PSPの最近のブログ記事

いよいよ実践編です。Pandora BatteryとPSP-1000または、未対策のPSP-2000が必要です。

実践前に、CFWを3.71 M33-2から5.00M33へアップデートしましたが、これには特に意味はなく、色々調べてる時に、これからならOFWにアップデート出来そうだったので、一度アップデートしてました。なので、以下の実践編の開始時には、PSP-1000のCFW5.00M33の環境になってます。

以下実践は、PSP-1000 CFW5.00M33+Pandora Battery環境のみの検証です。その他の環境では試してないのでご注意を!

こちらの「1台のPSPでCFWと公式FWを使い分ける」という記事を参考にさせてもらいました。

●準備編

  1. まずは、以下のファイルをダウンロード。

    OFW 5.00アップデータ
    OFW 5.50アップデータ
    OFW最新版アップデータ(この時は6.37でした。Sony公式ページです。)
    Despertar del Cementerio v8(dc8)
    GEN-D3_DC8 MOD(いきなりダウンロードダイアグになります。)
  2. Despertar del Cementerio v8(dc8)を解凍し、”DC8”フォルダをMSの”PSP->GAME”フォルダへコピー。
  3. OFW5.00アップデータを解凍して、”EBOOT.PBP”を”500.PBP”にリネームし、MSのルートにコピー。
  4. MSをPSPに戻してPSPを起動。ゲームのメモリースティックからDC8を起動してインストール。
  5. MSをPCに戻して、”TM->DC8”フォルダを”TM”フォルダ内でコピー。同じフォルダ内にコピーすると言う事です。
  6. コピーしたフォルダ名を”GEN”にリネーム。
  7. GEN-D3_DC8 MODを解凍し、その中の”TM”フォルダをMSのルートへコピーして、MSの”TM”フォルダを上書き。
  8. OFW5.50アップデータを”EBOOT.PBP”から”550.PBP”にリネームして、MSのルートへコピー。
  9. OFW最新版アップデータをファイル名はそのまま(EBOOT.PBP)で、MSの”PSP->GAME->UPDATE”フォルダへコピー。

以上で準備完了です。

●CFW->OFW編

これ以降はPandora Batteryが必要になります。

参考にさせていただいた記事では、一度CFW5.50GEN-D3から、5.00M33へダウングレードしてからOFWを適用する手順になっていて、Pandora Batteryで起動したメニューに「Install 5.00M33」が出ていますが、何故かおやじの環境では、その部分が「Flash Install5.50GEN-D3」になります。また、その下の「Install5.00OFW」という項目も、「Flash Install 5.50OFW」となります。その他のメニューは、項目は同じですが、順番が微妙に違っています。何が違うのか判然としませんが、実績として以下の手順で切り替えができています。

  1. 準備編で作成したMSをPSPへ挿入。
  2. バッテリーとACアダプタをはずす。
  3. 十字キーの下ボタンを押しながらPandora Batteryを装着。
  4. メニューから”Flash Install 5.50OFW”を選択して実行。
  5. 完了画面になったら○ボタンでShutdown。
  6. 通常Battery+ACアダプタを接続し、PSPを通常起動して、「ゲーム->メモリースティック」から、OFW最新版アップデータを選択してアップデート。

以上で最新版OFWになります。ただし、おやじの環境では、○ボタンと×ボタンの機能が入れ替わってしまいます。CFWの時に、リカバリーメニューで正常(日本仕様)にしても、OFWに切り替えると逆(米国仕様)になってしまいます。本体設定から設定の初期化を実行すると正常に戻りますが、ちょっとウザイです。回避方法ないか少し試してみます。

●OFW->CFW編

こちらは簡単です。

  1. 準備編で作成したMSをPSPへ挿入。
  2. バッテリーとACアダプタをはずす。
  3. 十字キーの下ボタンを押しながらPandora Batteryを装着。
  4. メニューから”Flash Install 5.50GEN-D3”を選択して実行。
  5. 完了画面になったら○ボタンでShutdown。

以上で、CFWに戻ります。ただし、言語設定が英語になっているので、気になる人は日本語に変更して下さい。また、○と×キーも米国仕様になってますので、気になる人はリカバリメニューから変更してください。

以上でめでたく切り替え環境が出来ました。最初の準備が少しウザイですが、切り替え自体はFlash書き換えの待ち時間以外はいたって簡単です。

さ~て!これからビシビシPSPのゲームするぞ!!なんて事は、そんなない訳で・・・取りあえず、切り替え環境が出来たということ自体に満足感を覚えている感じです。(^_^;)

年末には、NGPの発売も控えてますし、NGPではFlashメディアが媒体になるらしく、実行スピードの問題もなくなるのかと思います。残るはバックアップの問題だけ?折角正規で購入しても、メディアが壊れてしまったら買い直さなくてはならないとかいうのは、なんとなく納得いかないおやじです。分野は全然違えど、ソフト産業にかかわる身としては、著作権等の権利は当然守りたいわけですが、使う側としてみた場合にはウザイわけで・・・皆が幸せになれる仕組みがあるといいですね。

久々のPSP CFW(Custom FramWare)ネタです。

以前Pandora BatteryでPSP-1000をCFW化して以降、それだけで満足して放っておかれたPSP君でしたが、この度めでたく復活です。

きっかけは、「白騎士物語 DOGMA WARS]を買ってしまった事でした。おやじのPSPはCFW3.71 M33-2だったので、当然の事ながら、最新作のソフトがUMDから起動するはずもなく、正規FWにアップデートしようとしても出来ませんでした。

仕方ないのでネットで情報を調べる事数時間。約4年間の間にCFWの世界も大きく様変わりしてました。流石にSonyさん側の対策も色々進んだようで、PSP-2000の対策基盤以降では、Pandora Batteryの効果もなくなってしまったようです。

最初はOFW(Official FarmWare)に戻せればいいやと思っていたのですが、CFWとOFWを比較的簡単に切り替えられる方法が紹介されていたので実行してみました。

おやじ的には、CFWの魅力は、ソフトがUMDではなく、MSから起動出来て動作スピードが速くなること。また、購入したソフトのバックアップが取れる事だったので、CFWが使い続けられるなら、以前購入したソフトも高速で実行出来るので大歓迎です。まあ、昔のソフトを再度プレイすることがあるかというのは問題ですが・・・

「PSP CFWとOFWの切り替えに挑戦 2/2」に続く。

ファイナルファンタジーII

| コメント(0) |カテゴリ:

PSPでファイナルファンタジーIIを始めました。

ファミコン版をリメイクした作品なのですが、サウンドもグラフィックも格段にアップしていると思います。

(ファミコン版はPLAYしたことは無いけどね。(;^_^A )


ちょこっとPLAYして失敗したことがあるので書いてみます。

FFシリーズはドラクエシリーズと違ってフィールド上ならセーブがどこでもできるんですけど、これは便利なようで不便な機能ですね。

このどこでもセーブできる機能での失敗談があるのでその話を1つ。

レベルが低いままストーリーを進めてフィールド上で強い敵に遭遇し瀕死になりながら何とか勝利し、

そのままセーブしたのですが…

その後、一歩歩くと戦闘が開始されました。

しかし、こちらは瀕死の状態で、しかも敵は強敵。

その結果、当然のことながら全滅します。

でもセーブしてるから大丈夫!!
ヽ( ´¬`)ノ

セーブした直後からゲームが再開できるのです。
OK!!( ̄▽ ̄)δ

しかし、不思議なことに………一歩歩くと戦闘が開始され、また全滅………
( ̄ー ̄?).....??アレ??

再びLOADし続きから再開、一歩歩くと戦闘………
( ̄ー ̄?).....??アレ??アレ??

そんなパターンに陥ってしまった為、もう一度最初からやり直す羽目になりました。
(T_T)

せっかく進めたのが水の泡にならないようにセーブは複数しておいた方がいいですね。

 

Pandora'sBattery作成 超手抜きおやじ版

| コメント(1) |カテゴリ:

MagicMemoryStick&JigKickBattery作成方法
      ?超手抜きおやじ版?


色々調べた結果、すんなりと成功しました。
一番手軽(その代り自由度は最低w)だと思う方法ですのでご紹介します。

ただし、おやじの環境では成功しましたが、PSP及びバッテリーパックが壊れる可能性があります。全て自己責任でお願いします。

おやじ版なので、コマンドプロンプトはDOS時代からお馴染み。
コマンドプロンプト関係の立ち上げ方等の解説は割愛してますw

■おやじの環境
 1.旧型PSP-1000。CFW3.52 M33-3を導入していました。このPSP1台で全て実行しています。
  現在は、CFW3.71 M33-2になっています。
 2.MemoryStick Pro Duo 512MB(Sony純正)
 3.使用したBatteryは、PSPに標準で付いてきたPSP-110。
 4.PCのOSは、WindowsXP Professional。

■用意する物(必需品)
 1.CFW導入済みorFW1.50のPSP
 2.Pandora'sBattery
 3.TOTALNewbieasyInstallerPandorasmenu
 4.PSP用バッテリー
 5.MemoryStick Pro Duo 256MB?4GB
 6.公式FW1.50

■いざ実行

大まかな手順は以下のようになります。

まず、Pandora'sBatteryのReadme.txtに書かれている方法でMagicMemoryStick(MMS1と呼びましょう)を作成。
次に、このMagicMemoryStickを使って、BatteryをJigKickBattery化する。
次に、TOTALNewbieasyInstallerPandorasmenuで、CFW3.71インストール用のMemoryStick(MMS2と呼びましょう)を作成。
次に、MMS2とJigKickBatteryを使って、PSPをCFW3.71化。
最後に、必要に応じて、お好みのCFWへアップデートorダウングレード。

●STEP1 MagicMemoryStick(MMS1)の作成
 ▼PSPでの作業

 1.MMS1にするMemoryStickをPSPへ挿入し、PSPの「設定」→「本体設定」→「メモリースティックのフォーマット」で、フォーマットする。

 2.そのMemoryStickを挿入したまま、PSPをPCへUSB接続。
  PSPとPCをUSBケーブルで接続してから、PSPのメニューの「設定」→「USB接続」です。
  以下、何度も行いますので、覚えておいてください。

 ▼PCでの作業
 3.ダウンロードしたPandra'sbatteryを、任意のドライブのルートに解凍。
  ルートである必要性はわかりませんが、この後のコマンドプロンプトでの作業を簡単にするため。

  解凍すると、以下のようなフォルダができます。
  \14362_pandora---battery ---pandora_battery
             |       +-pandora_battery%
             +-installer---pbfirm_install
             |       +-pbfirm_install%
             +-msinst msinst.exe
             +-mspformat msformat.exe
             readme.txt

  4.PCでMemoryStickを再度フォーマットする。
  解凍したフォルダにあるmspformat.exeをコマンドプロンプトで実行。
  以下、PSPがJ:ドライブとして認識されているとします。 

  書式 >msformat.exe j
      「:」は不要。

  5.下記のメッセージが表示されるので、Yを入力してフォーマットする。

  You are about to format the drive j.
  All data will be lost.Do you want to continue?{Y}


  6.フォーマットが終了すると、下記のメッセージが表示される。

  Drive succesfully formatted, and parition moved.

  ▼PSPでの作業
  7.PSPからMemoryStickを抜いて、PSPの「×」ボタンでUSB接続を終了する。
  再度MemoryStickをPSPへ入れてから、PCとUSB接続する。

  電源入れたままMemoryStickを抜き差しするのは、おやじ世代には少し怖いが、最近は特に問題ないみたいなので、勇気を持って抜き差ししましょう。

  ▼PCでの作業
  8.エクスプローラー等で、認識されているPSPを開いて、以下の2フォルダを作成する。

  //PSP/GAME
  //PSP/GAME150

 9.手順3で解凍したPC上の以下のフォルダを、手順8で作成したPSPのGAMEフォルダへコピーする。
  pandora_battery
  pandora_battery%
  pbfirm_install
  pbfirm_install%

 10.公式FW1.50を(EBOOT.PBP)を「UPDATE.PBP」という名前で、PSPのルートディレクトリへコピー。

 ▼PSPでの作業
 11.PSPからMemoryStickを抜いて、PSPの「×」ボタンでUSB接続を終了する。

 ▼PSP(CFW導入orFW1.50)での作業
 12.PSPにMemoryStickを入れる。
  PSPの「ゲーム」→「メモリースティック」から、「Pandora's Battery Firm.Installer」を実行する。
  他に、「Pandora's Battery Creator」と破損データが2つあるが気にしない。

 13.PSPの起動画面が出たり、ブラックアウトしたり、色々メッセージが出る。
   下記のメッセージが出たらPSPの「×」ボタンを押す。

  Press cross to install the firmware to the memory stick.

 14.暫くすると、PSPのメニューへ自動的に戻るので気長に待つ。不安になっても焦らずに待つ。
 15.メニューに戻ったら、PSPをPCへUSB接続する。
 
 ▼PCでの作業
 16.エクスプローラー等で、PSPを開くと、ルートディレクトリに「msipl.bin」とうファイルが出来ている。
   このファイルを手順3で解凍したPC上のフォルダにある「msinst.exe」と同じフォルダへコピーする。

 17.コマンドプロンプトで「msinst.exe」を実行する。
  PSPがJ:ドライブとして認識されている場合。

  書式:>msinst j msipl.bin

 18.英語のメッセージが一杯表示され、数回入力待ちになるのでYを入力。
   下記のメッセージが表示されたら終了。コマンドプロンプトを終了してもOK。

   Write MS BOOT CODE

 19.PSPからMemoryStickを抜いて、PSPの「×」ボタンでUSB接続を終了する。
   STEP1終了。

 ここまでで、いわゆるMagicMemoryStickの作成が完了です。
 このMagicMemoryStick(MMS1)では、JigKickBatteryの作成や、JigkickBattery化したバッテリーのNormalBatteryへの書き戻しができます。また、FW1.50機能限定版(FW1.50その物ではなく、CFWのインストールやユーザープログラムの実行が出来る最低限のものらしいです)のPSPへのインストール等が出来るようです。
 超手抜きおやじ版では、ここで作成したMagicMemoryStickはJigKickBatteryの作成にしか使用しません。JigKickBattery作成後は、CFW3.71インストール用のMagicMemoryStick(MMS2)を作成します。
 資金に余裕のある方は、このMemoryStickを専用に保存しておくと便利かもしれないです。資金に余裕のない方は、この段階か、STEP2でJigKickBattery作成後にEEPをバックアップした状態で、MemoryStick全体をPCへバックアップしておくけば良いかと思います。次回使う時には、手順1と4と5でMemoryStickをフォーマット後に、バックアップしたデータを書き戻せば使えるんじゃないかと思います。試してないけど・・・


●STEP2 JigKickBatteryの作成
 ▼PSP(CFW導入orFW1.50)での作業
 1.STEP1で作成したMMS1をPSPへ挿入する。
 2.PSPのメニューの「ゲーム」→「メモリースティック」で、「Pandra's Battery Creator」を実行する。
 3.以下メニューが表示されるので必要な作業を行う。
  おやじは、△でEEPのバックアップをしてから、×でJigKickBatteryを作りました。
  一つの操作終了するとPSPのメニューへ戻りますので、複数作業する場合は、再度「Pandra's Battery Creator」を起動します。

  ×:JigKickBatteryの作成
  □:NormalBatteryへ戻す
  ○:自動パワーオン用のノーマルバッテリーへ戻す
  △:バッテリーのEEPをMemoryStickのルートディレクトリへ「eeprom.bin」という名前でバックアップする。
  L+R:バックアップしたEEPを書き戻す。
  HOME:終了

 4.電源を切って終了。

●STEP3 CFW3.71 M33インストール用MagicMemoryStick(MMS2)の作成
  もしかしたら、これはMagicMemoryStickと呼ばないのかもです。

 ▼PSPでの作業(以下の作業は、PSPのFWは何でもいいです)
 1.PSPに今回使用するMemoryStickを入れて、PSPのメニューの「設定」→「本体設定」→「メモリースティックのフォーマット」を実行する。
 2.PSPをPCへUSB接続する。

 ▼PCでの作業
 3.ダウンロードしたTOTALNewbieasyInstallerPandorasmenuを解凍する。
 4.解凍したフォルダの中の「START.exe」を実行する。
  いろいろメッセージが出て、数回入力待ちになるので、以下のメッセージが出るまでEnterを入力する。

  Type Drive letter for the PSP:

 5.PSPが認識されているドライブを入力してEnterキーを押す。
  PSPがJ:ドライブで認識されていれば「j」+「Enter」。

 6.もう一度入力待ちになるので、Enterキーを押す。

 7.暫くするとボリュームラベルの入力を要求されるが、必要ないのでEnterキーを押す。
  続いて、「本当に続けていいの?」と聞かれるでEnterキーを押す。

 8.また暫くすると、以下の表示が出る。
  ここで、「MemoryStickを抜く→USB接続終了→MemoryStickを挿入→USB接続」と行う。

  Please take your Memory Stick out FIRST, then stop USB Connection.

 8.Enterキーを押すと、色々メッセージが出ながら、数回入力待ちになるので、下記メニュy-が表示されるまで、Enterキーを押し続ける。

  Choose Pandora-Menu.
  1. Fat Pandora (Original FAT Pandora menu)
  2. FAT ext complete (Extended Pandora menu, HellCat's ext. menuStart up with WLAN/WIFI = OFF)
  3. Slim Pandora (SLIM Pandora menu for FW 3.60)
  4. Universal Unbricker (Universal Unbricker for FAT and SLIM)It's also an 3.71 M33 CFW installer!
  5. Exit
  (1-5).


 9.作成したいものの番号を入力してからEnterキーを押す。

  おやじは何も考えずに「4」です。
  新旧PSP両対応のCFW3.71 M33インストール用のMemoryStickができます。


 10.しばらくすると、また入力待ちになるので、そのつどEnterキーを押す。

 11.終了するとプログラムが自動的に終了する

●STEP4 PSPへのCFW3.71 M33のインストール

 STEP3で、新旧両対応のCFW3.71 M33用を選択した場合の説明です。
 まず、ACアダプタおよびバッテリーは外しておきます。
 JigKickBatteryはあらかじめ充電しておいてください。
 バッテリー外して、ACアダプタをつけた状態でJigKickBatteryをセットすれば充電できます。

 1.PSPへSTEP3で作成したMMS2kを入れる。
 2.JigKickBatteryをセットする。
 3.自動的に電源が入って、下記のメニューが表示される。

  Press X to install 3.71 M33
  Press O to install original 3.71
  Press [] to dump the nand
  Press L+R+start+home to restore nand dump (dangerous!)


 4.行いたいボタンを押すと処理後に自動的に電源が落ちます。

  おやじは、□→×のコースを行いました。
  □で、flashのバックアップ。×でCFW3.71 M33のインストールです。


  CFW3.71 M33にした後、PSPを立ち上げると、画面が白っぽくなって、表示が良く見えなくなり、「へたこいたか?」と慌てましたが、テーマ設定や言語設定をすると元に戻りました。心臓に良くないです。w

●STEP5 お気に入りのCFWへの移行
 CFW3.71 M33は不具合などあるそうなので、導入後速やかにアップデートすることをお勧めします。
 CFWのアップデート方法は、情報源多いので調べて見てください。
 おやじも記事更新努力しますw
 CFWの進化は早いので、ついて行くのが大変ですが、とりあえずCFW3.71 M33がインストール出来れば、その後のCFWアップデート等は簡単にできるはずです。以下、サイトがお役に立つとおもいます。おやじも大変参考にさせていただきました。

【参考にさせて頂いたサイト(順不同)】
 PSP究極活用
 げーむいんふぉ

更新履歴:
2007年12月12日 初アップ

パンドラバッテリーに挑戦

| コメント(0) |カテゴリ:

先日ふとしたことからPSPのバッテリーを入手したので、只今パンドラバッテリー化に挑戦中!

ネットで先駆者の方々の情報を収集しているが、一番楽でおやじでもできる方法を模索中。

只今、無事MagicMemoryStickとJigKickBatteryの作成まで(多分)成功。

今まで調べていて疑問点が一つ。

大体の情報が、MagicMemoryStickとJigKick Batteryの作成がセットになっていて、PandoraBatteryのReadmeの手順で行っているが、JigKick Batteryだけを作るなら、別にMagicMemoryStickの作成は要らないのでは???Pandora Battery CreatorだけMSにコピーすればいいような気がする。怖いので試してないけどね。

元々自分のPSPはCFW3.52なので、今回作成したMagicMemoryStickは使わない予定で、CFW3.71導入用のMSを作ることに明日以降精進する予定です。

成功したら、このブログと、ずっと準備中のHPに記事あげるのでお楽しみに。・・・今更の話題ですけどね。おやじの視点で分かりやすく書きたいと思います。

話は違うけど、情報集めの最中に先輩各氏のブログを見させて頂いたが、一見HPのように見えたり、各情報へのリンクがうまく出来ていてうらやましい。

そろそろ、このブログもそんな風にして、また準備中のHPも早く形にして双方でリンクできるようにしたいと思う今日この頃です。

FFXII クライシス コア

| コメント(0) |カテゴリ:

只今、PSPのクライシス コアに嵌っております。

最初に立ち上げた時には、

  これがファイナルファンタジーか?!

と思ったのだが、これはこれで十分ありですなぁ?

ああ、プレイしなくちゃ!!

また報告しますぅ?。

新型PSP(PSP-2000)

| コメント(0) |カテゴリ:

早くもクラックされたそうなので、

とりあえず購入しました。

PSPについて

| コメント(0) |カテゴリ:

8月の中頃、PSPを購入した。

スロットで調子が良かったことと、新型PSPが発表されて、オープン価格となり少し値下がりしたので、CFWを導入するなら今が最後のチャンスかもと思って、思わず買ってしまいました。

最大のCFW導入に関しては、ルミネスを探すのにかなり苦労したが、その話はまたの機会に譲ります。

まあ、色々あったが、無事CFWを導入に成功したものの、その頃からNDSのゲームに嵌って、結局今までほとんどPSPにはかまってあげられなかった。

一昨日NDSのゲームが一段落ついたので、待望のPSPでのプレイに着手した。

基本的にゲームは通勤の電車の中でやるのだが、PSPを使い始めて、改めてNDSのコンセプトに納得。

PSPも画面が大きく奇麗など、捨てがたい点が多いが、やはり携帯ゲーム機としてはNDSが一歩リードしている感じ。

PSPの不満点
?大きい
?重い
?音がないとプレイしづらい
?4方向ボタンとアナログスティックの使い分けが面倒(慣れの問題?)

新型PSPでTV出力がついた理由がわかったような気がする。PSPは家庭内携帯ゲーム機の位置づけが良く似合う?

もう少し検証してみます。

1
Powered by Movable Type 6.0

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちPSPカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはPS3です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。