ドラマな日々の最近のブログ記事

面白いと評判だった半沢直樹を、世間から半年遅れでみてみました。

第1話を見始めたのが1月12日の23時過ぎ。そのまま話に引き込まれて、第7話まで見終わったのが13日の7時過ぎ。その間の金麦消費量500ml×4缶。流石に眠くなってバタンキューして、13時過ぎに起床して即第8話から再開して最終回までみてしまいました。

人気があっただけあって確かに面白く、一気に引き込まれて見続けてしまいました。

会社内の権力や派閥争いの構図は、白い巨塔島耕作と似た物があり、人気が出た理由として良く聞いていたのが、同じ様な境遇にあるサラリーマン達が感じているジレンマみたいな物を半沢直樹が「倍返しだ!」と言うセリフと共に晴らしてくれるところが共感を生んだという話で、ここら辺は島耕作に似てるのか?

オヤジは、ずっと一部上場企業で働いて来ましたが、技術畑を一筋で歩んで来たためか、会社内の権力争いや派閥争いに遭遇した事がないのですが、もしもそんな会社に入ったら即出向させられて、しかもその意味にも気付かずに呑気に暮らしてる様な気がします。

そんな訳で、その点に関してはバンカーって大変なのね?と、単純に同情しながらみてました。このドラマでオヤジが気に入ったのは、半沢直樹の父親が言っていた「人とのつながりを大事にしろ」という言葉と、それを実戦して行く半沢直樹の懐の広さでした。

大阪西支店融資課のメンバーが、徐々に半沢直樹を信頼して行き、最後には最高のチームになって行く姿とか、タミヤ電機に出向させられた近藤が、病気を克服した後に働く姿が最高でした。特に、融資課の連帯感はオヤジが目指したい開発チームの姿と一緒です。

「倍返しだ!」が一躍有名になった台詞でしたが、オヤジとしては、その台詞の前に必ずついていた「人の善意は信じるが」という言葉が一番大事だと思いました。

「人の善意は信じるが、やられたらやり返す、倍返しだ!」

島耕作は、「人の善意は信じるが」という部分と、驚異的な幸運の持ち主で共感を得てましたが、半沢直樹のニューヒーロー的部分は、後半の「やられたらやり返す」に象徴されている様な気がします。

ドラマを見ていて気付いたのですが、原作は池井戸潤さんの「オレたちバブル入行組」から始まる半沢直樹シリーズなんですね。少し前に紀伊国屋のベストセラーになってたので気になってたのですが、原作を読んだ知人がお勧めしてくれていたので今度読んでみたいと思います。

原作シリーズは、ドラマの最終回以降も続いているようなので、ドラマシリーズの方も続編を期待というか、ここまで人気が出れば作りますよね?

面白そうだと思って録画しておいた「終電バイバイ」を約3ヶ月遅れでやっと鑑賞しました。途中から予約始めたので、第4夜以降しか見てませんが、感想などを一つ。

1話完結のオムニバス形式で、とある駅で主人公が終電に乗り遅れた後に起こる出来事を描いています。主人公の職業や人生は毎回変わりますが、それぞれの駅の特徴を生かしたストーリーが展開します。演じているのは一貫して濱田岳さん。色々な映画やドラマに出演されていて、「アヒルと鴨のコインロッカー」という映画では、オヤジの地元の高崎映画祭の最優秀主演男優賞を受賞しているようですが、失礼ながらオヤジはこれまで知りませんでした。

最初は、”声が爆笑問題の田中裕二さんに似てるなぁ”と思いましたが、暫く観ているうちに若い頃の”尾見 としのり”さんと印象がダブって来ました。オヤジは、映画「転校生」以来、尾見さんの大ファンです。久しぶりに連続テレビ小説の「あまちゃん」に尾見さんが出演されているのをみましたが、尾見さんの持ち味が良く出ていて嬉しかったです。ストーリー展開的にもう出番が無い様な感じなのがちょっと残念です。

宮藤官九郎さん!尾見さんの出番を増やして下さい m(_ _)m

話が逸れてしまいました。 (^_^;

終電バイバイの方ですが、面白い話と「なんだこりゃ?」という話の格差が大きかった様な気がします。

文句無く面白かったのは、「第4夜 蒲田」と「第8夜 下北沢」の二つ。

第4夜は、極度の潔癖性の男と、蒲田の地元でアイドルをやっている片付けられない女の子の物語。この二人の出会いからのドタバタの面白さと、徐々に心を通わせて行く過程の切なさがジーンと来て、エンディングまで釘付けでした。

第8夜は、修学旅行で東京に来た高校生が宿を抜け出して、下北沢の劇団に出会ってドタバタを繰り広げる物語。こちらは、どう見てもいい加減に見える劇団員達なのに、それぞれが演劇に対する溢れる程の愛情を持っているという事がひしひしと伝わって来ます。

逆に一番納得がいかなかったのは「第7夜 溝の口」。

制作会社のADが、ホームレスとダンスチームの若者達の確執の取材を通して、最後には皆が和解するという物語。溝の口は馴染みが深いだけに、なんでそんな所で?とか色々現実的な疑問点が湧いてしまいました。ストーリーもかなり無理がある。

という感じで、オムニバス毎の格差が大きい感じは否めないですが、こちらの心にヒットした話は文句なく面白い!というドラマでした。見逃してる回もなんとかして観たいと思います。

   

いつ糸子役が尾野 真千子さんから夏木 マリさんに交代するんだろうと思っていたら、3月3日の放送回の最後で、ついに交代しちゃいましたね。

物語の方は、昭和40年代から、一気に昭和60年に突入して、糸子の年齢が72歳になったところでした。

流石に72歳の役は尾野 真千子さんじゃ無理がありそうなので、交代は仕方ないなぁという感じですね。

とは言え、第一印象では夏木 マリさんでも若すぎる感じがします。

さて、来週からどんな感じになるのか、楽しみにしたいと思います。

なにやら今日のニュースによると、カーネーションのヒロインが尾野 真千子さんから、夏木 マリさんへ交代するそうだ。

これから糸子の晩年の物語になるのが理由らしい。尾野 真千子さんも若くは無いとは言え・・・失礼(>_<)・・・メイクで老女役やキツイか。

何気に尾野 真千子さんが気に入ってただけに少し残念な気もするが、良い脚本なので夏木 マリさんの演技に期待かな?

しかし、夏木 マリさんも59歳になってたんだね。もう還暦か!

絹の靴下」で、デレレン!デレレン!と指招きしてのは、つい先日のような気がするけど、いつの間にか39年も月日が流れちゃったんだねぇ~。

何気に検索してみたら、既にカーネーションのDVD-BOXが発売予定になってた(^O^)/

カーネーション 完全版 DVD-BOX1」が2012年3月21日で、「カーネーション 完全版 DVD-BOX2」が2012年5月21日発売ですと。

見逃している1話から33話までを早く見たいけど、定価15,960円は高いですなぁ~(>_<)

今日時点のアマゾン価格だと、27%オフの11.703円になってるけど、受信料払ってるんだから、メディア代と少しばかりの手数料で売ってくれないもんだろうか?そんで、今時DVDと言うのもなんだから、BD使ってHD画質にしてくれたらいいよね。

まだ発売まで間があるから、NHKさんが再放送してくれるか、どんどんアマゾンの価格が下がるのを待ちますかね。(^^ゞ

DVD-BOXの他にも、ノベライズされた単行本と、原作の小説があったです。

こっちも興味あるけど、電子書籍があれば探してみようかな・・・と思ったら、ありました。

う~ん、どうすべぇ(*_*)

最近NHKの朝の連続ドラマ「カーネーション」に嵌ってます。

開始当初に何かのきっかけで見た時には、なんとなく面白そうだなと思っただけで、毎回見ることもなく、その場限りで終わってました。

暫くして、また偶然に見た時には、戦争中の話になりそうな展開だったので、どうせ教訓じみた暗い話になって行くんだろうと思って、そこでもその場で終わり。

その後、またまた偶然見て見ると、予想に反して流れている空気感が暗くなくて、むしろ明るい感じで、気になったので録画予約したのが始まり。

34話以降、毎回録画して見続けるうちに、すっかり嵌っちゃいました。最初から見なかったのがとても残念(>_<)

戦争中の話とかもあるので、つらいエピソードとかもあるんだけど、教訓じみた暗い感じにならず、「それでも頑張ろう!」というか、「前向きに生きていこう!」というか、なんか今までにない感覚のドラマなような気がします。

主役の糸子役の「尾野 真千子」さんが素晴らしい!

失礼ながら初めて演技を見させてもらいましたが、いわゆるヒロインヒロインしたヒロインでなく、ちゃんと糸子を演じている感じが素晴らしい!

その他、回りを固める役者陣も素晴らしい。何気に気に入ってるのが、

昌子役の「玄覺 悠子」さん

お母さんの千代役の「麻生 裕未」さん

祖母 ハル役の「正司 照枝」さん

そして、もっともオヤジ心をくすぐる

木之元商店主役の「甲本 雅裕」さん

やっぱ面白いドラマや映画って、脇を固める人達の力が大きいきがします。この人たちの存在が、燻し銀のように光ってるような気がします。

そしてなにより脚本と演出。

脚本は、「渡辺 あや」さん。

演出は、「田中 健二ほか」となってます・・・「ほか」?そうするとやっぱり脚本の力が大きいのかも。(^_^;)

今後も楽しみですが、3月で終わっちゃうんですよねぇ~。いつか再放送あると思うので、1話から33話も見たいです。

それと、尾野 真千子さんの主演の映画「萌の朱雀」と「殯の森」、渡辺 あやさんの脚本作品も見てみたいと思う今日この頃です。

殯の森」は、カンヌ国際映画祭でグランプリをとってるそうです。

萌の朱雀」は、高崎映画祭で最優秀新人女優賞受賞を、シンガポール国際映画祭で主演女優賞を取ってるそうです。

高崎映画祭?・・・・オヤジの地元じゃん!1987年からやってるそうですが、全然しらんかった(^_^;)

2012年も3月に開催するそうなので、ちょっと調べてみよう!

でも、高崎に映画館なんて残ってた?(^_^;)

日本TV系で放送されているドラマ「赤鼻の先生」。久し振りに連ドラみてます。

大泉洋さん主演ということで、第1回を見てみたが、なんだか無理な設定から無理やり院内学級の先生になって、特に笑うところもなかったので、今後どうかなと少し不安。

大好きな小林聡美さんも出演しているので、第2回以降も続けて見てみたら、回を追うごとに面白くなってきました。

病院内の院内学校のお話なので、生徒達の病気との闘いの場面では重い感じになりますが、それに立ち向かう病院スタッフや、院内学校の先生達の奮闘が、笑いを含めて軽妙に描かれていると思います。

大泉洋さんと小林聡美さんの絡みも面白い。やはり小林聡美さんは、いい味を出してます。

また、毎回居酒屋での一場面が出てきますが、この一場面も面白い。マスター役の俳優さんがいい味を出してます。

第3回目ぐらいに、エンディングのキャストに「尾美としのり」と出てたので驚き。

どの役で出演してたのかわからなかったので、次回の放送で探してみると、なんと居酒屋のマスター役でした。全然気づかなかったです。小林聡美さんと尾美としのりさんと言えば、おやじ的お気に入り映画ベスト10に入る「転校生」が思い出されます。まだ転校生を見ていない方は、是非見てみてください。

今現在の密かなお気に入りは、音楽の西森先生役の平岩紙さん。なんだか、ほんわかしていていいですね。

只今第7回まで見ていますが、少し重い方向に話が進んで行きそうなのが心配。

和田っちの病気が治って、ハッピーな方向に話が進んで欲しいもんです。

今野敏さん原作、しかも佐々木蔵之助さん主演ということで、楽しみにしてみてたんですが・・・・

う~ん、微妙ですね。

何が微妙かというと、今野敏さんの安積班シリーズファンの方々には、かなり物足りないドラマになってしまったような気がします。

まあ、1話完結のドラマとしては仕方ないのかもしれませんが、本来事件を通して、安積係長と、安積係長率いる強行班係のメンバーの連帯感というか、人間関係が面白いのですが、そこら辺がドラマでは中途半端になってしまっているようです。原作には登場しない女性刑事の水野(黒谷友香)が加わっていることも、そこら辺の描き方が中途半端になっている原因か?

いきなり前振りもなく、第5話では桜井(賀集利樹)が「ハンチョウは須田(塚地武雄)さんに比べて、村雨(中村俊介)さんを軽視しすぎます!」なんて言い出すし・・・原作読んでれば分かる発言ですが、ドラマを見ている限りでは「何でそんなこと言うの?」みたいな感じになってしまいますよね?

須田役の塚地武雄さんが、足の骨折でシナリオが随分変わっちゃったのかな?なんて深読みもしてしまいます。

あとは、妙におしゃれな感じになってしまっていて、刑事という職業の多忙さの中でも、正義を貫くために奮戦する姿がいまいち伝わってこないですね。

一番残念なのは、速水(細川茂樹)の人物像が随分変わっちゃてる事かな?原作の速水ファンて結構いると思います。

まあ、ドラマ後半の展開に期待したいと思います。

先日見た映画の少年メリケンサックに出演していた、勝地涼さんの演技が新鮮だったので、「キャット・ストリート」ではどんなだったかと思い、録画していたTVを見出したら、結局全話見返して再び号泣してしまいました。(^_^;)

特に、けいとがお母さんと久しぶりに食事をするシーンが、おやじ的には泣けてしまいます。おやじも、両親には心では感謝してても、甘えているためか、なかなか面と向かっては素直になれない自分がいたりして、どんな思いで両親がいるのかとか考えさせられたりするるためでしょうか?

まあ、それは兎も角として、勝地涼さんの演技ですが、やはり役者として成長しているんでしょうか?見返してみたキャット・ストリートでは、少年メリケンサックに比べて、少しギクシャクした部分があるように思いました。成長なのか演出家の腕なのか?次回の勝地涼さんの出演作をチェックしたいと思います。

それと、谷村美月さんですが、楽しみにしていた「メイちゃんの執事」では、後半になって少し出番が増えてきましたが、少し残念な役回りですね。次回作に期待かな?

16時頃にHEROESの再放送していたのを見たのが運のつき。

早速レンタルしてシーズン1からシーズン2まで一気見です。

人気があるのは知ってましたが、ここまで面白いとは恐れ入りました。

アメリカで「やった~!!」が大人気ということで、マシ・オカが来日してTVに出ているのは何度が見ましたが、ドラマを見た限りでは、何故アメリカでそんなに人気なのかイマイチ分かりませんでしたね。それより気になったのは、他の日本人役の人たちの日本語が変だったことと、日本の描き方が未だにちょっとずれていること。なんだかなぁ、という感じがしてしまいました。

シーズン2は、シーズン1に比べていま一つの感じがしました。やはり、メインの敵役がサイラーじゃないとですね。アダムの能力だと、少し役不足のような気がします。しかし、シーズン2のクレアが我儘なこと。イライラしましたが、それがドラマを面白くしてるのかな?

そういえば、再生能力って、不死身みたいに描かれてますが、飲まず食わずでも死なないんでしょうかね?だとすれば、いつかアダムも復活するのか?

全編を通して好きなキャラクターは、ベネットとパークマン。ベネットさんは能力者じゃないけど、もしかしたら一番強いんでないの?パークマンはホンワリしてていいですね。

ここだけの話ですが、ピーターだけいれば何でも出来て、サイラーの居場所をすぐに見つけてやっつけてしまうような気がするのはおやじだけでしょうか?

さて、これからシーズン3に挑戦です。サイラー復活が楽しみですが、他にギャラクティカと、ゲームのBIOSHOCKに嵌っているのでもう大変。寒いこともあって自転車はさぼり気味。時間がいくらあっても足りません。ああ!そろそろ職探しもしなくちゃ・・・

1  2
Powered by Movable Type 6.0

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちドラマな日々カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはデジタルな日々です。

次のカテゴリは映画な日々です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。