こぎこぎ日記の最近のブログ記事

10ヶ月ぶりの福山に到着しました。GWの計画着手が遅れたため、尾道に宿が取れなかったので、今日は福山駅前のリッチモンドホテル福山に宿泊です。

綺麗なホテルで、フロントの対応も丁寧でした。客室も綺麗で、ベットと浴室が大きいです。テレビも32型の大画面ですね!自転車もそのまま客室に持ち込みOKです。いいホテルに出逢うとなんか嬉しい(^-^)/

あら?!反対側が‥

| コメント(0) |カテゴリ:

駅ではjake君とは反対側のドアが開くので安心と思っていたら、新神戸でjake君側が開きました。(^^;;
大きな荷物を持った人が何人か降りて行きましたが、邪魔にならなかったようです。案ずるより産むが易しの輪行です。
今回はiPhoneの「するぷろ」というアプリで、リアルタイム風にレポートしてます。新幹線の中からも問題無くアップ出来てます。旅が終わったら、別途詳細をアップする予定です。

デッキに佇むjake君

| コメント(0) |カテゴリ:

今回も車両最後尾の席を予約したけど、座席裏のスペースはベビーカーに占領されていて確保出来ず。



デッキの手摺りにストラップで固定してjakeを置いてます。駅では反対側のドアが乗降口になるので、案外と邪魔にならない感じです。

新横浜出発

| コメント(0) |カテゴリ:


只今新横浜の新幹線ホーム。輪行も慣れて来て、サクッと出来ました。今日は福山に宿泊して明日から、しまなみ海道です。

毎日のほほ〜んと生活してたら、もうGWまで1週間になってるじゃないですか!

ということで、慌ててGWのこぎこぎ計画を策定中。

今回は、しまなみ海道+讃岐うどん+小豆島を狙ってるんですが、実家への帰省も含めると、かなりの強行軍になりそうです。

ちなみに、このエントリーは、MacのMarsEditというブログエディタで書いてます。

MacBook ProをメインPCにするか、今まで通りWindowsマシンをメインPCにするか、こちらも試行錯誤でお悩み中です。

 

 

3月25日のレース当日は、朝からカラッと晴れて快晴(^O^)/

7時30分にホテルを出発し、ガラガラの利根水郷ラインを突っ走って、約20分で下総運動公園へ到着。

下総運動公園に到着チーム「KogiKogi」が、戦場に到着。

Go君とAb君が装備しているマスクは、秘密兵器ではなく花粉症対策です。

 

 

 

 

自転車を組み終えて記念撮影

自転車と一緒に枚記念撮影。

オヤジのTarmac君が全然写ってない!!

 

 

 

 

 

会場の広場へ向かう

コース内側の広場に大会本部と、ピットロードが設営されてました。

 

 

 

 

 

バイクスタンドでピット設営

ピットロード近くのコース沿いを確保。

持参したバイクスタンドに自転車を停め、地面に輪行袋を引いて、簡易ピットの設営完了。

 

 

 

 

他のチームも続々と集まってきた

暫くすると、他のチームも続々と集まって来て、思い思いの場所にピットを設営開始。

90チーム以上が参加するので、大混雑するのかと思ってましたが、意外にスペースには余裕がありました。ソロで参加している人が多いようで、広いピットが必要無いんでしょうね。逆に、オリジナルチームジャージを着て集団で参加しているチームは、テントを設営して大々的にやってました。

 

レース開始までの時間を使って、泥縄的作戦会議を開催。

「最初と最後のライダーは若い二人が行きなさい!」と年上風を吹かせ、Go君とAb君にジャンケンをさせた結果、スタート走者がGo君で、最終走者がAb君と決まりました。交代時間は取りあえず20分と決定。

9:20からレースミーティング。

9:30過ぎにスタート準備開始。

スタートに集まる選手たち

Go君は緊張しながら中盤に位置取り

 

 

 

 

 

 

 

各チームがスタート地点に並ぶ中、やや緊張した面持ちのGo君は中盤に位置取り。

スタートを待っていると、なんと!自転車仲間のMさんと、Go君やMさんの会社社長のS氏が応援に来てくれました。わざわざ早朝に遠いところまで、ありがとうございました。

スタートダッシュするGo君9:40にスタート!

颯爽と走りだすGo君を援軍と共に応援。

頑張れ!(^O^)/

最初は集団についていたGo君も、周回を重ねると千切れて、苦しそうな表情に。

 

 

20分走り切ったGo君は息も絶え絶え

20分後、5周して戻って来たGo君は、性も根も尽き果てたような様子。

 

 

 

 

 

 

 

バトンならぬ、アンクルバンドを受け取って、いよいよオヤジの出番です。

ピットロードからコースへ出て加速しながら長いコーナーを抜け、その先の長目の下りで、さらに加速して一気に駆け下りますが、コーナーが複数あってライン取りが難しい。

ここからピットロードまでは上りになり、徐々に勾配がきつくなって来ます。

上りを軽快に駆け上がるオヤジ

ゴール手前の一番勾配のきつい所で、他のチームをゴボウ抜きにし、風のように走るオヤジ(^O^)/

 

 

 

 

抜かれて精神的ダメージを受けたオヤジの背中

なわけなく、実際はゴボウ抜きにされるオヤジ(>_<)

「20分ぐらいは、どうってことないでしょう?」と思ってたんですが、これが大間違いで結構キツイ!まじキツイ(>_<)

この上りの最後の部分では、20km/h以上をキープするのが精一杯な状態でした。

 

上り切って小休止

やっと上り切った後は、直ぐにペースが上がらずポタリング状態(>_<)

オヤジを抜いていった先頭集団は、余裕で30km/h越えしてるんじゃないでしょうか。

Aレースは「のんびり走りたい方」向けだよね?これでのんびり?というくらい早かったです。

 

 

20分で5周なんで、距離にして8km弱ですが、ずっとパワーを掛けて踏み続けなくてはならないのでキツイ。そういや多摩サイを走ってる時って、そんなパワーかけて無いよなぁと思いました。レース出るなら、そういう事をちゃんと意識したトレーニングしなきゃいけないんでしょうね。

やっとこ20分走り終えて、Go君以上に性も根も尽き果ててAb君へバトンタッチ。

マスクしながら先頭集団を走るAb君Ab君は、なんとマスクしたまま、先頭集団に混ざって走ってます。

心肺機能が強いんでしょうね。オヤジだったらあっと言う間に酸欠になりそうです。

 

 

 

上りでも集団について行くAb君

おやじがゴボウ抜きにした・・・もとい・・・された坂でも、ちゃんと集団について行ってます。

 

 

 

 

 

余裕で集団についていたように思えたAb君も、実はマスクで表情が見えなかっただけで、相当キツかったようで、周回を重ねると先頭集団からは脱落して、二位集団に混ざってました。それでも、マスクして集団についていけたAb君は偉い(^O^)/

快調に走っているAb君を応援しながら、Go君とヘタレ作戦会議実施したところ、

「一人3周が限界じゃねぇ?」

と意見が一致。Go君と交代して戻って来たAb君も大賛成ということで、これ以降は一人3周交代にしました。

3周交代になりましたが、それでもオヤジにはキツイ。イーブンペースで3周こなす事を心がけましたが、明らかに3周目のゴール前登りではペースダウン。

一方、Go君はむらのある走りというか、中間集団の先頭を引いてたと思ったら、ペースダウンしたりで、色々と試していたようです。

やはり安定感のあるのはAb君。比較的速い集団を見つけては、ついて行ってタイムを稼いでくれました。

レース終了10分前にピットクローズとなるので、予定通りAb君を最終走者にすべく、交代周回数を調整して12分前にAb君に最終バトンを渡しました。

オヤジも、最後の1周はガンガン行って、ゴール前の登りも27km/h以上で制覇ました。

ゴール

残り12分を走り終えて、Ab君が栄光のゴール!

3時間なんてあっという間だろうと思ってたんですが、結構長く感じた3時間でした。

 

 

 

 

レース後の3人なにはともあれ、走り終えた3人で記念写真。

Ab君が、やっとマスクを取ってくれました(^O^)/

 

 

 

 

応援に来てくれたMさんとS氏

そして、千葉まで応援に来てくれた、MさんとS氏。

ピットでの交代作業を助けてくれたり、大きな声援をくれたりして、本当にありがたかったです。

あれ?Ab君にマスクが・・・(*_*)

 

 

レースリザルトは、周回数61周で、男子チームクラス 14位/25チーム。総合 46位/95チームでした。トータルで90km強走った事になります。

男子チームクラス優勝チームの周回数は71周だったので、3時間で15kmも引き離された事になります。

総合1位は、男子ソロクラスで周回数73周の方でした。ソロってことは、一人で3時間休まずに走り続けたのか・・・凄いですね。

表彰式後、「ガンガン走りたい方向け」が、どんなハイスピードのレースになるのか、Bレースを少し観戦してみましたが、スピード自体はAレースの先頭集団と変わらないものの、先頭集団の大きさが全然違っていて、皆さん実力伯仲なのか、大集団になってました。

ピットを撤収して、15時少し前に下総運動公園を後にしました。

始めてのエンデューロレースで、チーム全員がそれぞれの思いを持ったようですが、

「自転車って楽しいね!レースも楽しいね!」

ということで全員一致。何か良さそうなレースがあったら、また皆で出場しようねと約束しあいました。

さて、チーム「KogiKogi」の今後の活動はあるのか?!

乞うご期待です。

2012年3月25日に千葉県成田市にある、下総運動公園(フレンドリーパーク下総)で行われた、「Super Cycle Road 3H Enduro 下総」に出場しました。

3時間エンデューロレースは、AとBの2種類あり、Aレースが「ゆったり走りたい方」向けで、Bレースが「ガンガン走りたい方」向け。

最初はBレースで「ガンガン走ろう!」となりかけたんですが、「終了時間が17時過ぎで、そこから帰って翌日仕事というのはキツイよね?」という、オヤジのヘタレ意見で、13時に終わるAレースに出場する事にしました。そうすると今度は逆に朝早くなるので、「朝早く輪行して行くのはつらいよね?」という、これまたオヤジのヘタレ意見で、前日にレンタカーで移動することにしちゃいました。(^^ゞ

今回は、前日の移動編です。

出場メンバーは、オヤジと発案者のGo君。そして、先日の鶴見川集団サイクリングで知り合いになった、Go君の同僚のAb君の3人。

Ab君は、多分20代半ばと一番若いのに、自転車経験は一番豊富。スラッと背が高くて、いかにもローディという体型の上にイケメン。鶴見川サイクリングでは、あんまり喋る機会が無かったのですが、今回2日間御一緒させて貰ったら、礼儀正しく性格も素直。その上走りも素晴らしいという、オヤジにとっては正に天敵のような・・・じゃなくて、一緒にいて楽しい若者でした。(^^ゞ

自転車3台入れても余裕のスペース

朝9時に、予約しておいた軽のワンボックスバンを借りて、Go君とオヤジのアパートを回り、藤沢から輪行で来たAb君を登戸駅でピックアップ。

一応、輪行袋に入れた自転車のサイズを計って、ギリギリ積めるという目算で一番料金の安い軽のワンボックスバンにしたんですが、3台積んでも余裕のある広さで一安心。

 

この後、下総運動公園へ行ってコースを試走する予定だったのですが、天気予報が雨だったので試走はキャンセル。そうすると時間が余ってしまうので、経費節約の為に下道を使って行く事にしたんですが、都会の渋滞を甘く見てました。(^_^;)

たまたま出会ったラーメン大草原

結局東京を抜けるのに3時間以上かかって、お昼もとうに過ぎ、皆の腹の虫がぐぅーぐぅー鳴り出した頃に、やっと千葉へ突入。ところが、思いの外沿道に食事出来る場所がありません。やっと見つけたのが、「ラーメン大草原」さん。

店名に一抹の不安を感じましたが、広くてスペースに余裕のある店内は、9割がた埋まっていて人気店のようです。

ピリカラスープにコクがあって美味しい辛麺

オヤジ注文の「辛麺 (700円)+もやし (50円)」

「ニュータンタン」のタンタンメンに似た感じです。ピリ辛のスープにコクがあり、トッピングのニラがアクセントになっていて美味です。テーブルにある、おろしニンニク少々と辛味噌を多めに加えて、さらに美味しく頂きました。

 

 

ボリューム満点 やきめしのスタミナ焼肉のせ

Go君注文の「やきめし( 650円)のスタミナ焼肉のせ (250円)」

やきめしのボリュームが半端ないです。スタミナ焼肉もてんこ盛り状態。

お味の方は、Go君曰く、「美味しいんだけど、やきめしと焼肉は別々に食べたい」という感想でした。

 

人気No.1メニュー スタミナ定食

最後は、Ab君注文の「スタミナ焼肉定食 (780円)」

人気No.1とメニューに書いてありました。

こちらも焼肉のボリュームが半端ないですが、Ab君は、「こはん大 250円(500g)」を追加注文して、全部平らげてました。

お味の方は、Ab君曰く「旨い!」です。

 

これらの他に、「ニラそば」「超激辛麺(辛麺の32倍の辛さ)」「スタミナラーメン」など、一度食べてみたい料理が一杯ありましたが、ここ一店舗だけしかないようです。近場にあったら通うのに残念です。

腹の虫が治まったところで再出発。

この後は順調に走行して、15:30頃に下総総合公園に到着。

コール前の登り 斜度はきつくないけど長いです小降りになって来た雨の中、コース沿いを少し歩いてみました。

ほぼフラットなオーバルコースを予想してたんですが、緩やかな登りと下りが半分半分で構成されていて、フラットな部分はほとんど無く、コーナーの多いコースでした。

 

 

ピット前のコーナー

ピットの先の緩勾配

 

 

 

 

 

 

 

予想より厳しい展開のレースになりそうな予感を抱きながら、本日の宿泊地の佐原へ向かいます。

IMG_0045

「佐原北ホテル」に16:20頃到着してチェックイン。

オヤジの部屋は、2Fのシングルでしたが、思ってたより広くて快適で、なにより、周りに高い建物が無いので、カーテンを開けっぱなしにしていても気兼ねなく過ごせるのが良かったです。

 

 

 

 

 

佐原の近くには、利根川や霞ヶ浦があり、また「北総の小江戸」という観光地でもあるということで、サイクリングを予定してたんですが、路面がウェットなのでサイクリングは中止し、徒歩で観光しました。

昔の旅籠風(?)の佐原駅舎

ホテルから5分ぐらの佐原駅。

古い街並みを観光の目玉にしているらしく、駅舎の作りもそれ風でした。

 

 

 

 

廃業して随分経った感じの百貨店

駅から商店街の方へ向かうと、廃業したあと随分と長くほったらかしにされているらしい百貨店(デバートではなく、百貨店という響きがあってます)の建物ががあり、その周りのビルや店舗も寂れた感じで活気がありませんでした。

地方都市は、どこでも同じような風景に出合いますね。

 

 

もなかの柏屋さん

Go君お勧め「柏屋」

もなか屋さんです。

このお店は有名らしいです。

 

 

 

 

諏訪神社の鳥居の横にChukei Bri.の標識

諏訪神社の鳥居。

この先に伊能忠敬の銅像があります。不思議なのは、街中にある「忠敬橋」の案内には、「Chukei Bri.」と表記されてた事。歴史の授業じゃ「ただたか」と習った気がするけど、本名は「ちゅうけい」なの?

後で調べたら、佐原の人達が愛着を込めて「ちゅうけい」と呼んでるらしいです。

 

ガソリンスタンド風散髪屋風マンガ図書館?

鳥居の前にあった、ガソリンスタンドと思いきや、今は散髪屋さんで「マンガ図書館」が併設されていると言う、なんだか良く分からない物件。

でも、シャンプー顔そり付きで2000円は安い!

 

 

IMG_0061

伊能忠敬の銅像。

 

 

 

 

 

 

IMG_0065

石屋さんにあった、ちょっと怖い「ドラえもん」。

確かに「ドラえもん」だと思うんだけど、何かが違う。何かが怖い(>_<)

 

 

 

IMG_0066

「すずめ焼」のお店。

怖いもの見たさで入ってみたら佃煮屋さんでした。

美味しそうな佃煮が一杯あったので、ホテルでの晩酌用に「すずめ焼」の詰め合わせ(1050円)と、ワカサギの甘露煮(250円)を買いました。

 

この後、観光スポットの古い家並みを目指して、Go君ナビを起動したところ、佐原の街を男3人で彷徨する事になりました。

真っ暗で何も見えないけど古い家並み同じところを2回ぐらい通って、やっと古い家並みに辿りついた時には、すっかり日も暮れてしまい、写真を撮ってもこの通り何も見えません(^^ゞ

観光マップによると、街の中を流れる小野川沿いに古い建物が一杯あるイメージですが、確認出来た限りでは、ポツリポツリと古い建物がある感じでした。比較的まとまってあるのは、忠敬橋周辺ですかね。

いい加減歩き疲れたので、ホテルに戻る道すがらファミレスで夕食を済ませ。一度解散してから、オヤジの部屋で宴会の運びとなりましたが、Ab君は部屋に帰った途端に寝ちゃったらしく、Go君と二人で「すずめ焼」を肴に宴会実施。

すずめ焼詰め合わせとワカサギ甘露煮

すずめ焼詰め合わせの中味 炭火であぶってある

 

 

 

 

 

 

 

すずめの正体 似てるか?

つまみの「すずめ焼」詰め合わせと、ワカサギの甘露煮。

「すすめ焼」の方は、佃煮を炭火で軽く炙ってあるみたいでした。

そして、左の写真の真ん中に写っているのが、「すずめ焼」の名前の元になった佃煮で、昔々お殿様がこれを見て「すずめに似てる」といったのが由縁だそうです。

お味の方は、炭火で炙って香ばしくなった佃煮です。(^^ゞ

ご飯が欲しくなりました。

さて、明日はオヤジにとっての発レース参戦。宴会も適当なところで切り上げて就寝です。

3月になっても寒くて自転車サボり気味のオヤジです。

代わりに自転車のメンテでもと思ってクランクを眺めてたら、jake君のギア比を把握してない事に気づいて調べてみた。

以前、Termac君とEscape R3で調べた結果が、こちらの記事にあったので、Termac君のデータは少し書式を変えて転載。

Specialized Termacのギア比(700×23C)

ギア比 スピード(km/h)
R/F 50 34 80rpm 90rpm 100rpm
12 4.17 2.83 41.90 28.50 47.20 32.10 52.40 35.60
13 3.85 2.62 38.70 26.30 43.50 29.60 48.40 32.90
14 3.57 2.43 35.90 24.40 40.40 27.50 44.90 30.50
15 3.33 2.27 33.50 22.80 37.70 25.70 41.90 28.50
16 3.13 2.13 31.40 21.40 35.40 24.10 39.30 26.70
17 2.94 2.00 29.60 20.10 33.30 22.60 37.00 25.20
19 2.63 1.79 26.50 18.00 29.80 20.30 33.10 22.50
21 2.38 1.62 24.00 16.30 26.90 18.30 29.90 20.40
24 2.08 1.42 21.00 14.30 23.60 16.00 26.20 17.80
27 1.85 1.26 18.60 12.70 21.00 14.30 23.30 15.80

KONA Jakeのギア比(700×28C)

ギア比 スピード(km/h)
R/F 50 39 30 80rpm 90rpm 100rpm
12 4.17 3.25 2.50 42.61 33.21 25.55 47.94 37.36 28.74 53.27 41.51 31.93
13 3.85 3.00 2.31 39.34 30.66 23.58 44.26 34.49 26.53 49.18 38.32 29.48
14 3.57 2.79 2.14 36.48 28.47 21.90 41.04 32.03 24.63 45.60 35.58 27.37
15 3.33 2.60 2.00 34.03 26.57 20.44 38.28 29.89 22.99 42.54 33.21 25.55
17 2.94 2.29 1.76 30.04 23.44 18.03 33.80 26.37 20.29 37.55 29.30 22.54
19 2.63 2.05 1.58 26.88 20.98 16.13 30.23 23.60 18.15 33.59 26.22 20.17
21 2.38 1.86 1.43 24.32 18.98 14.60 27.36 21.35 16.42 30.40 23.72 18.25
23 2.17 1.70 1.30 22.17 17.33 13.33 24.95 19.49 15.00 27.72 21.66 16.66
25 2.00 1.56 1.20 20.44 15.94 12.26 22.99 17.93 13.80 25.55 19.93 15.33
28 1.79 1.39 1.07 18.25 14.23 10.95 20.53 16.01 12.32 22.81 17.79 13.69

乗った感じと比べて意外とサポートしている範囲に差が無い事にビックリ。特に、下の方はもっと軽い所まである印象だったのだけど、実質1枚分Jake君の方が多いだけだった。

フロントスプロケットも、Termac君に30Tを1枚追加しただけの構成だった。

となると、乗り味の違いはリアスプロケットによるところが大きいらしい。

オヤジがTermac君で常用しているのは、50×19Tあたりなのだけど、ここから下にかけては、Termac君が3枚に対してJake君が4枚ある。街乗りや小刻みなアップダウンの連続する道では、Jake君の方が乗り易いと感じるのは、この範囲で小刻みにシフトチェンジ出来るからなのかな?

走っているときに、もう少し使っているギアを意識して、自分にあったギア比と走りを見つけるようにしよう!

今日久々の自転車ロングライドに行って来ました。

メンバーは前回ご紹介したニューカマー3人と、そのお友達3人を合わせた総勢7名の大所帯。こんな人数で走るのは始めてです。

目的地は毎度お馴染み鶴見川源流。

その軽さに驚き!ニューカマー3人とオヤジは登戸周辺在住なので、せせらぎ館に9:30集合。

Go君のロードが完成してました。

LookのフレームにULTEGRA!

持たせて貰ったら、信じられないぐらい軽い!

約6.8kgだそうです。ほぼ競技用の軽さですね。

もちろん乗らせてもらいましたが、踏んだ力に対して素直に反応してくれるんだけど、フレームが堅い感じはしなくて、なんとも乗り易い感じでした。う~む、羨ましい!

Go君、いい自転車造ったね。(^O^)/

リバーサイドあべでお食事20分遅れで到着したMさんと出発。綱島と日産スタジアムで他のメンバーを拾って、鶴見川サイクリングロードに入ったところで、昼食の為に川沿いにある、前から気にはなってたんだけど、一人で入る気になれなかった「リバーサイドあべ」へ立ち寄りました。

 

 

 

あんとも怪しいお店だと思ってたんだけど、食事メニューも結構あって、「偏見はいけないなぁ~」と思ったんですが、

オヤジ:「今日の日替わり定食なんですか?」

と聞くと、

店のおばちゃん:「肉と魚なら何がいい?」

 

オヤジ:「じゃあ、肉で」

店のおばちゃん:「なら、唐揚げとか、生姜焼きとか・・」

やっぱり怪しい!(^_^;

だけど、出てきた料理は意外とまとも・・・と言うより値段の割には豪華!

量の多さにビックリの日替わり定食 生姜焼き

高級そうな魚にビックリの日替わり定食 魚編

 

 

 

 

 

 

 

日替わり定食の生姜焼きと魚料理。魚は多分きんきの煮つけかな?どちらも840円。

見た目普通の焼きうどん

海苔が風で飛んでしまった海苔弁当

 

 

 

 

 

 

 

こちらは焼きうどんと海苔弁当。海苔弁当は風で海苔が飛ばされて、かなり残念な状態になってました。

味の方は、全般的に少し濃いめの味付だったようですが、サイクリング途中の塩分補給にはいい感じ?

暫くワイワイしてから出発した後、オヤジの体に異変が発生。

ここまでの20kmは順調だったのに、突然脚が回らなくなりました。

最初は、食事中に体が冷えたのと、想定外の量を食べたので、少しすれば戻ってくるかと思ったんだけど、全然回復しなどころか、ますます脚が回らなくなって行く。

他のメンバーが、ちぎれたオヤジを待ってくれている始末で、申し訳ないやら情け無い状態。

最後の一人を鶴川で拾ってからは、先行メンバーを見失わないようにするのが精一杯。

IMG_0128やっとこ、源流に辿りつくと、工事中になってました。(^_^;)

源泉だけは、工事の囲いの外から見られたけど、遊歩道や周囲にあった池は、全部工事してたようです。

どんな形で生まれ変わるのか、暖かくなったらまた行ってみようと思います。

 

今回のサイクリングはここで解散。登戸組は尾根幹経由で帰る事にしましたが、この選択がさらなる悲劇をオヤジにもたらします。

まず、源流から尾根幹に出る坂道で脚着き3回。(^_^;)

他の登戸組は脚着き無しで登り切ったそうです。くやしぃ~!

その後は、脚が回らないどころか、全然力も入らなくなってしまい、尾根幹のアップダウンに翻弄されてしまいました。う~ん、情けない(>_<)

2012年に入ってからは、ほぼナマケモノ状態で、まともに自転車乗ったのは数える程。それでも、そんなに脚は鈍って無いと思ってたんだけど、信じられないぐらい鈍ってました。今回の総走行距離も70kmぐらいだったのに・・・心を入れ替えて走りましょう!

でも、寒いんだよねぇ(^_^;)

ここ暫く、寒いのと早起き出来ないのとで、自転車サボり気味のオヤジです。(^^ゞ

しかし本当に今年の寒さはハンパ無く感じてたんだけど、やはり1月の平均気温は例年に比べて1℃以上低かったらしいです。こりゃなかなか走る気にもならないわけです。風も強いしねぇ・・・てな訳で、かなり古いお話になりますが、2011年11月3日に高尾山へ、お仲間3人と行って来たお話です。タイムリーに更新出来なくてすいません。m(__)m

3人とも昨年から自転車の魅力に嵌ったニューカマーで、高尾山へ行ってみたいと言う事だったので、何度か行った事のあるオヤジが先輩風を吹かせて御一緒しました。

そいでは、お仲間さんのご紹介。

Tk君とアンカー

最初に自転車に嵌ったTk君。

数年前に約2年間一緒に仕事させて貰ったソフトハウスの方で、その後もプライベートでのお付き合いをさせて貰ってます。

とにかく、素直でないと言うか、オヤジの言うことを聞かない若造で、自分で体験してみないと納得しないタイプのエンジニア。結局は、ほぼオヤジの言った通りになるんですが、このタイプのエンジニアは今の時代貴重です。

自転車についても、オヤジの話を全否定してましたが、昨年初めにフィットネス目的でクロスバイクを購入してから自転車に嵌ったようで、暫くオヤジには黙っていましたが、カミングアウトしてからは、色々とオヤジに質問しながら、オヤジを上回るスピードでステップアップして、現在はANCHORのロードに乗ってます。まあ、相変わらずオヤジのアドバイスを聞かないのは変わらないですが・・・(ーー゛)

若いだけあって高ケイデンスの良い走りをします。最初の頃は、スプリンタータイプの練習をしてたようですが、最近は坂も始めてオールラウンダーになって行きそうな感じです。

Go君と正体不明のロードバイク

続いてGo君。

Tk君と同じソフトハウスの社員さん。馴れ初めはTk君と同じで、こちらもプライベートでお付き合いが続いてます。

2008年の名古屋グルメツアーは、当時名古屋に勤務していたGo君に会いに行くのも目的でした。

Tk君と一緒にクロスバイクを購入したらしいですが、すぐには嵌らず少し空白期間があったのち、周囲の自転車熱に影響されて再開してからのハマリスピードはピカイチじゃないでしょうか?

 

最初に購入したクロスバイクが、ロードのフレームにフラットハンドル、フロント1枚という何ともイカガワシイ(?)仕様でしたが、高尾山に行った時には、自分でドロップハンドル化してました。そんで、現在は自分でパーツを選択してオリジナルロードを製作中。みんな完成車で満足してる中、この行動力は素晴らしい!どんなロードが出来るのか楽しみです。

また、年齢も若く小柄なので、そのバイタリティも含めて、一番速くなりそうな予感がします。

ダブルピースのMさん

Mさんとピンクアンカー

 

 

 

 

 

 

 

最後はTk君とGo君の同僚のMさん。

残念な事に仕事では直接関わった事はありませんが、Tk君達とやっている恒例の花見や、バーベキューなどの企画に参加してくれてました。元気一杯の気持ちのいい女性で、料理の腕も中々のもの。花見に持って来てくれた手料理が美味しかったです。

貴重な紅一点なので写真は2枚でサービス(^_^;)

Mさんも他の二人と同時期に自転車を始めたそうで、クロスバイクを経て、現在はANCHORのピンク色ロードに乗ってます。華やかでいいですねぇ。やはりロードは派手でナンボてな感じです。

女性と走るのは初めてなので、どんな走りをするのか序盤に少し後ろを走らせて貰いましたが、綺麗なペダリングの高ケイデンスな走りで、下手するとオヤジより早い感じ。

その後は遠慮せずに引かせて貰いました。

自転車をきっかけに「とりあえずやってみよ~♪」というブログを始めたそうで、リンク張らせて貰いました!(^O^)/

さて、高尾山へは、多摩サイから20号線を通る、いつものルートで行きました。

オヤジが何気に好きな多摩御陵(武蔵陵墓地)に寄り道したところ、みんな気にってくれたようです。なんか、独特の静寂感があって、好きな場所なんですよね。

高尾山は大賑わいで、これまでで最高の人出でした。紅葉狩りの季節だったのか?

お昼に蕎麦を食べる予定にしていた高橋家も当然の如く混んでいて、待つかどうか皆で相談した結果、全員腹ペコ状態だったので、参道にある空いている蕎麦屋で手を打つ事にしました。

ちょっと残念な山菜とろろそば

やっぱ、高尾山に来たら「とろろ」だよねぇ!と言うことで注文した、山菜とろろそば。

見た目は良かったんだけど、肝心のとろろがメレンゲみたいな感じで、かなり残念な印象でした。

やっぱ、空いているお店に多くを期待しちゃいけないねぇ。

 

以上、お仲間のご紹介兼、高尾山のご報告でした。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
Powered by Movable Type 6.0

2015年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちこぎこぎ日記カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはグッズです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。