iPhone6がやって来た!

| コメント(0) |カテゴリ:

iPhone6が発売されてから数日後、

どうせ品薄で注文してもすぐには手に入らんだろうから注文だけしとくか!

というノリで、ソフトバンクのオンラインショップに入ってみると、トップページの機種変更リストに128Gモデルだけ載ってない。欲しかったのはやはり128Gモデルだったので、

なんだよぉ!注文も出来ないのかよ! (´・ω・`)=з

と何気に、iPhone6の商品一覧リンクをクリックすると、なんとそっちには128Gモデルが載っていて、しかも「注文する」ボタンもついてました。

なんだか分からんが、こっちから行くと無事に仮注文で来たので、あとは何ヶ月後になるか分からない本注文の案内を待つだけだねぇ・・・2日後に来ましたよ。本注文の案内!

 

大草原のiPhoneソフトバンクさんから送られて来たダンボールには、ちょこんとiPhoneの箱が鎮座されていました。

Amazonには負けるけど、ネット通販業界では不相応に大きい箱で発送するのが流行ってるのか?

USIMカードも付いてました。iPhone5からの機種変更なのでUSIMカードはそのままかと思ってたので驚き!

ビューティフル箱

箱の作りは相変わらず美しい!

何も大げさに主張していないのに、Apple製品ですと一目で分かってしまう感じです。

 

 

 

 

やっぱりホワイト

今まで、

Appleはホワイトでしょ!

と、iPadもカラーはホワイトに拘って来たんですが、今回はスペースグレイでちょっと悩みました。筐体裏側の仕上げが美しい!でも、全面が黒なんですよね。悩む事数10分。結局シルバーに落ち着きました。

アクティベーションもデータ移行もすんなり終了。

3週間程使ってますが、ここまでの感想を一つ。

良い点:

  • 文字が大きい
    アプリの文字が大きくなり、老眼の進行しているオヤジには有り難い。でも、ネイティブの解像度に対応するアプリが増えると元の木阿弥?
  • TouchIDが思いの他便利
    正直、「そんなもんいらねぇや!」と馬鹿にしてたんだけど、ロック解除するワンアクションが無くなってすんげぇ快適。

ちょっと不満点:

  • やっぱり大きい
    オヤジは普段左手だけで操作するタイプなんだけど、画面上部と右側には指が届きづらい。特にキーボードはたまにいらっとする事がある。今までキーボード関係のアプリは作りづらかったらしいが、ios8からはそこら辺も緩和されたらしいので今後に期待。
  • NFCの使い道がない
    実は、一番待ち望んでいたのがNFCなんだけど、オヤジが日常使っているSuicaやEdyとかが使える日がくるんだろうか?まあ、逆にApplePayの仕組みだと、常々思っている「なんでサービス毎にカードが別なんだ!」という不満が解消出来そうなので、是非業界の皆さんもユーザーの利便性を優先して1つのカードや端末で全てが使えるようにして欲しいもんだ、と思います。 

不具合:

  • タッチパネルが反応しなくなる
    ただいまIOS8.02ですが、巷を賑やかせているタッチパネルが反応しなくなる現象が結構頻繁に出てます。一部が反応しなくなるという報告が多いようですが、オヤジの場合は全体が反応しなくなります。ホームボタンなどのハードキーは正常に動きますが、タッチパネルは全然駄目。復帰方法は、一度電源ボタンを押してロックし、再度ロック解除すると復帰します。さて、これは巷を賑やかせている問題と一緒なのか?使っているアプリの問題か?Appleの対応に興味深々です。

旭川出張も最終日。

仕事の合間と夜のグルメ報告で最後となります。

モルメン ひまわり

まずは、昼食に今回の出張で一番楽しみにしていた「モルメン」で有名な「ひまわり」へ行ってみました。

「モルメン」とは、ホルモンと野菜たっぷりのラーメンらしく、ホルモン大好き!ラーメン大好き!おやじとしては、一度は食べてみたい代物です。

しか〜し!なんと不運にも不定休の休業日に当たっちゃいました (´;ω;`)ウッ…

諦め切れずに、近場にある他の店舗を検索して向かいましたが、時刻は既に14時10分過ぎ。ひまわりさんの昼営業14時30分までと言う事で、こんどは昼営業が終了していました。残念。

道すがらチェックしたところ、旭川の食い物屋さんは昼営業制を取っている店舗が多い感じで、興味を引かれた店舗は軒並み休憩時間に入ってました。

さて、どうすんべぇか?と相談した結果、観光施設ならこの時間でも営業してるだろうという事で、ラーメン村へ向かいました。

エキゾチックなラーメン村

ラーメン村のお土産物屋の入り口。

ライオンやサルやアザラシが、ラーメンの海でラーメンを食べてます。富士山か大雪山らしき山や、大きな橋も架かっていて、何を表現したいのか分かりませんが・・・エキゾチック!?

 

 

 


ずらっと並んだラーメン店

エントランス(?)の左右に、うなぎの寝床状態でラーメン店がずらっと並んでました。

時間が遅かったためか季節的な問題か、おやじ達以外には人気が無く、何店舗かは休憩に入ってました。

 

 

 

工房 加藤ラーメン

一通り店舗をチェックして、選んだお店が「工房 加藤ラーメン」さん。

 

 

 

 

 


こくうま熟成正油ラーメン

そして注文したのが、何故か全員「こくうま熟成正油チャーシューメン」1000円也。

背脂の入ったとんこつ正油スープに、ボリュームのあるチャーシューと縮れ麺のラーメンです。

N氏の箸上げも完璧な出来映えですが、スープ良し!チャーシュー良し!縮れ麺もスープが良く絡んで美味しかったです。

そして最後の晩餐。

北海道と言えばジンギスカンでしょう!

箸上げ名人N氏のリサーチの結果、セットメニューで1980円という「成吉思汗 大黒屋」さんへ行ってみました。

セットメニューの内容は、生ラムジンギスカン+ハーブラム+焼き野菜だったような気がします。ただし、焼き野菜はお店のサービスで無料でお代わりし放題でした。

定番ジンギスカン

さてさて、セットメニューでこの値段なのだから、さぞかしショボい肉なんだろうと思っていたら、肉厚で大きく美味しそうな肉が出て来ました。

早速鍋に乗せると、各卓の上に備え付けられた吸煙装置の能力を越える、盛大な煙を上げながら美味しそうに焼けて行きます。本場でも、やはりあの煙は処理し切れないようです。

 

生ラムは、ジューシーで柔らかく、しかも全然ラム臭さが無く、まるで美味しい焼き肉を食べているようでした。大満足ですが、唯一ジンギスカンらしさが感じられなかったのが残念・・・などと贅沢な事を思ってしまいましたが、「ジンギスカン=癖がある」というのは、本土の人間の思い込みなのかもしれないですね。

ハーブラムは、生ラムより油が少なくサッパリした感じでしたが、ハーブの効果なのか不明。オヤジ的には、生ラムが好きです。

厚切りラック

そして、セット以外で唯一注文した「厚切りラック」。骨付きのアバラ肉です。

本当に厚切りでボリュームがあり、ガブリッとワイルドに齧り付く感覚が、「嗚呼!肉!」という感じでたまりません。他の肉に比べてラムを食べているという実感も味わえました。

実は、入店直後に店員さんに「セットメニューのボリュームってどうなの?」と聞いたら、「結構少ないですよ」と言われたので、取りあえず厚切りラックを注文しておいたのですが、セットメニューと厚切りラックを食べ終わった時点で、男4人がお腹一杯になってました。

他にも食べてみたいメニューがあったので多少残念でしたが、この値段でこれだけ美味しくて、しかもお腹一杯になれるなんて!ホテルのコストパフォーマンスも半端無いし、恐るべし北海道!恐るべし大黒屋!でした。

でも、ラーメンの値段は少し高めかな? (^_^;

旭川出張報告 〜お仕事編〜

| コメント(0) |カテゴリ:

脇道に入ると雪だらけ

旭川3日目。

本日も雪を求めて美瑛方面へ向かいました。

綺麗に除雪されている幹線道路から少し外れると、こんな感じで雪だらけ。

テストするのにちょうど良い場所がこの先にあったのですが、今回使ったレンタカーでは入り込めそうになかったので、この場所でのテストは断念しました。

おお!北海道!

振り返ると一面の雪景色。

前日の大雪山では、大陸的な風景に出会わなかったので、ここに来てやっと北海道らしさを満喫です。

この土地の広さは何なのでしょう?牧場なんですかね?

 

 

テストもしてます

すこし戻った所に良い場所があったのでお仕事開始。

ちゃんとお仕事もしてるという証拠写真です。記念撮影の準備ではありません。お仕事です。

 

 

 

 

なんかのピラミッド

次なるテストポイントを探して彷徨っていると、ピラミッド型の展望台を発見。

この横の道が絶好の条件で、さらに雪でその先が通行止めになっていて人も来なかったので、残りのテストのほとんどをそこで行いました。

お仕事中の写真のように、どう見ても怪しい連中なので警察に通報されない事も条件の一つです。 (^_^;

 

公衆トイレも休業中

通行止めになっていた道の先には、「マイルドセブンの丘」があり、反対側に行くと「ケンとメリーの木」があったようで、雪の無い季節の観光スポットらしく、お土産屋さんも数軒ありましたが全て休業中。

駐車場脇にあった、暖炉用の煙突らしき物が付いた建物が気になって見に行ってみると、なんと公衆トイレでした。暖炉が付いてるのか超気になりましたが、残念ながらこちらも休業中でした。

その隣にあった観光案内所も休業中で、再開はゴールデンウィークからと張り紙がされてました。

ということは、公衆トイレも同じ時期から再開?5月なのに暖炉が必要なほど寒いのか?

超気になります (≧∇≦)

観光案内所にはバイクスタンドがあったので、自転車でここに来る人もいるんでしょうね。いつかオヤジも自転車で行って、暖炉があるか確認してみたいものです。

お仕事の方は、このあとさらに彷徨って、残りのテストを無事終了出来ました。

まずは出発前の腹ごしらえ。

天鳳麺

羽田空港 第一ターミナルB1Fで見つけた天鳳の「天鳳麺」。

味噌風味の野菜あんかけらーめんです。写真は二口程手をつけた後の姿です。

野菜たっぷりでボリュームがあり美味しかったです。この味とボリュームで750円!

お勧めです。

 

まつ田

2日目の夜に行った「旭川ラーメンまつ田」。

旭川に来たからには「旭川ラーメン」でしょう!ということで、ラーメン大賞新人王を受賞したお店という事で行ってみました。

 

 

 

 

みそラーメン

オヤジが注文したのは、北海道と言えば味噌ラーメンでしょう!と言う事で「みそラーメン」。

これまた写真を撮る前に一口手をつけてしまいました。

見た目よりもあっさりとしていて食べやすく、少し甘目の味噌が美味しかったです。

800円也。

しおラーメン同行メンバーが注文したのは何故か「しおラーメン」。

「何故北海道で塩ラーメン!」と心の中でツッコミを入れつつ笑顔で感想を聞くと、「今まで食べた塩ラーメンの中で一番美味しいです!」との事でした。

750円也。

 

帰って来てから調べたら、旭川ラーメンの基本は「正油ラーメン」らしく、全員選択を間違えてました。

まあ、美味しかったからいいですけど・・・。

旭川へ出張した日の関東地方は最高気温16℃の3月下旬の気温だったため、厚着をして家を出た事を後悔してたんですが、到着した旭川空港の気温は−2.4℃でした。今度は、もっと厚着をしてくれば良かったと後悔する事になりました。

ツインタワー

ホテルへチェックインしてから、現地で待ち合わせした協力会社の人達と夕食を取る為に夜の旭川の街へ繰り出しました。

21時を過ぎていたので一段と冷え込んでましたが、街の大きさと人通りの多さにビックリ!流石、北海道第2の都市というだけの事はあります。有名なサンロク街の飲食店の多さに再度ビックリ!ツインタワーが綺麗でした。

 

雪だ!雪だ!

翌日からお仕事のため、雪を求めて大雪山方面へ車で移動。

段々と雪が多くなって来ました。

 

 

 

 

シックなセブンイレブン

大雪山国立公園入り口のセブンイレブンで、トイレ休憩と昼食の仕入れ。

関東方面では見た事のないセブンイレブンの看板と店舗の色合いです。

オヤジ的には好きな色合いなので、関東方面でも採用してくれたらと思いますが、目立たないから駄目なのかな?

 


セブンイレブン前の景色

振り返るとこんな雄大な景色だったので、自然の中に調和する店舗デザインにしてるんですかね。

旭川のコンビニは、セブンイレブンが圧倒的に多かったです。

 

 

 

三国峠のお土産屋さん

さらに雪を求めて、三国峠の頂上付近へ。

お土産屋さんはシャッターを下ろして休業してました。お土産屋さんが休業してるのは、この雪の量を見れば納得出来るんですが、公衆トイレも閉鎖されていたのにはビックリ。清掃とかのメンテナンスが出来ないからなんでしょうね。

 

 

この後三国峠で17時過ぎまで測定してました。16時過ぎてからは雪が降り出し、風もいい具合に吹いてくれたので、仕事の目的としては達成出来たのですが、外での作業が多かったので寒さは堪えました。

もっと厚着してけば良かったです。

3月12日〜3月15日まで旭川に出張した時の、街や自然の感想です。

旭川駅空港からバスで約40分。旭川駅に到着。

駅前の雪の多さに少し感動して、北海道に来たことを実感。

 

 

 

 

振り返ると街

でも、歩道を見ると綺麗に除雪されていて、何故か少しガッカリ。

冬の北海道は雪まみれ!というイメージは間違っているようで、これでも3月としては珍しいぐらい大量の雪が残っているそうです。

 

 

 

綺麗な空

空を見上げると、夕暮れ時のグラデーションがとっても綺麗だったのでパチリ。

雲の形も素晴らしい。

今回のお宿は、駅前の「藤田観光ワシントンホテル」。

なんと、朝食付き一泊4100円という超お得価格でした。

 

正直この値段なので、あまり多くを期待してなかったのですが、凄く良いホテルでした。

スタッフの応対は丁寧だし、部屋は綺麗で充分な広だし、アメニティも全部揃ってました。特筆すべきは朝食バイキングです。「この価格で何でここまで充実してるの!」と驚く程の品数の多さと味でした。

旭川で宿泊するなら絶対お勧めのホテルです。

北海道初上陸は旭川!

| コメント(0) |カテゴリ:

いつかは行ってみたいと思っていた北海道。
仕事の出張ではありますが、ついに実現しました。
初上陸の地は旭川。これから3日いるので、仕事の合間に堪能したいと思います。


2014年になって、1月はゲーム「THE LAST OF US」の攻略と、Philipsのモニター272C4QPJKAB/11半沢直樹お話のみ。

2月に至っては、有川浩さんの小説「三匹のおっさん」が面白いというお話のみと、ほぼほぼブログ更新停止になってしまってます。 (^_^;

その理由とは、やっぱり小説とゲームに嵌ってるから・・・

THE LAST OF US」に続き、「METAL GEAR RISING」を攻略し、只今「Bioshock infinite」をプレイ中です。こちらは只今2周目で、最高難易度の1999モードに挑戦中。その傍ら、有川浩さんの「三匹のおっさん ふたたび」を読み耽っております。

ゲームに疲れると小説。小説に疲れるとゲームという無限ループ真っ最中!

そんな中、PS4は発売されるは、有川浩さんの「阪急電車」「塩の街」「空の中」「海の底」「フリーター家を買う」を一挙に大人買いしちゃうはで、この無限ループから抜け出せるのはいつの日か?

ゲームも小説も、全然やらない期間があるんですが、何故かその期間に気になる物は買込んでいて、何かの切っ掛けで始めると嵌ってしまうという傾向があります。今は嵌り時期の真っ最中。

そうか!このループにブログ更新も入れればいいんだ!

という事で、取りあえず更新してみました (*´∀`*)


おやじ的に、タイトルと表紙のイラストに惹かれて買ってみたら、久々に面白い小説に出会いました。

定年を迎えて退職し、父親から引き継いだ剣道教室の生徒が全員中学進学を期に止めてしまい、何もやる事が無くなってしまった主人公のキヨ。家族から還暦のお祝いに赤いちゃんちゃんこを贈られるが、気持ちも体もまだまだ老人と呼ばれる事を拒否します。

そんな折、ふとした切っ掛けで、昔「三匹のわるガキ」と呼ばれた幼なじみと自警団を結成する事になりました。

一人は、息子夫婦に経営する居酒屋を任せた柔道家のシゲ。もう一人は、妻がその命と引き換えに残した一人娘の女子高生を溺愛する町工場の社長のノリ。 

それぞれが、一癖も二癖もあるおっさんですが、共通するのは家族を愛し、間違ったことは大嫌いということ。 

いつしか家族から愛情を込めて「三匹のおっさん」と呼ばれるようになります。

痴漢や詐欺、中学校での動物虐待などの事件を解決しながら、それぞれの家族との絆や、おっさん達の可愛い姿が綴られて行きます。

ほんのりとして心温まるストーリーで、ついつい引き込まれてしまいます。

特に気に入っているのは、キヨの孫の祐希とノリの娘の早苗の関係と、おっさん達との係わりの描き方。

早苗ちゃんが可愛い!

届いたモニター

PhilipsのWQHD(2560×1440)対応27inchモニター272C4QPJKAB/11を購入しました!

PhilipsってPC周辺機器も作ってたの?と購入したオヤジ自身が驚くぐらい、PhilipsのPC関連製品って馴染みがないですよね?今までPhilipsの製品というと、すぐに思いつくのは電動シェーバーぐらいでしたが、購入に先立って調べてみると、本家の欧州などでは、家電製品やPC関連製品を多く販売しているようです。

このモニターも昨年の9月から日本で取り扱いが始まったらしいです。

では何故Philipsのモニターを選択したのか?

以下がオヤジの選択ポイントです。

  1. PIP(ピクチャーインピクチャー)とPBP(ピクチャーボックスピクチャー)が出来る。
  2. 入力端子にDispplayPort×1とHDMI×2がある。
  3. 2W×2Wのスピーカーを内蔵している。
  4. Webカメラとマイクを内蔵している。

無精なオヤジは、ディスプレーケーブルと同時に別途オーディオケーブルを繋ぐのが面倒なので3番は必須ポイント。

1番は、デュアルモニターにしてるので、機能がなければないでどうにか出来るのですが、一度便利さに慣れてしまうと捨て難い機能です。

そんで、2番が最終的な決め手になりました。比較した各社のモニターで1番と3番を満たしている物が無い上に、HDMIを2系統備えているのはPhilipsだけでした。他社のモニターだと、未だにD-Sub15とか付いてたりするんですが、WQHDのモニターを使う環境アナログってでどうなのよ?という感じです。オヤジの接続候補は、MacBookPro(DisplayPort)とPS3(HDMI)とDVDレコーダー(HDMI)なので、正にDisplyaPort1系統とHDMI2系統はピッタリです。

絶対的な価格としては他社のモニターに負けていると思いますが、4番も付いてるんだから仕方ないねと、コストパフォーマンスを納得させてくれたのが4番です。多分使わないでしょうけど。 (^_^;

さて、使い始めて半月程経った現在のインプレション。

(注)今まで試用してたモニターとの比較です。

■お気に入りの点

  • 兎に角画像が綺麗!
    PLS液晶の効果なのか、解像度のお陰なのか映像が綺麗に見えます。バックライトも明るさにムラが無く、画面の端から端まで均一の明るさです。 
  • デスクトップが広い!
    WQHD恐るべし!FullHDに対してちょい広い程度かと思ってたのですが、実際の使用感は全然違います。例えば、ブログ書くときに、今までは「編集」と「プレビュー」と「Aparture」のウィンドウが重なるので切り替えて書いてましたが、今は3つのウィンドウが横に並んでいます。これが作業効率に与える影響は大きいです。
  • 発熱しない!
    長時間使用後にモニターを触ってみると、ほんのり暖かくなっている程度です。これこそLEDバックライトの威力なんでしょうね。今まで使っていたモニターは冷陰極管なので、ハンパ無く発熱していました。これが2台あったので、夏場の暑さはハンパ無い物がありました。あの夏の暑さにはおさらばです!と言っても、まだ1台残ってますが・・・ 
  • エコ機能が何気に便利!
    このモニターには、赤外線を使ったエコ機能が付いてました。規定時間モニターの前で動きが無いと、自動的に明るさを落したり、スリープに入ってくれます。最近のTVなどでお馴染みの機能ですが、正直そんな機能いらないと思ってたのですが、これが何気に便利でした。 トイレに行って帰ってくると、低輝度状態から自動的に復帰してくれます。机の前で気を失って寝ていると、自動的にスリープに入ってくれます。これは便利! 

■ちょいな点

  • ボリューム調整が面倒
    ボリューム調整がOSDメニューの深い位置にあり、辿り付くのに結構ボタンを幼くてはなりません。入力ソースがPCの場合は、PCの方でボリューム調整出来るのでいいのですが、DVDレコーダーの場合はOSDで調整しなくてはなりません。PS3は、ゲーム毎にオプションでボリューム設定が必要になります。ボリューム調整は独立機能でボタンに割り付けて欲しかったです。 
  • スタンドが固定式
    付属のスタンドが固定式で何も調整出来ません。オヤジは、元々VESAアームを購入する予定だったので問題ありませんが、他の機能がよく考えられているだけに少し残念でした。 
  • 音質が最悪
    内蔵スピーカーということで、多くは望んでいなかったのですが、まさかこれ程とは。低音はまったくという程出力されず、高音だけがキンキンと響く感じです。そのうち慣れるだろうと思っていたのですが、あまりの違いについついポチっちゃいました。その話はまたの機会に (^_^ 

スピーカーだけは大誤算でしたが、その他の点は概ね大満足の買い物でした。

/td>
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
Powered by Movable Type 6.0

2015年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ