WindowsLiveWriterの最近のブログ記事

Windows Live Writerがバージョンアップしたので早速インストールしてみました。

見た目はのっぺりした感じになってますが、前バージョンからは大きく変わっていない様子。

一番の違いは、前バージョンではメニューかショートカットキーでしか操作できなかった、表示切り替えがタブ化されています。おやじは結構ソース表示使ってたのでこれは便利でいい感じです。また、以前より少し動作が軽くなった感じがします。

その他、細かい改良点はおいおい確かめて行きたいと思います。

しかし、もうWindows Live Writerがなければブログ書けない体になってしまいました(^_^;)

SixApartさんのサポートから回答が来たので、MT4.1とWindowsLiveWriterの懸案事項を更新しました。

既存の記事を編集して投稿した場合、MTのデータベースの更新日時が更新されないみたいなのでMT4.1とWindowsLiveWriterの懸案事項に項目追加しました。

MT4.1とWindowsLiveWriterの懸案事項のエントリーを更新しました。

1.SixApartサポートからの回答を追記

2.記事投稿時間がずれる件を追加

この組み合わせでの懸案事項とその解決方法をまとめていこうと思います。

まず、懸案事項だけあげて行って、解決したら更新になります。

  1. 複数ブログを運用して、MultiBlogプラグイン再構築トリガを設定しているが、Writerから記事投稿した場合は、再構築されない。

    (2008/02/08追記)
    MTのログを見てみると、Writerから投稿した場合は、どのブログを更新したかMT自身が判定出来てないようですね。取りあえず、SixApartのサポートさんへ問い合わせ中。

    (2008/02/13追記)
    サポートさんから回答が来ました。
    「XML-RPC を利用したブログ記事の投稿時に、MultiBlog プラグインで設定した再構築トリガーが動作しない件につきましては、現在の Movable Type 4.1 での仕様となります。」とのことです。また、「再構築トリガーの件に関しましては、製品へのご要望として承ります。この度は貴重なご意見をお寄せいただき、誠にありがとうございました。」とのことですので、もしかしたらいつか「XML-RPC」でも再構築トリガが有効になるかもしれないです。是非お願いしたいです。
  2. 連続して記事を投稿していると時間がずれる(2008/02/13追加)
    先程3つの記事を連続して投稿したら、最後の記事の投稿時間が約10時間前になっていたのを発見。もちろんブログ上でも順番が逆転してました。しばらく様子を見てみます。
  3. 既存の記事を編集して投稿した場合に、MTのデータベースで更新日時が更新されないようです。SixApartのサポートさんへ問い合わせ中です。(2008/02/14追加)

    (2008/02/15追記)
    サポートさんから、現象確認した旨の返信がありました。詳細仕様を確認した上で、製品への改善案として検討して頂けるそうです。

昨日からWriterをインストールして使ってますがとても便利です。

インストールの過程で、「あれ?」と思ったことがいくつかあるのでまとめておきます。

基本的には、MovableTypeドキュメントの「Windows Live Writer を利用したブログ記事やウェブページの作成」の手順そのままです。下記手順実行前に、上記ページにあるマニフェストファイルのインデックステンプレートへの追加を行っておいてください。複数ブログを持っている場合は、Writerで使用するそれぞれのブログにマニフェストファイルを追加する必要があるようです。

インストール設定手順

  1. Writer のダウンロードからインストーラ-をダウンロードして実行する。
  2. インストールが終了すると、「ブログを持っているか?」とダイアログが出るので、「ブログを持っている」を選択。
  3. ブログ アカウントの追加ダイアログが表示されるので、「他のブログサービス」を選択して「次へ」
  4. 「ブログ ホームページURL」にブログのURL。「アカウント」にMTのログインアカウント。「パスワード」にMTのユーザー画面にある「Webサービスパスワード」に設定したパスワードを入力して「次へ」。
    *パスワードはMTのログインパスワードとは別のものです。
  5. MTの設定が自動検出された場合は、自動的に各設定がダウンロードされて、Writerにブログが追加されて完了です。この部分がMovableTypeドキュメントの記事には書いてありません。
    自動検出されなかった場合は、「プロバイダの選択」ダイアログが出るので、6と7項の設定を行う。ちなみにおやじの場合は、全部自動検出されたので、6と7項は経験してません。
  6. 「使用するブログの種類」でMovable Type を選択。
  7. 「ブログのリモート投稿 URL」 に表示されている「<mt_paht>」の「mt_path」を mt-xmlrpc.cgi のURLに変更する。mt-xmlrpc.cgi は表示んでは、MTのログインpathと同じところになるようです。「次へ」を選択。
  8. 内容を確認して「完了」で各設定を自動的にダウンロードして終了。

他のブログを追加する場合は、Writerの[ブログ]-[ブログ アカウントの追加]で、上記の3~8を繰り返します。

Tips

  1. 上記5と8の手順で、各設定のダウンロード時に「ブログ記事の編集に使用するデザイン テンプレートをダウンロードするために、仮の記事を投稿しますか?」と聞かれる場合があります。この場合は、投稿するを選べばよいのですが、結局「ダウンロードできなかった」とエラーになる場合があります。この時は、一度MTでそのブログにログインして再構築を行った後、Writerの[ツール]-[アカウント]から対象のブログの[編集]を選択し、表示された「ブログ設定」ダイアログにある、「ブログ設定の更新」を行うと正常にデザインが取り込めます。その後、先ほど投稿された「仮の記事」を削除してください。自動的に削除されずに残ってます。

使用しているWriterのバージョン:2008(Build 12.0.1366.1026)ja

ブログのカスタマイズが段々と固まってきて、さてコンテンツの充実のために記事の投稿など頑張ろうかと思ったのですが、MTの記事編集では、表の挿入はおろか、フォントの色設定も出来ないため、面倒臭く感じてきていました。また、このブログはWebページも合わせて運用しているため、特にWebページの編集で不便さが募り、なんとかならんもんかなぁと思案しておりました。

xfy Blog Editorがあることは知っていたのですが、MT4.1にアップグレードしてしまったので、今のところxfyは正式対応していない。あと、カテゴリの階層構造が使えない、ということで試してみるか悩んで増したが、今日MovableType.jpを見ていると、

Windows Live Writer を利用したブログ記事やウェブページの作成」なるコンテンツを発見!

しかも、MT4.1の新機能じゃあ~りませんか!

早速、ダウンロードと設定をしてお試し中。Writerを使用しての初記事投稿がこの記事になります。

果たして無事投稿できるのでしょうか(^。^)y-.。o○

暫く使ってみて使用感をレポートしたいと思います。

おお!見事に投稿されました。ここからは、試しに投稿済みの記事の再編集をしています。

果たしてこれも上手くいくのか?

おお!すばらしい!編集した記事の投稿も問題なく行われています。

文字色も設定できるし、これは使えそう!(=^・・^=)

1
Powered by Movable Type 6.0

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちWindowsLiveWriterカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはPHPです。

次のカテゴリはレンタルサーバーです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。