自転車書籍/DVDの最近のブログ記事

自転車関係のコミックって少ないと思っていたのですが、ただ単におやじが興味持ってなかっただけで、結構あるもんですね。

先日、何かの機会に石渡治さんのoddsというコミックを知って、早速読んでみました。

ロードレースで全国2位の実力を持つ高校生が主人公。1位のライバルにいつか勝つことを夢見ています。

ある日、両親と妹が自動車事故にあい、母親と妹が死亡し、父親は植物状態になってしまいます。しかも、父親の借金があり大変な状況になりますが、その事故の原因は自分にあると感じている主人公は、自宅マンションと父親の面倒を自分で見ることを決意します。
しかし、いつかライバルに勝つまでは自転車を諦められない。

そんなとき、自転車を続けながら高収入が得られる競輪を知り、競輪選手になることを目指します。しかし、ロードと競輪は、同じ自転車競技とは言え、使う筋肉も違うし、全く別のものが求められます。
しかも、競輪学校に一発で受かれば、競輪学校卒業まではどうにか生命保険でやっていけるが、もしも落ちれば自転車を諦めて働かなければならないという崖っぷち。

でも、やるっきゃない!ということで、がむしゃらに突き進みます。夢は7年間競輪で稼いでから、ライバルの待つヨーロッパへ行きロードでライバルに勝つこと。色々な人たちに出会い、助けられながら主人公の奮闘が始まります。

熱く、切なく、ドキドキするコミックです。一度ピストに乗ってバンクを走りたくなること必至です。

2巻では、競輪の見方をかなり解説しています。京王閣に行く前に読んでおけば、競輪をもっと楽しめたかもしれません。競輪入門書としても最適?

ヤングサンデーに連載されていて、ヤングサンデーの休刊に伴って一旦終了していたらしいのですが、今年漫画アクションで、タイトルを「Odds GP!」に変えて再開したそうです。

今後が楽しみです。

最近自転車関係の本や漫画を読み漁ってますが、今回は週刊少年チャンピオンに連載されている自転車漫画「弱虫ペダル 渡辺航」です。

自転車漫画は数少ないですが、「アオバ自転車店 宮尾岳」と並んで、現在連載中の数少ない(あれ?連載中が2本あるって、そんなに少なくないのかな?)自転車関係漫画です。

中学時代は友達もいなかった運動神経ゼロのオタク少年 小野田坂道が、高校に入学してから、ある意味自転車オタクの友達を得て、自転車の魅力と自分の適性に目覚めていくというストーリーのスポーツコメディです。

坂道君はオタクですが、小学校の頃から毎週欠かさず、自宅のある千葉から片道45kmある秋葉原までママチャリで通っていて、しかも自宅は友達も来たがらない程の坂の上にある、という設定で、これからヒルクライム関係の話に発展していきそうな予感がします。

ヒルクライムと言えば「シャカリキ」のテルですが、テルと違って坂道君は、普段の生活の中で気付かないうちに坂を登ったりしているので、「シャカリキ」のような力の入った使命感はなく、ある意味天才のように爽快に走ってくれます。ママチャリでケイデンス200で走ってしまったり、ロードで坂道をケイデンス120で走ったりしてくれるので気持ちいいです。

まだ連載中で、コミックも3巻までの発行ですが、今後が楽しみです。

宮尾岳さんの「並木橋通りアオバ自転車店 全20巻」です。

様々な自転車と自転車をめぐる人間模様の物語が、峠一家が営む「アオバ自転車店」に関わりながら繰り広げられます。

スポーツ漫画ではなく、自転車との日常の関わりの物語です。登場する自転車もロードからママチャリまで様々。それらの自転車のオーナーも様々。それぞれの自転車とオーナーの物語が、時には楽しく、時には物悲しく描かれています。

物語を楽しむのはもちろんですが、こんな自転車もあるんだとか、こんな楽しみ方もあるんだと気付かせてくれます。

色々な自転車が欲しくなること請け合いの漫画です。(^_^;)
並木橋通りアオバ自転車店」は、全20巻で完結していますが、そのあと「アオバ自転車店」というタイトルで単行本はリニューアルオープンしています。現在こちらは6巻まで発売されていて連載続行中です。ただし、連載の方のタイトルは「並木橋通りアオバ自転車店」のままです。単行本のみタイトルが変わっています。
作家・英文学者の伊藤礼さんの自転車エッセイです。

伊藤さんが自転車に凝りだしたのは、定年を間近に控えたある日、記念に12km離れた勤務先の学校まで自転車で行ってみようと思い立ったのが切っ掛け。

それまで、自転車に乗るのは近所の郵便局へ行くぐらい。自転車で通勤しようと思ったことはあるが、色々乗らない理由をつけて自動車で通っていたが、最後に一度だけ記念走行をしたいと、「つい乗ってしまった」そうです。

「一般的にいって、何に限らず、一度だけとかちょっとだけと手を出すと、たいていそれですまないものなのだ。」

と、伊藤さんが言っている通り、それから4年間で自転車は6台に

増殖していき、同年齢の友人3人と北海道ロングツーリングをするまでになる間の、思い出に残るサイクリングやロングツーリングのエピソードや、自転車に対する想いなどが独特のトーンで綴られています。

神田川を隅田川までサイクリングした時の話などは、ルート上の景観やポイントの説明が淡々と続くのですが、何故か一緒にのんびりサイクリングしている気持ちにさせてくれます。

しかし、「伊藤さんと一緒にサイクリングしたら疲れるだろうなぁ」と内心思ってしまいます。それは、「きっとこの人は頑固で偏屈な人なんだろう」と感じさせる部分が所々に出てくるから。しかしその部分が特に面白い。多分、伊藤さんご本人は、大真面目で理路整然と考えられたことを書かれているのでしょうが、何故かユーモラスで、クスッと笑ってしまいます。

70歳過ぎても自転車に乗る。シャカリキななって乗るわけではなく、ゆったりしたペースで乗る。でも、時々意地になってこぐ。

お勧めの一冊です。

ランス・アームストロングさんの著書「ただマイヨ・ジョーヌのためでなく」を読んだら無性に映像が見たくなって、調べてみたらこのDVD「レジェンド・オブ・ツール・ド・フランス ランス・アームストロング」があったので早速注文。昨日届いたので見てみました。一気見です。

最初は軽く若いころの経歴紹介があってから、1999年のツール・ド・フランス初制覇から、2005年の7連覇達成して引退するまでの、ツール・ド・フランスでの活躍や、ライバルとの対決が記録されています。

初制覇時に各エピソードや、ドーピング疑惑でマスコミに対応する姿勢など、「ただマイヨ・ジョーヌのためでなく」で描かれていた通りで、本の方には、その時の心境とかも描かれていたので随分楽しめました。

その後は、段々と円熟味を増して行き、安定感のあるレース運びで連覇を重ねていく姿が印象的でしたが、ライバルの皇帝ウルリッヒと

の争いなど、重要な場面では牙をむき、圧倒的な強さとスポーツマンシップを見せてくれます。

思わず引き込まれる、満足の1枚でした。

ツール・ド・フランスに限らず、これから色んなロードレースを見てみたいと思います。

自転車のロードレースでは超有名なランス・アームストロングさん。

おやじは、自転車に興味を持って、色々調べ始めるまでは全然知りませんでした。(*_*;

高千穂遥さんの「じてんしゃ日記」で、お勧めの本として紹介されていたので読んでみました。

この本は、バイクのロードレースで世界に名を知られはじめ、これからさらに活躍しようかという25歳の時に、睾丸癌と診断された(このとき既に癌は肺と脳にも転移してしており、生存率は50%以下と宣告されます。)著者が、絶望と恐怖の中で、癌と闘うことを決心して、手術と過酷な化学療法を乗り越えて癌を克服し、その後、ツール・ド・フランスで総合優勝するまでの過程を描いています。

癌になるまでの、人生観や自転車競技に対する考え方が、癌になった後どのように変わっていったのか。何故変わっていったのか。単なる闘病記ではなく、人生とは、様々な人たちとの出会いや、友人や家族との強い絆を通して、自分自身で素晴らしい物にしていく物だと教えてくれます。

人生とは何ぞや?どう生きていくべき何だろうと、久々に考えさせてくれました。是非、若い人に読んで欲しいと思います。

このあと、ランス・アームストロングさんは、前人未到のツール・ド・フランス7連覇を達成し、2005年に現役引退しましたが、何と2009年にツール・ド・フランス8勝目を目指して現役復帰するそうです。楽しみですね。

高千穂 遥さんの自転車本です。

本屋で自転車関係の本を探していたら、なんとなく気になって買っていました。特に意識した訳ではないのですが、「じてんしゃ日記」に続き、高千穂 遥さんの本を買ってしまいました。

こちらは、自転車に関するエッセイです。

じてんしゃ日記で見る限り、高千穂さんはバリバリのローディだと思っていたのですが、意外にも一番多く乗るのはママチャリだそうです。

そんなわけで、最初はママチャリの話から始まり、ポタリング、ロードレーサー、ピストと、高千穂さんが歩んできた自転車遍歴が続きます。
それぞれの自転車の楽しみ方、自転車法規の話、自転車生活に対する考え方など、いろいろ参考になりました。

自転車に興味のある方は是非一読を。

早川書房から出版されている自転車コミックです。

SF作家の高千穂遥とコスプレ漫画家の一本木蛮がタッグを組んで、自転車生活のあれこれや楽しみ方を教えてくれます。

高千穂さんは、この他にも自転車関係の書籍を書いています。ご自身でも「修行僧」というような表現を使っていますが、かなりストイックに取り組んでいる印象です。でも、楽しそう(*^_^*)

一本木さんは巻き込まれた感じですが、だんだんと自転車の魅力に嵌っていくところが面白いです。

おやじも最初の自転車は、なんの知識もないまま、「クロスバイクてのがよさそうだなぁ」とサイクルショップへ行って、予算との関係でショップが薦めてくれた自転車を買いました。

しかし、これが乗ってみると、気持ちいいし楽しい!

だんだん自転車に興味が出てきて、本屋で自転車関係の本を探してみましたが、自転車関係の本の少ない事。たまにあっても、ロードバイク系のメンテナンス本。本当の初心者用の入門関係はなかなかありません。

そこで目についたのがこのじてんしゃ日記。

コミックだから読みやすいと思って買ってみましたが、かなり参考になりました。自転車入門者にはお勧めです。

1
Powered by Movable Type 6.0

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち自転車書籍/DVDカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはサプリメントです。

次のカテゴリは自転車詳細です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。