辛辛党の最近のブログ記事

先日飲み会で友人のT氏が、

「ペヤングの激辛やきそばが辛過ぎて、全部食べられずに残しちゃったい!」

と涙ながらに告白して来ました。

T氏は、オヤジの辛いもの好き仲間で、結構なレベルまで大丈夫なはずなのに、そのT氏が残すなんてどんな辛さ?!

ということで、辛辛党を自任するオヤジとしては興味津々。

T氏の敵を討つべく、早速買って来て挑戦してみました。

 

赤と白のコントラストが美しいパッケージ

T氏を一撃で倒した強敵なので、万一の事態に備えて、普通のソース焼きそばと激辛やきそばのハーフ&ハーフを対戦相手に選択。専門用語では、ビビったとも言います (^_^;

しかし、この選択が後々思いもよらなかった事態を巻き起こすとは、この時オヤジは想像だにしませんでした。

 

 

みっちり詰まった麺

パッケージを剥がして蓋を開けると、通常のペヤングやきそばの麺が2つ、みっちりと敷き詰められています。

ノーマルのペヤングは食べ慣れているけど、ハーフ&ハーフは初めてなので、蓋に書かた調理方法を熟読してみると、衝撃の事実を発見しました!

その意外な事実とは、「かやく」についてです。

蓋に書かれている記述だと、「かやくを麺の下に均等に敷き詰めて」となってます。

な・・なな・・・なんと!今までオヤジは麺の上にかけてました!

知らなかったとは言え、これまでずっとそんな理不尽な仕打ちをし続けてしまったのか!

どうやって謝罪すればいいんじゃ〜!

と叫びかけた時、かやくの袋が目に留まりました。

これは、かやくさんに直接お詫びするしかないと、かやくの袋を取り上げたその時、またもや衝撃の事実を発見!

な・・なな・・・なんと!

かやくの袋には、「麺の上にあけてから」と書いてあ〜るじゃありませんか!

どっちなんだよ!ペヤング!と、軽く突っ込みを入れながら、今回は麺の下に入れてみましたが、みっちり詰まった麺の下に均等に入れるのは結構難しいです。

出来上がり

そんなこんなで遊んでるうちに出来上がり。

左がノーマルで、右が激辛になります。色味的には大して変わらず、そんなに辛くなさそうに見えます。

ちょっと貧相に見えるのは、かやくを麺の下に入れたので、混ぜても上に上がって来なかったのと、ふりかけと特性スパイスが、ノーマルの方の分しか入っていなかったためと思われます。

まずは激辛から一口・・・ん?・・・もう一口・・・ん?ん?

辛いは辛いですが、食べられなくなる程の辛さではなく、オヤジにとっては程良い辛さでした。

どうしたんだT氏!修行が足りん!

美味しいかと問われると、残念ながら美味しい辛さでは無く、単に辛いだけと言わざるを得ませんでした。辛辛党は、旨味のある辛さを求めています。

ノーマルの方は、当然の如く慣れ親しんだペヤング君のお味です。オヤジ的には、即席やきそばの中で、ペヤング君は上位にランキングされています。

両方を混ぜて食べてみると、上位ランカーのペヤング君のお味に辛さが加わって美味しいです。これが正解の食べ方でしょう。混ぜて食べる事をお勧めします。

ほぼほぼ納得しながら食べていると、冒頭に書いた想定外の事態に直面しました。

3分の2ぐらい食べたところで満腹感急上昇です。そういやパッケージに「超大盛」と書いてありましたね。普通のペヤング君だと、少し物足りない気がしてたので、2つ分ぐらい大したことないと思ってたのですが、結構腹に溜まりました。味が変化しないことも原因の一つかも?

ハーフ&ハーフに挑戦する時は、お腹を十分空かせてからをお勧めしますです  (^o^)v

8月22日から9月1日まで、新宿の大久保公園で開催されていた”激辛グルメ祭り”へ、最終日の今日9月1日に行って来ました。

一緒に行ったのは、会社の同僚で辛いもの好き仲間のNさんとKさん。

開場時間の11:30に現地待ち合わせのため、アパートを10:30に出発したけど、今日は朝から噎せ返る様な暑さ。小田急線で新宿まで出て、地下街を通って東口を目指したのだけど、簡単に自分の位置をロスト。新宿の西口以外を使うのは10数年振りなので、全然自分の位置がわからなくなった。

仕方ないので、近場の出口から地上に出て、iPhoneのGoogleMapで確認すると90度違う方向に歩いてたらしい。ここからはiPhoneを頼りに歩くが、容赦なく降り注ぐ日差しがハンパない。暑い〜。

待ち合わせ時間の15分前ぐらいに到着する予定が、少し遠回りしたためギリギリで到着すると、丁度会場されたところで予想以上に大勢のお客さんが続々と入場して行くところだった。

ここで、先に到着していたNさんと合流。Kさんは10分遅刻して合流。

激辛グルメ祭り 店舗

激辛界を代表する9店舗が集結していると言う事で、全部食べてみたいけど、お財布と胃袋が許してくれそうにないので、お互いの狙いのメニューを確認して被らないように調整。

各自最初の一品目をゲットするために、それぞれのお店に並びますが、人気の差が顕著に出ていて行列の長さが随分違いました。

 

 

オヤジが担当した3品のうち2品は、人気がなかったのか幸いな事に2、3人の行列だったため簡単にゲット。他の二人は一品ゲットするのに10分〜15分ぐらい掛かってました。

冷麺に並ぶ 暑い!とにかく暑い!

ところが、オヤジの最後の選択「幸永の激辛冷麺」は長蛇の列。

12時を過ぎて日差しがさらにキツくなり、列に並んでいるだけで汗が噴き出して滴り落ち、頭がボーッとして思考停止状態に。

皆、団扇で日差しをカットしたり扇いだりして、少しでも暑さを和らげようとしてました。

隣のテントの下が楽園に見えます。

途中、あんまり長く戻らないので心配したNさん達が様子を見に来ましたが、後で聞いたら30分以上掛かってたらしい。暑かった事しか覚えてない。 (^_^;

あまりの暑さのためか、肝心の料理写真を一切撮影していない事に気づいたのは、全部を食べ終わった後でした。 (´;ω;`)ウッ…

なので、今回は個々の料理の感想は省略して総評で終わります。

Nさん担当の料理は中間の辛さ、それ以外は最高の辛さを選択しましたが、オヤジ的辛さレベルでは、程良い〜少し辛い程度でした。”激辛”を期待していたので、少し拍子抜けした感じですが味の方は期待以上でした。それぞれの店舗の方でも、もう一度食べてみたいと思ったです。

それにしても暑かった  (;×_×)

オヤジ達がいた間に、救急車が2回ぐらい来ていたので、実際に熱中症になった人が居たのかも知れません。この企画は、もう少し涼しい時期が良いかも?

スライスハラペーニョ

| コメント(0) |カテゴリ:
スライスハラペーニョ瓶

ひょんな事から、憧れのハラペーニョをゲットしました。

始めてハラペーニョを食べたのがいつなのか・・・多分ドミノピザのトッピングで食べたのが最初だと思います。

衝撃的な辛さとの出会!いっぺんにハラペーニョファンになったのですが、売っているお店がなかなか見つからず、唯一明治屋で見つけた物は小瓶で700円以上しました。

明治屋は遠いし高いので、一回買ったきりで、それ以降は機会がある毎にスーパーや食材屋さんでチェックをしていたのですが、なかなか出合えませんでした。

ところが先日南町田のグランベリーモールへ行った時に、コーヒーファームのカルディと言うお店で、コーヒーの試飲をやっていたので、コーヒー目的で店内を見回っていたら、ハラペーニョ君を発見しました。

内容量440g、固形量250gで、なんと350円!!

ドミノピザのハラペーニョトッピングが210円なので、何とコストパフォーマンスに優れていることか!

中身

ホールとスライスがありましたが、ホールの方は何故か固形量がスライスよりも少なかったのでスライスを選択。

2瓶購入してきました。

中身はこんな感じで結構量があります。

辛さの方は少し控え目な感じで、少し残念でしたが、それでもいつでもハラペーニョが食べられるのが嬉しいです。

 

パンにトッピング

こんな感じで、朝食のパンにトッピングしたり、夕食の漬物替わりにしたりして、毎日満喫しています。

予想以上に消費量が多いので、次回はおとな買いで大量購入してこようと思います。

ジャパンフリトレー株式会社から発売されている激辛マニアシリーズのハバネロ味に挑戦してみました。

パッケージは如何にも辛そうなデザインで、「激辛マニア史上最強!!」とのコピーが躍ってます。裏面には、「ほんとうに辛いので、超激辛好きのあなたにだけおススメします・・・。」とのコピーも。
とはいっても、所詮はスナック菓子。これまでも暴君ハバネロなどでガッカリしていたので、こちらもあまり期待しないで、まずは一口頬張りました。

最初は、少し辛い中にも、しっかり甘めのバーベキューのような味が付いて、これはこれで美味しい。

んで、二口目を頬張ると・・・ハバネロ君が大活躍!キター!激辛キター!という感じ。

こいつは辛いっす。でも、甘めの味付けも美味しくて、ついつい口に放り込んで行きます。するとどんどん辛さが増して行って留まるところを知らない感じ。堪らずビールをがぶ飲みしながら頂きました。

今のところ、スナック菓子の中では最強です。

辛さレベル:★★★★★

先日、行きつけのスーパーに行ったら、韓国フェアとか銘打って、韓国の食材を特売してました。

その中で、気になるラーメンが2つあったのでご紹介。どちらも、99円/1袋でした。

●キムチラーメン

キムチラーメン

 

真っ赤な袋と、美味しそうなキムチの写真が食欲をそそります。

調理後の写真は撮り忘れてしまいました。(^^ゞ

スープの色は、程よい赤色です。麺は太麺ですが、日本の袋ラーメンと違って、スープと一緒に5分程煮込むので、もっちりとした食感になり、スープも程良くしみてます。

辛さも程良く、あっさりとした味わいです。

  • 商品名:
    キムチラーメン
  • 品名:
    即席中華麺
  • 原材料名:
    油揚げめん(小麦粉、植物油脂、でんぷん、食塩、かんすい、卵、卵殻カルシウム、乳化剤、ビタミンB2)、粉末スープ(食塩、砂糖、ぶどう糖、牛肉、白菜、調味料(アミノ酸等)、唐辛子、粉末しょうゆ、たまねぎ、しょうが、にんにく)、やくみ(白菜、ねぎ、食塩、にんじん、唐辛子、しょうが、にんにく)
  • 内容量:
    120g(めん 106.2g/スープ 11g/やくみ 2.8g)

辛さレベル:★

●キムチの壺ラーメン

キムチの壺ラーメン

 

こちらは、一瞬石焼ビビンバかと思いましたがラーメンです。キムチラーメンと同じメーカー製なのですが、キムチラーメンの方のパッケージには特にキャッチコピーみたいなのがなかったのに、こちらのパッケージには、日本語でキャッチコピーが入っています。しかも、「大阪鶴橋 班家」と入っているので、日本のお店とのコラボ商品でしょうか?

 

と思って、ググッて見たら、班家さんは結構有名なお店のようです。このラーメンも通販してますね。99円でした(*^^)v

こちらの作り方も同じで、麺とスープとかやくを一緒に5分ほど煮込みます。見た目はキムチラーメンと変わりませんでしたが、こちらの方がコクがあり美味しいです。流石は「班家」でしょうか?

原材料を比べてみると、結構違うもんですね。

辛さはどちらも程良いレベルなので、唐辛子やラー油などお好みでかけるといいと思います。

  • 商品名:
    キムチの壺ラーメン
  • 品名:
    即席中華麺
  • 原材料名:
    油揚げめん(小麦粉、植物油脂、でんぷん、食塩、ソルビトール、卵殻カルシウム、かんすい)、粉末スープ(牛肉エキス、食塩、調味料(アミノ酸等)、キムチパウダー、糖類、香辛料、植物油脂、クエン酸、カラメル色素、パプリカ色素)、やくみ(乾燥キムチ、大豆たんぱく、チンゲン采、唐辛子)
  • 内容量:
    120g(めん 104.8g/スープ 12.5g/やくみ 2.7g)

辛さレベル:★

先日、SPAMとコンビーフを買いにデパ地下の食料品売り場へ行ったら、同じ缶詰のコーナーに、なにやら赤い包装が美味しそうで辛そうなものがあったので思わず買ってしまいました。

 オイルサーディン(チリソース味)

何回かオイルサーディンを食べた事があるのですが、自分で買ったのは初めて。

そもそも、オイルサーディンなんてめったに食べません。

うろ覚えの記憶にある缶の形にも似ているし、パッケージの写真の感じも記憶にあるオイルサーディンなのですが、「SILD SARDINES」と書いてあります。

なんだろうと思ってネットで調べてみました。

「SILD」=「ニシン」
「SARDINES」=「いわし」

だそうです。(@_@)

ん?ん?んんん?ニシンいわし????なんじゃぁ!そりゃぁ~!

恐る恐る開けてみました。

中身

チリソース味なので、赤いソースが入っていますが、見た目はオイルサーディン・・・だと思います。

ニシンといわしが混じってるんですかねぇ?

なにはともあれ、試食を開始。

今回も少し怖かったので、テトさんとドリさんが道連れです。(*^_^*)

 

一口パクリ・・・オイルサーディンです。チリソースだけど辛くない。

でも、辛さに関しては味覚破壊王と呼ばれている私なので、念の為にテトさんとドリさんの意見も聞いてみましたが、やはり辛くないようです。

普通のオイルサーディンに飽きたら、一度お試しください。

辛さレベル:★

青唐辛子を味噌漬け(「青唐辛子の味噌漬けに挑戦!」参照)にしてから2週間。

ワクワクしつつも、ちょっと怖いので、どうせ腹を壊すのならば仲間が欲しい!(^^ゞ

ということで、テトさんとドリさんを引きこんで試食してみましたぁ~。

2週間前に冷蔵庫に入れて以来の久し振りの再会です。 2週間後の味噌

 かねくん:

お~!カビも生えてないし、変な水も出てないぞぉ~。楽しみだねぇ(*^_^*)

テトさん:

ってことは、なんとか腹を壊さずに済みそうですね。┐( ̄ー ̄)┌

ドリさん:

宝物でも掘るような感じでワクワクしますねw

 

早速、2本ほど掘り出して、一口サイズに切り分けました。

切り分けた青唐辛子

見た目は瑞々しく、2週間前に漬けた時と変わらないような張りと色合いです。

ん(・・?

味噌に漬けたよね(・・?

2週間経ったよね(・・?

まあ、細かい事は気にしない(*^_^*)

まずは、テトさんから試食してもらいましょう!

テトさん:

しし唐ですね・・・生の・・・( ̄~ ̄;) ウーン

かねくん:

え?おかしいなぁ~(ー_ー)!!

んじゃ、ドリさんどうですか?

ドリさん:

ん~、これは辛さが抜けて渋味が残ったみたいな生唐辛子ですねぇ。。

 

そっ、そんなはずはぁ~(@_@)

確かにおっしゃる通り、ほぼ生の上に、全然辛くないっすぅ(T_T)

もう2週間待ちましょう!その間にレシピをもう一度見直します(^_^;)

辛さレベル:なし(+o+)

溝ノ口にある、KohPhiPhiの空芯采炒めが絶品で、手軽に自分でも作れたらなぁ~と思っていたのですが、今までスーパーとかに行ってもなかなか空芯采に出あえないでいましたが、先日青唐辛子と出会った登戸のベンガベンガで、運命の出会いをいたしましたぁ(*^_^*)

一束150円とお安い!

早速持ち帰って調理に挑戦!・・・の前に、ネットでレシピをチェック。(^_^;)

ガーン(・_・;)調味料が足りない・・・

仕方ないので、あり合わせの調味料で挑戦してみました。

  1. 空芯采を茎の部分と葉の部分で大雑把にカット。
  2. フライパインにごま油を引いて、おろしニンニクをまず炒める。
  3. ニンニクの香りが出てきたところで、まず茎の部分から炒める。
  4. 次に葉の部分を追加して炒める。
  5. 鶏がらスープの素、塩、オイスターソースを投入。
  6. 最後に醤油を少々と、一味をおもいっきし追加。

んで、出来たのがこんなもんです。(^。^)y-.。o○

空芯采炒めらしきもの

見た目は、それなりになってます。

さあ、味見。

めっちゃ濃い味になってしまいましたが、十分美味でございました。

手軽ですし、空芯采を見つけたら是非チャレンジを!

激辛きゅうり 100均グルメ

| コメント(0) |カテゴリ:

最近の100均は何でも売ってますねぇ。

先日、店内をうろうろしていたら、こんなものを見つけました。

激辛きゅうり

なんとも、魅惑的な商品名です。(*^_^*)

激辛の文字がついたものを見逃すわけにはいきません!

当然の如く買い物かごに入れてお買い上げ。

わくわくしながら、早速味見してみました。

一口・・・パリポリとした良い食感です。口の中に広がるほのかな甘みがたまりません!・・・甘み?あれ?

食べた部分が悪かったようです。気を取り直して、鷹の爪がつていいる部分をもう一口・・・少しピリッとするものの、激辛という程でもないです(T_T)

辛いものが苦手な人には十分激辛なのかなぁ?いまいち拍子ぬけです。

 

 

仕方ないので、タッパーに移して、一味をふりかけてみました。

一味をかけたところ

2、3日後に再度挑戦してみます。

やはり、一般に売っているものに過度の期待は禁物ですね。

 

  • 商品名:
    激辛きゅうり
  • 品名:
    しょうゆ漬け(刻み)
  • 原材料名:
    きゅうり(中国)、青とうがらし、しそ漬け原材料(アミノ酸液、しょうゆ、砂糖、醸造酢、食塩、とうがらし、(原材料の一部に小麦を含む))、調味料(アミノ酸)、酒精、香料、カラメル色素、クチナシ色素、酸味料、パプリカ色素
  • 内容量:
    100g

 

辛さレベル:★

青唐辛子の味噌漬けをご存じでしょうか?

仙台の牛タン屋さんとか、登戸のちょうちん亭に行くとあるのですが、見かけは文字通り青唐辛子を味噌漬けにしたものです。

これが、味噌の味と辛さがあいまって、う~まい!

おやじが仙台で食べた物は、唐辛子の形そのままでしたが、ちょうちん亭のものは輪切りになってます。

見た目は単純に味噌につけただけのように見えるので、一度自分でも作ってみたいと思って、スーパー何ぞに行く時には青唐辛子を探していたのですが、案外生のままの青唐辛子との出会いがありませんでした。

そんなこんなで、本日スーパーへ行ってみると・・・

あ~るじゃあ~りませんかぁ!

青唐辛子のパック

おやじの好みよりは少し細めですが、立派な青唐辛子です。千葉から遙々会いに来てくれたようです。(^。^)y-.。o○

 

 

 

 

 

念のために、レシピをネットで調べてみたのですが、単純な味噌漬けはあまりありませんでした。代わりに「青唐辛子味噌」というのが結構ありましたが、炒めたり、色々混ぜたりでおやじの目指しているものとはちょっと違う。(^_^;)

色々探したところ、「簡単レシピofキムチ」の「青唐辛子味噌のレシピ」が一番イメージに近かったので実践することに。このレシピでは、最初に青唐辛子を塩水に漬けますが、「辛味の強い青唐辛子を使う場合には、下準備の段階で塩水につけておくと辛味を和らげることが出来ます」とのことなので、辛さ上等!のおやじは、塩水につけないで行くことに・・・というよりも面倒臭いので(^^ゞ

生姜も省略しちゃいました・・・本当にストレートの味噌漬けです。

まずは、軽く水洗いしてから、タッパーに味噌を敷きつめて、優しく青唐辛子君を寝かせてあげます。

青唐辛子君を味噌ベットに寝かせる

さらに、風邪をひかないように、味噌の掛け布団をかけて出来上がり・・・なのだろうか?(^_^;)

掛け布団をかけたところ

このまま、冷蔵庫に入れました。

2週間後が楽しみです。(^。^)y-.。o○

1  2
Powered by Movable Type 6.0

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち辛辛党カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは焼肉です。

次のカテゴリはです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。