先日用事があって、早朝やから立川へ行ってきました。

自転車でフラッと通り過ぎたことはあるのですが、立川駅から降りたのは始めて。正直東京都とはいえ、普通に寂れた地方都市を想像していたので街の大きさにビックリ!

特に北口方面は、駅から続く2階部分のデッキ通路が、ビルの合間を縫って延々と続いていて、超綺麗な未来都市的な佇まい。オフィス街的な北口に比べて、南口の方は商業地区らしく、雑然と様々な店舗が軒を連ねて賑わってました。中々に住み易そうな街でした。

用事が終わったのが11時頃で、朝から何も食べてなかったのでラーメンでも食べて帰ろうかと検索すると、前々から気になっていた一蘭があったので立ち寄ってみました。

南口から少し歩いたところにありましたが、意外と間口が狭い上に地味な感じの店構え。

狭い入り口を入るとすぐに食券販売機がありました。始めてなので、とりあえず替え玉セット(980円)と、トッピングの追加ねぎ(120円)、追加チャーシュー(値段忘れた)を購入。

カウンターの様子

奥に進むと、ちょっと暗めの照明の中、両側に噂に聞く一人用に仕切りがつけられたカウンターが並んでました。

席に座ると仕切りの具合が丁度良い狭さです。テーブルの上には調味料等一切なくシンプル。

調味料なんて一切必要ないねん!という味に対する自信の強さが感じられます。

席に着いたらまず注文用紙に記入するらしい。

写真には写ってませんが、麺の硬さや油の量などを記入する用紙が置いてあって、まずそれに好みを記入してから食券とともに店員さんへ渡す仕組みでした。

店員さんは、席の正面向こう側の通路を通って来ますが、通路と席を隔てる上部の壁の高さが、丁度店員さんの顔が見えず、かつこちらの顔も見えない高さになっていて、ここら辺にもお店の拘りを感じます。

らーめん

待つこと数分で期待のラーメンが到着。

ねぎに隠れて見えずらいですが、真ん中に「秘伝のたれ」という赤い辛味噌みたいなのが乗ってます。

まずは、秘伝のたれを溶かさずに素のスープを飲んでね、とカウンターの上に書いてあったのでスープを一口。

まったく臭みのない上品なスープです。

豚骨の旨味が凝縮されていて、なんとも言えず美味しい!

秘伝のたれを溶かして飲んでみると、これまたピリッとした辛味が効いて美味しい!そしてなにより、ねぎと一緒にスープを頂くと、ねぎの風味が加わって絶品です。追加ねぎは必需品ですね。

替え玉

こちらが替え玉。

スープが薄くならないように少し出汁みたいなのが掛かってました。

麺の方は、一般的な豚骨らーめんの麺より少し太めで、食感も関東の麺に近い感じでした。

少し残念だったのはチャーシュー。たまたまかもしれませんが、赤身中心で安いローストビーフみたいな感じでした。

とは言え、スープとねぎのコラボで大満足して店を出ました。

一蘭の味を思い出しながら駅へ向かって歩いていると、余りに美味しかったのでもう一度食べたくなってきたでのですが、流石にすぐには食べれないよねぇ?

でも、次はいつ食べれるかわからないよねぇ?

ということで、駅前のパチ屋で2時間程時間を潰して再挑戦。

今度は、追加チャーシュー無しで、秘伝のたれを大目で注文。

嗚呼!本日二回目でも美味しい!

らーめん一蘭オススメです。

オヤジの近場に店舗がないのが残念。

オヤジの自宅にはエアコンが付いてますが、どうにも好きになれずに使っていないです。

じゃあ、どうやって暑さ寒さを凌いでいるかというと、夏場は一日中ベランダ側の窓を全開にし、台所の換気扇を回しっぱなしにして、部屋の中に風を通して過ごしてます。

冬場は4畳相当のホットカーペットのみで、あとはこちらで紹介した着る毛布fu-moをはじめとした重ね着で凌いできました。

しかし、寄る年波のためか、最近は寒さがこたえるようになって来ました。ホットカーペットのおかげで足元はなんとかなるんですが、問題は上半身。特に手。

帰宅してからも暫くは手が冷えて悴んでしまい、キーボードを打つのもままならない状態。部屋の中で吐く息も白くなってます。

あんまり辛いので、暖房器具の追加を色々と検討してみました。

希望条件としては、

  1. 部屋全体が暖かくなる。
    暖房器具の正面にいないと恩恵が受けられないのは嫌。 
  2. 風が出ない。
    エアコンが嫌いな理由のNo.1です。ずっと冷風や温風に当たってると気持ち悪くなる。 
  3. 乾燥しない。
    乾燥肌で、冬場は只でさえ肌が粉ふいてカユカユになるので譲れない条件。 
  4. 燃料の補給が必要無い。
    灯油が一番コストパフォーマンスが良いのでしょうが手配が面倒。なので電気かガスが動力源。オヤジの地域はプロパンなので電気で決定。 

このような条件で各種暖房器具を調べて行った結果、最後に残ったのがオイルヒーターでした。

当初オイルヒーターなんて、これっぽっちも念頭になかったんですがねぇ。

オイルヒーター君はオヤジの条件を全て満たしてましたが、デメリットも結構ありました。

  (1)暖かくなるのに時間がかかる。
 (2)電気代が高い。
 (3)思ったより暖かくない。

(1)については、仕組み上仕方ないのですが、実際どの程度時間がかかるのか?それが、オヤジにとって耐えられるものなのかが問題なので、使ってみないとわからない部分です。

(2)については、電気ストーブやセラミックヒーターも同じなので、エアコンと灯油系が選択肢に無い以上仕方ない?

(3)については、部屋の造りで随分違ってくるようです。オヤジのアパートは木造建築なので少し心配ですが、以前出張で行った欧州のホテルの暖房がオイルヒーターだったのを思い出しました。そのホテルも木造でしたが、真冬の氷点下の環境の中、足元も含めて全然寒さを感じなかったので、あのホテルの部屋より狭いオヤジのアパートなら大丈夫なような気がします。

ということで、あれこれ迷っていたところ、オヤジの兄に「暖房器具検討してるんだよ」的なメール送ったら、兄の仕事場のエアコン壊れて、昔使ってたオイルヒーターを持ち出して使っており、「オイルヒーターオススメだよ」的な返信がありました。なんでも、「空気の流れがなく、ふわっとした暖かさが良い」との事。

兄のオススメなんだから間違いないだろう!

ということで、ターゲットはオイルヒーターに決めて商品探しを開始。

日本の山善など数社がオイルヒーターを製造しているらしいですが、一番の大手はドイツのデロンギという会社らしいです。オヤジの欧州出張もドイツが多かったので、多分ホテルのオイルヒーターもデロンギ製なんだろう?ドイツ製なら安心なんだろう?という、なんの根拠もない憶測でメーカーはデロンギに決定。

デロンギの中でも、低価格から高価格の製品がありますが、兄の「フィンの数が多い高めの製品がオススメ」という言葉を信じて、上から2番目のデロンギ ドラゴンデジタルスマートをポチッとな。

マイコン制御でECOモード付き。下位製品は昔の炬燵でお馴染みのサーミスタらしいです。ECOモードなら20%の節電効果とか?

さらにフィンの形も高いチムニー効果のX字型フィンを採用!チムニーって何?多分暖房効果が高いのでしょう!

なにより、希望小売価格53800円に対して、この実売価格!

う〜ん、本当に大丈夫なんだろうか?

N井君のお土産が不思議な件

| コメント(0) |カテゴリ:

協力会社の社員さんで仲良くさせてもらっているN井君が、正月の帰省土産を買って来てくれました。

どら一

まずは、オヤジの会社関係の方々へと頂いたのがこのどら焼き。

N井くんの故郷は香川県ですが、有名などら焼きがあるとは知らなかった。確かに塩バター味というのは珍しいですよね?しかも伯方の塩を使ってるので、確かに四国名産に違いない。

だけど伯方の塩って、しまなみ海道のはずだったような気がするので、少し離れてないかい?

 

などと不思議に思っていたので、年が明けて今日初めて直接会ったので、

「あのどら焼きって有名なの?」と聞いたところ、

さあ?・・・・

という返事。

流石N井君!細かい事には拘らない姿勢が素晴らしい!

普通、帰省土産って故郷の有明所を買って来るよね?・・・なんて思ってしまったオヤジが恥ずかしい。

なにはともあれありがとう!

オヤジは甘い物にあまり触手が動かないので、まだ食べてないけど、ありがとう。(⌒-⌒; )

賞味期限の1月26日までには食べますね。

で、さらに嬉しい事に、今日直接会ったら、オヤジ個人にもお土産を頂きました。

お土産のうどん

オヤジが讃岐うどんを食べるために香川に向かっている途中で落車した事を覚えていてくれたんでしょうね。結構重いのに買って来てくれました。

そんで、「このうどんて有明なの?」と聞くと、

さあ?・・・・

という返事。(⌒-⌒; )

また聞いてしまったオヤジが浅はかでした。m(_ _)m

讃岐うどん食べツーリングのリベンジを未だ果たせてないので、このうどんを頂いて再度リベンジに向けて気合いを入れようと思います。

 

なにはともあれありがとう!

それぞれ食べたら、また感想等報告させて頂きます。

・・・うどんの調理方法見たら、3リットル以上のお湯で茹でると書いてある・・・・そんな鍋ないぞ!

頑張りますです。(ー ー;)

ちなみに、畑田本舗とうどんの石丸をネットで調べてみたら、やっぱ有明所でした。

PS4を衝動買いした件

| コメント(0) |カテゴリ:

PS4

2014年年末。

何故か何かを無性に買いたいとうゆう衝動がムラムラと湧き上がり、色々と考えた結果何故だかPS4を買ってしまいました。

昔から仕事が忙しかったりしてストレス昂じると物欲が湧き上がるタイプなのですが、今回は原因が思い当たらない・・・何だったんだろうという感じですが買っちゃいました。

 

PS4を選択したのも今考えると謎・・・。

現時点でプレイしたいタイトルがあったわけではないので、購入したのは本体だけ。しかもPS3の方では、プレイ中と未開封含めて、まだ3本も購入済みのタイトルが残っているんですよねぇ。

強いて理由を考えると、3月に龍が如くドラクエの新作が出るぐらいですかねぇ。

まあ、買ってしまったものは仕方ないので、おいおいレビューして行きたいと思います。

高橋 克己がタメだった件

| コメント(0) |カテゴリ:

某国民放送で放映している「鶴瓶の家族に乾杯」という番組。

結構好きでDVDレコーダで毎回予約して観てますが、ゲストさんによってオヤジ的興味度合いが大きく変化してしまいます。やはり、物怖じせずにどんどん一般の方々と接していくようなゲストさんが面白いですね。

で、先日のゲストが高橋克己さんでした。

俳優さんとしても好きですが、タモリ倶楽部等のバラエティーでの活躍も楽しく、期待した以上の面白さで大満足!

なんだけど、一つだけビックリしたのがオヤジと同い歳という事実でした。

う〜む。

高橋さんの方がずっと大人に見えます。

自分自身では、年相応の威厳というか重みというか、そんなのが全然ないように思うのですが、他人から見たらオヤジはどう見えるんだろう?

と思う今日この頃です。

今度誰かに聞いてみようかな?っと。

最近出張の乗り換えで使うことが増えた北千住駅。

その東武鉄道のコンコース2階には、東京カレー屋名店会やトンカツの和幸を初めとして、いろいろな食べ物屋さんが軒を連ねています。そんな中でも気になっていたのが、「北海道ラーメン 久楽」というラーメン屋。

しかし、行きは乗り換え時間が短いのと、帰りは食事には微妙な時間帯になるため指を咥えて通り過ぎてたんですが、先日電車が遅れて特急1本分時間に余裕が出来たので久楽に挑戦してみました。

店の前の看板

久楽が気になっていたのは、店の前に燦然と輝く辛メニューの看板に惹かれてたから。

大して大きな看板でもないのに、何故か「」という文字や唐辛子色がオヤジの注意を引きつけるようです。

入り口入って右にある食券販売機で食券を購入するシステムだったので、入店前に店の前のメニューで吟味してから入りましょう。

 

オヤジの心は決まっていたので、迷わず辛味噌ラーメン(820円)をチョイスしましたが、ここで少し誤算が発生。販売機のボタンにはトッピングが数種類ありました。店の前の辛メニューの看板にはトッピングが書いてなかったので少し慌てましたが、幸い次に待っている人がいなかったので、トッピングを一通り確認してから「ニラ追加(110円)」と「チャーシュー(270円)」を追加。次に待っている人がいたら、きっとトッピングは諦めていたでしょう。この手のプレッシャーに弱いんですよね。

カウンター席に座って、食券を渡す時に3段階ある辛さの中から中辛を注文。3分ほどでラーメンが出て来ました。

辛味噌ラーメン

写真撮るのを忘れて少し混ぜてしまった後のラーメンです。

麺は中太の縮れ麺。ニラの少なさが少し寂しかったです。

スープはコクと少し甘みのある感じで美味しい。チャーシューは、特にこれといった個性のない普通の感じです。

 

かき混ぜると底の方から、大きめに切った玉ねぎとキャベツが出てきました。玉ねぎとキャベツの甘みが味噌味と調和して美味しかったです。

また電車が遅れたら行ってみようと思います。

アサシンクリード 面白すぎ!

| コメント(0) |カテゴリ:

過去の人気ゲームの未プレイ作品を漁っている中で、2作品が入って2千円台というお得感に惹かれて「アサシン クリード I+II ウェルカムパック」を購入してみたのが数ヶ月前。

まずは当然Iをプレイしたんですが、ほんの少し背景ストーリー的なものはあるものの、なんだか世界観に没できず。

ゲームの方は、ミッションや旗、羽集めなどのコンプ要素はあるものの、ストーリーを進めるだけなら多分4、5時間で終わっちゃう感じで内容が無い。色んなコンプを目指すと中盤からは同じパターンの繰り返しで、只々消化ゲーム的な感じになってしまいました。

前評判高かっただけに、かなり残念な感じでIを終了し、「IIもこんな感じだったら苦痛だなぁ〜」と思いながらも、折角買ったんだからプレイしない訳にもいかないし、他にすることも無いのでプレイ開始しました。

IIは・・・期待を裏切る面白さ!

背景となるストーリーも没入しやすく、Iでは苦痛でしかなかったコンプ要素もすんなこなせて行きます。

同じ開発陣が作ったとは思えないくらいの変わりように唖然!でも、ゲームシステム自体や操作方法は変わって無いので、すんなりゲームに入って行けます。元々三部作構成で開発していたらしいので、Iで様子見してから、そのフィードバックを最大限生かしたのか?Iでダメダメだと思っていた部分が大幅に改善されてました。

只今は、「アサシンクリード ブラザーフッド」をプレイ中。

こちらはさらにストーリーが膨らんで、新たな要素も加わって大変面白い!

2千円台でこれだけ楽しめると大満足の今日この頃ですが、自宅にいるときはほとんどゲームしかしてないような気がする(ー ー;)

既に三部作の完結となる、「アサシンクリード リベレーション」と「アサシンクリードIII」まで購入済みなので、この生活は暫く続きそうな予感です。

あれ?三部作なのに全部で5本ある・・・まあ、面白かったらいいでしょう( ´ ▽ ` )ノ

最近のゲーム生活

| コメント(0) |カテゴリ:

このブログのカテゴリにPSPとNDSがあるけれど、iPhoneの台頭と共に移動中にゲームをすることがなくなり、両方ともお蔵入り。それぞれのプラットフォームでやりたいゲームが無い事も原因の一つ。iPhoneでは主に電子書籍三昧です。

その代わり、PS3は最近大活躍です。

どんなゲームに大活躍しているかというと、PS3の歴代ランキングで上位に入っていたゲームで、今まで知らなかったコンテンツの攻略に嵌ってます。

今までは、これまでプレイしていた定番ゲームの新作や、たまに見聞きして気になったゲームの新作を発売と同時に購入してたんですが、ある時新作を探していると、つい2、3ヶ月前に6000円ぐらいで購入したゲームが2000円代で売られていることを発見。

ここまで値段が下がるということは人気がなかったのかもしれないけれど、オヤジ的には十分面白かったので、この値下がり具合にはショック。

元々新作を発売後すぐにプレイしたいというわけではなかったので、少し待ってから買う方がお得だね!

と今更ながら気付いて、以前より頻繁にゲームのチェックをし始めたら、昔のゲームが廉価版として発売されていることを発見。

ただ、色々見ても本当に面白いゲームなのか判断つかなかったので、歴代の売り上げランキングを合わせてチェックし、試しにアンチャーテッドシリーズの第一弾を購入してみたら、これが物凄く面白い!

瞬く間に、アンチャーテッドの「エル・ドラドの秘宝」「黄金刀と消えた船団」「砂漠に眠るアトランティス」の3作を制覇!

これに続いて、アサシンクリードコールオブ・デューティ モダン・ウォーフェアシリーズの攻略中です。

試しに第1作目を購入して、気に入ったらシリーズ全部大人買いをしてますが、只今、未開封のパッケージが5つも待ち行列に並んでます。全部2000円代で買えるのでお得?

そのうちプレイ感想も書かなきゃと思いながら、ブログ更新もままならない今日この頃です。

さて、次の暗殺に向かいますか(⌒-⌒; )

麺場 なっくる スライダー

| コメント(0) |カテゴリ:

東京の国立駅から徒歩10分程の所に、鉄道総合技術研究所(略して鉄道総研)という施設があります。

広い敷地の中は緑が一杯で、テニスコートやサッカーグランドなどに混じって、色々な試験施設が点在して・・いやいや、点在する試験施設の間は緑が一杯で、敷地の有効利用の為に福利厚生設備が充実・・・昭和の日本が元気な時代って色々な所がこうだったんだろうなぁと、変な意味で感心してしまう施設です。職場環境としては羨ましいかぎりです。

そんな鉄道総研さんへ仕事の関係で何度かお邪魔してたんですが、国立駅からの道中にラーメン屋さんが数店あり、そんな中で一番気になっていた「麺場 なっくる」さんへ行って来ました。

麺場 なっくる

午前中の仕事が押して、13時ちょっと前に3名で伺いました。

先客は3名様。店内は外観から想像するよりも広くて明るく、店員さんの声も元気で、第一印象は最高点。

食券を自動販売機で買うタイプのお店ですが、以外とバリエーションのあるメニューに戸惑うオヤジ達に、店員のおねいさんが、自販機横のオススメお品書きを指差して「こちらを参考にしてくださいね!」と、優しく明るく元気に言ってくれました。おねいさんの印象ランンクアップ!

さて、店名の「なっくる」という所から、ある程度の野球絡みを予想はしてたんですが、まさかここまでとは!

バリエーション豊かなメニューはこんなんなってました。

 品名    スープ  麺タイプ
 ストレート 豚骨塩  ストレート
 カーブ   醤油   中細ちぢれ
 スライダー 味噌   平打ち 

この他につけ麺もあり。それぞれに、「味玉」「ねぎ」「チャーシュー」の投げ分けもあり、スープの違いと麺の組み合わせで、バッターの狙いを困惑させます。

チャーシューみそスライダー

さんざん迷った挙句、スライダーのチャーシューコースに狙いを絞ってバッターボックスへ。

見事狙いが的中しワリバシのフルスイング!

と、その時、客席で応援していた無料トッピングの「辛子高菜」がグラウンドに乱入!

あえなくワリバシが空を切る・・・どころか、一気に美味しく頂いてしまいました。

 

近場にあれば通いたいお店なのに残念!

カップになったアラビヤン

先日スーパーで見かけて思わず買ってしまいました。

子供の頃はよく作って食べてましたが、ペヤングが出てからはカップ麺タイプしか手を出してなかったです。

だって、くっついちゃうんですよ・・・フライパンに・・・半分近くが・・・何度やっても綺麗に作れなかったです。(ー ー;)

 

袋麺タイプを売っていることは知ってたんんですが、やはり安易なカップ麺に流れてましたが、ついにアラビヤンまでカップになるとは!

粉末ソースだ!

さっそく試食です。

お湯を入れて3分待ってから湯切り。

添付のソースをドバーッと・・・

粉末だ-------!

流石アラビヤン!

こだわりの粉末ソースですね。

 

掻き混ぜる

粉末ソースだけあって、均等に掻き混ぜるのは少し大変。

湯切りを少し甘くして、水分を適当に残しておいた方がいい感じです。

掻き混ぜていると、ウスターソースの香りがブワーッと立ち上って来ます。

う〜ん、いい感じに昭和のジャンクフードの雰囲気が出て来ました。

いよいよ実食!

一口食べてみると、遠慮会釈のないウスターソース味が襲って来ました。

あれ?こんな味だったかな?ともう一口。

やっぱりウスターソースです。

食べても食べてもウスターソース。

きっと昔食べたアラビヤンもこんな味だったんでしょう(⌒-⌒; )

ところで、今回パッケージをじっくり見て「アラビヤン」だった事を発見しました。ずーっと「アラビアン」だと思ってた。ちょっと心配になったので、「アラビアンナイト」を調べてみたら、こちらは「アラビアン」も「アラビヤン」もありました。

さて?正解は?

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
Powered by Movable Type 6.0

2015年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ