ラーメンの最近のブログ記事

蒙古タンメン中本 目黒店

| コメント(0) |カテゴリ:

目黒にあるラーメン店「蒙古タンメン中本 目黒店」に行ってきました。

こちらは言わずと知れた激辛ラーメンの人気店です。

蒙古タンメン中本 目黒店

日曜の13時過ぎで、外に行列がなかったので、すぐ席につけるかと思いきや、店内に入ってみると10人程待っている人達が並んでいました。食べ終わる14時過ぎまで、常に待ち行列が途切れませんでした。流石人気店ですが、程良い混み具合です。

店内にある券売機で食券を買って、店員さんに渡してから並ぶのがこちらのシステムのようです。

 

そんなわけで、食したメニューがこちら!

「セット定食(170円)」 小ライス、特製辛し麻婆豆腐

定食

辛さ度:4

特製辛し麻婆豆腐と小ライスのセット。お得な中本名物メニュー。

ドリウェル:
並んで待っているときに、多くのお客さんが注文していた麻婆豆腐と小ライスのセット定食。ライスに麻婆豆腐をかけて、ぐちゃぐちゃにかき混ぜて頂くのが通だそうです。
ということで、その通りにしてみるものの、麻婆が辛い。。

かねくん:
とろみが強く、プルプルした感じでした。辛さ度8の五目味噌タンメンと一緒に食べていたためか、辛さはそれほど感じませんでしたが、ドリさんの顔を見ていると相当辛いようです。今回辛さ度8にノックアウトされてちゃんと味わえなかったので、次回はまず麻婆豆腐から食べてみましょう。

「蒙古タンメン(770円)」

蒙古タンメン

辛さ度:5

中本人気No.1メニュー。味噌タンメンの上に特製辛子麻婆豆腐がのった逸品。

ドリウェル:
まずは味噌タンメンのみから食してみると、それほど辛くない。これなら普通に食べれそう。と思って麻婆豆腐と一緒に食べたら、これは辛い。初めは普通に「辛い辛い」思いながら食べていたものが、次第に唇が痺れるほどに。。滝のような汗をかきながら何とか完食(スープ以外)。

 

「五目味噌タンメン(950円)」

五目味噌タンメン

辛さ度:8

肉、野菜がたっぷりで、 ボリューム満点のラーメン。

かねくん:
こちらは辛辛党代表のおやじが挑戦。
野菜や肉の具が山盛りになってます。卵は、半個分が輪切りになって入ってました。

まずはスープを一口。ピリッと来ますが、程良い辛さで、コクがあって美味いです。

次は麺を・・と思ったら、具が多くて全然麺に辿りつけません。具の野菜はじっくり煮込まれていてシンナリしているので、見かけよりもガッツリ量が入っています。

麺の発掘は諦めて具を一口。野菜に味が染みていて美味しいです。タンメンというよりも、チゲ鍋で煮込んだ感じの具です。

さて、美味しい辛さを味わいつつ食べ進んで行くと、どんどん辛さが増して来ました。終盤では、おやじには珍しく、汗が出てくる程の辛さに。。。これは辛いです!嬉しいけど、辛いです!

その上量が多い!定食セットも頼んでいたのですが、量が多くてラーメンの具を少し残してしまいました。無念。。。

ドリウェル評価(★★★☆☆):

元々辛いものは得意ではないのですが、辛いものはなぜか食がすすんでしまいます。
個人的には野菜がもうちょっと食感があるくらいでもよかったかも。
辛いものが苦手な人も1度は挑戦してみる価値はあるかと思います。
他のメニューではつけ麺が美味しそう。次回はつけ麺かな。

かねくん評価(★★★★☆):

辛い物好きにはお薦めのお店です。当然、ただ辛いだけでなく、美味しいです。
通常のタンメンを想像していくと裏切られると思います。どちらかというと、チゲ鍋の〆にラーメンを入れた感じ?具は、じっくりと煮込まれてシンナリしています。
久々に「辛い」と感じられた、大満足のお店です。が、次回は初心者向けの「味噌タンメン」を食べてみたいと思います。

【場所】
東京都品川区上大崎2-13-45 トランスリンク第3ビル 1F
【営業時間】月~土:午前11:00~午前0時/日:午前10:00~午後10:00
【定休日】なし


大きな地図で見る

以前、ドリさんが行ってお薦めだった、町田のラーメン屋「からいもん」へ行ってきました。(ドリさんの記事はこちら

一人で抜け駆けしていくと申し訳ないので、ドリさんへ連絡してみましたが、残念ながら連絡がつかず、町田在住の友人A氏と二人で行くことにして、早速自転車で町田へ向かいました。(自転車紀行の顛末はこちら

自転車で1時間弱。町田の109前でA氏と待ち合わせて、からいもんへ向かいます。A氏も初めてということでした。

からいもん店頭

JR町田駅南口から2分ぐらいで到着。

赤い看板と暖簾に対して店のつくりはレトロな感じです。

店名が「からいもん」なので、「からいもんらーめん」が一押しなのかと思いましたが、表にある立て看板に書かれているのは「醤油ラーメン」でした。

店内は10席ほどのカウンター。自動販売機で食券を購入します。

ラーメンは4種類。店内の案内表示には以下のように書かれてました。

  • 醤油らーめん 650円
    地鶏の濃厚スープでコクがあり、しっかりした奥深い味わい。コラーゲンたっぷりで、美と健康をサポート。北海道産小麦粉使用の極細麺は、旨みがあり、舌さわり滑らか。
  • 塩らーめん 650円
    地鶏と豚カラを合わせ、ホタテ魚貝仕込みの旨味とサッパリ感を持ち合わせた爽やかな味。麺は北海道産小麦粉使用の極細麺。
  • からいもんらーめん(辛いらーめん) 700円
    地鶏・豚ガラ・ホタテ・魚貝を合わせた旨味たっぷりのスープに、本場韓国の唐辛子を使用。旨味と辛味の調和が絶妙。平打麺・キシ麺より細めで北海道産小麦粉の持ち味が充分生かされた当店自慢の麺。
  • つけ麺 750円
    かつお風味の地鶏濃厚スープ。より栄養価の高い皮の部分を含んだ北海道産小麦粉(全粒粉)を使用。食物繊維も豊富で、腰があり、のどこしの良さ、舌さわり、旨味、モチモチ感あふれる麺。スープとの絡みもよく、一体感のあるつけ麺。

トッピングは、黒豚チャーシュー300円、味玉100円、メンマ100円、角煮350円、全部のせ500円などあります。

からいもんらーめん+チャーシュー 表の立て看板が醤油らーめんだったので、どれにしようか暫し悩むものの、辛いもの好きのおやじは、やはり「からいもんらーめん」。

しかも、ドリさんに対抗して少し高いチャーシュートッピング。

これで、ドリさんに勝ったぜ!(何に勝ったのか分かりませんが)と思っていたら、あろうことかA氏に上をいかれてしまいました。

 

 

からいもんラーメン+チャーシュー+味玉

こちらがA氏のチャーシュー+味玉トッピング。

味玉一つで見た目の豪華さが違います。 (-_-;)

A氏は、とぼけた顔して、やる時はやる男です(*^^)v

 

 

 

平打麺アップ

麺は平打麺でこんな感じです。

つやつやしていて腰がありそうな感じ。

チューシューも300円なのに2枚しか!と思いましたが、厚切りで美味しそう。

見た目は、タンタン麺のような感じですね。

 

 

 

いただきます

では、いよいよ頂きます。

麺はモチモチしていて、旨味があります。

麺を食べているときには、思ったほど辛くはなく、平打麺とスープの絡み具合が絶妙なのか、旨辛い感じで美味しいです。

チャーシューは、しっかりした肉の触感があり、黒豚の旨みが充分味わえます。おやじは、とろとろのチャーシューよりも、これぐらいしっかりしたチャーシューの方が好みです。

スープを飲み始めると、これまでの「旨辛」から「辛旨」に徐々に変わっていきます。辛いのだけどやめられない。辛味と旨味のコラボレーションです。結局スープを全部飲んでしまいました。

見た目はタンタン麺に近いけど、スープに魚貝なども合わせているためか、タンタン麺とは違う美味しさがあります。

結果は、大満足!美味しいラーメンでした。ドリさん紹介ありがとう。今度行く時は誘ってね(#^.^#)

そのうち、他のラーメンも試してみたいと思います。

営業時間 11:30~22:00
定休日 水曜日
店内全面禁煙


大きな地図で見る

東京・町田にあるラーメン店「薩摩黒豚拉麺 からいもん」に行ってきました。

JR町田駅南口から徒歩2分くらい。ヨドバシカメラを右手に見てちょっと進んだ辺りにあります。

からいもんらーめん+味玉を注文。

IMG_0352

麺は平打麺で北海道産小麦粉を使用。スープは地鶏・豚ガラ・ホタテ・魚貝を合わせたもので、それに韓国唐辛子が入っているようです。色合いからして辛そうな感じを醸し出しております。いざスープを口に運んでみると、辛味の中に旨味が感じられる味わいです。旨味たっぷりスープと唐辛子の調和が良い感じ。

トッピングの挽肉・玉子・ニラ・ザーサイはシンプルではありますが、スープの辛味と良い相性です。ただ、トッピングに既に玉子が入っているので、味玉はなくてもよかったかなといったところです。。

辛いもの好きには物足りない辛さではありますが、辛さの中に旨味を感じられるスープはなかなかないと思います。また機会があったら行きたいと思います。

ラーメン二郎 三田本店

| コメント(0) |カテゴリ:
 

月曜日の11時30分頃に到着するも長蛇の列。

入店出来たのは12時30分頃。

食券機で『ぶた入りラーメン』を600円で購入。

運ばれてきた器には麺と野菜がてんこ盛り!!

噂通りボリュームはすごいですね!

麺は太麺、スープは少なめで濃厚な醤油ベース。

味の方はと言いますと。。。

う~ん。

美味からず不味からす。

正直、安くて量が多いだけの店という印象でした。

ラーメン二郎

写真では分かりにくいですが、麺は器の9割を占め、

スープは少なく麺の上に乗せてある野菜は山盛りでした。 ヽ( ´¬`)ノ

結局、量が多すぎて3分の1位しか食べられませんでした。

無念。。。 ε- ( ̄、 ̄A) フゥー

関東まんぷくラーメンセット!!【麺屋工房】関東まんぷくラーメンセット!!
5,250円

関東超有名ラーメンがお腹いっぱい堪能できます!!
Ads by 電脳卸

先日、行きつけのスーパーに行ったら、韓国フェアとか銘打って、韓国の食材を特売してました。

その中で、気になるラーメンが2つあったのでご紹介。どちらも、99円/1袋でした。

●キムチラーメン

キムチラーメン

 

真っ赤な袋と、美味しそうなキムチの写真が食欲をそそります。

調理後の写真は撮り忘れてしまいました。(^^ゞ

スープの色は、程よい赤色です。麺は太麺ですが、日本の袋ラーメンと違って、スープと一緒に5分程煮込むので、もっちりとした食感になり、スープも程良くしみてます。

辛さも程良く、あっさりとした味わいです。

  • 商品名:
    キムチラーメン
  • 品名:
    即席中華麺
  • 原材料名:
    油揚げめん(小麦粉、植物油脂、でんぷん、食塩、かんすい、卵、卵殻カルシウム、乳化剤、ビタミンB2)、粉末スープ(食塩、砂糖、ぶどう糖、牛肉、白菜、調味料(アミノ酸等)、唐辛子、粉末しょうゆ、たまねぎ、しょうが、にんにく)、やくみ(白菜、ねぎ、食塩、にんじん、唐辛子、しょうが、にんにく)
  • 内容量:
    120g(めん 106.2g/スープ 11g/やくみ 2.8g)

辛さレベル:★

●キムチの壺ラーメン

キムチの壺ラーメン

 

こちらは、一瞬石焼ビビンバかと思いましたがラーメンです。キムチラーメンと同じメーカー製なのですが、キムチラーメンの方のパッケージには特にキャッチコピーみたいなのがなかったのに、こちらのパッケージには、日本語でキャッチコピーが入っています。しかも、「大阪鶴橋 班家」と入っているので、日本のお店とのコラボ商品でしょうか?

 

と思って、ググッて見たら、班家さんは結構有名なお店のようです。このラーメンも通販してますね。99円でした(*^^)v

こちらの作り方も同じで、麺とスープとかやくを一緒に5分ほど煮込みます。見た目はキムチラーメンと変わりませんでしたが、こちらの方がコクがあり美味しいです。流石は「班家」でしょうか?

原材料を比べてみると、結構違うもんですね。

辛さはどちらも程良いレベルなので、唐辛子やラー油などお好みでかけるといいと思います。

  • 商品名:
    キムチの壺ラーメン
  • 品名:
    即席中華麺
  • 原材料名:
    油揚げめん(小麦粉、植物油脂、でんぷん、食塩、ソルビトール、卵殻カルシウム、かんすい)、粉末スープ(牛肉エキス、食塩、調味料(アミノ酸等)、キムチパウダー、糖類、香辛料、植物油脂、クエン酸、カラメル色素、パプリカ色素)、やくみ(乾燥キムチ、大豆たんぱく、チンゲン采、唐辛子)
  • 内容量:
    120g(めん 104.8g/スープ 12.5g/やくみ 2.7g)

辛さレベル:★

味玉らぁめん(胡心房)

| コメント(0) |カテゴリ:

東京・町田にあるラーメン店「胡心房」に行ってきました。

JR町田駅から徒歩2分くらい。ドンキから道路を挟んだ向かいの突き当たりにあります。

12時ちょっと過ぎくらいに行ったら、10人くらい並んでました。

店内に入ってみると、スタッフは全員女性でとてもきれいな店内です。

そしてオーダーしたのが、こちら人気No1の「味玉らぁめん」

koshinbo1.jpgスープはトンコツ魚介のWスープ。

煮干の風味にとんこつのクリーミーさがなんとも相性良いです。油は少なめなのにしっかりとコクがあるスープは中細のストレート麺にもよく絡み合います。

大抵はスープは残してしまうのですが、ここはスープまで全部飲みきれるラーメンです。

他にもヘルシーセット等、健康にも気を使ったメニューが豊富です。

さっぱりしてるのにコクがあるラーメン。サービスも店に入るところから出るときまで細かい気配りが出来ております。これは、お客さんに女性が多く人気があるのもよく分かりました^^

 

塩味味玉(Shinachiku亭)

| コメント(0) |カテゴリ:

東急東横線の反町駅から徒歩3分くらいにあるShinachiku亭に行ってきました。

あまり混んでなくて、すぐに席に着くことが出来ました。

塩味味玉をいただきました。

ShiNaChiKu.jpg麺は自家製麺で中細ストレート麺(支那そば)です。麺はやや柔らかめ。

スープはさっぱり塩味ではありますが、個人的にはもうちょっと塩気が抑えてあってもよいくらい。

チャーシューは柔らかいばら肉が2枚で美味しかったです。

味玉にはそれほど味付けが感じられませんでしたが、このスープとあわせるとなかなかよい感じ。

 

さっぱり系が好きなひとにはよいかと思います。

★★★

むつみ屋さんは全国チェーンですが、メニューは均一ではないらしく、店舗によって随分違いがあるようです。

おやじは2店舗しか行ったことがないですが、いつも行く登戸店は結構メニューが少ないようで、冷やしめぐみらーめんが出た時には、登戸店の店内放送では「冷やしめぐみ発売?!」みたいな放送してたのに、結局メニューに加わらなかったので、わざわざ他の店舗へ食べに行きました。(T_T)

そんな中、先日登戸店に行ったら、なんと『登戸店限定』のラーメンが出来ていたので、早速いただいてみました。

これがその『塩野菜らーめん』

 

shioyasai1.jpg濃厚な塩スープに野菜たっぷりで、結構いけます。刻みチャーシューが入っていて、良いアクセントになっています。少し太めの麺がスープに絡んで美味しいですが、おやじは、細麺の方が好きなので、細麺にしたら、さらにグッドのような気がします。

写真は一口いただいた後なので、盛りつけが少し乱れています(^^ゞ

むつみ屋さんは、濃厚味噌がやはり人気のようですが、おやじのベストは「北の恵み」ですね。変化球ですが、牛乳を入れたスープがお気に入りです。次点に今のところ、この塩野菜が入ってます。

 

 

 

記事を書いていたら、無性に食べたくなったので行ってきました。
ついでに、手つかずの無垢のままの姿を写してきました。

 

これがちゃんとした塩野菜ラーメンです。(*^_^*)

腹がすいていたこともありますが、美味しく頂いてきました。750円也。

 

 

レンジでラーメン

| コメント(0) |カテゴリ:

最近100均に良く行くようになった。

ほぼ何でも売っているので、なんか必要な物が出来ると「まず100均!」で探してから、売ってないと仕方なく普通のお店で買うパターン。

品数が膨大なので、目的の物を探すのも一苦労だが、その間に結構面白いものがあったりして、いつの間にか買い物かごに入ってたりする。100円なので、使えなかったら捨てればいいやぁ、という反エコロジーな心理が働くらしい。

んで、先日例の如く100均でうろついていたら、この商品を見つけました。

 

RengeCup_s.jpg電子レンジでインスタントラーメンが出来るという優れ物です。

以前に何かで紹介されているのを見た記憶がありますが、実際にお目にかかるのは初めて。

そのまま水とラーメンを入れてチンするだけでOKなので、鍋を洗う手間がない!すばらしい!人類の英知の勝利ですね(=^・・^=)

基本的におやじは、カップラーメンよりも袋メン好きなのだが、ついつい洗い物が面倒臭く、簡単なカップラーメンにひよっていたが、カップラーメンはゴミも多く出て、つい最近エコに目覚めたおやじとしては、常々どうにかならないものかと思っていた。(なら、鍋を洗えってか?)

早速買って帰り、随分まえに買ったまま放置されていたサッポロ一番塩ラーメンの作成に着手。

 

水と麺を入れて、500Wでチンすること7分。出来上がったのが下の写真。

RengeMen1_s.jpg 

スープを加えて食してみると、少し生ぬるく、麺も煮えたというよりふやけた感じ。

どうも水を多く入れ過ぎたらしい。実際スープも薄い。

2回目はこの反省を生かし、ちゃんと水の量も計量して、表示よりも少し長めに600Wで7分ほどチンしてみた結果、結構美味しく頂けるものになりました。

今後もう少しいろいろ試してみて、完璧なレシピ(?)を発表したいと思います。

食後にこの容器を洗うだけで済むのがありがたい。しかも100円です。

 

つけ麺 江戸一

| コメント(0) |カテゴリ:

川崎駅東口を出て、直ぐ左にあるタワーリバーク地下1階のラーメン屋さんです。

「つけ麺」と言っていますが、普通のラーメンから餃子、チャーハン等一通り中華食堂のメニューは揃っています。

それでも、「つけ麺」と名乗るだけあって、「つけ麺の美味しい食べ方」という大きな掲示板が2つ程店内に貼ってありますが、要は最後にスープで割って楽しむんだよと書いてあるだけで、本気でつけ麺を押しているようには見えません(*_*;

おやじのお勧めは、味噌つけ麺と味噌ラーメンです。最近のお洒落な(?)味噌系と違い、味噌そのものの味がガツンときます。辛味噌が無料なので、辛味噌をたっぷり入れると、さらにガツンときます。辛い物好きな方にはお勧めです。

また、つけ麺は、食べ終わった後に、別途出てくるスープでつけ汁を割って飲むのですが、これがまた格別です。

おやじは、春から秋は味噌つけ麺100%。冬は味噌つけ麺と味噌ラーメンを5:5ぐらいの割合でいただいています。

edo_misotuke2_s.jpg 肉味噌つけ麺のつけ汁です。

 具沢山で美味しいです。

 左に見えるのが、食後につけ汁を割るスープです。奥に見える赤い物が辛味噌です。親父は3?4杯入れます。

 

 

 

 

 

こちらが麺です。 edo_misotuke3_s.jpg

何の拘りもない麺に見えますが、味噌つけとの相性は最高です。普通のラーメンの1.5玉分だそうです。

このお店は、他のメニューも量が多めです。

お値段は840円。味噌つけ麺は730円です。

お得です。(*^_^*)

 

 

 

 

edo_misobata_s.jpgついでに、こちらが味噌バターラーメンです。

おやじは、これにも辛味噌を入れますが、バター部分と辛味噌を入れた部分のスープがなるべく混ざらないように、真ん中あたりに具で堤防を作って、2種類の味を楽しむようにしています。

こちらのお値段忘れました。すいません。

バター部分の麺のは甘味があって、辛味噌部分の麺は辛く、とても美味しく頂けます。

最近の色々拘ったラーメンも美味しいですが、昔ながらのらーめんもいいもんです。気が向いたら是非どうぞ。

1  2  3  4
Powered by Movable Type 6.0

2015年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちラーメンカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはジャンクフードその他です。

次のカテゴリは中華です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。