので、後継機種もSuttleから選ぶことに。SD37P2君のパーツも使えるはずなのでコストもかからない。

サブのノートPCで候補を検索。SP35P2という、SD37P2君の後継機ぽいのに決定。

【主な機能】
・最新45nmプロセッサにも対応
・OASIS-ヒートパイプ機構ICEに加え、チップセットにもヒートパイプを搭載
・80PLUS-電源消費効率を効率を大幅にUP

PROCESSOR:
Intel Core 2 Quad/Core 2 Duo series with 1066MHz FSB
Intel Core 2 Quad/Core 2 Duo series with 1333MHz FSB
CHIPSET:
Intel P35 + ICH9R
MEMORY:
4 x 240pin DDR2 DIMM slots,2GB per DIMM(Max 8GB)
Support Dual channel DDR2 667/800

 

翌日自転車で秋葉原へGO。往復5時間、楽しかったです。

最初にTUKUMOへ行くと、SP35P2Proが現品で43,980円也の5,000円引き。自転車で疲れてたので、他の店を見回る気力もなく即約定。日曜に配送してもらうことにして帰宅。

奮闘第一日目:

日曜の午前中にSP35P2Pro君が無事到着したが、導熱グリスがないことが判明して、今度は川崎のビックカメラへ自転車でGO!往復3時間弱。楽しかったです。(#^.^#)

帰宅後、早速SD37P2からパーツを移植。仮組して電源入れてみると、なんのこともなくWinXPが立ち上がるではないですか!やはり、SD37P2君はマザーが死んでしまったらしい。

OSの再インストールは覚悟していたので、なんだか拍子抜け。チップセットとか変わっているけど、同じメーカーのベアボーンならこんなもんなの?(当然、そんな甘くなかったです)

ほっと胸をなでおろして、各パーツをちゃんと取り付けてケースカバーを取り付けようとしたら、カバーがちゃんと閉らない。

今まで使っていたIO-DATAのグラボGA-7600GSH2(PCI Express)は、ファンレスの為かヒートシンクがボード裏側へ大きくせり出していて、この部分が筐体からはみ出してるではありませんかぁ\(◎o◎)/!

SD37P2君は、外側にPCIスロット、内側にPCI Expressスロットという構成だったので、GA-7600GSH2のせり出したヒートシンクがちょうどPCIスロットの上に来ていて大丈夫だったのだが、SP35P2Pro君は、外側にPCI Expressスロット、内側にPCIスロットという配置になっていたため、見事ヒートシンクがはみ出してくれました。

一瞬ヒートシンクを切断してやろうか!と思ったが、ここは心を落ち着けて、またもやサブのノートPCでグラボの選定。

SP35P2君を選んでいるときも、チップセットとか全然知らない世界になっていたが、グラボの世界はさらに意味不明に((+_+))。面倒になったので、使いなれた今のグラボとほぼ同じ要件を満たしている、IO-DATAの後継機GA-8400GSを選択。

時刻は17時過ぎだったので、もう一度川崎まで自転車で行こうか少し迷ったのち、ヘタレて溝の口のノジマ電気へ電車でGO!

ところがノジマ電気さんにはグラボ無し。昔はPCパーツも売ってたのに、ノクティに移ってからパーツが無くなったのが残念。だけど、何故か導熱グリスとかIDEケーブルとかは売っていた。不思議な品揃えですね。仕方ないので、この日はケースカバーをつけないまま次の作業を継続。

SP35P2Pro君付属のCDからドライバをインストール。このまま何の苦労もなく移行完了かと思ったが、やはり世の中そんなに甘くない。

Realtek High Definition Audioドライバーがエラーになって入らない。

いろいろ試したり、ネットで検索してみると、このドライバーのインストールには結構皆さん苦労している様子。

成功例を参考にして、以下の手順を実行。

1.コントロールパネルの「プログラムの追加と削除」で、以下2つを削除。
①High Definition Audio Driver Package
②Realtek High Definition Audio Driver

2.デバイスマネージャー
①「サウンド、ビデオ、およびゲームコンロローラー」から「Reaktek High Definition Audio」を削除
②「システムデバイス」から「Microsoft UAA Bus Driver for High Definition Audio」を削除

しかし、やはりエラーになって入らない。

こんどは、デバイスマネージャーに「MEDIAデバイス」というのが出てきて!マークがついているが、削除しようとしても「起動に必要です」と言われて削除できない。

第一日目は、ここで力尽きて終了。

奮闘第二日目:

まずはグラボを買うために、再び自転車で川崎へ。この2日間暖かい晴天の日が続いて、自転車で走るのがすこぶる気持ちいい。

それは置いといて、最初ビックカメラに行ったが、目的のグラボを置いてなかったので、ヨドバシカメラで購入。

帰宅してからグラボを換装。新しいグラボはファン付き。前のグラボは静音性を重視してファンレスを選択したが、実際組んでみると全然問題なし。ほとんどファンの音なんて聞こえない。

昨日の続きを開始するが、なにをやっても上手くいかない。

なんやかんややっているうちに、デバイスマネージャーから「MEDIAデバイス」というのが無くなって、代わりに今度は「PCIデバイス」というのに!マークが付いている。これは削除可能なのだが、亡霊のように復活する。

どこかの記事で、「Microsoft UAA HDオーディオ クラス ドライバ」が必要という記載を発見。

昨日の手順2-②で削除していたのがまずかったのか?「システムデバイス」なんてのに手をつけたのが間違い?

今度は、「Microsoft UAA HDオーディオ クラス ドライバ」を検索。

マイクロソフトのサポートページで見つけて、ダウンロードしようとするが、なんか登録フォームみたいなのが表示されるので、メールアドレスを入力してクリックすると、マイクロソフトからメールが送られて来た。

それはいいのだが、文字化けしていて判読不能。唯一読み取れるURLにアクセスすると、なにやら「有料年間サポート」のページへ行く。

この時点で、根性が折れて、XPの再インストールを決断。

念のために、Acronis True ImageでCドライブをバックアップしてから、XPのインストールCDを入れて再起動。

XPのインストール画面が表示されたところで、「そういえば修復セットアップがあったなぁ」ということで、修復セットアップを試してみることにして続行。

修復セットアップ中、結構な数のファイルがコピーされるので、SP3も当てているので少し不安が湧き上がる。

セットアップ終了して、Realtekのドライバをインストールすると今度は成功。

再起動してみると、起動音がピロリ~ンと!\(^o^)/

やっとここまで来たと安心して、PCをシャットダウンしようとしたら、一度電源が切れた音がした後、すぐに再起動してくるではありませんか!

ならば、休止状態はどうかと試してみると、これも休止状態のプロセスが終わって、一度電源が切れた後に、すぐ再起動してくる(T_T)

電源ボタンを名が押しして2日目終了。

奮闘第3日目:

シャットダウンや休止状態が失敗する関係を検索してみると、XPの不具合はSP2で解決されているらしい。他に、シャットダウンのプロセス中にエラーがあると、XPのデフォルトでは自動再起動するらしいので、再起動しないようにして試してみるが効果なし。

やはり、「SP3あてた状態からの修復セットアップなんて無理があるのかぁ」と、せっかくここまで来たのにと後ろ髪を引かれつつ、XPの再インストールをすることに。

ここでもまた念のために、Acronis True ImageでCドライブをバックアップしようとしたら、「HDが見つかりません」というメッセージが出現。Acronis True Imageを再インストールしてもダメ。

やはり、色々なところでおかしくなっていそうなので、XPの再インストールを敢行。

再インストールが終わったところで、SP35P2Pro付属のドライバだけインストールしてシャットダウンを試してみる。

・・・・・・・カチッ・・ブ~ン・・・シャットダウンしない(*_*;

とにかく使えるようにしなくてはならないので、Windows Update・必要なソフトのインストールをしてから、再度シャットダウン関係を検索していると、とある掲示板で「BIOSのアップデートで修正されている」という記載を発見。

ShuttleのHPでBIOSの更新履歴を見てみると、2007/11/2のアップデートで修正されている。(*_*;

でも、「第一日目の頃はシャットダウン出来てんですけどぉ」と思いつつ、最新のBIOSにアップデートしたら、何のことはないシャットダウンするようになりました。

エピローグ:

結局、前のPCのシステムをそのまま使おうなどと考えたのが失敗の元。

PC変えたらOSから再インストールしましょう(*_*;

あと、自作系の場合は、最新のBIOSおよびドライバの確認は必須。

奮闘3日間。自転車走行距離110km強の結果でした。

1  2  3  4
Powered by Movable Type 6.0

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちデジタルな日々カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはグルメな日々です。

次のカテゴリはドラマな日々です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。