引っ越しました

| コメント(0) |カテゴリ:

諸般の事情で新規ドメインに引っ越しました。

二輪車関係=>”かねおやじと二輪車と青い空”

その他の日々=>”かねおやじの日々”

ゲームしながら引っ越ししてたら3ヶ月も掛かっちゃいました。

3ヶ月も掛かった割には、まだまだ体裁も整っておらず、かつ当ブログの記事も引き継がれてません(^^;

御用とお急ぎでなければ、立ち寄って頂ければと思いますです。m(_ _)m

おされな財布 MyWalit

| コメント(0) |カテゴリ:

約1年半前に買い換えた財布TROIKA GERMANY MYC22/LE君。

マネークリップ付きカードホルダーという感じで気に入ってたのですが、日々増え続けるカードを無理やり押し込んでいたため、一番重宝していた(押し込んでいた)表側のホルダーの縫製部分が裂けてしまいました。

なんでカードってこんなに増えるんでしょうねぇ(´Д` )

もう修理も無理そうなので、また同じのを買おうかと思ったんですが、やはり必要なカードの枚数を精査した結果、TROIKA君には荷が重そうなので、新しい財布を探してみました。

前回の経験からマネークリップタイプは選択肢が少ないので断念。

新たな条件としては、小銭入れのついてない札入れタイプで、カードが一杯入る事だけなんですが、これも結構数が少なく、中々良いものがありません。

長財布だと結構良さげなものもあるんですが、長財布は嫌いなのでNG。

そんな中、東急ハンズの財布売り場で気になる財布に出会いました。

MyWalit 136

それがこちらのMyWalit 136君!

 MyWalitというイタリアのブランドです。オヤジは全然知らなかったんですが有名らしいです。

持った時の手触りが良く、何よりその色使いの素晴らしさに一目惚れ(^ ^)

 

 

カードホルダーを開いた写真

しかもこのように大量のカードが収納でき機能性もバツグンそうです。

ただ一つの難点は小銭入れが付いてること。

う〜む、残念賞か?と思いながら、東急ハンズの売り場で小銭入れを開けてみると・・・

何故かそこには板ルーペが入ってました。

何故ルーペ?という疑問と共に、

 

なるほど!小銭入れが付いてたって小銭を入れる義務はないんだ!

という天啓が閃きました。

イタリア人恐るべし!^ - ^

痛く気に入ってしまったので、即購入しようと思ったのですが、オヤジが欲しかった色は在庫切れだったので、一旦頭を冷やしてネットで探してみることにしました。

で、探してみると各通販ともに在庫が少なく、欲しい色があると何故か値段がハンズよりも高い!

半端なく高い!

結構値段に開きがあって驚きました。

さて、どうしたものかと探し続けていたら、本家イタリアのネットショップから直接購入した方のブログを発見。

本家のショップへ行ってみると、送料の25ユーロを含めてもハンズの値段からちょい高くなるだけで、すべての色が注文可能だったので、勇気を振り絞って注文してみました。

DHLの封筒

どのくらいの日数で届くんだろう?と思っていたら、わずか5日でDHLから佐川急便経由で届きました。

なんだかあまりにも簡単過ぎて驚きですわ!

本家で注文するときに迷ったのは、クレジットカードでの決済ページの表記がイタリア語でしか表示されなかった事ぐらい。これもまあ、国内で注文するときと項目は似ているので推測でクリア出来ました。

買ったもの

実は今回136と一緒にMyWalit132という、カード6枚と紙幣のみ入れられる小ぶりなタイプもついでに注文しちゃいました。

136の使い勝手が悪かったらと思って一緒に買ったのですが、今のところ136君は完璧です。

予想通りカードの収納力がハンパ無いし、ケツポケに入れてお尻にあたる感触も申し分無し!( ´ ▽ ` )ノ

未だ小銭入れは使ってませんが、これで思う存分新しいカードを追加出来るかも?

自転車生活 復活

| コメント(0) |カテゴリ:

Jake君と花

昨日から二日連続で久々に多摩サイを走って来ました。

「久々」というのは、とある事情で約半年間自転車に乗れなかったから。

やっぱり気持ちいい!と思ったのは最初の数キロだけ(ー ー;)

この半年全然運動しないでゲームばかりしていたツケは大きかったです。

小さく可憐な花

初日は40キロをどうにか走りきったものの、尻は痛くなるし足は回らないしで青息吐息で帰って来ました。

今日も昨日と同じコースに出発。

今日は快晴で暖かく、昨日に比べて多少楽に走れ、周囲の景色を楽しむ余裕が出たためか、昨日は気づかなかった河川敷に咲く綺麗な花に気づいたので記念写真。

 

植物には疎いので、なんていう木なのか全然わかりませんが、遠目にみると大きな綿菓子のような様子。近くでみると、白く小さな花が可憐な感じで、しばらく見とれてしまいました。

何年も毎年同じ場所を走ってたけど、今年初めて気づきました。今まで全く気づかなかったのが不思議です。

綺麗な花で心は癒されたけど、やはり足の回らなさと尻の痛さは変わらない。

自転車生活完全復活に向けて、しばらく尻の痛さと戦いたいと思います。

先日購入した陳建一プロデュースの中華鍋に焼きを入れてみた。

正しくは「空焼き」というのかな?

なんのためにするのかというと、新品の中華鍋にはサビを防止するためのコーティングが施されいて、まずはこのコーティングを剥がしてから鍋肌を油に馴染ませる必要があるらしい。

ちゃんとこの作業をした中華鍋は、何物をも焦げ付かせない鉄壁の鍋肌を手に入れられるとの事。

この中華鍋に付いてきた説明書によると、「コーディングは無害なので空焼きしなくてもいいよ〜」的なことが書いてあるが、まずは形が大切なのでやってみた。 

空焼き5分後

まずは、台所洗剤とスポンジで中華鍋をざっと洗い、後は強火にしたコンロで文字通り中華鍋を空焚きするだけ。

ちなみに、一度油に馴染ませた中華鍋は、折角つけた油の層が剥がれてしまうので、洗剤やスポンジで洗ってはいけないらしい。ささら必須ですな。

んで、これがコンロにかけて5分後ぐらい。真ん中が微妙に青味を帯びた色に変わっている。

中華鍋 焼き30分後

30分ぐらい経つと、鍋の底全体がなんとなく青味がかったような感じになる。

この青味がかった状態が、表面のコーティングが剥がれて地肌が露出している証拠らしい。

ここまでの作業は、たまに様子を見に行くだけで楽だったけど、この後の鍋側面の空焚きが大変でした。

側面が火にあたるように、鍋を傾けて持ち続け

中華鍋 空焼き終了

なくてはいけないんですが、一箇所終わるのに5分程かかります。

これを鍋の全周行うので、こちらもトータル30分かかりました。

左右持ち替えたたりと悪銭苦闘してどうにか全周を終了。

 

 

この後、一旦鍋を冷ましてから洗剤とスポンジでざっと洗って、コーディングのカスとかを綺麗にします。

そしたら鍋を火にかけて、鍋が乾いたら油を入れて、鍋全体に油を馴染ませる。

中華鍋 空焼き 終了

可能ならこの後クズ野菜を炒めてさらに油を馴染ませるということなので、もちろんちゃんとやりました。

ささらでざっと洗って水気を飛ばした鍋がこちら。

う〜ん、ビューティフォー!

鍋肌の輝きが素晴らしいですね。

 

この日、晩飯に野菜炒めを作ってみました。

結果は、野菜シャキシャキの美味しい野菜炒めが見事できました!

まったく焦げ付くこともなく、完璧な仕事じゃね?てな感じです。

さてさて、野菜炒め以外のレシピにも活躍する日が来るのか?

味千拉麺 再挑戦

| コメント(0) |カテゴリ:

味千拉麺パッケージ

お取り寄せした味千ラーメン。それがこちらになります。

一袋に2人前入ってます。

前回一人前を食べた時には、水が多くて味が薄かった上に、麺を茹ですぎて味千本来の味を堪能できなかったので、今回は慎重に水の量を計って、茹で時間も短めにしてみようと意気込んで台所へ向かいました。

 

味千ラーメン もやし入り

で、完成したのがこちらになります。

何故かもやしとニラをトッピングしちゃいました。

おお〜、我ながら本格的?!美味しそう!

と思ったのは気のせいでした。(ー ー;)

前回にも増して何故か味が薄く、麺はさらにのびのびで、その上くっついて団子状になっている部分までありました。(TT)

味が薄かったのは、湯通ししただけのもやしとニラから水分が多量に出てしまったようです。一応ざるにとって水切りはしたんですが、炒めた方が良かったのか?

麺の方は、茹で時間短めでドンブリにはあげたんですが、そこからトッピングを用意したりしているうちに、のびてくっついちゃったようです。

2袋はお裾分けしてしまったので残りはあと一袋。

調理の段取りをちゃんと考えて再挑戦ですな。

中華鍋 箱

料理の鉄人面白かったですね。

鉄人の中でも、和食の道場六三郎、中華の2大巨頭 周富徳と陳建一がやはり印象的です。

道場さんと周さんは最近とんとメディアで見かけなくなりましたが、陳さんは色々なところでご活躍のようです。

ということで、陳建一プロデュースの本格プロ仕様(?)中華鍋を買っちゃいました。

なんでかなぁ〜と言うと、最近ちょくちょく自炊を始めたんですが、メインの料理は野菜炒め。スーパーで野菜炒め用の野菜パックと適当な肉を買って来て、25cm径のフライパンで作ってたんですが、どうにも野菜がびちゃびちゃと水っぽくなって美味しくない!手早く炒めようとすると、野菜や肉が好き放題にフライパンから飛び出して行く始末。

いつかは美味しく出来るようになるんだろうと、火加減等々工夫してみたけど何をやっても不味いままでした。

結局たどり着いた答えは、

道具が悪い!

思い起こせば、オヤジのオヤジは、群馬で和なのか洋なのか、はたまた中華なのか判別不能のメニューを取り揃えた食堂を経営し、中華鍋を振り続けてオヤジを育ててくれました。

オヤジにもその血が流れ、中華鍋を振る姿は目に焼き付いているので、道具さえあれば美味しい物が作れるはず・・・

 ということで、ポチッとな。

中華鍋 セット内容

数ある中華鍋の中からこの商品を選んだ理由の一つはコストパフォーマンス。4点セットでこの値段は安い!

持ち手が木製になっているのもポイント。耐久性の問題はあるけど、いちいち料理の度にタオルなど使うのは面倒臭い。

そして、ささらが付いていて、料理の後にささらで鍋を洗うのがなんともプロっぽい。何事も形から入るオヤジには高ポイント!

中華鍋を買う上で心配だったのがメンテナンス方法。

鉄鍋なのですぐに錆びそうだし、使用前後のお手入れが面倒なのかと思っていたのですが、ポチる前に調べたところ最初の焼きをちゃんとやっておけば、日々のお手入れ等は結構簡単そうでした。

ということで、次回は焼き編です。

味千拉麺 ご到着&試食の件

| コメント(0) |カテゴリ:

セット内容

味千拉麺届きました!

味千、豚骨とチキン風拉麺の3点セットで、各2食入りのパッケージが4個入っていて計24食になります。

そしておまけのフライドガーリックと、単品で注文した辛子高菜の50gパック。

辛子高菜の1kgパックは写真を撮り忘れてしましました。(≧∇≦)

味千拉麺 その1

なにはともあれ、まずは本命の味千拉麺を早速作ってみた。

辛子高菜は1kgも購入したので、ちょいと贅沢に大盛りにしてみました。

わくわくしながら食べてみると・・・・

あ・・味が薄い・・・・

水の分量が多かったみたいです。(ー ー;)

麺の方も茹ですぎたような・・・

しかし、薄いながらも、麺も柔らか過ぎながらも、なんとなく・・・あくまでもなんとなく・・・美味しい・・・ような気がする(^ ^)

辛子高菜の方は、思っていたよりも薄味で辛味も少なく、こちらはオヤジの調理の影響を受けていないはずなので少し残念賞な感じでしたが、一般の方々にはこのぐらいが良いのかもしれません。なんせ辛味に関しては味覚破壊王の称号を頂いているので・・・。

そういえば、フライドガーリックを入れ忘れました。

次回はこの経験を生かして、水の量と麺の茹で時間を調整してトライしたいと思いますです。

注文していたデロンギ ドラゴンデジタルスマートが届いたので、早速各種条件で温度上昇具合のデータ取ってみました。

そんで、いよいよインプレ第一弾!

という予定だったのですが・・・

データを記録したメモが見つからない(ー ー;)

ダイレクトメールにメモしてたので、うっかりして捨ててしまったようです。

ふにゃ〜、なんて日だ!

 

 またデータを取るのも面倒なので、あやふやな記憶を元にちょっとご報告。

測定方法は、デロンギのみと、デロンギと床暖房の併用の2パターン。

デロンギ君の設定は28℃で、運転モードは強の1200W。

床暖房は、半面のみで強さ中で行いました。。

室温約14℃で開始して、17℃になるまでに3時間ぐらいかかったと思います。1℃/hの上昇率。

やはり噂通りに室温が上がるのには時間が掛かる。

床暖と併用してもあまり上昇率に差がなかったです。

5〜6時間後には20℃を超え、その後最高室温は21℃ぐらいでストップ。それ以上は上昇しなかったです。

こちらも床暖併用でもあまり差がなかったですね。

室温の数値だけみると、温度上昇の仕方は中々厳しいものがありますが、実際に使ってみると不思議とあまり気になりませんでした。多分、これもオイルヒーターの特徴として言われている事の一つですが、体感温度が室温の数値に比べて暖かく感じるからではないでしょうか?

室温15℃ぐらいでもほんわりと暖かく感じます。17℃になるとちょうど良い感じで寒さが気にならず、20℃を越えると体全体がポカポカして、却って暑く感じるぐらいでした。

風も吹かずに優しい暖かさで、心配していた温度上昇の遅さもオンタイマーとの併用で問題なさそうです。ただ、やはり足元はそれほど暖かくならないので、床暖との併用が必須ですね。

先日、前々から気になっていたラーメン一蘭さんに行って、その美味しさに大満足した件は、「らーめん一蘭 美味しすぎて二度喰いの件」で報告させて頂いたわけですが、実はもう一つ気になっているラーメン屋さんがありまして、一蘭さんで美味しい体験をしたので二匹目のどじょうを狙ってみました。

そのラーメン屋さんは「味千拉麺」

一蘭さんは噂だけ聞いていて食べたことがなかったのですが、味千さんはある程度味を知っていました。

「ある程度」というのは、会社の社食のらーめんコーナーで定期的に提供されているからで、社食のラーメンの中で一番美味しいのです!

なので、提供される日は欠かさずに食べています。

味的には一蘭さんに比べて、良い意味で豚骨っぽくて濃厚な感じ。

社食でこんだけ美味しいんだから、ちゃんとした店舗で食べればもっと美味しいのであろうと、前々から一度はお店で食べてみたいと思ってました。

しか〜し!味千さんには一つの問題が!

海外では700店舗以上も展開してるのに国内では90店舗程で、なんと!関東では茨城県に1店舗あるだけなんです。以前は池袋にもあったらしいのですが何故か閉店してました。

色々調べても、ちょっと気軽に行ける場所にはないので、いっその事熊本の本店にでも行ってやろうか!?とも思いましたが、流石にそこまでは踏み切れない。

でも食べたい

さてどうしたものかと、熊本までの交通費や行ってからの観光計画などを本気で検討し始めたところ、楽天市場さんに出店しているのを発見!「味千拉麺」というのは、色々なラーメンの中の一つの商品名らしいです。普通の醤油ラーメンや豚骨ラーメンを始め多彩な商品がありました。

 

で、どれにしようか数日迷った結果、ポチったのがこちらの商品。

味千ラーメンと豚骨ラーメン、醤油ラーメンの3種類がセットになった商品。

それぞれ8食入りの計24食という贅沢さです。

折角だから味千ラーメン以外も食べてみたいよね!

さらに、フライドガーリック1本がおまけで付いている上に、送料無料というのがなんとも魅力的です。

 

さらに豚骨ラーメンといえば、辛子高菜は欠かせないでしょう!

ということで、業務用の1kg入りを注文。

1パック50g入りのもあるんですが、こちらはお値段が税込み100円なので、1kg買うとすると100円×20個=2000円になります。

結構日持ちもするし、申し訳ないけど無駄になっても半分以下の値段なので1kgにさせて頂きました。

ですが、少しお裾分けする予定なので、50g入りも2個注文しました。

 さてさて、どんな体験が待っているのか?ワクワクしながら届く日を待っていますです。

どら一

N井君のお土産でもらった香川名物(?)どら一。

モンドセレクション受賞歴もある名店 畑田本舗の季節限定商品らしい。

元来甘いものを積極的に食べに向かわないたちなので、机の上に置いたまま熟成させていたら、なんといつの間にか賞味期限を5日も過ぎていたので慌てて頂きました。

 

どら一 断面

断面のお写真がこちら。

粒あんの上に、なにやら白いクリーム状の物が挟まってます。

多分これが塩バターなんでしょう。

頂いてみると、生地はしっとりフワッとして、粒あんは甘さ控えめで小豆の風味が生きてます。バターの風味はまったく感じませんが、ねっとりとした食感を生み出している感じです。

食べ進むに従って、少しずつ塩の味を感じ始めて、食べ終わった後にほんのりと塩っけが残る感じでした。

N井君ありがとう。美味しかったです。

今度は、2014年ひかえめスイーツコンテスト グランプリ受賞作の「媛マロン」をお願いします。v(^_^v)♪

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
Powered by Movable Type 6.0

2015年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ