自転車詳細の最近のブログ記事

タイヤ

| コメント(0) |カテゴリ:
一口にタイヤといっても、種類も大きさも色々。こんなにあるとは思わなかったです。
自転車のパーツには、大きく米国式、英国式およびフランス式の3種類があるらしく、タイヤの大きさの表記や空気を入れるバルブの形状等で違いがあります。
インデックス

大きく4種類に分かれるようです。普通に自転車を買えば、ほぼクリンチャータイヤ。本格的にロードレースとかに参戦すればチューブラータイヤに出会う機会があるのでは?

クリンチャー

チューブとタイヤが別れており、チューブを入れたタイヤのビードをホイールのリムの内側にはめ込んで使用するタイヤ。普通にママチャリとかに使われているタイヤです。
リムとのはめ合わせ方法の違いでWO (Wired On) 、HE (Hocked Edge) 、BE (Beaded End) の3つに分類される。パンク修理が簡単で、繰り返し使えるので経済的、タイヤも比較的安価。

  • WO(ワイヤードオン)
    WOはイギリス、フランス規格のもである。タイヤのビード部に鋼製、またはケブラー製のワイヤーがあり、これがリムにはまり込むことでリムにタイヤが保持される。英国規格のものはインチの分数表記(例:26インチ1 3/8など)されることが多い。フランス規格はミリ表記(例 700-23c)される。
  • HE(フックドエッジ)
    HEは米国の規格である。MTBに使用されているタイヤはこのタイプで、同じインチ数でもWOより一回り小さい。タイヤの太さはインチで表記されるが、こちらは小数点表記である(例:26インチ1.75など) 。
  • BE(ビーデッドエッジ)
    BEはリムに引きかける部分より下側に耳が出ていて、タイヤを装着するとチューブをタイヤが包み込む形となる。通称「耳つきタイヤ」。リム打ちパンクに強く、荷重や悪路に強い。他のタイヤに比べて重い。
チューブラー

ゴム製のインナーチューブを袋状の布(「カーカス」または「ケーシング」と呼ぶ)で縫い包み、接地面のトレッド部にゴムを張ったタイヤの事である。自転車チューブに更に、頑丈なゴムの円周状カバー(ケーシング)を被せたと考えればよい。 ホイールのリムには、リムセメントと呼ばれる接着剤や専用の両面テープを使用し貼り付けて使用する。

リム、タイヤ共に軽量で、乗り味がしなやかであり、コーナリング特性に優れるなどのメリットもある。またパンクの主原因のひとつであるスネークバイト(リム打ちパンク)が殆ど起こらずパンクし難く、構造上パンクしても急激には空気が抜けないため、パンクした状態でもある程度走り続けることが可能である。クリンチャータイヤに対して絶対的に有利な構造である。

欠点は、修理や交換の手間がかかるという事と、ランニングコストが高い事である。現在は、ロードレースやトラックレースなどの競技用に主に使用されている。

チューブレス

チューブは使わず、タイヤとリムの間に空気を入れ、ビードとリム内側壁との間で空気を密閉するタイヤ。MTB用のタイヤとして使われる。オフロードでは異物が刺さるパンクよりも岩または倒木などによるリム打ちパンクが多く、チューブレスタイヤはチューブが無いためリム打ちを起こさない。 パンク修理には一般のチューブ用のパッチを内面に貼り付ける。
ロードレース用のタイヤも発売されているが、まだ数は少ない。

エアレス

チューブが無く空気を入れる必要のないタイヤ。利点は空気を定期的に入れる必要のないことおよびパンクしないこと。多くは、ポリウレタンに微小な独立気泡を無数に入れて、タイヤに成形している。 ごく一部の自転車、幼児用自転車および車椅子には、エアレスタイヤが使われている。

タイヤの大きさ(寸法)は、タイヤの種類よりも複雑。でも、タイヤの側面に記載されているので、一度自分のタイヤを見てみることをお勧め。自分の自転車のタイヤ種類と大きさがわかれば、タイヤやチューブが破損したときに、安売り店で買って来て、自分で修理することも可能になるでしょう。多分。

表記方法
タイヤ側面に記載されている寸法の読み方です。規格や、国の違いによっていろいろあります。
  • ETRTO、ISO系
    ETRTO(European Tyre and Rim Technical Organisation)という、タイヤ関係の標準化を行っている欧州の機関の規格。ISOもETRTOの規格を採用。

    表記方法:タイヤ幅(mm)-リム径(mm)

    *:チューブラータイヤは規格にない。
  • インチ系

    表記方法:タイヤ外径(inch)×タイヤ幅(inch)×タイヤ高(inch)

    *:[タイヤ高]は必要に応じて記載。
  • フランス系

    表記方法:タイヤ外径(mm)×タイヤ幅(mm)[A or B or C or D]

    *:タイヤ幅の後ろのA、B、C、Dはリム直径。Aが最細幅、Dが最広幅。日本ではCのみ。
呼び寸法表

タイヤの大きさ(寸法)は、「呼び寸法」というもので呼ばれるようです。
おやじの自転車のタイヤには、各規格の寸法が併記されてました。却って自分のタイヤが何なのか混乱しました。結局、バルブがフランス式だったので、多分フランス系なんだろうな、と今のところ思ってます。
チューブラータイヤの呼び寸法は、別の方式になります。

ETRTO,ISO  インチ系  フランス系  外径
54-110 8 1/2 x 2  
62-203 12 x 1/2 x 2 1/4 320 x 57 322
47-305 16 x 1.75 x 2 399
32-369 16 x 1 1/4  
47-355 18 x1.75 x 2 448
28-406 20 x 1 1/8 462
37-406 20 x 1.5 480
47-406 20 x 1.75 500
54-406 20 x 2.0 514
57-406 20 x 2.125 520
54-428 20 x 2 536
47-501 24 x 1 3/4 600 x 45C  
37-507 24 x 1.5 581
47-507 24 x 1.75 x 2 600 x 50C 601
37-540 24 x 1 3/8 A 600 x 35A 616
28-541 600 x 28A 597
37-541 600 x 35A 615
25-559 26 x 1.0 609  
28-559 26 x 1.25  
32-559 26 x 1.25 623  
38-559 26 x 1.5  
40-559 26 x 1.5 639  
44-559 26 x 1.6  
47-559 26 x 1.75 x 2 650 x 50 653
50-559 26 x 1.9 659
54-559 26 x 2.0 666
57-559 26 x 2.3 x 2.125 673
20-571 26 x 3/4 650 x 20C 611
23-571 26 x 1 650 x 23C 617
40-571 650C 651
47-571 26 x 1 5/8 650 x 45C  
54-571 26 x 2 650 x 50C  
28-584 26 x 1 1/8 x 1 1/2 B 650 x 28B 640
32-584 26 x 1 3/8 650B  
37-584 26 x 1 3/8 x 1 1/2B 650 x 38A  
40-584 26 x 1 1/2 x 1 3/8 650 x 38B 662
44-584 26 x 1 1/2 x 1 5/8 650 x 42B 672
47-584 26 x 1 5/8 650B  
37-590 26 x 1 3/8 650 [x 35]A 668
32-597 26 x  1 1/4 661
40-609 27 x 1 1/2 650 x 32  
18-622 700 x 18C 658
20-622 700 x 20C 664
23-622 700 x 23C 668
25-622 700 x 25C 672
28-622 28 x 1 5/8 x 1 3/8 700 x 28C [700C] 678
32-622 28 x 1 1/4 x 1 3/4 700 x 32C 686
35-622 28 x 1 5/8 x 1 3/8 700 x 35C  
37-622 28 x 1 5/8 x 1 3/8 700 x 37C 696
40-622 28 x 1 5/8 x 1 1/2 650 x 38A 700
42-622 28 x 1.6 700 x 42C [40C]  
47-622 28 x 1.75 700 x 47C [45C] 712
20-630 27 x 1  
25-630 27 x 1 1/8 680
28-630 27 x 1 1/8  
32-630 27 x 1 3/8 694
38-635 28 x 1 1/2 700 x 38B [35B] 714
40-635 28 x 1 5/8 700B 715
37-642 28 x 1 3/8 700A  
44-642 28 x 1 3/4 700A  

 

チューブラータイヤ呼び寸法

インチ系  リム径
26 x 3/4 582
26 x 1  
26 x 1 1/8  
26 x 1 1/4  
27 x 3/4 632
27 x 1  
27 x 1 1/8  

ご存じ、タイヤの内側に付いている、空気入れで空気を入れる部分です。

以前おやじが乗っていた自転車は、すべて同じ形状のバルブ(空気入れのホースの先がハサミみたいになっているやつ)だったので、てっきり1種類だけかと思っていたら、全部で5種類もあるそうです。先日購入した自転車は「仏式」というものでした。慣れ親しんでいたのは英式です。

さらに、空気入れもそのバルブ形状に対応したものが必要です。
おやじは英式のものしか持っていなかったので、英式・仏式・米式に対応したものを購入しました。また、ロードレーサー等のスポーツタイプの場合には、空気圧の管理も大切だそうなので、空気圧計の付いているものがいいようです。あと、自分の自転車に必要な空気圧に対して十分余裕のあるものを買った方が良いです。おやじは、最初ギリギリの物を買ったら、途中から空気が漏れて必要な気圧まで入らなくて、結局買換えました。

英式バルブ(ウッズバルブ、ダンロップバルブ)

日本ではママチャリを中心にもっとも普及しているバルブ。虫ゴムと呼ばれる細いゴムチューブの弁が付く。空気漏れが少なくバルブの補修も容易だが、虫ゴムが劣化しやすく、劣化すると急速に空気漏れが起こるため、定期的に交換が必要。虫ゴムを使わないタイプの製品も発売されている。

米式バルブ(シュレーダーバルブ)

マウンテンバイクやBMXなど強度が必要な車種に採用される。構造が単純で扱いやすい。また頑丈で空気も漏れにくいがやや重い。自動車やモーターサイクルと共通であるため、ガソリンスタンドで空気を入れてもらえる。

仏式バルブ(フレンチバルブ、プレスタバルブ)

ロードバイクやマウンテンバイクなどレース用の自転車でよく使われる。チューブラータイヤもほとんどこのタイプ。高圧の充填が可能。先端のナットを緩め、いったん押し込んで弁を開いてから充填する。軽量だが構造的に華奢。

競輪バルブ

基本的な構造は英式と同じだが細く、競輪用のチューブラータイヤで使用される。

イタリアンバルブ(レヂナバルブ)

外観は仏式に似ているが、先端のナットが外れるようになっている。ヨーロッパ(イタリア、ドイツなど)の一般車で使われている。

英式バルブ 仏式バルブ 米式バルブ
英式バルブ 仏式バルブ 米式バルブ
1
Powered by Movable Type 6.0

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち自転車詳細カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは自転車書籍/DVDです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。